タグ:長門裕之 ( 3 ) タグの人気記事

前田満州夫「駆けだし刑事」

 阿佐ヶ谷にて。「世紀の大怪優 FANTASTIC伊藤雄之助」特集。64年、日活。
 ほんとは、これの前の回、野崎正郎「広い天」も見たかったのだが、ぐずぐずして、見逃した。
 巡査勤務をへて、新米刑事になった長門裕之。ある署に配属されて、ヴェテラン刑事・伊藤雄之助のもと、刑事修行。初の大事件は、高利貸し殺人事件。
 この高利貸しが、生前かなりあくどくて、何で、あんなヤツを殺した犯人なんか、捜す必要があるんだ、殺されてせいせいしているくらいだ、とみんなから罵倒されるなか、地道に、捜査。
 ただし、偶然知り合った者たちが、たまたま犯人というのは、ずっこける。地道な捜査から犯人を割り出すのではなく、刑事の私生活つながりというのは、人情ものじゃないか。
 新米の、空回り熱意、ヴェテランの落ち着き、という、ありがちな設定。落ち着いている伊藤雄之助、というのも、まあ、ふつうの中堅脇役の役回りで、まあ、ふつうだし。
 ただし、地道な足で稼ぐ聞き込み捜査が、長門刑事は、伊藤刑事と別れて、本庁の刑事・高品格と組む、というのが、この当時としては、珍しい?か。この種の聞き込みでは、所轄と本庁のふたりが組むという理解が少ない昔は、平気で所轄同士の伊藤と長門を組ませたりするものだから。
 ヒロインに当たる長谷百合が、暗いキャラという役割を引いても、地味で。
ついこの間読んだ奥田英朗「オリンピックの身代金」も、同じ1964年東京オリンピックを題材にした警察小説だが、この秀作群像劇の主人公の一人が、「これからはTVの時代」と、TV局に就職してADになった男だが、そのガールフレンドが<日活新人女優だったが、同期の吉永小百合人気にはじき出されて、日活を辞め、キャバレーづとめをしながら、「シャボン玉ホリデー」のオーデションを狙う、女優としてはイマイチだが、一般人から見れば、超美人>という設定だった。キャバレーといっても、今のとは違い、かの力道山が殺された、ニューラテンクォーター。
 つまり長谷百合、<吉永小百合人気にはじき出されそうな、女優としてはイマイチだが、一般人から見れば、超美人>そのままの感じで。
 そういえば、同じ1964年東京オリンピックの年なのに、オリンピックのオの字もない、地味な映画だ。特に出だしのドキュメンタリー調が好ましい。
 現場から採取した指紋を、過去の犯罪者の莫大な指紋カードと、つき合わせて、同じ指紋がないか調べる、今ならコンピューター・ソフトを使って、自動検索するものを、当時は十人程度の、女性を含む事務職が、すばやい指の動きで、さっさっさっと、指紋カードを、まるで銀行員が紙幣を数えるように、瞬時に見分けていくさまの、職人仕事のリアル感。結局、この映画で一番面白かったショットだ。
 とは言うものの、ラストの決意を秘めた長谷百合、きりりとして、なかなかいいのだが。
e0178641_1594329.jpg◎追記◎今回の「東京映画地図」特集にて。
駈けだし刑事 1964年(S39)/日活/白黒/83分 <ラピュタ阿佐ヶ谷HPより>
■監督:前田満州夫/原作:藤原審爾/脚本:山田信夫/撮影:藤岡粂信/美術:佐谷晃能/音楽:伊部晴美■出演:長門裕之、長谷百合、伊藤雄之助、高品格、陶隆、河上信夫、木浦佑三、深江章喜
新宿署の新米刑事・長門裕之が、いろいろな失敗や体験を積みながら成長していく様を、ある殺人事件を通して描いたもの。原作は藤原審爾の『若い刑事』。伊藤雄之助と高品格が老練刑事を味わい深く演じる。


人気ブログランキング・日本映画
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村・名作なつかし映画

★今、そこにある映画★

★映画流れ者★
当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ
[PR]

by mukashinoeiga | 2011-11-04 18:23 | 傑作・快作の森 | Trackback | Comments(5)

松尾昭典「人間狩り」

 阿佐ヶ谷にて。「昭和警察物語・銀幕に吠えろ」特集。62年・日活。
 まだ、犯罪関係の人権といえば、加害者のそれのみ優先され、被害者のそれには一顧だにされなかったころのお話。主人公・長門裕之刑事は常習犯罪者・小沢栄太郎に「異常」な憎しみを持つ。小沢は殺しの容疑で事情聴取を受けるが、早速代理人が自首してくる。お前がやったんだろ、と小沢に暴力を振るう長門。同僚刑事も、なぜ長門が犯罪者に「異常」な憎しみを抱くのか理解できない。実は長門は、幼いころ、通りすがりの犯人に理不尽にも母を殺された過去を持つ。ここで提示されるのは、「罪を憎んで人を憎まず」なる理想論に心から毒された側にとっては、犯罪者を憎むのは、「特殊」なやつらに限ることだ、という<戦後民主主義レジーム>の徹底である。
 ここで、代理人自首>自分無罪、の流れに余裕ぶっこいた小沢は、十数年前にある男と実行した強盗の自慢。夜、ある雑貨屋に侵入したが、家人に見つかり、相方が殺しちまった、という話だ。長門は記録を調べ、この殺人の時効があと数日だということを突き止める。「相方が殺した」はうそで、実は小沢が殺したに違いない、とにらみ、数日後の時効デッドラインを突破すべく捜査を開始する。品川、赤羽、熱海、京成青砥と、長門はめまぐるしく立ち回る。地味なりに、好もしい展開。
 そして、とうとう、青砥で地味に暮らしている大坂志郎が相方であることを突き止める。時効数分前、深夜の京成青砥駅のホームで、大坂を追い詰める長門。大坂は涙ながらに、わたしが殺しました、この十数年間、悔やみに悔やんできました。手錠をてに、これで肝心の小沢は逮捕できない、強盗自体の罪はすでに時効だし、しかも、この苦しみぬいてきた大坂(その日常はすでに映画で丁寧に描かれている)を、いまさら逮捕してどうなるのか、大坂の家族も苦しむだろう、と逮捕をあきらめて、恋人・渡辺美佐子と去っていく。
 「罪を憎んで人を憎まず」第二のテーゼは、「反省し、犯行を悔いているものは、情状酌量の余地あり」。だが、考えてほしい。<事後の反省>は、<犯行現場>に存在しているか。<犯罪>の有無はあくまでも<犯行現場・犯行当時>に存在している証拠・事情によって<裁く>べきではないのか。被害者の無念の死は、犯罪者の<反省の肥やし>に、過ぎないのか。
 よく出来た映画ではあるが、そういう戦後民主主義レジームに毒されきったところが、今見ると、痛々しい。さきに、犯罪関係の人権といえば、加害者のそれのみ優先され、被害者のそれには一顧だにされなかったころのお話、と書いたが、その事情は今も変わらない。つい数年前まで、「時効警察」なる、殺人を犯して、逃げ切った時効犯を、オダギリジョーや麻生久美子が、よくがんばったね、と頭いい子いい子するTVドラマが好評を博していたくらいだ。
 なお、本作でもこの時期の日活で、わけあり風いい女を一手に引き受けていた感のある渡辺美佐子が、じとじとねめねめと活躍。いや、うっとおしい。
[PR]

by mukashinoeiga | 2009-07-30 21:41 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)

マキノ真三「暗黒街の天使」

 京橋にて。「発掘された映画たち2009」の「マキノ映画とマキノ真三」より。
 48年、マキノ映画・83分
 マキノ雅弘の弟・真三が妻・宮城千賀子を主演にした、婦人警官と少年たちの交流、この二者の協力で劣悪ウィスキー密造事件を解決に導く。兄にくらぶべくもない出来だが、それなりに手堅くまとまっている。面白いのは、子供グループのガキ大将を演じているのが、マキノ兄弟の甥っ子・長門裕之(当時は本名の澤村アキヲ)。これが中学生ぐらいで、顔も演技も大人時代と変わらず。ガキ大将だから、チンピラ風にのし歩くのだが、子役演技と大人演技は普通同じにならないはずが(特に男の子の場合)同じといっていいのだから、達者というか、なんというか。
 同時上映、荒井良平「ゴムまり」(47年・マキノ映画・15分)は、当時激増する自動車事故への啓蒙を目的とした教育映画。都会の商店街の狭い通りをびゅんびゅん走る自家用車・トラック。それをものともせず道路を公園代わりに遊ぶ子供たち。宮城千賀子たち母親は井戸端会議に夢中で子供に注意すらしない。いささか素人っぽい作りなのは、それまで劇映画しかも時代劇の作り手たちが、直球ど真ん中の教育映画に手をつけようとしたからだろうか。子供たちの中に、澤村アキヲだけでなく、澤村マサヒコ(津川雅彦)もいる。
 ちなみに最近、長門裕之が痴呆の妻を勝手に公開して、一部で顰蹙を買っているが、ご覧の通り、子供時分からずーっと、人前に己をさらけ出してきた(子供のころは、もちろん自発的ではないだろうが)のだから、一般のぼくたちのプライバシー感覚からは、相当ずれちゃった人ではあるだろう。近代日本最大の芸能一家である、マキノ/澤村一族の公私感覚をぼくたち一般人の<常識>で裁くのはどうかと思う。その一族のヨメ・南田洋子も<理解>していることだと思う。
 後日、快楽亭ブラックのコラムを読んだら、少年グループに藤田まことを発見の由。そういえば、馬面のにやけた少年がいた。あれが藤田か。
[PR]

by mukashinoeiga | 2009-07-12 21:21 | マキノ残侠伝 雅弘仁義 | Trackback | Comments(0)