人気ブログランキング |

タグ:水谷豊 ( 4 ) タグの人気記事

変貌する水谷豊 ちんぴら風「男たちの旅路」から英国紳士風「相棒」へ

水谷豊映画の代表作といえば、長谷川和彦「青春の殺人者」だろうが、ほくはこれを見ていない。
 というか、何度掛かろうが、一向に見る気が起こらない一本。ということで長谷川和彦は比較的コンプリートしやすい監督だと思うが(なんせこれまでに2本しか撮っていない)ぼくには永遠にコンプリート出来ないだろう。
e0178641_8535175.jpg ショーケンのことを、アニキーと呼ぶ人気ドラマも見ていないし、それ以外にも、ほとんど、見ていない。けっきょくぼくは彼の熱心なファンというわけでもなく、「男たちの旅路」と「相棒」だけの付き合いだ。
 その「相棒」シリーズだって、初期中期は全く見ていなくて、見るようになったのはここ四、五年のこと。しかも昨秋期シーズンは、実は一回も見ていない。水曜夜9時に家にいないか、いても忘れてる。
 ようやく最終回に当たる元旦スペシャルは見たが、例によって、飲みながら見ているので、終盤はうつらうつら状態に。
 どうも「相棒」シリーズは、特に終盤は、ぼくには低刺激過ぎるようだ。
 で、水谷豊だが。

 若いころのチンピラ風(でも根は真面目)から、現在の英国紳士風まで、変貌といえば、大変貌だ。
 一人の俳優が、これほどキャラ変するのも珍しいのではないか。
 しかもチンピラ風も英国紳士風も、どちらも、地上から1~2センチは浮いてるだろう、不自然な演技。
 例えば桃井かおりの不思議ちゃんキャラは、いかにもいそうな、自然さだが、水谷豊の、チンピラ風青年も、英国紳士風も、やはりヘンだ。いつも、彼は、浮いている。自然な演技では、ない。
 鶴田浩二は、「俺は若い奴らが、嫌いだ」と、嫌いなものは嫌いだ、頑固おやじだから、若い奴らをしかりつける。いわば情の世界だ。
 いっぽう「相棒」の水谷は、ときおり犯人に、ほほをぶるぶるさせて叱責するのだが、この演技は、いかにも不自然で、唐突だ。彼の怒りに、情が感じられない。
 情がなく、怒ることの、不自然さを、感じてしまう。ツルコウを真似しようとして、失敗する、ということか。
 うーん、よくわからない。
 あるいは水谷豊には、性のにおいを感じられない、ということもあるのかもしれない。
 「男たちの旅路」には、桃井かおりが鶴田に迫って、たじたじになる回があるのだが、鶴田には男の色気を感じても、水谷には、色気は感じられない(あくまで個人の感想です)。


Journey of Men: Pt.2 Ep.2 "Winter Tree"


Journey of Men: Pt.2 ep.3 "Voyage to Kushiro"


Journey of Men: Pt.3 ep.3 "Parting"


 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★


by mukashinoeiga | 2019-01-23 08:47 | 旧作日本映画感想文 | Trackback(17) | Comments(2)

明けましておめおめ 今年もよろよろ(ぼく的あけおめ ことよろ)

シネ納めシネ初めというのを言い出したのは、たぶんぼくが初めて(笑)。
 もっとも京マチ子を京マチといい始めたのは…と、前に自慢(笑)したら、のえさんツイッターによれば、森雅之も、京マチ子を京マチさんと呼んでいた、と。
 そうだよなあ。
 ま、ここはぼくとモリマの表現方法が同じだった、ということにしておこう。

 さて去年のぼくのシネ納めは、なんと11月に終わってしまっていて、12月にはとうとう一本も見なかった。冬の寒さに、年寄りの骨身にこたえ、外出する気が、失せた。
 去年は、18歳以来、もっとも映画館に行かなかった。体力もさることながら、気力が、もう負けていた。
 休みの日も、部屋で、飲んじゃ寝、食っちゃ寝、飲んじゃ寝、たまにネットを覗く、という、まあ自堕落っちゃ自堕落な。
 二十歳前後のころから50代までは、休みの日には、いかに一本でも多く見るか、がテーマだった。
 今のぼくのテーマは、休みの日に、いかに家から一歩も出ないか、なのだ。情けない。

 そもそもなぜ、こうなったか、というと。
 去年の1月のある朝、目が覚めると、左臀部に大激痛。寝床から、起きて、立つまでに、数十分か。ネットでよく見るorzの状態でしばし苦悶す。
 結局一週間以上会社を休む。診断は坐骨神経痛。

 7月末の朝、やはり目が覚めると、今度は右臀部に大激痛。やはり、立てない。
 悶絶しつつ、二度目なのでやや冷静に、1月のときより、やや痛みは小さいな、とか、今日は日曜だから激痛を押して病院に行っても、医者は少ないかもしれない、と日ごろにない冷静な判断で、人生初、救急車を呼んだ。
 ついに救急車デヴュー(笑)。
 呼んで正解で、救急隊員があちこちの病院に電話しても、担当医がいないとか、次々に断られる。
 市内はもう無理で、二つ先の市の病院が、やっと、受け入れてくれた。

 まあ、話はまだまだ続くのだが、こういう辛気臭い話は苦手で、続きはまた後日。
 ただシネ初めだけは、今月中に何とか、済ませたい(笑)。


◎おまけ◎最近当ブログの記事ランキングになぜか、「男たちの旅路」が入っている。
 その記事から、動画を引用すると、

Journey of Men: Pt.3 ep.1 "Silver Sheet"


 説教させたら日本一のツルコウ鶴田浩二は、日ごろ水谷豊や桃井かおりなど若い奴らに説教しているわけだが、この回では自分より年齢が上の笠智衆や殿山泰司らに説教する。その趣向は如何。
 結果はさして変わらず。まあ、声のトーンを抑えたくらいか。
 わが身を顧みるに、もはやツルコウの年齢をトウに超えても、人に説教する柄でもなく。
 老人たちももっと過激でもよかったように思うが、NHKドラマの限界か。


 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★


by mukashinoeiga | 2019-01-12 01:11 | 我ら盆暗呆け老人のじじいライフ | Trackback | Comments(0)

鶴田浩二「男たちの旅路」水谷豊桃井かおり柴俊夫森田健作志村喬笠智衆加藤嘉殿山泰司藤原釜足佐々木孝丸脚本山田太一

 昔、子供の頃に見ていました。
e0178641_0312738.png ということは、ぼくも老成した子どもだったのかな。
 説教をするツルコウの口跡は、見事。ほれぼれ。
 ツルコウと同じ年になって、自分の未熟さに、がっかり、しかし、ツルコウには、うっとり。
 ツルコウ・水谷豊・桃井かおり・柴俊夫・森田健作はもちろん、志村喬・笠智衆・加藤嘉・殿山泰司・藤原釜足・佐々木孝丸も出る、OLD映画ファンとしては、豪華版で。
◎追記◎TVだと、意外に「フツーの女の子」演技で、賢くふるまう桃井かおり。逆に若いころは、反則気味の演技の水谷豊。うーん、面白い。
老優たちは、もっとブラック気味に(笑)暴発してもよかったのでは。TVドラマの限界か。まあ、ツルコウの端正さに見合った展開ということか。

Journey of Men: Pt.3 ep.1 "Silver Sheet"

鶴田浩二特攻隊を語る 遺書朗読 軍歌 同期の桜 紅の血もゆる 夢飛行


水谷豊・桃井かおりが語る「男たちの旅路」

2014/03/29 に公開
1976年にスタートしたNHKの名作ドラマ「男たちの旅路」。初代レギュラーだった­水谷豊、桃井かおりと、脚本を書いた山田太一が「同窓会」として集い、当時のエピソー­ドや鶴田浩二の思い出を語ります。放映は2003年、テレビ誕生50年に合わせて放映­された特番「今日はテレビの誕生日」より。ゴダイゴの音楽も懐かしいです。

◎下記コメント欄により追記◎【TV】NHKドラマ男たちの旅路「車輪の一歩」(趣旨部分の抜粋) 1979年放送

男たちの旅路 車輪の一歩 ラストシーン 山田太一脚本 1979年



★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2016-05-08 11:45 | 旧作日本映画感想文 | Trackback(280) | Comments(4)

映画「相棒」と護憲派の無能

 ということで、日本の左翼、リベラル、護憲派、九条狂(教)と称するものたちの、正体を、ぼくは映画好きですから、映画のなかから、あぶりだしていきます。
 その一例が、時にテロ朝と揶揄されがちなテレ朝が主体の和泉聖治「相棒-劇場版-絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」ですね。
 以下そのストーリーの一部を、Movie Walkerから引用。

 ターゲットは3万人のランナーと15万人の観客だった。犯人の足跡を洗う左京と薫の前に、木佐原(西田敏行)とやよい(本仮屋ユイカ)が浮かび上がる。やよいの兄の渡は、南米で難民の救済活動中にゲリラに拉致され、その行動を日本中のバッシングを受けた末に殺害された人物だった。その報復として、兄の親友の塩谷(柏原崇)が連続殺人事件を仕掛けていると気がつく左京たち。
 マラソン大会は、無事に終了した。その表彰式で元総理を狙おうとしていた木佐原を捉える左京。塩谷は実行犯であり、すべての計画は木佐原によるものだった。その動機は、国家から切り捨てられてゲリラに殺された息子の無念を晴らすためであり、その経緯を記した外務省に眠るSファイルの存在を明らかにすることだった。そして、木佐原は癌に侵されており、余命半年の身の上だった。隠蔽されていたSファイルは、雛子の手によって公表される。木佐原渡は退去勧告を受けていなかったことが証明され、汚名をそそぐことができた。涙ぐみ会見を見ている父と娘の姿は、左京と薫にとっても胸を打たれる光景だった。 (抜粋引用終わり)

 どうです(笑)。おかしいでしょ(笑)。
 「汚名をそそぐ」ことが、「殺戮に対する報復」より、優先される、いかにも日本人的な心性とは、思いますが、それって、おかしくない?

 息子(親友)を、実際に殺したゲリラには、何の非難も抗議も攻撃もせず、八つ当たり的に、「手近の日本人」攻撃に終始する。それが「胸を打たれる光景」とも、呼ばれるわけですね。
 現在の左翼諸君と、まったく同じ心性では、あ~りませんか。
 今回の日本人人質虐殺に当たっても、民主党や共産党、一太郎党(笑)の諸君諸嬢が、
安倍を憎んでテロを憎まず
 こんな不可思議な左翼諸君の心性については、謎でもなんでもなく、ちゃんと、分かっているのですが、というところまでが、前回のお話でした。
 続けます。
★イスラム国が左翼の劣情をあぶりだす★からの、続きですね。

 簡単に言ってしまうと、一国平和主義と護憲教(=狂=経)たちの、思考停止ですね。
 映画の南米ゲリラ/現実のいわゆるイスラム国を報復、懲罰、またはその前段階として、人質奪還を目指すとすれば、それは一個人では、ほぼ不可能。ランボーじゃないんだからさあ。いや、ランボーすら、左翼諸君には、まずい存在だよね(笑)。
 唯一可能な手段としては、テロリスト情報に精通する情報機関を設置して、精鋭部隊を海外派兵して、かなりの大量兵器を使用しての、強制的な奪還ないし懲罰的報復オペレーションしかありえない(それが成功するかどうかは、また別の話=)。
 しかし、これこそは、平和ボケの護憲派、一国平和主義と護憲教(=狂=経)たち、左翼リベラル諸君には、あってはならないこと(笑)。
 秘密の諜報活動、海外派兵、大量破壊兵器、そんなことするくらいなら、人質はバンバン殺してかまわないよ、というのが左翼の「ホンネ」。
 でも、その上で、人質は殺すな、日本政府は、直ちに人質を解放させよ、と政府攻撃。これ、左翼リベラルのタテマエに過ぎない。
 秘密の諜報活動による情報収集、精鋭部隊育成、海外派兵、大量破壊兵器、これを禁じておいて、人質の開放に努力せよ、こんな無理難題、誰にも不可能ですわ。それを左翼はやれという。
 お花畑がお花畑といわれるゆえんですよね、共産党、民主党、一太郎党もとい党名が長過ぎるので単なるバカ党の諸君諸嬢は。
 彼らは、話せばわかる、といいたいんだろうが、そもそもそう言う共産党、民主党、一太郎党もとい党名が長過ぎるので単なるバカ党の諸君諸嬢こそが、実はいわゆるイスラム国の方たちのお仲間で、「話してもわからない」人たちなんだという皮肉、落ちなので(笑)。 
 
 本当の問題点、元凶対策は、左翼リベラル諸君の護憲という名の「教条主義」により、解決が禁じられている。で、左翼リベラル諸君が、本当の平和主義者なら、話は、ここで、終わる。
 永六輔言うところの「殺されはする。殺しはしない」が、左翼リベラル諸君の心情なら、ここで話は、丸く収まる。
 ところが左翼リベラル諸君も、自称するような平和主義者では、決して、ないので、何らかの代償作用が必要となるわけですね。そこで、映画では、「自己責任」「自己責任」とバッシングする日本国民たち、あるいは、政権を、攻撃する。
 現実の共産党、民主党、一太郎党もとい党名が長過ぎるので単なるバカ党の諸君諸嬢は、安倍政権を批判する。
 それも、自分たちで、日本政府の解決可能性を、文字通り手足を縛るように禁じておいて、その上で批判するわけですね。
 あまりに、わかりやすい、本末転倒。

 これは左翼に限らないんですが、左翼は見たくないものは見ない。
 お花畑には、お花畑しか、見えない。それ以外は、目に入らない(笑)。
 某有名作家の処女作ミステリに、死体が見えない、というのがありまして、わたくしなども衝撃を受けましたね。
 家の、一室に、その家の主が死体として、隠しようもなく、転がっているのに、家人は一向に「気づかない」。
 見たくないものは、見えない、見ない。
 ミステリの趣向として、あっと驚きましたね。傑作でした。
 もっと卑近な例で言えば、自戒をこめて言うのですが(笑)、ゴミ屋敷、汚部屋の主には、ゴミは、眼に入らない(笑)。
 共産党、民主党、一太郎党もとい党名が長過ぎるので単なるバカ党の諸君諸嬢も、お花畑しか眼に入らないゆえに、現実が、見えていない。
 ロシア、中国、日本の民主党政権、その他左翼革命政権が、ことごとく失敗しているのは、そのせいですね。
 だから、左翼お花畑に、ケッシテ現実の政権を任せてはいけないわけです。わかってるかな、民主党支持者諸君(笑)。 

)「人質」をとって、カフェに、劇場に、銀行に、大使館に、建物に、航空機に、「立てこもる」いわゆる密室系立てこもりには、特殊部隊を投入して、比較的解決には、持ち込みやすい。これは、世界各国で実例が多々ある。
 しかし、他国の、ある地域のどこかに、拉致された人質を奪還する、これは、ほぼほぼ失敗している。最近もアメリカ軍が中東で失敗している事例がある。いわゆるイスラム国にも、アメリカ軍が実行したのだが。
 いわば点における人質奪還は成功の可能性が高いが、(他国の)面における人質奪還は、ほぼ難しい。
 世界各国の人々が、北朝鮮に拉致されているが、軍事オペレーションによる成功例は、ないし、そもそも試みることすら不可能だろう。いわゆるイスラム国でも、同様だ。
 それでも、それは、やらねばならないことなのだが。

相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン 【予告編】

◎おまけ◎「相棒」コント@武道館

水谷豊 地井武男 ちい散歩

 
★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2015-03-01 06:49 | うわごと | Trackback | Comments(0)