人気ブログランキング |

タグ:桂木洋子 ( 1 ) タグの人気記事

中平康「四季の愛欲」山田五十鈴楠侑子桂木洋子中原早苗渡辺美佐子安井昌二小高雄二宇野重吉

異常につまらぬメロドラマ。
 渋谷にて「欲望のディスクール」特集。58年、日活。
e0178641_9494562.png 松竹がお得意なめそめそメロドラマ、東宝大映がそこそこ、こなすメロドラマ、これがいくら作っても、全然へたっぴなのが日活で。それこそ裕次郎が救世主のごとく登場するまでは、文芸ドラマを作らずを得ず、平板なメロドラマも多産した。
 でも、ツマンないんだよねー日活メロ。板についていない感じが明々白で。
 本作もそうで、さすがの才人・中平康も、全然興味のない、どろどろメロや、めそめそメロを、仕方なくトレースせざるを得ない。


『四季の愛欲(デジタル)』公開:1958年(渋谷シネマヴェーラHPより)
監督:中平康
出演:山田五十鈴、楠侑子、桂木洋子、中原早苗、渡辺美佐子、安井昌二、小高雄二、宇野重吉、永井智雄、細川ちか子、峰品子、天路圭子、雨宮節子、三沢孝子、二木まこと、相馬幸子、波多野憲、下条正巳、松下達夫、西村晃、小泉郁之助、雪丘恵介、相原巨典、河上信夫、山田禅二、須藤孝
小説家・清水をめぐる女たち - 独身を騙り身体で仕事をゲットするモデル妻、男のために自分を捨てた母、不倫中の妹 ? が繰り広げるブラックな愛欲ゲーム。楠侑子と桂木洋子が爛れた女を生き生きと演じる中、最後をかっさらっていくのは、やっぱり48歳(劇中)現役バリバリのあの人!


 その現役バリバリのあの人・山田五十鈴には、父親の違う子が三人いる。
 長男の小説家・安井昌二、長女・桂木洋子、次女・中原早苗、そして安井の内縁の妻に楠侑子。
 この中で、山田、桂木、楠がバンバンドロドロ不倫。
 しかし、それらを冷ややかに見つめる安井、激しく非難する中原、メロドラマなのに、その批判者が多すぎる。まるで日活マインドが、ドロドロずぶずぶを批判しているかのようだ。これがメロドラマを全うするためには、安井はともかく、中原の役はせめてカットすべきだった。
 しかも元気娘・中原早苗の喧騒は、楚々としたメロドラマ空間を、破壊するしかない爆弾娘。

 笑いどころが二つ。
 桂木が典型的色悪・小高雄二に、連れ込み旅館で抱かれつつ、数十行のせりふを一気にしゃべり倒す(笑)。こんな覚醒的(笑)な抱擁シーンは、ただひたすら珍で。
 桂木洋子の美質の無駄遣い(笑)。ちなみに桂木が男に抱かれるシーンに音楽をつけたのは黛敏郎。

 禁欲的な安井も、楚々とした和服姿の渡辺美佐子と、ラヴシーン。
 そしてこのラヴシーンが世界映画史上に残る珍なもので(笑)。
 お互い足の水虫に悩む二人が、恥じらう美佐子の足指に安井が直接薬をぬりぬり。
 水虫が取り持つ恋に爆笑。いやあこれは川島雄三だろ(笑)。
 これらを笑い飛ばすことなく、マヂメに平板にメロして、全然面白くない、のちの才人・ナカコー。

 なお、この体たらくなメロドラマにあって、一人勝ちの山田五十鈴は、さすがに貫禄。48歳とのことだが、マスマスムラムラ「四十八歳の抵抗」の、男のしょぼくれ具合にくらべて、さすが。五十鈴、名前からしてアラフィフ(すでに死語)のカンロク。

 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2019-07-12 09:49 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)