タグ:阿部寛 ( 3 ) タグの人気記事

チェン・カイコー「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」染谷将太ホアン・シュアン阿部寛チャン・ロンロン松坂慶子

原題妖猫傳つまり化け猫映画なのだが、邦題は大河ドラマ風にフレームアップ、さらにサブタイはハリウッド伝奇大作風にブラッシュアップ。しょせん化け猫映画だから深みはないが、中華風の派手さには事欠かない。
 18年、中国=日本、配給・東宝=KADOKAWA。

e0178641_1065793.jpgチェン・カイコー「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」(Movie Walker HPより)
『さらば、わが愛 覇王別姫』で第46回カンヌ国際映画祭パルム・ドールに輝くなど、数々の受賞歴を誇る中国の巨匠、チェン・カイコーによる歴史ミステリー。若き天才僧侶・空海と詩人の白楽天が、長安で起きる怪事件の謎に迫っていく姿が描かれる。空海を染谷将太、白楽天をホアン・シュアンが演じる。
1200年以上前、若き天才僧侶・空海(染谷将太)は、日本から遣唐使として中国・唐へ渡る。空海はあるきっかけで、のちに白居易と名乗る詩人・白楽天(ホアン・シュアン)との交流を深めていく。そのころ、世界最大の都・長安の街では、権力者が次々と奇妙な死を遂げるという、王朝を震撼させる怪事件が起こっていた。空海は白楽天とともに一連の事件を探るうち、約50年前に同じく唐に渡ったもう一人の日本人・阿倍仲麻呂(阿部寛)の存在を知る。仲麻呂が玄宗皇帝(チャン・ルーイー)に仕えた時代には、国中を狂わせた絶世の美女、楊貴妃(チャン・ロンロン)がいた。極楽の宴、妖猫の呪い、楊貴妃の真実……歴史を揺るがす巨大な謎に迫っていく。楊貴妃の命を案じた阿倍仲麻呂が知っていたこととは? 空海と白楽天は、やがて歴史に隠された哀しき運命と対峙する……。


 ほんらい本格的探偵ミステリと映画の相性は、全くよくない。延々とした説明科白が、映像の流れをよどませ、映画は延々と遅延していく。シンプルなスリラーこそサスペンスものこそ、映画的なので。
 また歴史ミステリも映画としては悪手。科学的捜査も組織的捜査もまったく期待できないので、探索側は単なる勘と偶然に頼るしかない。
 さらに妖怪やら魔物が絡むと、もう最悪。もう何でもありの世界だから、論理的整合性なんてえものは、論の外。
 本作はこの三つのミステリ阻害要因をすべて備えているので、もう必然的にシナリオ段階からグダグダ。もうもう妄(笑)。
 しかも化け猫映画なんて所詮低予算映画の宿命なんだから(猫のサイズとスケールと、そのなりわいを、考えよ!)大作映画との何たるミスマッチ!
 かくて本作は金を掛ければ掛けるほど失敗作の宿命に(笑)。化け猫映画は低予算でこそ花、そんなこと大映なんかにはわかっていたとは思うが、その大映を引き継いだKADOKAWAには、伝わってはいなかったのねー(笑)。

 おそらく監督および中国映画界にとっては、中国史上最盛期でもあった唐の時代を再現して、中国の威勢を誇りたい、という意思があって、それがこの原作になったのだと思う。でも、それが、結局化け猫映画って(笑)。
 もっとオリジナルで楊貴妃の映画を作ってもよかったんじゃないの(笑)。
 その楊貴妃には台湾フランスのハーフの女優さん。ダブルだという言い方もネットにはあるが、美人だけどオーラがない。典型的な美人なだけじゃダメなのよ女優で。
 この台仏女優だけではなく、本作には日中俳優陣、それに松坂慶子など(笑)国際色豊かな東アジア俳優陣が参加。
 なお当時世界最大の都だった長安を東京ドーム八個分のオープンセットで再現、というけれども、これだけCG使いまくりだと、その有難みもない(笑)。

映画『空海-KU-KAI-』予告編

まるっと32分『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』ジャパンプレミア


★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

[PR]

by mukashinoeiga | 2018-02-26 09:57 | 新・今そこにある映画2 | Trackback | Comments(2)

是枝裕和「イ・ナ・ヅ・マ her lightning」広瀬すず渡辺直美滝川クリステル阿部寛

その現代版を妄想する。ミッキー成瀬「稲妻」52年、大庭秀雄「稲妻」67年に続く現代版を考えてみる。

e0178641_244613.jpg是枝裕和「イ・ナ・ヅ・マ her lightning」18年/東宝
■監督:是枝裕和/原作:林芙美子/
■出演:広瀬すず 渡辺直美
四人の子どもの父親の人種がみんな違うという複雑な母子家庭の物語。原作は林芙美子の同名小説で今回の東宝版では、家族からの脱出を試みる末娘を広瀬すずが好演。
 
ミッキー成瀬版   大庭秀雄版    是枝裕和版
清子高峰秀子    倍賞千恵子    広瀬すず(父親が日本人)
光子三浦光子    浜木綿子     渡辺直美(父親が黒人)
縫子村田知英子   稲垣美穂子    広瀬アリスまたは滝川クリステル(父親が白人)
嘉助丸山修     柳沢真一     ソ・ガンホまたはイ・ビョンホン(父親が朝鮮人)
おせい浦辺粂子   望月優子     大竹しのぶ または高畑淳子
龍三植村謙二郎   穂積隆信(竜吉) 坂上忍またはバナナマンか雨上がり決死隊のどっちか
綱吉小沢栄     藤田まこと    阿部寛
田上りつ中北千枝子 宗方奈美     カフカ
国宗周三 根上淳  削除       星野源
つぼみ香川京子   削除       新垣結衣
広瀬すずの会社の同僚         綾瀬はるか または夏川結衣

最近の南朝鮮映画はまったく見ていないので、昔の映画人をテキトーに上げました。より若い人でもっとテキトーな人が、いるかと思います。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-12-29 01:26 | 架空映画妄想キャスティング | Trackback | Comments(6)

女優・男優TOP30(2015年)から妄想「海街diary」続編

 日経エンタテインメントを、紹介したぴくちゃあ通信を見て。

★女優TOP30(2015年) -ぴくちゃあ通信★
 綾瀬はるか不動の一位。うーん。綾瀬好きとしても、この位置は、綾瀬にとっては、どうなんでしょう。
 最近、ぼく的には、ほとんど見ていない堀北真希、ずいぶん美人になったけど、この2位は、1位との差がかなり、大きいと、見たが。
 是枝裕和「海街diary」が、もし東宝完全主導の映画だったら、三女は、堀北真希にすべきだった(笑)。なら、完璧な2015年の四姉妹映画になったのでは、ないか。
 菅野美穂は、ベストテン常連だが、露出がなく、順位を落とした。わかりやすい。
 剛力彩芽、完全ランク外じゃないですか(笑)。なんでTVドラマで主演が続いているのだろ(笑)。
 満島ひかりも、完全ランク外。まあ、かわいいのに、その可愛さが、人をイラつかせる方向に行く女優だから、わからないでもないが。

★男優TOP30(2015年)-ぴくちゃあ通信★
 1位は不動の阿部ちゃんだが。
 上位30に、ジャニーズ系が16もランクインという、「異常」。この、ジャニーズ票がバラけたために、阿部ちゃんが1位に、収まっている、と見るのは、偏見か。いや。もちろんぼくも阿部ちゃんは、大好きなんだけど。
 不動の総理は安倍ちゃん、不動の男優も阿部ちゃん、うーん、時代は、なんとなく符合している?

 是枝裕和は「海街diary」の続編にすぐに、取り掛かるべきだろう。
 個人的には、あの四姉妹と、阿部寛・堺雅人・岡田准一・若手の誰か、の四兄弟との、ラブコメ的なものを作れば、大ヒット間違いなしじゃないか(笑)。
 四兄弟の父親は、実は全部違い、阿部寛の父親に香川照之老け役、堺雅人の父親にクリソツの小日向文世、岡田准一の父親に佐藤浩市、若手末っ子の父親に、スマップか嵐の誰か、そして母親は吉永小百合か松坂慶子か(笑)。なら、もうヒットは約束されたも、同然(笑)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2015-06-26 00:27 | うわごと | Trackback | Comments(4)