人気ブログランキング |

タグ:星由里子 ( 2 ) タグの人気記事

千葉泰樹「裸の重役」森繁久彌星由里子草笛光子児玉清有島一郎加東大介東野英治郎宮口精二柳永二郎

 阿佐ヶ谷にて。「昭和の銀幕に輝くヒロイン 第77弾 団令子」特集。64年、東宝。5月2日(土)まで上映中。
 非常に「面白い」佳作。 同時期、同じ東宝で、社長シリーズ、駅前シリーズで、ノー天気な好色オヤジをコミカルに演じていた、森繁の「別な顔」が、垣間見れる異色作だ。
 この時期の森繁としては、珍しくシリアスな、リアルな演技を目指す。
 ダンレイに迫られても、珍しく(笑)鼻の下を伸ばさない。それだけでも、そういう森繁、見ものでしょ(笑)。
 原作:源氏鶏太としても、のほほんな会社/家庭コメディで鳴らしたが、これは異色な「シリアス」もの。
 傑作ではないが、東宝ファンなら、必見と、いっておこう(笑)。

裸の重役ニュープリント 1964年(S39)/東宝/カラー/103分 <ラピュタ阿佐ヶ谷HPより>
■監督:千葉泰樹/原作:源氏鶏太/脚本:井手俊郎/撮影:西垣六郎/美術:阿久根巌/音楽:團伊玖磨
■出演:森繁久彌、星由里子、草笛光子、児玉清、有島一郎、加東大介、東野英治郎、宮口精二、柳永二郎
仕事の鬼と呼ばれる男やもめの重役・日高(森繁)。出世への希望を失い、街娼の咲子(団)と心を通わせていく──。原作は源氏鶏太の「東京一淋しい男」。森繁のサラリーマンものには珍しいビターで切ない物語。©TOHO CO.,LTD.
e0178641_23023100.jpg
 
 上記解説も、例によって、やや、ずれている。後半かなり経つまでは、森繁は、バリバリの重役サラリーマンで、出世街道まっしぐら。その後半のあとで、やっと団令子登場。だが、それは、まあ、許容範囲内か。
 当時東宝で主流だったお気楽サラリーマンものと真逆な、シリアス?路線。
 これが、<成瀬になれなかった>千葉泰樹ではなくて「その場所に女ありて」鈴木英夫の監督だったら、「その場所に男ありて」というべきな傑作になったのかもしれない。
 千葉泰樹には、甘さがあるので、そうは、ならなかった。そこは、おしい。

 東宝脇役陣、新劇系の、オールスタアというべき、多人数が出てくるが、そのタイプキャストの確かさは、ただならない。
 千葉泰樹映画の、キャスティングは、毎度ながら確かだ。
 加東大介などホントにワンシーンのみ、ライヴァル社重役・清水元など十秒弱か。
 無能弱気若手サラリーマンを演じては、東宝一な児玉清が、そういう役。してやったりの快演。ぼくが見たなかでは、ほとんどちょい役ばっかりの児玉清だが、これは、彼の東宝時代の代表作というべきだ。
 ちなみに、児玉が森繁の娘・星由里子に無理矢理連れ込み旅館に連れ込まれるのだが、その旅館の看板が「こだま荘」って。
 役者は全員、好演だと思うが、酔ってふらふらの演技の中村伸郎の、その演技、下手すぎ(笑)。ま、その前の慇懃無礼な皮肉の言い方は、堂に入っていましたがね。
 なお、当時としては珍しい欧米視察壮行会&50才誕生日の記念に、「60歳還暦なら、いちゃんちゃんこだが、その手前の50歳なので、ピンクのベスト」と、森繁に贈られたベスト。どう見てもピンクには見えない、ほとんど真紅気味。
 これは、
1 今回のニュープリのカラー調整が、おかしい
2 もともと当時のカラー調整が、おかしい
3 現在と、製作当時のピンクに対する認識が違う?
4 ピンクというオーダーを、衣装スタッフが誤解して、それを仕方なくそのまま、使った
 はて、どっち(笑)。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2015-04-21 23:01 | 千葉泰樹 ヤスキ節の愉しさ | Trackback(2) | Comments(17)

須川栄三「颱風とざくろ」星由里子中山仁

 阿佐ヶ谷にて。「昭和の銀幕に輝くヒロイン48・星由里子」モーニング特集。67年・東宝。
 石坂洋次郎の原作にほぼ忠実に、しかし若干の東宝モダンを加えて、かなり出来がよい。
 ヒロイン星由里子、中山仁など、石坂ワールドの魅力にあふれている。性と民主主義の石坂ワールドのヒロインとして、星がちらりとバストを見せる、<正解>ですよね。

by mukashinoeiga | 2009-08-30 07:51 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)