人気ブログランキング |

タグ:真理アンヌ ( 2 ) タグの人気記事

鈴木清順「殺しの烙印」最大の謎(笑)宍戸錠真理アンヌ

 つくづく不思議で、日本映画史の謎の一つというべき(笑)は、鈴木清順「殺しの烙印」の前半部分は、ギャビン・ライアルの大傑作小説「深夜プラスワン」(早川文庫)の、まるパクリなのに、いわゆる具流八郎という脚本グループの一人である、キムタケが聞かれても、それ何のこと、とピンと来ていないことだ。
e0178641_2051856.jpg あるいは、ギャビン・ライアル側が訴えれば、多額の賠償金が発生するわけだから、おそらく海千山千のキムタケは、とことんすっとぼけざるを得ないのかもしれない。
e0178641_20515436.jpg 「殺しの烙印」を何度も見、「深夜プラスワン」を何度も読んだぼくからすれば、このコラボ(一方的だけれど)は、とってもゴージャスなんだけど、一体パクったのは、誰だ(笑)というのも、知りたい。
 早川ミステリにあんまり言及していない清順でないことは、たぶん確かだと思うが、そもそも清順に、この件を誰も聞いていない、というのも不可解。
 まあいえることは、清順ファンは「深夜プラスワン」を読むべし、ライアルのファンは「殺しの烙印」を見るべし、とっても楽しいよ、と。

鈴木清順さん慢性閉塞性肺疾患のために亡くなっていた
2017/02/22 に公開
「ツィゴイネルワイゼン」などの作品で知られる映画監督の鈴木清順さんが13日午後、慢性閉塞性肺疾患のため、都内の病院で死去

鈴木清順 TVドキュメンタリー 1
2011/03/19 にアップロード
5,6年前のもの。最初の十数分は録画出来ませんでした。
VHS録画なのでノイズが酷いです。続きあります。

鈴木清順 TVドキュメンタリー 2

Seijun Suzuki interview

An interview with Suzuki Seijun: Director of Tokyo Drifter

 太地喜和子と清順は、結構合ったと思うし、あるいは常連になってたかもしれず、つくづく残念なり。

 しかし清順、外国からのインタヴューには、率直にこたえてるなー。いつもの韜晦したしゃべり方でないのが、笑える。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2017-02-27 20:53 | 清順の光と影すべって狂ってる | Trackback | Comments(0)

阿部孝男「記録なき青春」田村正和真理アンヌ弓恵子加藤嘉永井智雄野村昭子

 日比谷にて。「短編映画研究会147 シネマスコープ大会」特集。67年。16ミリ。
 もはや短編とはいえない79分の映画がなぜ短編映画研究会で上映されるかというと、本作が一般映画館での上映ではなく、小学校の講堂などでの上映会を意図して製作されたものだからであり、だから劇映画なのに、「文化映画」というくくりで、旧日比谷図書館に収蔵されて、かくて上映されたわけ。
 でも基本は田村正和、真理アンヌ主演の青春映画。一般劇場映画として、まったく通用するレヴェル。
 会場では、真理アンヌも一緒に鑑賞、挨拶していた。
 同じ年の鈴木清順「殺しの烙印」で妖艶な女、本作で清純派と、対照的な役でした、と回想する。

e0178641_23443430.jpg


548『記録なき青春』 1967年/79分/白黒/ワイド <短編映画研究会ブログより>
製作■「記録なき青春」製作上映委員会 日本原水爆被害者団体協議会
制作■和プロ 製作■樋口信 花形利和
監督■阿部孝男(阿部野人) 脚本■今子正義 音楽■伊福部昭
撮影■鈴木史郎 照明■近藤兼太郎 録音■神津原巌 効果■河野修
編集■竹村峻司 村松建 現地進行■藤田且照 田村登志麿 古林邦和
撮影助手■尾崎弘 照明助手■安西光男 記録■志村佳子
出演者■田村正和 真理アンヌ 弓恵子(俳優小劇場)加藤嘉(文学座)永井智雄(俳優座)野村昭子(俳優座)
白石加代子 早稲田小劇場 山梨放送劇団 ラジオ中国放送劇団 広島NHK放送劇団 広島大学映画研究会
ヒロシマの街に燃えつきたつかのまの青春。それは被爆2世の平和への叫び声。ひとつの愛の結末を通じて、戦後の平和と繁栄を問題として描いた劇映画。

 なので、あるが、そこに広島の被爆者問題が、大きくウェイトを占める。
 なにこれ、あの映画に、ティストがそっくりだなと。白井更生「ヒロシマ1966」(急遽感想駄文済み)。
 昨年京橋で見て、当ブログにも感想書いたはず、と検索してみるが、ヒットせず。
 確か書いた覚えが? でも、見つからぬ。酔っ払いつつ書いて、眠くなってシャットダウンして、消してしまったのか(泣)。うーむ。ということで、本作の「前段」たる白井更生「ヒロシマ1966」は、記憶のそこから、急遽、いま感想駄文しました。
 なぜ「前段」かというと、
 アラン・レネ「二十四時間の情事」(1959)の助監督・白井更生が同じ広島で「ヒロシマ1966」を監督し、その「ヒロシマ1966」で助監督の、阿部孝男が本作「記録なき青春」を監督。
 なんとなく、広島利権の継続という構図が思い浮かぶ(笑)。
 大映もこの先先細りだし、ひとつ会社をやめて(逃げ出して)、広島で原爆教育映画に活路を見出しちゃるけんのう。
 で、出来たのか、この映画、という構図か。
 
 最初の「二十四時間の情事」が、すべてを決定する。
 アヴァンギャルドな恋愛ドラマと、広島被爆ドラマの止揚。しかしそのティストは、だんだん薄まり、本作にいたっては、せいぜいヌーヴェルバーグ果汁0.5パーセント、というところか。
 なお、加藤嘉の因業ないもうと?野村昭子の役名が金山玉子って(笑)。
 またインド系真理アンヌがGIとの子というは、ちょっとムリスジかな。

田村正和が浪人生で、広島大医学部を受験するために勉強中。
 その田村の唯一の勉強シーンが、憲法9条を音読するところ。医学部受験でこれ、ないでしょ。これが唯一の、受験勉強シーンだよ(笑)。左翼って、どこまでお花畑なの(笑)。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2015-03-01 23:47 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(2)