タグ:田村正和 ( 4 ) タグの人気記事

ラピュタ見逃し映画リクエスト募集に「われら劣等生」を投票する!安達明いしだあゆみ高石かつ枝田村正和

数年前にラピュタで見逃した佐藤雄三「われら劣等生」が、つくづく惜しい。悔やんでいる。
e0178641_3423840.png むろん他愛のない学園青春ものだが、かわいいいしだあゆみ、田村正和が高校生、そして忘れられたアイドル安達明も出演。
 なんだその無名映画、という方は以下のクリップを見てほしい。劇中お菓子をパクっと咥えさせられるのが安達明。

女学生 安達明さん
松竹映画「われら劣等生」安達明、いしだあゆみ、高石かつ枝、田村正和、太田博之等出演
◎追記◎なんと昨日まで見れたのに、いきなり削除されていました
 再生回数203万回とは、何気にすごい。ぼくも何十回とみてるけど(笑)。

e0178641_7403152.png【リクエスト募集】(ラピュタ阿佐ヶ谷HPより)
20th Anniversary企画「もう一度みたい」にお応えします!
ラピュタ阿佐ヶ谷は、本年11月8日に開館20周年を迎えます。
そこでこれまでのご愛顧に感謝の気持ちを込めて、今秋~冬にアンコール企画を開催。過去の上映作品のなかからリクエストを募ります。
みのがした、またみたい…!!などなど
思い出や熱いメッセージとともにご希望の作品をお寄せください。
募集期間:2018年6月10日(日)~7月31日(火)
※劇場ロビー備え付けの応募用紙にご記入のうえ、同場所設置の応募BOXにお入れください。

 ネットや郵送では受け付けないらしいが、いいねえ。ネット投票なんかしたら、ラピュタに行ったこともない、今後もいかない人も投票出来るから、何の意味もない。
 ちなみに関連動画も張り付けるが、

安達明さん~さんざしの花咲けば~
安達明さん~さんざしの花咲けば~ これで安達明さんの全ての曲をUPした事になります。明さんが亡くなって今年5月20日で4年目になります。毎年命日の前後にファンが集まりお墓参り、ファンの親睦会を行なって参りました。
 これも削除。そもそも安達明「銀座の少女」も、銀座生まれの和泉雅子のベストマッチな日活映画のクリップを使った傑作もとうの昔に削除されている。
安達明/女学生

スタ-千一夜 196503 われら劣等生 太田博之 いしだあゆみ

司会 三木鮎郎
 映画のことには、ほとんど触れてない(笑)。


 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2018-07-08 07:40 | 舟木一夫と60年代アイドル | Trackback | Comments(2)

市村泰一「この声なき叫び」香山美子田村正和南田洋子園井啓介倍賞千恵子志村喬笠智衆荒木道子北村和夫

意外に魅せる小品佳作。
 神保町にて「赤川次郎と現代ミステリーの世界-映画で愉しむ謎解きエンターテインメント!」特集。65年、松竹大船。
 ミステリとしては小粒だが、見捨てりがたいものがあるドラマ。

e0178641_13414100.jpg7. この声なき叫び (神保町シアターHPより)
S40('65)/松竹大船/白黒/1時間40分
■監督:市村泰一■原作:西村京太郎『四つの終止符』■脚本:柳井隆雄、石田守良、今井金次郎■撮影:小原治夫■音楽:小川寛興■美術:熊谷正雄■出演:香山美子、田村正和、南田洋子、園井啓介、倍賞千恵子、志村喬、笠智衆
人気作家・西村京太郎の"トラベルミステリーではない"初期の傑作長編を、田村正和主演で映画化。母殺しの容疑者となった聾者の青年と、彼の無実を信じ、事件の真相に迫るホステスとの人知れぬ絆に涙する、異色の社会派サスペンス。

 まず香山美子と田村正和は、恋人同士ではない。香山が田村の無実を信じて奔走するのも、やはり聾者だった死んだ弟の面影を田村に見てのこと。
 本作から四か月後の同じ年に、同じ松竹で山田洋次「霧の旗」が公開されているが、その三年後にも、松竹で、山田洋次・加藤泰脚本の「みな殺しの霊歌」
 「霧の旗」では、兄の無実を信じて倍賞千恵子が奔走する。
 「みな殺しの霊歌」では、疑似的な弟のような少年の無垢を信じて佐藤允が奔走する。ま、奔走というより、暴走ですがな。
 この連鎖は興味深い。しかもこの三作には、いづれも倍賞千恵子が、助演、主演、ヒロイン役としてそれぞれかかわっているのも、面白い。「霧の旗」で兄想い、「みな殺しの霊歌」でやくざな兄を殺す。そんな倍賞が山田洋次「男はつらいよ」シリーズで柴又一の兄想いの妹を演じるのも面白い。
 閑話休題。

 Movie Walker解説から引用すれば、
 宝井弁護士は被告人を救う道は「母を安楽死させたと言わせることだ」と言った。無罪を信じながらも、晋一を救うために、幸子は晋一に自白をすすめた。信頼する幸子にも自分の心は解ってもらえない……そんな自分に孤独を感じた絶望感で晋一は独房で自殺をはかった。(以上引用終わり)

 本来なら無実であるという主張をしたいが、それでは裁判に勝てない。裁判に勝つテクニックとして、そういう戦術でいけば、執行猶予、あるいは極めて短期の刑、で済ませられるだろうという、裏技だ。
 しかし純情な母思いの青年に、そんな大人の裏ワザは通用しない。
 この癖のある弁護士を北村和夫が好演。というか、映画に出てくる弁護士って、ほとんど癖のある人物ばかりの印象で。一方の検事は謹厳実直の無個性派。
 まあ自称人権派の弁護士とか、福島瑞穂とか枝野とかの弁護士兼政治屋を見れば、クセダマ野郎ばかりというのは正しいかも(笑)。

 そして真犯人のあれこれも、あまりに小ネタすぎないか(笑)。ろうあの青年が関わっていたから、そういう悲劇性で映画化されたのだろうが、ミステリとしては、あまりに小ネタすぎる。うーん。 
 でもまあ、映画自体は、倍賞千恵子や笠智衆、香山美子、田村正和、南田洋子などの善良さで、救われて好印象。
 なかんづく人権派?の新聞記者を演じた園井啓介の誠実さよ。かつては新聞記者は誠実人権派の代表とみられていました。今は化けの皮がはがれて、捏造インチキ野郎の代名詞ですがな(笑)。


★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2018-03-19 01:35 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(2)

阿部孝男「記録なき青春」

 日比谷にて。「短編映画研究会147 シネマスコープ大会」特集。67年。16ミリ。
 もはや短編とはいえない79分の映画がなぜ短編映画研究会で上映されるかというと、本作が一般映画館での上映ではなく、小学校の講堂などでの上映会を意図して製作されたものだからであり、だから劇映画なのに、「文化映画」というくくりで、旧日比谷図書館に収蔵されて、かくて上映されたわけ。
 でも基本は田村正和、真理アンヌ主演の青春映画。一般劇場映画として、まったく通用するレヴェル。
 会場では、真理アンヌも一緒に鑑賞、挨拶していた。
 同じ年の鈴木清順「殺しの烙印」で妖艶な女、本作で清純派と、対照的な役でした、と回想する。

e0178641_23443430.jpg


548『記録なき青春』 1967年/79分/白黒/ワイド <短編映画研究会ブログより>
製作■「記録なき青春」製作上映委員会 日本原水爆被害者団体協議会
制作■和プロ 製作■樋口信 花形利和
監督■阿部孝男(阿部野人) 脚本■今子正義 音楽■伊福部昭
撮影■鈴木史郎 照明■近藤兼太郎 録音■神津原巌 効果■河野修
編集■竹村峻司 村松建 現地進行■藤田且照 田村登志麿 古林邦和
撮影助手■尾崎弘 照明助手■安西光男 記録■志村佳子
出演者■田村正和 真理アンヌ 弓恵子(俳優小劇場)加藤嘉(文学座)永井智雄(俳優座)野村昭子(俳優座)
白石加代子 早稲田小劇場 山梨放送劇団 ラジオ中国放送劇団 広島NHK放送劇団 広島大学映画研究会
ヒロシマの街に燃えつきたつかのまの青春。それは被爆2世の平和への叫び声。ひとつの愛の結末を通じて、戦後の平和と繁栄を問題として描いた劇映画。

 なので、あるが、そこに広島の被爆者問題が、大きくウェイトを占める。
 なにこれ、あの映画に、ティストがそっくりだなと。白井更生「ヒロシマ1966」(急遽感想駄文済み)。
 昨年京橋で見て、当ブログにも感想書いたはず、と検索してみるが、ヒットせず。
 確か書いた覚えが? でも、見つからぬ。酔っ払いつつ書いて、眠くなってシャットダウンして、消してしまったのか(泣)。うーむ。ということで、本作の「前段」たる白井更生「ヒロシマ1966」は、記憶のそこから、急遽、いま感想駄文しました。
 なぜ「前段」かというと、
 アラン・レネ「二十四時間の情事」(1959)の助監督・白井更生が同じ広島で「ヒロシマ1966」を監督し、その「ヒロシマ1966」で助監督の、阿部孝男が本作「記録なき青春」を監督。
 なんとなく、広島利権の継続という構図が思い浮かぶ(笑)。
 大映もこの先先細りだし、ひとつ会社をやめて(逃げ出して)、広島で原爆教育映画に活路を見出しちゃるけんのう。
 で、出来たのか、この映画、という構図か。
 
 最初の「二十四時間の情事」が、すべてを決定する。
 アヴァンギャルドな恋愛ドラマと、広島被爆ドラマの止揚。しかしそのティストは、だんだん薄まり、本作にいたっては、せいぜいヌーヴェルバーグ果汁0.5パーセント、というところか。
 なお、加藤嘉の因業ないもうと?野村昭子の役名が金山玉子って(笑)。
 またインド系真理アンヌがGIとの子というは、ちょっとムリスジかな。

田村正和が浪人生で、広島大医学部を受験するために勉強中。
 その田村の唯一の勉強シーンが、憲法9条を音読するところ。医学部受験でこれ、ないでしょ。これが唯一の、受験勉強シーンだよ(笑)。左翼って、どこまでお花畑なの(笑)。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2015-03-01 23:47 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(2)

降旗康男「日本の黒幕(フィクサー)」佐分利信田村正和松尾嘉代狩場勉

 渋谷にて。「実録!犯罪列島2」特集。79年、東映。
<以下、ネタバレあり>
e0178641_546945.jpg 当時日本中を震撼させたロッキード事件の、政財界の黒幕・児玉誉士夫を、モデルとした映画。
 といいつつ、そこは東映だから、基本線は抑えつつ、ありもしないスプラッターな血まみれ殺人シーンを多発。ナンセ最終的には、田中角栄すら殺されてしまう(笑)。
 バンバン人が死んでいき、史実を離れて妄想状態に。製作時には、まだ生存していた<政財界の黒幕>にして、日本最大の右翼団体の元締めに対する、この弾けっぷりは、さすがですな。
 もっともこのギンギラ東映パワーを、岡田裕介社長になった現在、まったく喪失しているのが残念だ。

 そして<政財界の黒幕>を演じるは、この人しかいないという怪演、力演の佐分利信。すばらしい。
 若いころ(1930~40年代の松竹映画)は、力演とは無縁の茫洋とした、のほほん青年役を得意とし、しかしそれでも青年俳優として、きりっとしたところは魅せてもいた彼が、老獪固陋頑迷かつ一徹老人を文字通り180度転換の怪演ぶり。でも、どっちも、いいんだよなあ。
 改めて佐分利信に惚れ惚れ。
 なお、ある意味児玉のカウンターパートナーとなる田中角栄には、地味な脇役俳優・金田龍之介が、地味に凡演。
 国民誰もがよくしっている、だみ声にあの精力的なザ・オヤジなマスク、その「再現」は誰がやっても「ヒッチコック」のアンソニー・ホプキンスどうよう、もともと負け戦ではあったが、それにしても地味な金田じゃあないだろう。
 角栄のはったりと、派手なパフォーマンス、愛嬌、暑苦しさ、にじみ出る個性、こりゃあ地味俳優には荷が重過ぎる。
 誰だろう。モリシゲは、洒脱すぎてキャラが違う。三国は、少し硬すぎるか。
 まあ、いずれにしても、誰がやっても負け戦だ。
 そこへいくと、有名ではあるがキャラが浸透していない児玉を演じる、サブリンは、どうやっても勝ち戦か。

 しかし、この映画は、男たちの閉鎖的グループを描いていくと、どうしても「新撰組」化してきてしまう。つまりやおい化
 黒幕・佐分利を暗殺しようとして失敗した美青年(まだ少年の雰囲気を残している)狩場勉が、佐分利に「飼われ」て、やがて弟子になる。モトから(文字通り)「子飼い」の美青年・田村正和との、危うい均衡の三角関係。
 これに佐分利の娘で、田村を愛する松尾嘉代が加わり、なんだかやおい好きには、熱狂的なファンがいそうだ(笑)。

 デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて というブログでは、
>「わしが間違っているのではない。1億人が間違っているのだ!」
こんな台詞が許されるジジイは佐分利信以外おりません。ここまで頑迷な年寄りになれれば、人生悔い無しです。
総理の任免も可能な右翼の大親分・山岡(佐分利信)の権謀術策というお話の骨子は「日本の首領(ドン)」の流れを汲む“いつもの東映節”ですが、テイストが若干異なります。
何と言うか“お耽美”なんですね。
山岡を襲いながら逆に取り込まれ門下生となる美少年テロリスト・一光(狩場勉)。
門下生を束ねる美青年・今泉(田村正和)。
「自害はできても、わしの為に人は殺せんだろ」と言われた今泉が暴漢・小林稔侍を刺し殺し、返り血を浴びた蒼白な顔の美しい事。
白昼堂々、首相を刺殺し、後援者たちに撲殺される一光の血まみれの笑顔。
ケツを割った田中邦衛を日本刀で粛清した突撃隊長・団(中尾彬)の血塗られた形相は正に鬼神。
若者だけではありません。佐分利は旧知のジジイの前で半裸を晒してその胸に触れさせ、半裸の一光を見て「美しい」と眼を細め、秘書・高橋悦史も今泉を抱きとめ髪をぐりぐり。
ジジイ×ジジイ、ジジイ×若者、若者×若者の順列組み合わせに中年も乱入という“早すぎたやおい”が次々と展開。
いくら諸乳出した松尾嘉代が熱演しても太刀打ち出来るもんじゃありません。(引用終わり)

 なんだ、人様のブログをコピペすれば、あらすじなんて書く必要ないジャン(笑)。ちなみに旧知のジジイとは、有島一郎のこと。有島は最後には、佐分利のために自決する。
 みんな、佐分利のために、血まみれになって、死んでいく。必要以上にみんな殺されていくのは、東映ならでは。成田三樹夫、田中邦衛、小林稔侍は、いつものヤクザ映画のノリそのまんまで、とても政治ドラマとも思えない、さすが東映や。
 なお、日活ニューアクション、ロマンポルノの助演で印象に残る、俳優・前野霜一郎が、特攻隊姿の扮装で、セスナ機で児玉誉士夫邸に突撃攻撃、自死した事件が76年にあったが、その前年75年には東映で★野田幸男「青春トルコ日記 処女すべり」★ にも出演している。
 この東映にとってもゆかりのある前野霜一郎的存在が、なぜこの東映映画に出てこないかというと、たぶん最大の理由は、住宅街の中の個人邸宅にセスナ機が突っ込む「絵」が、予算的にも撮影規模的にも、撮れなかったからだろう(森永健次郎「拳銃無宿 脱獄のブルース」感想駄文を参照)。
 その前野的存在が、美しい狩場勉に「昇華」したのかもしれない。もっとも、東映だから、そんなメンドーなことは、ハナから考えちゃいないというべきか。

予告篇 日本の黒幕 フィクサー(ただし画面は大変暗い。引用者の技術力か)

★日本の黒幕 | Movie Walker★
 見たあとに調べてみたら、徳井利次とは、今の徳井優の若き日だという。気がつかなかった。本間優二も気づかず。なお、クレジットにも上記予告編にも出てくる名前が寺田農。
 しかし、いったいどこに出ていたのか?確認できず。と思ったらMovie Walkerに記載なし。どっちなんだ。
★児玉誉士夫邸セスナ機特攻事件 - Wikipedia★
★長谷川和彦全発言・ピエロと殺人者(2/4)★
 たいへん読みにくいが、話は興味深い。一番最後の2行は紛れもなくヘイトスピーチだが、これが長谷川和彦「大要を盗んだ男」につながるものであり、ヘイトスピーチがもともとは、左翼の専売特許?であることを示すものだ(笑)。

★Movie Walker★タイトル検索で、詳細な作品情報あり。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-10-13 13:38 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(2)