タグ:菅原謙二 ( 3 ) タグの人気記事

木村恵吾「一刀斎は背番号6」菅原謙二叶順子仁木多鶴子春川ますみ五味康祐小西得郎菅井一郎浦辺粂子

前半ニコニコ後半ややヘンテコ。59年、大映東京。
 長年見たかった一本だが、期待違わぬ面白さ。

e0178641_2143187.png『一刀斎は背番号6(16mm)(87分)』公開:1959年 (渋谷シネマヴェーラHPより)
監督:木村恵吾
出演:菅原謙二、叶順子、田宮謙次郎、山内和弘、仁木多鶴子、小林勝彦、五味康祐、菅井一郎、浦辺粂子
素人ホームラン大会に髪も髭も伸ばし放題の男が現れ、見事打球をスタンドに叩きつけた! 剣術の達人がプロ野球で10割打率&初球ホームランという脅威の活躍をするという野球ファンタジー。当時の有名選手や原作者の五味康祐もゲスト出演している。【坪内祐三セレクション:スポーツ映画】

 後楽園大ロケ、当時の大毎・西鉄の稲尾らの選手、実際の観衆、エキストラを使い倒したロケが多発。当時の球場ロケでも他の映画は、エキストラ映り込みのショットはせいぜい10以下かな。本作では何と観衆・エキストラ映り込みのショットが数十以上と拝察。こりゃあ助監督は苦労したろう。ただし観衆・エキストラを背景に科白を言う大部屋俳優の演技は、ハリウッド並みとはいかぬが(笑)。
 下手な大部屋よりよほどうまいのが、当時の人気解説者の小西得郎。

 主演の菅原謙二は朴訥な柄を生かして好演。ただし髭を剃ったら岡田時彦にはさすがに及ばず、実直な顔で意外性は少なし。ウシマンさん他大映脇役陣大量出演の頼もしさ楽しさは、相変わらずのうれしさ。
 で、問題は、この一刀斎、ある意味究極の出落ちキャラというべきか。長尺が、持たないタイプ。本来は「ルパン三世」における五右衛門みたいな脇役タイプか。
 で、後半、木村恵吾らはいろいろ工夫するのだが、結果、それが、それまでの健全娯楽映画路線から心ならずも中途半端に逸脱するような結果に。
 菅原は偶然から、主人菅井一郎、女将浦辺粂子、娘叶順子の三流旅館に投宿する。
 浦辺粂子「うちみたいな三流旅館にお泊りいただいて」
 菅井一郎「いえ、うちは三流ではありません。二流です」いいなあ。
 でもほぼ素泊まりの商人宿は、二流とも言えまい(笑)。
 この宿の路地を挟んだ反対が、清川玉枝の美容室。
 その娘がストリッパー春川ますみ。清川=春川の親子役とはなんというベストマッチ。子の春川の唐突かつあいまいな登場ぶりと、菅原謙二の絡みぶりが、この映画の健全娯楽ぶりを少しずつ狂わせていく(笑)。
 春川と叶のとってつけたようなキャットファイトなんざ、この監督の趣味かしら(笑)。
 この春川ますみが歌うのだが意外やうまい可憐な歌声。
 さて菅原謙二上京の目的は合気道達人との真剣勝負。その達人が大阪で死んだことを知らされ呆然。達人の娘仁木多鶴子や叶順子との恋も発展せず、いささかアンチクライマックスの様相を呈す。
 この後半の雰囲気が、ほんとにビミョー(笑)。

橋本力さん死去 大魔神スーツアクター ブルース・リーと共演

 本作でけがをして、大魔神に。そしてブルース・リーと共演。ほんとに不思議な人生。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2018-03-02 02:14 | 傑作・快作の森 | Trackback | Comments(0)

田中重雄「真昼の対決」

 神保町にて。「にっぽん男優列伝~大映篇 キラリと光る優男たち」特集。57年、大映東京。
 神保町シアターが、珍しく、柄にもなく?レアモノを4本も、しかも同じ週に上映。とうとう1本は、見逃した。

 菅原謙二の、純情痛快しかも若さゆえにいろいろ煩悶の新米牧師。大学柔道部の全国チャンピオン、医師免許あり、なのに、志あって、貧しい小町の、うらさびれたオンボロ教会に、赴任。
 面白くなる要素は、あり~の、志村喬、角梨枝子絶品のスバラシさもあり~の、でも、なんとも生ぬるく。

真昼の対決 <神保町シアターHPより>
S32('57)/大映東京/カラー/ヴィスタ/1時間41分
■監督:田中重雄■脚本:小國英雄■撮影:渡辺公夫■音楽:古関裕而■美術:柴田篤二■出演:菅原謙二、志村喬、角梨枝子、山本富士子、川崎敬三、東山千栄子、見明凡太朗、村田知英子
酒と賭博と喧嘩にまみれた田舎町に赴任してきた牧師(菅原)の愛と正義を描く。町のごろつきの食い物にされながら飲み屋を営むうらぶれた女は、角梨枝子のはまり役。実際に柔道有段者である菅原が、悪党たちを懲らしめるために繰り出す技は迫力満点!

 菅原の、もと学友ながら、道を踏み外して殺人の罪を逃れようと、偽名暮らし、いまは町の暴力団幹部。菅原をおとしめようとするのが、高松英郎。コレが、感想駄文済みの島耕二「誘惑からの脱出」同様、悪の迫力に欠ける、中途半端な気弱さ。年取ってTV「柔道一直線」などで、あるいはマスマスムラムラ「巨人と玩具」などで迫力俳優となったが、この若いころのひ弱な悪役ぶりは、呆然の一言。
 顔がひねくれているせいで、悪役やらされてるけどサー、といういやいや感満載の演技。

 いっぽう町のアイマイ居酒屋の、酌婦なんだか娼婦なんだかの、酔いどれ角梨枝子の絶品よ。彼女の代表作というべきか。いまは落ちぶれ果てているが、当の教会の小さなオルガンを所在投げに、投げやりに弾いているとこを見ると、昔はお嬢さんだったか。
 そういえば前記島耕二「誘惑からの脱出」でも、酔いどれストーカー?女を演じてました。酔いどれといえば彼女、というのが大映の共通意識か。

 その角梨枝子に、岡惚れの、土方の大将に志村喬。この時期国民的名優の重厚演技じゃないお気楽なおっさんの志村は、かなりの珍品で、味わい深い。戦前ののんき脇役期を髣髴させ、うれしい。
 たぶん黒沢映画以降だと思うが、分厚いたらこ唇を一文字にしての、重厚演技もいいのだが、本来はもっとすっとぼけた演技を得意にしていただけに、演技もくちびるも重厚一本やりは、勘弁してほしいところだ。

 赴任した菅原とすぐ仲良しになる、町の小学校教師の兄妹、川崎敬三と山本富士子、この理想主義ぶりも、ナイス。山本の助演も、この時期ならではか。
 全体的にはコミカルだけど、シリアスもあり~の、いいとこ取りも不発なり。
 脚本、演出は駄目だけれど、菅原らの、演技を見てるだけで、及び例によっての安心の大映美術陣のスバラシさ、大映映画の楽しさよ。

★Movie Walker★に、詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2014-08-17 11:28 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)

富本壮吉「可愛いめんどりが歌った」大空真弓菅原謙二左幸子田宮二郎

 主演・大空真弓の絶対の魅力。キュートでセクシー、大空真弓の、ゆいいつの代表作というべき。
e0178641_1964857.jpg 阿佐ヶ谷にて。「現代文学栄華館-昭和の流行作家たち」特集。61年、大映東京。
 日本映画には、数は少ないながら大坂から来た姪が、奥さんに頭が上がらない伯父さんの家に舞い込んで、ひと騒動を起こす作品の系譜?がある。小津安二郎「淑女は何を忘れたか」、市川崑「あの手この手」、川島雄三「女であること」、それぞれ桑野通子、久我美子、久我美子が、おてんばな大坂の姪を演じた。
 本作の大空真弓もまた、その系譜に連なる、絶対の魅力を発揮。ぼくはこれほど素晴らしい大空真弓を、見たことがない。主演作自体が珍しいが、この女優の美質が全て出ている。
 ただし。本作の大空真弓は、正確には、菅原謙二・左幸子夫妻の、姪では、ない。妻・左幸子の親友の娘。
 だから、オドロクべきことに、(以下、ネタバレあり)

 キュートでセクシーな魅力に抗しきれず、菅原謙二と、とうとう、出来てしまう。以後、左幸子を欺いて、男と女の愛欲生活に。
 さすが、大人な大映、ほかの映画会社、東宝だとか松竹だとか日活だとかなら、まず、ほのぼのとした青春ホームドラマ・コメディーにするべき題材で、大人の愛欲を描いちゃう。他社が、とりあえず、お子さまからお年寄りまで楽しめる映画を目指すなか、とうてい家族連れで行きにくい映画、うぶなカップルには赤面の映画を作ってしまう。原作は、やはりか、藤原審爾。
 ふつうなら、他社なら、こんなに可愛い大空真弓だもの、アイドル映画にして、にこにこほのぼのコメディー映画にするだろう。なのに、こんな、サスペンシフルな、アダルトな、ドンヨリ愛欲映画に(笑)。大映、大人だなー(笑)。
 というわけで、菅原謙二(なかなか似合っている老け作り)と、うまく行っているときは、菅原とラブラブ、菅原とうまく行かなくなると、すかさず、田宮二郎に、瞳キラキラ。大空真弓は、そういう性悪女を怪演する。すばらしい。
 大映には、京マチ、若尾、ナカタマ(あ、中村玉緒のことね)、叶順子らの、ぷっくらセクシー女優の系譜があるが(あるのか。あるのだ)、大空真弓もその系譜のひとり、と見たが、上記女優ほど、重用されなかったのは、TVメインになっちゃったからなのか。

 大空真弓は、東京阿佐ヶ谷三丁目の、TV脚本家・菅原謙二宅に、大阪から家出して、身を寄せる。そこに出入りしている、川崎敬三プロデューサー、田宮二郎演出のTVドラマ「可愛いめんどりが歌った」のヒロイン役に抜擢され、その、ツンデレな魅力と、猫の目のようにくるくる変わる感情の波で、周囲を、翻弄していく。
 こういう、飛び道具みたいに感情のブレの激しい女、いるよなあ。可愛いような、迷惑なような、最終兵器オンナ。その、全て、魅力も欠点も、余すことなく描き出す、大空真弓の、素晴らしさは、言うことなし。
 ふつう、60~70年代の日本映画が、TV局とその出入りの人物を描くとき、たいていは、TVのレヴェルに合わせた映画作りをするのだが(それが、映画寄りのぼくからすると、まったくつまらない)、本作では、TVの表層的上滑りとは、乖離した、苦い味を、垣間見せて、異色で。
 ただし、田宮二郎は、軽薄なTVマンなのに、妙に純情で、田宮らしくない。それでも、その純情なはずの田宮にさえ、苦い選択をさせるのが、大映やなあ、大人ですやん。
 なお劇中TVの、同時に本映画の、主題歌を歌う森山加代子も、かわいい。今とは、まったく別人の可愛らしさ。あまりに違いすぎて、びっくり。
◎追記◎感想駄文済みの土居通芳「汚れた肉体聖女」で大空真弓の美歌唱を知り、聞けば彼女は東京音大声楽科の卒業とのこと。もっと大空真弓の生かし方もあったのに。ああ、もったいない。
 ◎追記◎下記コメント欄のサセレシアさんのおススメによりネット検索してみました。
like ドリフ(7-01)「ねぇ、子ども作りましょうよぉw」by 大空真弓



★新・今、そこにある映画★あらたに開設しました。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

人気ブログランキング・日本映画
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村
[PR]

by mukashinoeiga | 2012-01-17 01:25 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(4)