人気ブログランキング |

タグ:栗田ひろみ ( 2 ) タグの人気記事

斉藤貞郎「子どものころ戦争があった」梶芽衣子樫山文枝斉藤優一キャサリン三益愛子中原ひとみ栗田ひろみ山谷初男

 渋谷にて。「デビュー50周年記念 女優・梶芽衣子」特集。81年、文校プロ、配給松竹。
 本作と、同時上映2本立ての豊田四郎・市川崑「妻と女の間」76年、東宝(感想駄文済み)、の2本は、期せずして?日本映画の一ジャンルを形成し、最近もその現代系として是枝裕和「海街diary」として結実した、いわゆる四姉妹モノの変形、ないし変奏として共通している。好きだなあ、四姉妹モノ。
 あるいはシネマヴェーラとしては、この共通点を承知した上で、この2本立てを組んだのか。だとすれば、シネマヴェーラの、このめったにない(笑)映画的聡明さを称揚せねばなるまい(笑)。
 兄嫁に中原ひとみ、長女に樫山文枝、次女に梶芽衣子、縁戚の娘に栗田ひろみ、母(女当主)は三益愛子。
まあ、カンペキな四姉妹モノではないことは、お邪魔ビンラディンさんご指摘のとおりだが、変奏としては、ぎりぎり?許容範囲と思う(笑)。

e0178641_4443477.jpg『子どものころ戦争があった(35mm)』(35mm)公開:1981年 <渋谷シネマヴェーラHPより>
監督:斉藤貞郎
主演:樫山文枝、斉藤優一、梶芽衣子、キャサリン、三益愛子、中原ひとみ、栗田ひろみ、椎谷建治、山谷初男
母親の実家に疎開した小二の太郎は、蔵に近づくことを禁じられる。その後、蔵に幽閉されているハーフの少女・エミと仲良くなった太郎は…。梶芽衣子は、戦時中に産んだエミを愛しながらも、旧弊な社会にあらがえず娘を幽閉する悲しい母親を演じる。戦争によって犠牲になる子どもたちの悲劇が胸にしみる、反戦映画の佳作。©1981松竹株式会社

 ムーヴィーウォーカーによれば、「日本児童文学者協会と日本子どもを守る会が編集した「語りつぐ戦争体験」の中の“泥血の少女の死”を中心に映画化したもの」とのことだが、明らかに、このエピソードが選ばれたのは、「アンネの日記」と同一視して、日本をナチスドイツと同様の人種差別犯罪を犯したもの、と糾弾しようとする、左翼的意図があったことは、明らかだろう。

 映画は、左翼に対する偏見を抜きにしても、凡庸な展開で、「主人持ちの文学」そのもの。
 ただ、凡作というのには、あまりに捨てがたい子役ふたりの好演である。
 斉藤優一、キャサリン、この圧倒的素晴らしさ。ふたりとも、いわゆる、子役の演技を超えていると、思う。斉藤の顔ぢから、キャサリンの笑顔、素晴らしい。

 ところが、このふたりが、時は夏とて、川で水遊び。ま、時代が時代だから、児童水着とてなく、当然、すっぽんぽんになりますワナ。これは、あくまで自然現象。
 この、当時としても、当事者の子供としても「自然現象」なのだが、映画を見ているのは、全員大人である(笑)。しかも、自分の娘でも息子でもない。
 さらに当代にあっては、単純所持もアウトとされる、児童ポルノ禁止法なんてぇのが跋扈?している時代である。
 映画マニアというものは、スクリーンのありとあらゆるところを「凝視」するものであり、あらゆる「好悪」や「禁忌」も乗り越えて(笑)スクリーンを見つめるものなのだが、児ポ法なんてものがなくても、小児性愛趣味がない者にとっては、これは、きつすぎる(笑)。
 「いかにもナチュラルそうな描写」が即「きまづい描写」に「窯変」する。下手を打ったなあ。
 まあ、この映画自体、クライマックスで、感極まった、安っぽい、泣かせ音楽を過剰に流す三流作ではあるのだが。
 三益愛子は、例によって、息子や娘のうまみ、面白みがない、凡庸な演技。
 中原ひとみ、栗田ひろみは、往時のはつらつさが摩滅し、ファンとしては、見るに耐えず。ひとみは、よりおばあちゃんになってからは、やや回復した。ひろみは、これが映画最終出演作というが、かつての魔法は、消えうせている。
 樫山文枝は、若いときから、はつらつさのはの字もない、フェロモンのフの字もない、特殊女優なので、毎度何の感慨もない。感想もない。
 モンダイは梶芽衣子。アクション・ヒロインとしてはあれほど輝く彼女も、「フツーの女」を演じる際には、その強烈な個性が邪魔に。子供たちはよいのに、大人の俳優はダメ、という。うーん。
 旬を過ぎた女優による擬似四姉妹モノという結果に。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2015-08-09 04:48 | 旧作日本映画感想文 | Trackback(35) | Comments(0)

大島渚「夏の妹」栗田ひろみりりィ小山明子石橋正次佐藤慶小松方正戸浦六宏殿山泰司

 京橋にて。「映画監督 大島渚」特集。72年、創造社=ATG。
e0178641_233721.jpg 当時の青少年たちの時代のアイコン=アイドルだった、栗田ひろみ主演。
ぼくも少年漫画誌などのグラビアで見た記憶がある。いま見ても、長い黒髪、ぷっくらとした顔立ち、つぶらな瞳、その大きな目をまん丸に見開いて、おしゃま!に、悪びれず!に大人たちに伍して行く姿は、まさに絵に描いたようなアイドル女優として最強でありますね。舞台が沖縄ということもあり、南国をイメージしたかのようなひらひらの衣装で。
 不思議の国ならぬ、大人の国に迷い込んだアリス。もちろん、その<ゆるい大人の事情の国>を構成するのは、いつもの大島組常連の、小山明子、佐藤慶、小松方正、戸浦六宏、そして殿山泰司だ。この、こわもてのおじさんたちに、敢然と?伍して行く栗田ひろみは、立派だ(笑)。あまりに、絵に描いたアイドル演技が、かわいくも、ウザくすらあるけれども(笑)。そして、この栗田ひろみを、沖縄(=大人の国)案内するのは、メフィストフェレス殿山と、青春小僧石橋正次。この、絵に書いた青春映画の石橋と、絵に描いたようなアイドル映画の栗田が、<ゆるい大人の事情>の国を、さまよう。すばらしい。
 思うに、大島渚にさしたる映画的才能はない。大島に許されていたのは、当時枯渇していた<ジャンル映画>を、ほんの少し、ずらして、もちろん、それは脱構築というべきレヴェルではないにしろ、その、ずれのなかに、ある種の活路を見出そうという、かそけき希望だったのだ。<ゆるい大人の事情の国>(かつては隆盛を誇りつつ、もはや誰にも相手にされなくなった<松竹メロドラマ>の大島的再構成)と、典型的アイドル映画・栗田ひろみと典型的青春映画・石橋小僧との、緩やかな、止揚。
e0178641_23373655.jpg 大人が勝つわけでもなく、アイドルと青春が勝つわけでもない、その、緩やかな止揚。
多分、これこそ、「戦場のメリークリスマス」「御法度」にまで到る、大島渚の正体なのだ。
 しかし、りりィ、だよ。
栗田ひろみの父・小松方正の再婚相手。栗田ひろみのピアノ教師から、その父に見初められて再婚する予定の<婚約者>。この<婚約者>という、<予定された身分>てのも、いかにも(古風な)松竹メロドラマ、いかにも(新規な)大島渚、だよなあ、と思うけれど。たぶんりりィは、欧米系とのハーフなんだと見えるのだが、まだ20代半ばと思われるりりィは、ハーフなのにいかにも幼い顔立ち、そして、なんだか疲れきっている表情、ああ、なんか、好みだなあ(笑)。
童顔ハーフ顔で、人生に疲れている、これ、絵にかいた元気アイドル栗田ひろみと並ぶと、こっちもまた最強じゃん(笑)。いや、何が、最強なんだか、俺(笑)。
 栗田ひろみ以上に、りりィは、沖縄の人の影薄い観光地にたたずむ、ディスカバー・ジャパンCM状態。そう、これは、栗田ひろみ大アイドル映画であると同時に、りりィ大アイドル映画なのだ。「戦メリ」の、デヴィッド・ボウイ=たけしに引けを取らない、りりィ=栗田ひろみの大アイドル映画。そうか、「戦メリ」「御法度」は、実は「夏の妹」の男版だったのか!(笑)
 栗田ひろみは、未来の義母・りりィに愛憎半ば。「このくそばばあ」と、本人の前ではなく、隠れて罵倒する。「ロボコン」長澤まさみもそうだが、年長の同性をくそばばあと罵倒して、許される、可愛らしいのは、十代半ばの女の子に限られる。これがはたち超えたら、しゃれにはならない。ああ、最強のアイドル映画だなあ「夏の妹」は。「ロボコン」もね。
 そして、小松方正だよ、小松方正。大島組常連にして、娘が美少女・栗田ひろみ、婚約者が栗田ひろみと同格かそれ以上の(笑)りりィ、という両手に花状態の、信じられないほどの二枚目役だ。「日陰の娘」で、あの香川京子と相思相愛になるという、空前絶後の中村伸郎にも匹敵する、一世一代の役だろう。この小松方正が、いつにもましてヘン(笑)。
 もともと、小松方正は、あの小さ過ぎるカナツボ眼が、どんな笑顔のときも決して、目は笑っていない。喜怒哀楽全てが同じ表情といっていい(笑)。まるで、腹話術使いが抱いている、妙に老成しきった人形の少年そのものなのが、小松方正なのだ。その小松方正が、完璧に腹話術人形そのものに化身してしまったのが、この映画。その表情、そのしぐさの、蜜蝋感。生きながらして、木彫りの人形感。てらてらと光った、蝋人形でもあり、木彫りの人形である。恐ろしい。素晴らしい。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2010-01-26 23:47 | 大島の渚に寄せる新波かな | Trackback(8) | Comments(0)