人気ブログランキング |

タグ:藤原釜足 ( 2 ) タグの人気記事

アーサー・ペン「ミッキー・ワン」藤原釜足も

時代と寝た映画だが、もはや寝過ごした、というべき。65年、コロンビア・ピクチャーズ。ウォーレン・ベイティ主演。
e0178641_4325457.jpg 京橋にて「UCLA映画テレビアーカイブ 復元映画コレクション」特集。
 カットんだ演出、つながらない編集、映像重視の、不条理ドラマ。当時世界的にはやりました、いわゆるひとつのヌーヴェルヴァーグ。
 現在(いま)では、ほとんどの作品が失笑気味と感じる、といっては、言いすぎか、その一つ。
 当時のナウでヤングな映画監督が世界中で試みて、伝統破壊も、お約束に流れたもの多数。
 ぼくが認めるのは(何気に上から目線)ゴダールと清順と、二三のもので。あとは、そのパロディとしての、モンティパイソンか。
 いわゆるひとつの松竹ヌーヴェルヴァーグについては、惨敗と見るべきか、おおむね健闘とみるべきか、まあ気分次第ですね。

10 ミッキー・ワン(93分・35mm・白黒) (フィルムセンターHPより)
MICKEY ONE
1965(フロリン=タチラ=コロンビア)(監)アーサー・ペン(脚)アラン・サーガル(撮)ギスラン・クロケ(美)ジョージ・ジェンキンズ(音)エディー・ソーター(出)ウォーレン・ベイティ、アレクサンドラ・ステュワート、ハード・ハットフィールド、藤原釜足、フランチョット・トーン、テディ・ハート、ジェフ・コリー
35mm preservation print courtesy of the UCLA Film & Television Archive.
A・ペンが『奇跡の人』(1962)の成功後に、脚本から俳優、製作、編集まで完全な自由を確保し、古典的な話法を否定して撮った実験作。シカゴの街を舞台に、W・ベイティ演じる主人公の不安や妄想が、G・クロケの硬質なキャメラで描かれる。黒澤組の藤原釜足がシュールな芸術家役で出演。デトロイトの人気者のスタンダップ・コメディアン(ベイティ)が、ボスや周囲の人々に脅威を感じてシカゴへ逃亡。新生活で出会ったジェニー(ステュワート)と恋に落ち、再びナイトクラブに立つが…。日本劇場未公開。

 ベイティは、ヴォードヴィリアン。キャバレーなどでジョークを飛ばし、オルガンで冗談音楽をこなす、のだが、まずベイティが連発するアメリカンジョークが、面白くない。いや、意味はちゃんと分かるのだが、それ、金をとって、笑いが取れるの、というものばかり。
 日本人の、というより日本語カルチャーのぼくには、笑えない。まさにベイティ=米帝=ベタな、ギャグで、日本語でいう駄洒落は、違うカルチャーの人には、生理的に理解できないのは、仕方が、ないことで。そのアメリカ版ゆえ、ピンと来ないのは、致し方ない。ローカルギャグの限界。

e0178641_4333279.jpg で、甘いマスクのイケメン、ベイティが、いろんな危機に不条理にも陥る、その悪夢振りなのだが、その彼につかの間の癒し?を与えるのが、ピエロ的前衛芸術?家の、藤原釜足。
 セリフを一切しゃべらず、いつもニコニコの、ピエロ的パフォーマー。見た目は老人なのに、純粋無垢な少年的トリックスタア。
 釜足のシークエンスだけ、なぜかフツーの編集、というのが、なんだか俗情との結託めいて、アーサー・ペン、お里が知れるよ(笑)。
 撮りようによっては、フェリーニ的祝祭空間になりうるものを、芸がない、と申すべきか。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2016-11-23 04:39 | 旧作外国映画感想文 | Trackback | Comments(2)

成瀬巳喜男「サーカス五人組」

 京橋にて。「よみがえる日本映画-映画保存のための特別事業費によるvol.6東宝篇」特集。35年、P・C・L(のちの東宝)。あと1回上映。
e0178641_3402265.jpg うーん、微妙だ(笑)。
 面白ことは面白い。いつものニコニコの、ミッキー映画。しかし、うーん(苦)。
 たいへん面白いが、ミッキーナルセ映画としては、スーパーでは、ない。他の監督の作なら十分合格点だが、ミッキー映画としては・・・・物足りぬ。イヤー、いつものことだが、上から目線だな、オレ。
 主演の五人組に、大川平八郎、藤原釜足、御橋公、そしてこの二人は聞きなれないが、宇留木浩、リキー宮川。宇留木浩は成瀬巳喜男「女優と詩人」主演。
 この五人が、全員いい。素晴らしい。こういった寄せ集めのグループ主演モノでは、たいてい一人か二人、残念な人がいるのだが、見事に全員素晴らしいのは、珍しい。
 なかでもとりわけ、いつもよりワイルド&セクハラ大王な藤原釜足、年長者キャラで味&哀愁担当の御橋公、この、いつ、どんな映画でも素晴らしい二人が、やはり、いい。御橋公、いつ見てもいいんだよなあ。その穏やかな顔、台詞回し、絶品だあな。
 この映画、名脇役・御橋公が、いつもより500パーセント増量で、出番が多い。それだけで、とても幸せ(笑)。
 話は、こうだ。
<以下、ネタバレあり>
 
 ある地方都市で興行中のサーカス団(当時は曲馬団とも言う)。
 団長・丸山定夫の厳しさ、待遇の悪さに、団員たちが切れて、花形スタアの空中ブランコ、楽団、を含む男性団員全員は、ストライキ。
 旅館にこもって、サーカスには出勤拒否。
 残る女子団員だけでは、どうもサーカスの醍醐味が出ない。サーカスならではの大技がなくなったのだから。
 ということで、同じ町にたまたま流れてきていた、ドサ回りのジンタ(楽隊)5人組み。仕事にあぶれて、旅館にくすぶっている折、日銭を稼げれば、ということで、臨時に雇われる。
 言ってみれば、いつも成瀬映画を彩るお気に入りのチンドン屋、これを主人公にしてみようという、いかにもの成瀬趣味。 
 ここで、この五人組が、曲馬団の苦衷を救って大活躍、ならばアメリカ映画の単純美なのだが、そうは問屋がおろさない。
 肝心の楽団としてはまあまあでも、飛び入りの素人サーカス芸?のことごとくが、しまらない。ことに、大川平八郎思い入れの、ヴァイオリンのクラシック演奏は、観客から総ブーイング。あまりにも無残でどんよりした展開。
  小津安二郎どうよう、先進エンターティンメントたるハリウッド映画を参照しつつ、日本的情緒でコーティングしたい成瀬の、やや空回りな思い。
 こういうことを(特に成瀬に対して)言うのは蛇足であり、ややためらわれるのだが、ここでのあからさま、かつ凡庸な、まるで山田洋次の映画のような、クラシック=高級文化、その対比として、小屋掛けサーカスを娯楽とする庶民の無知、という、わかりやすい三流の階層構造が、かえって成瀬の似非インテリ性を、はしなくも露呈している、というような、モンキリなたわごとは、ぼくは、成瀬に対しては、言いたくないのだが(笑)。なに言ってんだ、オレ(笑)。
 当ブログがかつて指摘したように、

 つまり、成瀬は悲劇を描きたくない、さりとてまったくの喜劇ともしたくない、こんな映画作家はやはり珍しい、その不思議な成瀬バランスが、おそらく、ある種の観客たちに混乱をもたらすのだ。
 そういう人たちは「しょせん結果は悲劇なんでしょ、なのに、なんなの、このほのぼのした雰囲気は?」と。つまり、泣かせ、なのか、笑わせ、なのか、どっちかにはっきりしてくれい派の人たちは、泣かせたくないのよ笑わせたいのよでも話の基本は悲劇なんだよねー、の成瀬映画に混乱して、その結果、駄作だ、戦中戦後の一時期の成瀬はスランプだった、ということになるのだと思う。
 悲劇にしては楽しい楽しい幸福感。喜劇としてはしゃれにならないストーリィ・ライン。
           (★成瀬る2 はげギャグと心中悲恋の同居★)

 そういった特殊な成瀬趣味、あるいはそれは成瀬の元同僚・小津や、その出身である戦前松竹映画、そして日本映画全体にもいえることかもしれないが、成瀬にはより濃厚に感じられるものだ。
 そのバランスを、絶妙な成瀬バランスを、いつもより失しているように感じられるのが、本作か。
 なお、いつもの成瀬に比べて、本作が、やや失速している理由は、たぶん次のとおり。

 つまり、強引にいってしまうと、成瀬が親和性ユーモアを安心して(?)披露できるのは、女性メインの女系的家族の中だけ? 女性主導の世界でのみ、くつろげるのが、成瀬ユーモアか。
           (上記「成瀬る2 はげギャグと心中悲恋の同居」)
 う~ん、ここでも成瀬は男同士の争いを回避しているなあ。よっぽど男同士の闘争が嫌いな成瀬なのである。『稲妻』の高峰秀子の兄は、男たちが立ち回りの喧嘩をすると、遠巻きにしてビビっているだけ。その喧嘩の描写も、成瀬演出は驚くくらいシマラナイのだ。
 『あらくれ』の高峰秀子と三浦光子の文字通りのキャットファイト、『ひき逃げ』の高峰秀子と司葉子の神経戦、『妻』の高峰三枝子と丹阿見谷津子の言葉の応酬、そういう女と女の争いは喜んで(?)描くのに。とことん女の子(笑)なミッキーなのである。
           (★成瀬る3 二人の娘、成瀬の女性性★)
 つまり、セクハラ大王釜足を含む、男五人組が主人公、家父長制濃厚な暴君・丸山定夫と、むくつけき男ども団員との、労働争議の荒々しさが、本作の話の主題。
 こんな男同士の争いを半ばテーマにしている、マッチョな(笑)男どもばかりの登場人物の映画で、成瀬がその資質をトコトン発揮できるとは到底思われない(笑)。成瀬の弟子である山本薩夫ならいざ知らず(笑)成瀬が<労働争議>映画だなんて(笑)。
 そもそも、思わず成瀬、キ、キミってやつは(笑)と、爆笑したくなるのは、<労働争議>を描きながら、団員たちが何が不満なのか、何の要求をしているのか、そして団長はなぜ、要求を拒むのか、映画は一切明らかにしていない点だ(笑)。
 まるで、世の労働争議、労働者側が何が不満か、経営者側がなぜ労働者の要求を拒むのか、そんなことをいちいちせりふで説明することほど凡庸なことはない、と成瀬は嗤っているのだろう。
 そんな、つまらない、紋切のせりふを削りに削って、なんと労働争議を扱いながら、その中身を少しでも説明するせりふが一切ないという(笑)。
 やはり成瀬は、トコトン争いを回避するのですね。
 そして成瀬は、やはりこちらに力を入れたい。女優陣。
 団長の娘たち。姉が成瀬映画のアンパンマンこと堤真佐子、妹が梅園龍子、この時期のお気に入りたち。愛らしい。
 セクハラ大王釜足にまとわりつく清川虹子、これはちゃんと美人女優の撮り方をされていて、成瀬組の愛情が感じられる。
 女優がらみの話は、本当に楽しい成瀬なのだ。

サーカス五人組(1935) Five Men in the Circus 1/7 

 なお、このネット映像はスペックがあまりに低い。成瀬組の映像美を堪能するには、残り一回のフィルムセンター上映を強くオススメする。
★日本映画データベース/サーカス五人組★

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2013-11-03 10:59 | 成瀬巳喜男映画の正体成瀬る | Trackback | Comments(4)