人気ブログランキング |

タグ:芥川比呂志 ( 2 ) タグの人気記事

高橋治「ゴメスの名はゴメス 流砂」仲代達矢栗原小巻芥川比呂志岸田今日子平幹二朗中谷一郎永田靖橋本功

栗原小巻映画初主役とのことだが、なに、下の解説にある通り、TVドラマ再編集版なのだから、なにが映画初主演かと。
 渋谷にて。「日本ヌーヴェルヴァーグとは何だったのか」特集。67年、俳優座=松竹。
 で、本作だが、いやー、つまらないつまらない。面っ白い要素が一つもない(笑)
 だらっだらとした凡庸なサスペンス。あまりにつまらないので、思わず寝落ちしてしまいました。
 一時間全五話のTVドラマを、96分にダイジェストして、それでなおかつ、こんなにだらっだらとした凡庸なドラマになるとは。
 で、ふつーなら、超美人の栗原小巻に、おめめぱっちり、のはずなのだが、いやークリコマさん、典型的美人なだけじゃダメなのよ女優だなあ。
 サユリストに対抗して、コマキストと一時期言われたが、果たして何人いたのか(笑)。人気実力ともになかったから、結局しょぼんと大成しなかったのじゃないの。
 この映画(いやTVドラマ)でも、クリコマさん、顔のパーツをゆがませたり、ほほをぴくぴくさせたり、目をぴくぴくしたり、小芝居全開。見ていて、イラつく。あたしは美人が売りじゃなくて、演技が売りなのよ、とばかり。
 でも、その結果が、小芝居なんだからねー。イラつくよー、小芝居。

e0178641_012235.jpg『ゴメスの名はゴメス・流砂(デジタル)(96分)』(渋谷シネマヴェーラHPより)
公開:1967年 監督:高橋治
出演:仲代達矢、栗原小巻、芥川比呂志、岸田今日子、平幹二朗、中谷一郎、永田靖、橋本功
石油会社の技師・坂本は、姿を消した友人の行方を追ううち殺人事件に遭遇。殺された男は「ゴメスの名は…」という言葉を残した。全5話のドラマを再編集した映画版。ドラマは当初、岡本喜八がベトナムで撮影予定だったが国際情勢により中止、舞台を香港に移して高橋治が完成させた。


 ミステリとしても、まったくつまらないが、お話としても、つまらない。友人平幹の失踪を調べるのが、仲代。次々と、興味の持てない人物たちに出会い、時には、襲われたりする、メリハリのない話。しかも、いつも堂々とした仲代は、とても裏社会を探る素人には見えない。
 いつも堂々とした演技の仲代は、常に何かしらのプロを演じる。決して素人を演じる演技力のない仲代を、ある意味で素人役に起用したのは、成瀬くらいかしらん。
 しかも地味な話に輪をかけて、出演者全員が新劇俳優(笑)。地味カケル地味。メリハリのない話に、メリハリのない出演者。流砂というより、砂を噛むような映画と、なった。

 松竹メロ出身の高橋治に、この手のミステリは無理だろう。まだしも岡本喜八のほうが。
 それにそもそも高橋治をヌーヴェルヴァーグ特集で上映することに無理がある。ほかの監督作を見ても、一部現代的な描写はあるものの、基本的には、松竹メロに連なる作品ばかり。
 ほかにもこの特集で上映された篠田正浩「三味線とオートバイ」も、松竹メロという古き皮袋に、現代的味付けの酒を入れるにたけた人。以後コクもキレもないヌーヴェルヴァーグまがいを作り続け、晩年にフツーの作品に戻った時、正統派の作り方を忘れちゃって、凡作を連発。同時代に居合わせたため、ヌーヴェルヴァーグに毒されて、つくづくフウンな人。

 けっきょく特集のタイトルが「日本ヌーヴェルヴァーグとは何だったのか」。「日本ヌーヴェルヴァーグはすごかった」じゃないんですね。単なる「何だったのか」ですからね。一時のはやり、一時の迷走、ということですかね。

 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2019-02-18 00:12 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(2)

佐分利信「心に花の咲く日まで」芥川比呂志淡島千景丹阿弥谷津子杉村春子仲谷昇

 渋谷にて。「日本のオジサマⅡ 佐分利信の世界」特集。55年、文学座、配給・大映。
 本作では、サブリンは出演せず、監督に専念。主演の三十代には若すぎ、かといって年配者らのなかに、重要な役もない、ということでの、監督専念か。あるいは文学座主体のユニット製作で、「ぼくが出なくても、役者は、そろっている」ということかな。
 自分の優柔不断から失業した夫・芥川比呂志と、づけづけいう妻・淡島千景の物語。
 強い妻と、柔わな夫の、物語。
 いかにも、自虐サブリンならでは、のメロドラマだ。

e0178641_1957939.jpg『心に花の咲く日まで(35mm)』(35mm) <渋谷シネマヴェーラHPより>
公開:1955年
監督:佐分利信
主演:淡島千景、芥川比呂志、丹阿弥谷津子、杉村春子、仲谷昇
都営住宅で暮らす三吉と妻・すず子と赤ん坊。失業した三吉の代わりにミシンで生活を支えるすず子だったが…。貧乏ゆえのケンカもするが、小さな楽しみと前向きな明るさで苦労を乗り越える夫婦の姿を、愛情込めて描いた一作。美青年と駆け落ちしたものの、情緒不安定で毎日愚痴をこぼしにやってくる森下さんを演じる杉村春子が笑えます

 上記青字には、疑問。笑えないよスギハル。こんなこと書いたやつは、頭おかしい、と思うレヴェル。
 むしろ、杉村春子を、その泣いてる姿を、美しい、とか、色っぽいと、芥川・淡島夫婦の、意見にドンビキ。
 役者仲間内でのウチワぼめ、というか、特定業界・特定団体文学座(笑)にのみ通じるローカルルール(笑)を、一般に押し付けているかのようで。そういうキャラを、スギハルにやらせる、というのも、ドンビキで(笑)。
「あなた森下さんが泣いていたのに、グッときたでしょう」「確かに、それは否定できないな」(大意)、には、わが耳を、疑うほど。盛りすぎだろ。
 逆にぼくは、美青年駆け落ち夫・仲谷昇のほうにこそ、心の中で爆笑。
「ぼくは天才だ」「ぼくは芸術家だ」と、何のテライもなく高らかに宣言。
 淡島千景にも、超クサい口説き文句で、粉をかけるのを、忘れない(笑)。
 さらには、「ぼくはいま、小説を書いています。長編だ。芥川賞に出すつもりだ。そうだ、あなたのご主人(芥川比呂志)にも、読んでもらいましょう」
 には、ひそかに心の中で大爆笑。でも、場内は、シーン。ここで、笑わなくて、どーする(笑)。
 ここがフィルムセンターならば、面白くもなんともないシーンで、鼻から抜けた間抜けな笑い声を出す御仁がいて、この御仁がいたら、脱力するような笑い声を、発するはずで、いつもは軽くイラッとするのだが、今回、この御仁には、いてほしかったぜ渋谷(笑)。
 別シーンでは、芥川比呂志のいる場で、芥川賞、芥川賞、連呼するんですぜ仲谷昇(笑)。
 ちなみに「芥川賞に出すつもりだ」って、アレは応募制の新人賞ではないでしょう(笑)。

 突如、スローモーションで踊りだす淡島千景。主婦らしくシャツをたたみつつダンス。まぢめなホームドラマに、突如挿入されるヴァラエティ。サブリン、こういうのを必ず挿入する。なんだろう。サーヴィスか。シリアスなドラマに突如風穴を開ける異次元。説明不能の意欲による鈴木清順ゼーション。
 いや、サブリンとしては、ふにゃふにゃした夫への、心理的抵抗ダンスと、いうべきだろうか。
 東宝、新東宝、東映、松竹で撮ったサブリンは、日活作品はないのか。同じく俳優出身の山村總監督「黒い潮」のチーフ助監督は、鈴木清太郎だった。ありえたかもしれない、サブリン/清順のコラボすら、夢想する。

e0178641_2157492.png 淡島の実姉・文野朋子の、「気持ち悪さ」。自分でさっさと、人の迷惑顧みず決めてしまう女。その快、ないしは不愉快。文野朋子って、円谷プロの怪獣そっくりの顔で、見るたびに、楽しい(笑)。ガラモン?
 淡島の実弟の、ガールフレンドに加藤治子。
 最初はボーイッシュな、職工風の男装。二度目は振袖。三度目は洋装か。まだ若い彼女の、年齢に不釣合いな「大人」志向。危うい(笑)。のちの加藤治子をセルフパロディにしたような、危うさ。
 この女優の資質を、さすがサブリン、見抜いてらっしゃる。
e0178641_21583991.png しかし、こうしてみると、加藤治子、丹阿弥谷津子、賀原夏子と、文学座には、女優としても女としても、やや、ヘンな人しかいないかの印象で、スギハル以来の伝統か。第一主演女優に淡島千景を持ってくるあたり、スタア女優不足は明らか。

 傑作とかそういうレヴェルではないが、気楽に見られる娯楽作。というか、わざわざ文学座の、いわばアルバイトなんだから、なぜ、もっと「意欲作」にしなかったのか、そこは疑問。

★Movie Walker★および★所蔵映画フィルム検索システム★のタイトル検索で、詳細な作品情報あり。ただし、簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)は、前者のみ。後者はスタッフ・キャストが超詳細。

 ★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2014-10-29 07:34 | 佐分利信 サブリン人生劇場 | Trackback(2) | Comments(2)