人気ブログランキング |

タグ:緑魔子 ( 6 ) タグの人気記事

谷口千吉「カモとねぎ」モリマ森雅之緑魔子高島忠夫山岡久乃小沢昭一砂塚秀夫東野英治郎

ヤサ男ダメ男専門の感があるモリマが、57歳にして、キヨーレツな男臭プンプンのダンディで、主演する。すばらしい。
 渋谷にて「欲望のディスクール」特集。68年、東京映画・東宝(これまた、ビミョーな並びで)。
 かつて男臭プンプンのダンディといえば、チャールズ・ブロンソンが有名だが、モリマはらくらくブロンソン超えてるぞ(笑)。
e0178641_2165610.png 名画座女子は、ムンムンするモリマの色気にノックダウンしているようだが、男のぼくは、そのムンムンは頭ではわかるものの、いまいち感じない。もちろんすごい色気なのはわかるが、「感じ」ないのね。これは致し方ない。 
 この年にして、軽コメディに主演。いかに添え物とはいえ、いかに低迷期の東宝とはいえ、レアというべき。おそらく当初は、モリマならぬモリシゲを想定していた可能性は高い。
 しかし東宝としても森繁本人にしても、今更感はあるだろう(推定)。この種の添え物にしては、ギャラも高かったと思われる。で、たぶん同じころに(いいかげん)「狙撃」があって、そのモリマならどうだろう、と(いいかげんな推定の上塗り)。
 おかげで、嬉々としたモリマのコスプレの数々が楽しめる、と。
 ラストイッコ前、警察に捕まる時、きっとにらむ山岡久乃に、テヘへトホホ笑いの愛らしさ、臥竜点睛を欠かない、さすがのパーフェクトでモリマ。

 で、この映画には、モンダイのヒロインがいて、緑魔子。
 みんなキュートだキュートだ、というけど、長髪フェチのモリマが感じないように、前にも書いたように、ぼくは緑魔子には、何にも感じないのね。 
 キュートというには、コワい顔(笑)だし、最後に、ぶれたのがなんだが、拒否し続けたモリマは、正しいぞ(笑)。 
 この映画の緑魔子が、峰不二子の原型か、という意見もあるが、峰不二子は天然の悪女で、緑魔子は、いかにも人工的で、ゲテっぽい感じ?
 なんか、やっぱり「映画女優」じゃあないんだよなあ(笑)。
 ちょっと違うし、黒髪長髪だけど、同じ東映なら、大原麗子ならどうだったんだろう。

 お話自体も二度目だと、あらが目立つ。
 でも新作の田中亮「コンフィデンスマンJP」なんかに比べたら、極の上。


『カモとねぎ』公開:1968年(渋谷シネマヴェーラHPより)
監督:谷口千吉
出演:森雅之、緑魔子、山岡久乃、高島忠夫、小沢昭一、砂塚秀夫、東野英治郎
スマートな仕事ぶりが自慢のサギ師トリオが、せしめた300万円を謎の女に横取りされる。どうにかその女の居場所を突き止めた三人であったが、ワケありのその女・麻美の押しの強さに負け、一緒に仕事をすることに。表情もファッションもくるくる変わる緑魔子のキュートなコメディエンヌぶりに負けじと、森雅之もダンディでお茶目なキャプテン役で魅せる贅沢な一本!

 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2019-07-09 02:17 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)

小西通雄「可愛いくて凄い女」緑魔子問題(笑)

それなりに面白い、ルーティンワークのプログラムピクチャア。66年、東映東京。阿佐ヶ谷にて「ピカレスク スクリーンで味わう〈悪〉の愉しみ」特集。
 冒頭ぼんやり見ていたので(笑)いまいち絶対の確信はないのだが、まず最初に、
可愛い女
 と、タイトルが出て、共通する字はそのまま、
可愛いくて凄い女
 と、変化したように思う。
e0178641_645099.jpg なにゆえ確信がないかというと、実はあんまり緑魔子に興味がなくて、ぼーっと、見ていたせいか、と。
 所詮女性の好みなんて、ひとさまざまで、ある人が見ればキュートでも、他の人から見れば、何だブスじゃないか、と。
 痩せてる方が好き、いや太った方だ、と人間の好みのセンサー千差万別で。
 絶対的美人(それでさえ、好みじゃない、という輩は、絶対にいる)を、のぞいて、角度美人、雰囲気美人、フェロモン美人、ジャンル美人(例えば、小説家にしては、美人なほう、とか、まあ希少価値ですかね)、奇跡の一枚美人、さまざま。
 で、緑魔子は、表情美人、確かに表情によっては、なんとか可愛い、と。
 しかも、当時としては、かなり大胆なオンナの本音を体現できる、アングラ系女優にしては、実際キュートなほうだし、汚れ役をいとわない若手女優としては、かなり貴重な存在なのは、明らか。

 でも、好みじゃないんだよねえ(笑)。

e0178641_6454132.jpg可愛いくて凄い女ニュープリント (ラピュタ阿佐ヶ谷HPより)
1966年(S41)/東映東京/白黒/81分
■監督:小西通雄/脚本:舟橋和郎、池田雄一/撮影:山沢義一/美術:森幹男/音楽:八木正生
■出演:緑魔子、天知茂、城野ゆき、浦辺粂子、今井健二、大村文武、園佳也子、国景子、大坂志郎、山本緑、須賀良
緑魔子の個性と特異なテーマで人気を呼んだ“おんな番外地”シリーズの第三作目。キュート&コケティッシュな魅力が全開!天知茂との共演で、ドライに人生を楽しむ若い女スリを明るく演じている。ニュープリント上映。

 緑魔子、浦辺粂子、園佳也子は、無所で知り合ったスリ仲間。緑魔子のセフレにして、スリの師匠・天知茂の指導よろしく、宝石店詐欺に出世?
 しかし、後半は美人局のやくざ・今井健二が、緑のマンション隣の夫婦を脅迫するという全く別の話になり、まあ、テキトーな展開。
 いかにも、プログラムピクチャアらしいお気楽さと受けとるか、いい加減と受け取るか、まあぼくは前者だけど、まあ正直どうでもいいっちゃどうでもよい。
 天地茂は、いつものワンパターンなニヒル男。
 今井健二は、口のあたりに特徴のある顔なのに、くわえたばこで延々緑をいたぶるシーンでは、タバコで口が隠れて、特徴が消え、損してるんでないかい。
 また今井の手下が、浦辺粂子をどつきまわすのは、見ていていい気分のものではないな。事務所の机に浦辺粂子を押しつけ、お尻ペンペンには、唖然(笑)。

 ちなみにぼくが見た回は開映後数分ほど「カモとねぎ」のフィルムが誤って、流れた。館側が気づき、改めて本作が上映。
 ちらりとでも別の映画が垣間見え、ぼくは、どうってことなかったが、終映後、ラピュタは、この回の全員に招待券を配布。まあ、そこまでのことではないとは思うが。明らかに過剰行為だと思うが、一応受け取った(笑)。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2017-02-05 06:46 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)

降旗康男「非行少女ヨーコ」緑魔子大原麗子荒木一郎石橋蓮司岡田英次佐野周二寺山修司大坂志郎

 阿佐ヶ谷にて。「OIZUMI 東映現代劇の潮流」特集。66年、東映東京。
 後年、高倉健とのコラボで大量の駄作凡作を量産した(大事なことだから、二度言いました)東映の凡匠・降旗康男の、下記フィルムセンター(◎追記◎ラピュタ阿佐ヶ谷の間違い)の物言いだと、鮮烈な監督デビュー作。
 ただし、凡匠のデヴュー作は、やはり凡作。
 この手の新人凡匠の若き作品は、篠田正浩も大島渚も同様だが、単に時代の最先端風俗と寝ることしか、頭に、ない(大島のみは、それにとどまらない部分も、ある、とは、認める)。
 そして、時代の最先端風俗は、すぐに劣化してしまう。悲しい話だ。
 友情出演なんだかの寺山修司が、睡眠薬中毒の緑魔子の狼藉パフォーマンスを見て、「つまらない、意味がない」と嘯くシーンに失笑。そりゃ、この映画のことだろって(笑)。
 そしてヒロイン緑魔子の分厚い面構えは、徹底して「少女」とは無縁で。
 緑魔子のダチを演じる、大原麗子、荒木一郎、東野孝彦、石橋蓮司が、素晴らしい。

e0178641_16152674.jpg非行少女ヨーコ 1966年(S41)/東映東京/白黒/85分<ラピュタ阿佐ヶ谷HPより>
■監督:降旗康男/脚本:神波史男、小野龍之助/撮影:仲沢半次郎/美術:中村修一郎/音楽:八木正生
■出演:緑魔子、谷隼人、大原麗子、城野ゆき、荒木一郎、東野孝彦、石橋蓮司、岡田英次、佐野周二、大坂志郎
田舎暮らしに辟易し、幼なじみを頼って上京してきた家出娘のヨーコ。ジャズや睡眠薬遊び、肉体交渉でいたずらに青春を費やした後、彼女は自分の人生を捜し求めて新天地へと船出する──。降旗康男、鮮烈な監督デビュー作。

e0178641_16163159.jpg 上記幼なじみに、ラーメン屋で修行中のコック見習い・荒木一郎。ガラにあった好演で、他の映画では必ず抱く違和感がない。
 純朴沖縄青年オキ・東野孝彦もグッド。主役・緑魔子に対し、この時期東映ではちょい役の石橋蓮司、しかし今回は意外に出番多く、もうけ役な下手な美容師役。美容師だからオカマっぽいというベタな演技ながら、注目の若手という感じ。
 完全ヤンキーな小便くさい少女を演じて、大原麗子、隙なし(笑)。好きなっしー、でもある(笑)。
 若いのに、オバサン顔の魔子より麗子を主演にしても、よかったのでは。
 まあ、言っても詮なし、センスなしの、降旗、振る旗は、いつも白旗な降旗だからなあ。
◎追記◎緑魔子に、親切そうに近づき、結局はヘンタイ笑いでレイプしちゃう中年男に、絶品岡田英次、なんだ役者は結構がんばっている映画じゃないか(笑)。駄目なのは、作品の統括だけだな。

e0178641_16184636.png★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。
 
★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2015-09-13 16:19 | 旧作日本映画感想文 | Trackback(3) | Comments(2)

大島渚「帰って来たヨッパライ」・再考

★この駄文の前文★ 

なぜ、「帰って来たヨッパライ」の検索が、比較的、多かったのか。
 新文芸坐の大島特集は、10月上旬だしね。
 なにかのきっかけか、本作を見た人たちが、
1 複雑奇怪な映画の構造に、疑問
2 映画が描く、今とまったく違う社会状況に、疑問
 んで。答えを求めてネット検索。たぶん、そゆことじゃないか。
 1については、アート系映画を見慣れた人たちの場合は、おお、同じ話を繰り返す、そう来たか、そのハッタリのお手並み拝見、となる。まあ、大島の場合は、ハッタリはよかったんだけどねー、という残念な結果になったのだが。
 しかし映画を見慣れていない人たち、たとえば、なくなった加藤和彦ファンあたりが、追悼の意味で、本作をDVD鑑賞したら、そらまあ、フツーの映画とは違うので、とまどうよなあ。
 大島の発想はなんだったのだろう。
 基本的な話をシナリオにしていったら、話が、持たない、というところじゃないか。
共同脚本は、田村、佐々木、大島、足立の四人がかり、相当苦労したとおぼしい?
 その結果、ええい、めんどくさい、話の真ん中で、38度線を引いちまえ。分断しちまえ、ということだったかも(笑)。いえいえ、ただの根拠なき推測ですがね。
 一度目は悲劇として、二度目は喜劇として。
 あと知恵の印象だが、二度目には、若干の喜劇味が強まっているように思う。成功はしていないが。ドタバタ度は、いっそう強化されている印象。
 あとは、「帰って来た」とは、何か。一度目があってこそ、二度目たる「帰って来た」が、利くのではないか、という発想か。

 2については、今は、まったく見られない、韓国人の密入国、成りすまし、紛れ込み、それに対する地域社会の標語(不審者を見かけたら、警察に通報、見たいな)の異様さ。
 戦後世代は、日教組の教育が行き届きすぎて、「えー、韓国人って、強制連行で日本に来させられたんじゃないの」と、この映画を見て、疑問が湧いたのかもしれない。
 お若い方々、強制連行じゃなくて、自分から進んで、密入国したんですよ、皆さんは。
 日本生まれの韓国人少年は、自分たちがなぜ日本にいるのか、疑問を持つだろう。その疑問を、親に聞く。親は、話に詰まるよなあ。まさか、自分が、国法を犯して、密入国したなんて、いえないもの。子供の手前、示しが、つかない。
 子供は、ぱっと顔を輝かせ、
「お父ちゃん、ぼく、日教組の先生に、学校で、習ったんだよ。日本人て悪いヤツで、強制連行されたんでしょ」
 渡に舟だ「そ、そ、その通り。まったく日本人てヤツは、極悪非道なやつらさ」
 社会びん乱を目標とする、文系お坊ちゃん革命家・大島は、社会をかく乱させる、韓国人の密入国、成りすまし、紛れ込みをも、歓迎する。国と国の境目、いわんや38度線なんかは、まったくもって、許しがたいものだから。
 密入国者の人権、犯罪権を、絶対的に擁護する。
 ニセ街頭インタヴューのシーン。
「あなたは日本人ですか?」と聞くと、
「いいえ、私は韓国人です」という言葉ばかり返ってくる。
 まるで、日本には、日本人と韓国人しかいないという。唯韓国人史観か。
「いいえ、国民党政府の白色テロから逃げてきた、台湾人です」
「いいえ、韓国人兵士にレイプされて、逃げてきたヴェトナム人です」
 そういう一言、二言があれば(笑)より、「リアル」なんだけどねー。
 天国から、「お前、出て行けー」と現世に返された、ヨッパライ。
 祖国から、「この国には未来がねぇー」と日本に密入国した、韓国人。
 まるきり違うものを、あえて、一緒にしちゃった。そりゃあ、もともと、無理すじ、だわな。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2010-12-05 08:36 | 大島の渚に寄せる新波かな | Trackback | Comments(0)

大島渚「帰ってきた酔っ払い」フォーク・クルセダーズ渡辺文雄緑魔子佐藤慶小松方正殿山泰司

 京橋にて。「映画監督 大島渚」特集。68年、創造社。
 初見のときも、つまんねー映画だなー、と思ったが、再見しても、やっぱりつまらないものはつまらない。
e0178641_18395799.jpg 同じ物語が再度繰り返され、しかしヴァリアントに微妙なずれがある、という構造の映画を成功させるには、最低限の映画的才能と、センスが必要なのだが、大島にはそれはない。
 大島にあるのは、何か先鋭的な映画を作りたいという物欲しげで闇雲な欲望と、それを実行してしまうハッタリのみで、この種の映画に必要な、タランティーノでさえらくらく使いこなせるような、繊細かつ大胆なコラージュ能力をまったく欠いている。
 映画はフォーク・クルセダーズの三人が海水浴中に、韓国人密入国者(佐藤慶ら)に服を盗まれ、残されたハングル入りの服を着ざるを得ず、密入国者として警察に追われ、また佐藤慶らにも追われ、さらに韓国人夫婦(渡辺文雄・緑魔子)にも、追われる、という、つまりビートルズ映画や、そのパクリのGS映画の、さらにパクリというべきもの。そのゴダール風味。そのどたばたのいちいちがしまらないし、80分の映画で30分は長すぎるね
e0178641_18403478.jpg ゴダールが成功したのは、過去の膨大なB級C級どたばた/娯楽映画への愛?ある蓄積と、それを再構成するセンスゆえなのだが、大島にあるのは、その上っ面だけ、ということが露呈してしまう。
 フォークルの三人の中では、加藤和彦は、演技といえる代物ではなく、棒読みの、ハシにもボウにもかからないもの。はしだのりひこは、ハシにはかかるが、ボウにはかからない中途半端さ。まあ、お話にならない素人演技だが、北山修だけは天性の達者さで、何とか乗り切る。
 佐藤慶、小松方正、渡辺文雄、殿山泰司の、いつもの大島組常連に伍して、今回は緑魔子が参戦。
 日本人は韓国人に間違われ、区別がつかない。
 韓国人は日本人に紛れ込み、区別がつかない。
 殿山泰司は、タバコ屋の店番のばあちゃんになり、ほっかむりの自警団小松方正になり、警官になり、処刑人になる。性の区別も、キャラの区別も、超越する。
 小松方正は、ほっかむりの自警団のはずなのに、その声は交通警備の案内アナウンスとなり、駅の案内アナウンスとなり、さまざまな地に、さまざまな声を鳴り響かせる。
 はしだ、北山は韓国人に間違われるだけでなく、逃げるために女装し、性のアイデンティティさえ混乱させる。
 ただひとり、鈍感な加藤和彦だけが、衣装を盗まれず、出来損ないのGSみたいなコスチュームで終始一貫通す。 ◎追記◎ミリタリールック的人民服というべきか
e0178641_18411947.jpg 韓国人にも間違えられないし、はしだや北山のように女へと性を越境しない。この映画における、ただひとりのこの鈍感さはいったいなんなんだろう。ハシにもボウにもかからない棒読み演技、この鈍感さでは、成りすましや紛れ込みがお得意の韓国人にはなれないということなのか。にやけた棒読み男、こいつだけが日本人以外の何者でもない、ということか。

 韓国人の成りすまし、紛れ込みの結果、その区別がつかなくなる混乱、大島は、これは不条理か、いや、条理だ、といいたいらしい。アイデンティティのあやふやさ、これこそが現代なのだ、と。何を大島な。いや、大げさな。ただ単に韓国人が不正行為、犯罪行為を行っているだけなんだけどね。朝鮮人の擁護者、大島はかの国の人たちのけちな犯罪行為を擁護するだめに、アイデンティティなど持ち出して、得意になっているだけのことで。
 そのために大島は次から次へと、うそを吐き続ける。
 韓国人緑魔子は「韓国人は韓国人を殺さない」とハッタリを言う。
 言われた韓国人佐藤慶は、フォークルの三人を殺そうとして、フォークルが、いやいや俺たちは韓国人だと主張するので、目を白黒させて、殺人を躊躇する。北朝鮮と南朝鮮が同民族で戦争で殺しあっているのだから、「韓国人は韓国人を殺さない」は、捏造以外の何者でもないのに。
 映画のラストは、北ヴェトナムと南ヴェトナムの戦争で、同民族を処刑する有名な写真を拡大した巨大絵看板のしたで、日本人警官殿山が、韓国人佐藤慶を、同じ構図で処刑するシーン。
 これこそ歴史の捏造というもので。韓国人同士が処刑するならともかく、日本人と韓国人が同民族といいたいがための、80分だったと。同じ民族としての日本人が韓国人を抑圧している、という構図。これを言いたいための、現代の病としてのアイデンティティ不確実だったわけだ。

 大島渚は、センスある映画を作りたい。映画をお勉強して、過去の映画テク成功例を数限りなく取り込む。しかしそれらの成功例は、センスある映画作家が作り上げたもので、大島には残念ながら、その才能がない。ただ闇雲に取り入れた映画テクの成りすまし、紛れ込み、どうりでかの国の人たちを擁護するわけだなあ。
 共同脚本(田村、佐々木、大島、足立)のひとり、足立正生が制服警官の役というのが、この映画で一番の笑いどころだったりして。後に越境した足立正生、ヨッパライかどうかは知らず、今は帰ってきちゃった。日本人は、なぜだか、帰ってきちゃうなあ。かの国の人たちは、なぜか、帰らないけれどもね。

この駄文の続きは★続・大島渚「帰ってきたヨッパライ」★

◎追記◎帰って来たヨッパライ

 このクリップは、見たことがない。冒頭の世界地図と手書きのタイトルは、オリジナル映画版では、見たことがない。
 おそらく、推測するに、映画の予告編の一案として編集され、しかしあまりにも(当時としては)カットび過ぎていて、ボツになり、予告編案のキャッチコピーやクレジット、せりふ音声を抜いたまま、フォークルの、イメージヴィデオとして「再生」させたものではないか。
 あるいは特報として作られたものの、クレジット抜きオリジナル素材か。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2010-02-01 04:58 | 大島の渚に寄せる新波かな | Trackback(18) | Comments(0)

谷口千吉「カモとネギ」モリマ森雅之

 「男優・森雅之」特集、神保町にて。68年、東宝。
 なかなか肩の力が抜けて面白いプログラム・ピクチャア的コメディ。
 モリマが詐欺師団のボスという設定で、ダサダサのよれよれ税務署職員、かっこいい紳士の教育委員会委員長、引き締まった自衛隊員、などコスプレ三昧。新劇俳優であった彼にとって、こういう扮装はまことに板についた感じで、モリマ・ファンとしてはただただ、ニヤニヤしながら見ていればいい。紳士にうっとりして、手もなく丸め込まれた教育ママ・山岡久乃が、教育映画と信じてピンク映画を見せられ、だんだん興奮していくさまで、笑いを取る。
 なお、この特集では、大部分が既見なのでパスしたが、数少ない未見作「東京のヒロイン」(50年新東宝)を見逃す。外れのない島耕二なのに。彼と相性がよい轟夕起子なのに。残念。
 井上梅次「女房学校」(61年大映東京)は見た。コミカルな金魚研究家のモリマはよいが、全体につまらない。井上の映画に必ず出てくる月丘夢路も出てくるが、実人生で夫婦であっても、映画的相性があるわけではないのが、惜しいところ。

by mukashinoeiga | 2009-07-12 21:31 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)