タグ:新東宝 ( 37 ) タグの人気記事

ついに渋谷上映!日本メジャー映画初のレズビアン映画!?野村浩将「野戦看護婦」折原啓子鶴田浩二

隠れた先駆作が渋谷で!
 渋谷シネマヴェーラにて、2018/06/16 ~07/06にて「戦争と女たち」特集。『従軍慰安婦』の再映も!
 充実した特集だが、ぼくが注目するのは、無名の映画、

e0178641_1195985.jpg野戦看護婦(デジタル)』公開:1953年 (シネマヴェーラ渋谷HPより)
監督:野村浩将
出演:南風洋子、中山昭二、宮城千賀子、折原啓子、鶴田浩二、阿部徹、江川宇礼雄
日本赤十字社から華南の野戦病院に配属された恵子は、先任看護婦・雪子と姉妹のように親しくなっていくが…。敗戦の夜に襲撃される病院、そして囮となった雪子の運命は!? 戦場下の看護婦たちの愛と戦いを描いた異色のメロドラマ。

 詳しくは同作に言及した、当ブログの野村浩将「野戦看護婦」日本メジャー映画初のレズビアン映画!?南風洋子折原啓子鶴田浩二宮城千賀子日本メジャー映画初レズビアン映画&初二次創作野村浩将「野戦看護婦」1953がなぜか注目!?を検索してご覧いただきたいが、要約引用すると、

 日本初のレズビアン映画なのではないか!本作は。
 いずれにせよ、ともに宝塚男役スタアだった、南風洋子と宮城千賀子が、当時のメロドラマ・ヒロイン、折原啓子を、中山昭二をライヴァルに、競り合う。いや、それ、話、盛りすぎ(笑)。
 実際には、折原啓子に恋するのは南風洋子で、宮城千賀子は、それをいさめる役回り。(反戦映画なのに)実は女性の女性への恋愛感情を扱う映画になってしまったとは、いったい。
特に前半は、折原啓子に恋する南風洋子のパッション炸裂(当時のレヴェルで)。
 後半は普通の戦争映画(割と力がこもっている)になるが、それでも、後年華のないオバサン女優となる南風洋子の、さすがは宝塚男役スタアだった華を見せる。特に、死に行くときの美しい顔!
 また、安部徹が南風洋子を、小川に突き落としての過剰な攻撃は、女に恋する女への、男からの執拗な反撃を思わせ、異常である。
 (当時としては)きわめて異常かつ過剰な描写により、あえて傑作とする。
 男と女のメロドラマが、女と女のメロドラマに変容したのは、面白い。
 なお、Movie Walkerによるあらすじ紹介も、驚き。映画を見たあと、お読みいただきたいが、南風洋子は中山昭二を好きで、その恋のライヴァル折原啓子を見殺しにする、と。
 じっさいの映画では、折原啓子と仲のよい中山昭二を、嫉妬のあまり見殺しにしようとする。
 この逆転は、なんなのか。最初はそういう企画だったのを、映画製作の中で逆転してしまったのか。それとも、レズビアン映画であることを隠蔽しようとしたのか。謎だ。(以上抜粋引用終わり)

 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2018-04-27 01:21 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)

週刊新潮の「昭和天皇のピンク映画」の広告、産経以外の大手四紙が不敬として黒塗りとなる、珍事態に

荒木太郎「ハレンチ君主 いんびな休日」
e0178641_3181097.jpg 前にその上映中止を記事にしたが。
 週刊新潮がトップ記事(笑)にしたらしいが。
 しかし今週の新潮の広告、右柱も左柱も、言ってみればどちらも映画関連、平成の珍事ではあるまいか(笑)。
 だが昭和天皇の顔写真を黒塗りにする方が不敬ではないか(笑)。
 逆に言えば朝日などの反日左翼紙は、この機会を奇貨として、天皇の名や顔写真を黒塗りにする喜びにエクスタシーだったのではないの (笑)。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2018-03-02 03:20 | うわごと | Trackback | Comments(0)

荒木太郎「ハレンチ君主 いんびな休日」上映中止!あるいは出来レースか!?新手の炎上商法か(笑)

いや実に面白い展開になりそう(笑)。
 シモケンさんのツィッターで知ったのだが↓

e0178641_18351070.jpgOPで今日から公開予定だった荒木太郎監督『ハレンチ君主 いんびな休日』、やっぱり上映中止になったのか。
どう考えてもヤバそうな内容だったからなぁ。
「流石『明治天皇と日露大戦争』の伝統を受け継ぐ大蔵」みたいな声はあったけど、あっちは史実に基づいた上に賛美だからね、今回とは訳が違う。

 いやあ、シモケンさんは究極の善人だから(笑)そういう見方だけど、邪推のぼくは違うなー(笑)。
 別ツィッターから無断引用すると、

荒木太郎監督の新作映画「ハレンチ君主 いんびな休日」楽しみにしてます! この作品は「今年2月に閉鎖する、長年成人映画を支えてきたシネキャビンの最終アフレコ作品」「50年ぶりの成人映画オールモノクロ」とのこと。とても貴重な作品になりますね。荒木監督の世界観、共感します!

別ブログから無断引用すると、 

2月16日(金)より上映を予定しておりました、
「ハレンチ君主 いんびな休日」は、
都合により 「息子の花嫁 いんらん恋の詩」 に急きょ変更になりました。
大変申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。上野オークラ劇場

e0178641_21175331.jpg「ハレンチ君主 いんびな休日」2018年 OP映画 監督:荒木太郎 脚本:荒木太郎・いまおかしんじ キャスト:水野朝陽・艶堂しほり・ひらり
水野朝陽の美しい肢体がスクリーンに映える!
あらすじ
とある国のお話。王様は民の話を直に聞く旅に出る。ところが王様が行方不明に!その頃女性記者・タカは妙な中年男を見付け、放っておけず自宅に連れ帰るのだが・・・。
みどころ
実はこの作品、男女逆転した荒木版「ローマの休日」なんですよー。有名な「真実の口」の場面も、ピンク映画的味付けでしっかり再現されています。なんて、ロマンティックなんでしょう。池島ゆたか監督が役者として本格復帰、濡れ場たっぷり。(以上引用終わり)

 これ「50年ぶりの成人映画オールモノクロ」というところから明らかに確信犯(笑)。いまどきピンクでモノクロって(笑)ソクーロフか(笑)。
 すでに渋谷ユーロスペースや名古屋シネマスコーレなどと話がついてる出来レースではないのか(笑)。
 ユーロは、あらゆるジャンルの中で、元祖現代炎上商法と思っているからねー(笑)。2ちゃんなら「すでにユーロスペースがアップ始めました」と書くところ。
 とにかく中身も展開も楽しみ(笑)。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ
★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2018-02-17 21:18 | 新・今そこにある映画2 | Trackback | Comments(3)

中川信夫「深夜の告白」小沢栄山根寿子池部良月丘千秋三宅邦子東野英治郎河津清三郎千田是也青山杉作

俳優陣素晴らしく端正でさわやかな中川演出もさえる快作。
 渋谷にて「玉石混淆!? 秘宝発掘! 新東宝のもっとディープな世界」特集。49年、新東宝、配給東宝。
 小沢栄太郎の老け作りの老人が素晴らしく、そのアパートの隣人の、老け作りなんだか若作りなんだかよくワカラナイ(笑)東野英治郎もグッド(笑)。
 戦前から松竹で活躍した、小沢の娘・三宅邦子も、小沢の息子の嫁・山根寿子も、おそらくキャリア最高の美貌と演技。おふたりとも娘時代は地味だったが、この年代こそ彼女らの華だったのだろう。それを中川演出が効果的にクローズアップ。
 この名演合戦に影響されたのか中川演出の故か、日ごろ演技パターンが限られている、つっころばしの池部の良ちゃんが、驚くほど多彩な顔芸ともいうべき演技の引き出し全開で攻め立てる(笑)。池部良もおそらく男の美貌全盛期、そこでこの多彩な演技は、目を見張る(笑)。
 山根寿子の愛人・河津清三郎は、ただただ突っ立っているだけで、究極の名演。素晴らしい。

e0178641_21583243.jpg『深夜の告白(デジタル)(78分)』公開:1949年 (渋谷シネマヴェーラHPより)
監督:中川信夫
出演:小沢栄、山根寿子、池部良、月丘千秋、三宅邦子、東野英治郎、河津清三郎、千田是也、青山杉作、東山千栄子、村瀬幸子
戦争中に謎の失踪を遂げ既に死んだものと思われていた航空機会社の社長早川が実は生きていた事が波紋を呼び家族らの間に動揺が広がる。早川の失踪の本当の理由は何だったのか? 新東宝を代表する名匠中川信夫監督の作品ながら永らく観ることが出来なかった作品を今回遂に発掘。苦悩を抱えた早川役の小沢栄の抑えた演技が光る。 (解説:下村健)

 いっぽう三宅の夫・千田是也は今回も演技のしどころのない役なのでいささかかわいそうなのだが、ぼくは名演技と思ったことはあんまりない。ほんとに名優なの(笑)。
 その父(三宅の義父)青山杉作は、フツーに演じていても、タヌキな元外交官なんだけどねー。
 ぴょんぴょんぴょん月丘千秋と、ぴょんぴょんぴょん池部良には、にこにこ。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-10-29 22:00 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(2)

土居通芳「汚れた肉体聖女」高倉みゆき大空眞弓高田稔魚住純子江見俊太郎原知佐子矢代京子

正統で異色なレズビアンメロウ(女郎)メロドラマ。
 渋谷にて「玉石混淆!? 秘宝発掘! 新東宝のもっとディープな世界」特集。58年、新東宝。
e0178641_23513589.jpg まず初めに、本作の5年前に、同じ新東宝で★野村浩将「野戦看護婦」日本メジャー映画初のレズビアン映画!?折原啓子鶴田浩二宮城千賀子★があり、「汚れた肉体聖女」が上映されるのなら、「野戦看護婦」もやってもいいじゃないの、と本特集の企画協力のシモケンさんに問い合わせたら、「野戦看護婦」も候補ではあったが、すでにDVDが出ているので、よりディープなものを、という趣旨から外れた、と。
 うーん。ディープが命なのね(笑)。

e0178641_23525918.jpg『汚れた肉体聖女(デジタル)(78分)』公開:1958年 (渋谷シネマヴェーラHPより)
監督:土居通芳
出演:高倉みゆき、大空眞弓、高田稔、魚住純子、津路清子、江見俊太郎、三村俊夫、大原譲二、大江満彦、藤村昌子、城実穂、原知佐子、瀬戸麗子、水上恵子、朝倉彩子、勝又陽美、沢恵子、矢代京子
兄の友人にレイプされた過去を持つ修道女・高倉みゆきは新入生の世話係りになるが、「お姉さま、一緒に寝かせて」の言葉に抗えず…。魔性の美少女・大空真弓に翻弄され次から次に罪を犯すはめになる高倉。その転落人生の急展開ぶりが凄すぎる禁断のダーク・ロマンス!
上映作品のクレジットデータサイト http://nipponeiga.com/vera/shintoho02/

 学園型修道院に、大空眞弓ら新入生がやってくるが、最初に告げられるのが、華美なアクセサリーや女の子らしいクマのぬいぐるみ禁止。
 なのに彼女らが着ているパジャマはファンシーな模様。ネグリジェ!にいたっては、まるでスケベおやじの妾のものみたい(笑)。昼は淑女、夜は娼婦、という本音そのもののダブスタこそ、新東宝調文芸映画の真骨頂か(笑)。
 そして高倉大空の恋愛だけでなく、三角四角五角のレズ愛欲の関係のぐずぐずメロになる(笑)。清楚禁欲の昼間と、隠微愛欲の夜と。
 まさにメロウ(女郎)たちによるメロドラマだ。
 ただしファムファタルというべき高倉の不穏な顔は、メロドラマヒロインの繊細メロウな顔とは水と油で、全く場違いで、浮いている。

汚れた肉体聖女

 Dailymotionというサイトの「汚れた肉体聖女」大空真弓と高倉みゆきの修道女同士のラブシーンは、貼り付けられず。

 本作の5年前の野村浩将「野戦看護婦」との違いは、キス一つなかった「野戦看護婦」に比べ、本作では女性同士がキスしまくり、ペッティングしまくりというところか。ここに5年の差があるのか。
 ただし「野戦看護婦」は、一方の女からもう一方の女への壮絶な片思い、本作では女同士の両想いということで、一概に比較できないのだが。
 
e0178641_2017628.jpg 鐘塔への四角いらせん?階段にヒッチコックへの誠実なオマージュを、感じる。
 最初チンピラたちにレイプされようとした高倉みゆきが、兄の友人・村上不二夫のヒーロー張りの格闘で救われるが、その直後、村上は泣いて縋り付く高倉に欲情、二段構えでレイプされてしまう。
 自分を救った男にレイプされるというなかなか複雑なグッドな構成だ。
 最後にも、不穏な顔つきがいつもいつも、あるいいはいつも以上に不穏な江見俊太郎の、左右不対称な瞼がグッド。
 ◎追記◎なお大空真弓の、畑における讃美歌歌唱はグッド。聞けば東京音大の声楽科出身とのことだが、女優としてそのキャリアを生かしていないような。庶民的な顔だちのせいか。いずれにせよ、もったいない。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-10-19 00:00 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(2)

石井輝男「黒線地帯」天知茂三原葉子細川俊夫三ツ矢歌子

快作スタイリッシュ!
 渋谷にて「甦る映画魂 The Legend of石井輝男 十三回忌追悼」特集。58年、新東宝。
 石井が東映にてエログロが花開く以前、新東宝時代のおしゃれで軽快小粋なサスペンス・ミステリ快作。
 悪役たちの面構えが皆々素晴らしい。男の悪役がいいのは石井の趣味からして当然だが、女の悪役もなかなか。
 とても高校生には見えない三ツ矢歌子もかわいらしい。もっともアメリカ映画の女子高生もこんな感じだから、ハリウッド映画を大いに参照している石井にとってもオーケーだろう。

e0178641_2225453.jpg黒線地帯(デジタル)(81分)公開:1958年 (渋谷シネマヴェーラHPより)
監督:石井輝男
出演:天知茂、三原葉子、細川俊夫、三ツ矢歌子、大友純、吉田昌代、魚住純子、守山竜次、鳴門洋二、宗方祐二、瀬戸麗子、南原洋子、菊川大二郎、矢代京子、鮎川浩、城実穂、浅見比呂志
麻薬で女を縛り売春させている秘密組織を追うトップ屋の町田は、敵の罠にはまり売春婦殺しの容疑者として警察から追われることに。町田は無実を証明するため街を彷徨うが…。天知茂演じる町田のクールさと全編を貫くスピード感がかっこいいシリーズ!c国際放映

 ただ踊り子エキストラたちのプロポーションは、ずんぐりむっくり(笑)。彼女らをカットして、海外の映画祭に出せば、それなりに受けるのでは。
 これまた快演の三原葉子がラスト「これから網走ホテルにしばらく止まってくるわ」、石井暉男の網走愛は東映以前からあったのね(笑)。もっとも三原が網走から帰ってきたら、天知茂はちゃっかり三ツ矢歌子といい感じになっていたりして(笑)。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-06-26 22:03 | テリー石井 恐怖奇形番外地帯 | Trackback | Comments(0)

特集に石井暉男を追加しました

テリー石井 恐怖奇形番外地帯というタイトルで当ブログのカテゴリ(特集)に追加しました。
e0178641_93821100.jpg 今日も午後から渋谷シネマヴェーラの上映に行くつもり(笑)。


★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-06-04 09:39 | テリー石井 恐怖奇形番外地帯 | Trackback | Comments(0)

日本メジャー映画初レズビアン映画&初二次創作野村浩将「野戦看護婦」1953がなぜか注目!?

昔の記事が閲読数アップなぜだ、というのはたまにありますが、今回は、これ。
 ちょっと注目されたので画像を張り付け、記事タイトルも魔改造しました。詳しくは、元記事
★野村浩将「野戦看護婦」日本メジャー映画初のレズビアン映画!?折原啓子鶴田浩二宮城千賀子★
で。
e0178641_1915494.jpg 野村浩将のような戦前からの大ヴェテランが、このような革新的な、早すぎる傑作に起用されたのは、おそらく彼自身の代表作、戦前の大ヒット「愛染かつら」上原謙と田中絹代の演じたラヴシーンを、看護婦たちの演芸会で、女性同士で演じさせるという点にあったのだろう。
 日本映画では、実在の映画をなぞるという、今でいえば二次創作に当たる描写は、なかなかない。そういう意味で元ネタの監督に仁義を通したのだろうか。
 えっ、てことは、本作は、日本メジャー映画初のレズビアン映画であるだけではなく、男女間の思慕を、女女間のそれに変えた、日本初の二次創作ってこと?(笑)。
 スゴスギない?(笑)
 シネマヴェーラには、新東宝第2弾特集で強く本作をプッシュしたい(笑)。 

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-05-26 19:17 | 業務連絡 | Trackback | Comments(0)

ベスト・オブ傑作・快作の森ほんとうの傑作はなんだ(本選)

さらに、減らしていく。

佐伯清「色事は俺にまかせろ」上原謙高峰三枝子風見章子田崎潤
深作欣二「資金源強奪」欣也梅辰室田川谷喜和子明香松方山城名和今井天津敏
江崎実生「七人の野獣 血の宣言」
石田民三「花つみ日記」高峰秀子
鈴木英夫「その場所に女ありて」司葉子
中平康「あした晴れるか」いづみ裕次郎
田坂具隆「陽のあたる坂道」
山内鉄也「忍者狩り」
野村浩将「野戦看護婦」
野村芳太郎「張込み」
曽根中生「㊙極楽紅弁天」
福田純「血とダイヤモンド」宝田明水野久美石立鉄男はデヴュー作
島津保次郎 「隣りの八重ちゃん」
牛原虚彦「進軍」
三池崇史「藁の楯」+「極道戦国史 不動」
古川卓巳「逆光線」
川島雄三「女は二度生まれる」
鷹森立一「君たちがいて僕がいた」
長谷川安人「集団奉行所破り」
川崎徹広「豚と金魚」
島津保次郎「兄とその妹」
村山三男「続・鉄砲犬」
衣笠貞之助「十字路」
島津保次郎「男性対女性」
柳瀬観「北国の街」
山中貞雄《パラパラ漫画アニメ》
石田民三「花ちりぬ」花井蘭子
石田民三「むかしの歌」
山村總「鹿島灘の女」

 これでも28作。
 こうなったら、もはやベストテンは早々にあきらめて、ベスト20と参ろう。
 たった8本抜けば、いいだけだ(笑)。
 抜いたのは、

野村浩将「野戦看護婦」
 おそらく日本メジャー映画初のレズビアン映画。出来で選んだわけではない。
川島雄三「女は二度生まれる」
 川島のベストでは、ない。
三池崇史「藁の楯」+「極道戦国史 不動」
 おまけの「極道戦国史 不動」は傑作だが、メインの「藁の楯」は、三池のベストでは、ない。

 同一監督の複数作は一本にまとめる(泣)。
島津保次郎「兄とその妹」
島津保次郎「男性対女性」
石田民三「花つみ日記」高峰秀子
石田民三「むかしの歌」

 あと1作が抜けぬ(笑)。ええい、こうなったら、ベスト21だっ。21世紀だもの(笑)。
 で、

佐伯清「色事は俺にまかせろ」上原謙高峰三枝子風見章子田崎潤
深作欣二「資金源強奪」欣也梅辰室田川谷喜和子明香松方山城名和今井天津敏
江崎実生「七人の野獣 血の宣言」
鈴木英夫「その場所に女ありて」司葉子
中平康「あした晴れるか」いづみ裕次郎
田坂具隆「陽のあたる坂道」
山内鉄也「忍者狩り」
野村芳太郎「張込み」
曽根中生「㊙極楽紅弁天」
福田純「血とダイヤモンド」宝田明水野久美石立鉄男はデヴュー作
島津保次郎 「隣りの八重ちゃん」
牛原虚彦「進軍」
古川卓巳「逆光線」
鷹森立一「君たちがいて僕がいた」
長谷川安人「集団奉行所破り」
川崎徹広「豚と金魚」
村山三男「続・鉄砲犬」
衣笠貞之助「十字路」
柳瀬観「北国の街」
山中貞雄《パラパラ漫画アニメ》
石田民三「花ちりぬ」花井蘭子
山村總「鹿島灘の女」

e0178641_16243438.jpg これは、わたくしメの、2009年~2017年3月までの、ごくごく個人的な、傑作快作21で、ございます。逆鑑賞順。
 この中で、あえて一本おススメを選べば、数年前にラピュタで見た後、一度も東京でかかっていない、楽しい楽しい川崎徹広「豚と金魚」であろうか。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-03-28 16:26 | 傑作・快作の森 | Trackback | Comments(5)

山本嘉次郎「春の戯れ」高峰秀子宇野重吉徳川夢声三島雅夫江川宇礼雄飯田蝶子

いやアこれは凄いっ! 49年、映画芸術協会=新東宝、配給・東宝。
e0178641_22503649.jpg 阿佐ヶ谷にて「松山善三・高峰秀子?夫婦で歩んだ映画人生」特集。
 いや、映画はとうの昔にフィルムセンターで見たのだけれど、ネットに挙がっているポスターがすごい。
 このイラスト、なんとも、いまでも通用するようなレヴェル。約70年前とは、信じられない。
 新東宝映画としても、東宝映画としても、珍しい
 わたせせいぞうのバッタものといっても、可笑しくない。イラストレーターは誰だ。
 ただしタイトルの「戯」のロゴが、なんだかすかすかしていて、気持ちよくないな。

春の戯れ (ラピュタ阿佐ヶ谷HPより)
1949年(S24)/映画芸術協会、新東宝/白黒/108分 ○東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵作品c国際放映
■監督・脚本:山本嘉次郎/撮影:山崎一雄/美術:松山崇/音楽:早坂文雄
■出演:高峰秀子、宇野重吉、徳川夢声、三島雅夫、江川宇礼雄、飯田蝶子、鳥羽陽之助、一の宮あつ子
海の彼方に憧れて恋をふりきり船出する若者と、彼との想い出を胸にしまい商家の旦那に嫁ぐ娘──。マルセル・パニョルの名作『マリウス』を翻案した港町ロマン。ファニー役お花を高峰秀子が好演し、大人の女優として太鼓判を押された。

e0178641_2254167.jpg このポスターのモデル?となった、いつもは痩せているウノジュウだが、このスチールでは、ほほぷっくりのウノジュウ(笑)。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-03-26 22:54 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(4)