人気ブログランキング |

タグ:見明凡太郎 ( 3 ) タグの人気記事

山本弘之「第五列の恐怖」轟夕起子中田弘二永田靖見明凡太郎伊澤一郎潮萬太郎水島道太郎北龍二

超レア物だが、内容は、うーん。
 阿佐ヶ谷にて。「昭和の銀幕に輝くヒロイン 第86弾 轟夕起子」モーニング特集。42年、日活多摩川。
e0178641_6495140.jpg 通常は一週間上映の阿佐ヶ谷だが、フィルムセンターから借りたプリントは、三日しかできない縛りがある。平日最終日に行ったら、上映一時間前に、すでに長蛇の列(阿佐ヶ谷レヴェルではね)。
 案内の人から「補助席になりますが」、とりあえず並ぶ。その後もどんどん客が来て、返されていく。お詫びの轟夕起子しおりをもらって。
 おそらく三日間で、延べ百人近くは、見れなかったのではないか。
 場内に入ってみれば、なぜか普通席が一つ空いていたので、そこに座った。おそらくぼくの前にいた人が一人列から離脱しているので、そのせいか。「第五列の恐怖」を見に行って、列に並ぶ。

e0178641_6502621.jpg第五列の恐怖 (ラピュタ阿佐ヶ谷HPより)
1942年(S17)/日活多摩川/白黒/64分 ○東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵作品
■監督:山本弘之/原作・脚本:北村勉/撮影:内納滸/美術:仲美喜雄/音楽:飯田景應
■出演:中田弘二、永田靖、見明凡太郎、伊沢一郎
第五列(=スパイ)への警戒を国民に呼びかけるため製作された戦争映画。日本で新開発された無音発動機をめぐり、轟夕起子扮する女スパイ・YZ七号が破壊活動を計画。それを阻止するため憲兵隊は必死の捜査に乗り出すのだった…。轟が初の悪役に挑戦した異色サスペンス。めったに上映されない映画で、今回の特集上映の超目玉作品。

 なお相変わらずこの映画解説はヒドイ。本作はスパイ映画であっても、戦争映画では、ない。偏見で勝手に映画をカテゴライズするな! 007を戦争映画というか。言わないだろう。

 始まって十数分は、実に大勢の人物が同時に登場して右往左往。誰が誰だかわからず混乱するが、これは演出家の無能だ。ヤマサツやミッキー成瀬程度(笑)の交通整理能力を欠いている。
 時間経過とともに、落ち着くが。
 驚くべきは、轟夕起子の演技。通常の愛らしい、アイドル女優演技で「悪役スパイ」を演じる。まあいかにも悪役悪役していたら、スパイは務まらないか(笑)。
 ターゲットの航空機社長・見明凡太郎の娘に取り入り、そのホームパーティーに何食わぬ顔で「潜入」した轟が最新情報を得て、即興でピアノを弾く。そのピアノ曲を盗聴している外国人スパイ、ジェームス・ペインタース=高田弘(いかにもバタ臭い外人顔)が音符暗号を解読する。って、まんまヒッチコックやないかーい(笑)。
 ピアノが弾けて、なおかつ反日スパイらしい?適度なバタ臭さ?というところで轟が選ばれたのか。和風の花柳小菊では、イメージに合わないということかしらん。

e0178641_651158.jpg なお検索で見つけた映画収集狂というブログでは、

この轟夕起子演ずる女スパイのコードネームを「Y-27号」といいますが、「Y-27号」とは、どこがで聞いたような番号だな、と考えていたら、思い出しました。
ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督「間諜X27」でディートリッヒ演ずる女スパイのコードネームが、まさにX-27号でしたよね。なるほど、なるほど。
僕は、はたして当時の日本映画に「分野としてのスパイ映画」を娯楽として成り立たせ得るような欧米に匹敵する成熟した大衆的な土壌があったのかと疑問に思い続けていたので、この命名といい、シュチエイションといい、欧米作品を全面的に拝借した手掛かりを得て、なんとなく納得した気になりました。
また、この映画が憲兵隊司令部から特別な表彰を受けたということからも察せられるように、あるいは、作られた1942年の戦局が厳しく切迫した状況にあったことを加味しても、軍部が苛立ちをつのらせて大衆に大きな影響力を持つ防諜映画に眼をつけ、「肝いり」したと考えたほうが、あるいは自然かもしれません。
この作品、当時はあからさまな酷評もありましたが、国民の防諜観念を向上させたとして憲兵司令官より感謝状も授与されたということと、映画統制によって新会社大映に統合される前の、日活多摩川撮影所名義の最終作としても記憶されるべき貴重な作品と言えます。(以上引用終わり)

 正確に轟のコードネームは、YZ7號。映画収集狂さんはZを2と「誤読」したように思うが、いずれにしても誤読させるように「間諜X27」をパクったのは、間違いなかろう。ディートリッヒのような大スタアもスパイ役を演じている、という一言は、当時の清純スタアに、本作出演を後押しする格好の口説き文句だったろうし。

 なお本作のデータについて検索したが、文化庁の日本映画情報システムHPは、他の映画を検索したときもそうだが、全くの役立たず。典型的お役所仕事の税金泥棒。ひどさもひどし。みたら笑っちゃうレヴェル。
 日活作品データベースは、さすがに詳しい。

撮影所稟議書によれば撮影=糸田頼一となっている。2003年6月6日フィルムセンターで上映(ロシアからの返還フィルムの1本として)。現存フィルムはカット入れ替り、シーンダブリ等あり、1/3位欠落した不完全版であるが、ストーリー理解は可能"(現代劇)
監督山本弘之 キャスト野口少佐(憲兵隊長)=中田弘二 森本光雄=伊沢一郎 小柳二郎=北龍二 YZ7号=轟夕起子 平田淑子=国分みさを 寺田中尉=永田靖(特別出演) 昭和航空機社長・平田兵衛=見明凡太郎 航空会社専務=村田宏寿 水田=水島道太郎 門衛=小宮一晃 渡辺伍長=笠原恒彦 森本の母=三井智恵 スコット牧師=吉井莞象 金山鉱三=斎藤紫香 江川運転手=潮万太郎 ジェームス・ペインタース=高田弘 長野軍曹=菊地良一 車掌=井上敏正 ボーズ=富士木弘 渥美君子 若原初子 町田博子 文野朋子 小林桂樹 
脚本北村勉 音楽飯田景應 その他スタッフ原作/北村勉 撮影/内納滸 糸田頼一 美術/仲美喜雄 編集/辻井正則
<ご注意>戦前の製作作品(1942年以前)は、資料の不足などの事情により、当HPのデータの内容が必ずしも正確なものとは限りません。
製作国:多摩川 製作年:1942公開年月日:1942/4/16 上映時間ほか:モノクロ/94分現存分数66分/スタンダード・サイズ/9巻/2580m(以上引用終わり)

 製作国:多摩川は、ご愛敬だが、驚くべきは、ランニングタイムの三分の一が失われた不完全フィルムとのこと。
 同時上映の島耕二「暢気眼鏡」は[不完全]と明記している阿佐ヶ谷も、フィルムセンターとずぶずぶの文化庁も明記なし(わかる人にはわかる9巻という表示で手がかりつかめって>1巻は約10分)。

現存フィルムはカット入れ替り、シーンダブリ等あり 確かにおかしい繋ぎは散見しましたが、これってなんのせい? 当時の映写技師が、フィルム切れの際、いい加減につないだってこと? 確かにそれはありそうだが。

 なお戦前戦後を通じて数多くの脇役陣が多数出演の豪華さ。OLD映画ファンにとっては、うれしき限り。ただし最後尾の小林桂樹については確認できず。電車内で新製品の噂をする職工風の男の一人だろうか。
 なお令嬢役の国分みさをには、別データベースでは、國分ミサヲという表記もあり。ここら辺があまりプリントもデータも残っていない戦前映画の難しい/面白いところ。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2017-09-03 06:51 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(2)

千葉泰樹「へうたんから駒」

 京橋にて。「よみがえる日本映画vol.4 大映篇-映画保存のための特別事業費による」特集。46年、大映東京。
 この特集で、千葉泰樹監督作は4本上映。「花咲く家族」「美しき豹」はなかなかの良作。やはり良作そうな「青空交響楽」は、とうとう見れなかった(泣)。で、本作は・・・・。

 本作は、なんと、見明凡太郎&潮万太郎の、ダブル太郎のダブル主演だ。このご両人、のちの50~60年代の大映東京専属の、名物脇役。かりに大映東京の現代劇3本を見れば、そのうち2本には、必ず顔を出しているかの印象だ。当然、3本とも出演している可能性もアリ、そういう出ずっぱりの名脇役。
 大映専属で、おそらく、ほぼ大映にしか出ていないので、なかなか一般的には評価されないが、あじがある、ふたりなのだ。
 ぼくが大映東京ビギナーであった頃は、似たような名前で区別がつきにくかったが、見明凡太郎ことアケボンは、低音迫力の声、重厚な演技、大企業の重役役が多い。潮万太郎ことウシマンは、いささか軽い上ずった声、明るい演技、下町の工場主や、商店主、が多いか。
 アケボンは、あまりに重厚すぎて、オンナっけゼロ。ウシマンは明るいスケベオヤジで。アケボンの部下をウシマンが演じることはあっても、アケボンが、ウシマンの部下になることは、絶対にない。
 アケボンは、部下が敬遠する、若い者受けのしないタイプの上司、ウシマンは上司におべんちゃらやら、宴会部長な中間管理職。ま、そういう、一般受けはしないような、サラリーマンなどを、そういうキャラいるいる、そういうヤツあるある、で、演じ続け、現実のそういうキャラはあんまりお近づきになりたくないが、映画であるならば、大いにウケる、そういう役者たち。
 噛み締めれば、かみしめるほど味が滲むスルメかな。

 そんな将来の名脇役が、しかし、主役となると、というと、うーむ、ビミョーだ。
 戦後焼け跡に、急遽作られた掘っ立て小屋。掘っ立て小屋仲間の、母娘。母は寝たきり、娘は、若いアケボン&ウシマンのアイドル(これまた、当時の大映らしい、華のない女優が演じる)。娘の歓心買いたさに、その母親のために食料を買出し。かくて田舎の農家に闇野菜・闇ゴメ・闇タマゴの買い物ショッピング。
(注1)ふつうの食料品が闇取引とせざるを得ないのは、戦時中からの統制経済(つまり、軍国主義とは社会主義そのものの計画経済であった)ゆえ、日本的社会主義の計画経済から逸脱した食料物資は、すべて闇とならざるを得なかった。したがって、戦時日本の軍国主義を無自覚的に批判する、戦後左翼・リベラル諸君は、自分の足を食っているタコのようなものか。
(注2)公的福祉のない当時は、掘っ立て小屋も、廃材を利用して、自力で建てていた。今、仮設住宅は、国や自治体が、建設業者を使って、立てている。いや、だから、どうというわけではないが。これは進歩というべきか、退歩というべきか。

 ということで、ダブル太郎のドタバタが、繰り広げられるのだが。
 作品的には、うーん。ハズレの少ない千葉泰樹としては、ハズレの部類か。
 敗戦後、人々は食料だけではなく、娯楽に飢えていた。当時としては数少ない娯楽のひとつである映画では、喜劇が、求められていた。かくて(それまでの戦前日本では、あんまりなかった)ドタバタコメディが、戦後多く作られたという印象がある。
 しかし、それは、あんまり、成功していなかったのね(現在からの視点での、ぼくの感想)。
 私見によれば、敗戦後、スタジオや人員は、荒廃している。しかし、手っ取り早く、映画を作らねば、ならない(映画館に掛ける新作映画が著しく少ないため)。そこで、日本映画人たちは、安易に考えた。明るくて、安直に出来る、しかも、大掛かりなセットも時間もかけずに、役者の肉体演技だけで出来るもの。そりゃ、スラップスティック・コメディでしょ。というわけで、戦後の一時期、ドタバタコメディが、ほかの時期に比べ、多く見られた、という印象。
 しかし、スラップスティックをバカにしちゃあ、いかん。ドタバタコメディは、一夜にしてならず。ドタバタは、低予算、役者の肉体演技だけが最低資本、というような、安直な発想では、うまく行かなくて当たり前なのに。
 出来の悪いどたばたは、体感温度がどんどん冷えていく。残念。うーん、千葉泰樹にも、水準以下の映画もあるのだなあ。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2012-05-03 23:04 | 千葉泰樹 ヤスキ節の愉しさ | Trackback | Comments(0)

千葉泰樹「美しき豹」

 京橋にて。「よみがえる日本映画vol.4 大映篇-映画保存のための特別事業費による」特集。48年、大映東京。
 本作の前年作千葉泰樹「花咲く家族」で、きわめてまっとうなホームドラマを作った千葉が、やや毛色の変わったホームドラマを作った、それが本作。「花咲く家族」で「姑のお気に入りの嫁候補」を、ジミ~に、華もなく演じた相馬千恵子が、うって変わって、魅力的なあばずれ娘を演じるのも、面白い。
 老父・見明凡太郎と二人暮しの娘・相馬千恵子は、ちょっと気は強いが、いたってふつうの娘。とはいうものの、いったん仕事に出れば、河津清三郎社長の商事会社の社長秘書。この会社、闇物資を右から左に流して、利ざやを稼ぐ、いわゆる闇ブローカーの会社。相馬、社長秘書の枠に収まらず、自ら積極的に闇屋商売に才能を発揮する。
 男勝りに、裏ビジネスに精通し、肉食系クーガー女。海千山千の河津も舌を巻くくらいの、闇商売クイーン。父親や、子連れで出戻りの姉・花井蘭子も、あたしが、軽く、養ってあげるからさあ、とドヤ顔で。男性社員をあごで使い、昼日中から、酒色三昧、朝から会社でウィスキー、常に高額の現金を手元で管理している。
 家に帰れば、それなりに殊勝な、ふつうの娘、会社では、とても堅気には、見えない。この二面性を、相馬千恵子は、生き生きと演じて、「花咲く家族」の、鈍な「姑のお気に入りの、地味娘」と、同一人物とは、とうてい思えない華やかさ。素晴らしい。家庭では高い声、会社で部下の男性を叱咤するときは、低い声。この使い分け。いや、使い分けをしなければいけないというのは、まだまだ、女性が地位を確立していないということだろう。
 この時期の大映女優らしく、スタアオーラはないながら、主役オーラは、ちゃんとある。「花咲く家族」と違って、顔さえ、華やか。
 見明・相馬父娘の隣組・岡譲二(よい)の、娘役の女優が、これまた女優オーラのない、ほとんど一般人の風貌・オーラで、ここが当時の大映女優クオリティか。そのなかでは、相馬千恵子や花井蘭子の女優オーラさえもが、引き立って見えていく。

 ここで、あらためていっておきたいのは、父・見明凡太郎や、岡譲二の娘の婚約者・船越英二らの、素晴らしさ。いや、本作での船越は、特に見せ場はないのだが、見明や潮万太郎は、大映プロパーで、どんな大映プログラム・ピクチャアにも、必ず出ていて、どんなちいさな役でもこなすもんだから、有り難味が感じられなくて、演技賞でも、完全に対象外な感じなのだが、もしフリーであったら、ときに助演男優賞の対象になるべきだった名優なのだとおもう。主演スタアがさえなかった時代でも、大映は助演俳優は充実していたのだった。

 なお、蛇足だが、與那覇潤「中国化する日本/日中「文明の衝突」一千年史」が示唆するように、麻薬や武器など非合法商品が闇取引されるならともかく、本作のように、砂糖や、反物など、日用品が横流し、闇取引されて、それらを闇屋、ブローカーが扱うというのは、たしかに非合法なのだが、戦時中は軍(日本的社会主義)が、戦後はGHQ指揮下の日本傀儡政権の擬似社会主義政権が、再江戸時代化=社会主義化の、統制経済、食糧配給制を維持するため、自由主義経済下なら、当然合法的である民間取引すら、規制してしまったため、その法の範囲から、はずれてしまい、自由主義経済なら、当然の合法商法も、闇屋、ブローカー化してしまったのだという。
 つまり、現在の左翼・リベラル諸君が批判する戦中軍国主義および敗戦下の食糧不足、それら戦時統制経済が、彼らリベラル左翼諸君が信奉する社会主義そのものだったという、皮肉。まあ、それは別の話で。
(戦時国民総力戦体制とか、食糧配給制とかは、国家が国民の生活を全て面倒を見るという点において、究極の計画経済、つまり社会主義的そのものなのだという。つまり、左翼諸君が忌み嫌う軍国主義は、実は、左翼社会主義そのものだったのだ。なんと)

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2012-04-27 00:33 | 千葉泰樹 ヤスキ節の愉しさ | Trackback | Comments(0)