人気ブログランキング |

タグ:市川雷蔵 ( 6 ) タグの人気記事

三隅研次「婦系図」

 京橋にて。「映画監督 三隅研次」特集。62年、大映京都。
 三隅流女性映画、快作の一本。あと1回の上映。
 ただし、雷蔵・万里昌代のカップルの話より、サイドストーリーの、木暮実千代・三條魔子おやこの話に、この映画化は5回というが、どの映画を見ても、つい泣いてしまう。再見の本作でも、ついついもらい泣き。

e0178641_8405569.jpg婦系図(99分・35mm・カラー) <フィルムセンターHPより>
1962(大映京都)(監)三隅研次(原)泉鏡花(脚)依田義賢(撮)武田千吉郎(美)内藤昭(音)伊福部昭(出)市川雷藏、万里昌代、船越英二、三條魔子、水戸光子、木暮実千代、千田是也、片山明彦、伊達三郎、石黒達也、藤原礼子、近江輝子
身分違いの恋を綴った「婦系図」の5度目の映画化。新東宝で「グラマー女優」として活躍していた万里昌代は、同社倒産後に大映へと移籍し、本作のお蔦役の好演によって新派/時代劇女優としての資質を開花させた。また本作は三隅が依田義賢と初めて組んだ作品でもあり、2人は以後も女性映画の名作を生み出していく。

 雷蔵・万里昌代パートの欠点は、恩ある先生との心理的三角関係が、もたらす緊張、意地の張り合いが、通俗心理としても、異常?心理としても、説得力に欠ける点にあるのだろう。
 ようは、気まぐれ暴君の、無理無体が、悲劇の原因なのだが、その無茶振りを、千田是也は、好演している。自分の気まぐれな振る舞いが、いかに他人に影響を及ばすか、まったく無頓着な暴君。
 そして、頭はよいが、スリ出身なのに、ストリート・ワイズに欠ける雷蔵。
 芸者としての粋、おんなとしての意地、つまり明治的ヤンキーの突っ張り主義、それが極めて情緒的な自己犠牲志向と結びついて、万里昌代も雷蔵も、甘美な陶酔の毒に浸っているかのように、見える。
 いわば、このカップルは、ふたりながら、完結した自己世界に閉じこもったジャンキーなのだ。ぼくには、そのように見える。

 いっぽう、世間知マスター(笑)木暮実千代は、生まれてすぐ手放した娘と、再会する。
 純真無垢な三條魔子は、その事実を、知らない。
 いわば世間の垢を知り尽くした女が、世間の穢れなどほとんど知らない初心な娘と、遭遇する。
 純真無垢な娘の、知らない者の強みを天然で発した、そのいちいちの振る舞いに、ただひたすらおろおろするしかない知りすぎた女の、呆然。これが、泣かずに、いられようか。

 そう万里昌代の悲劇は、中途半端さに、あったのか。中途半端に世間を知っていて、しかもまだ、純情さが、ある。
 この中途パンパが、始末に悪い。イッちゃなんだが、もっと小ずるく立ち回って、ストリートワイズに欠ける雷蔵を適時リードしてやれば、また展開は変わっていたかもしれない。姉さん女房になれば、よかったのだ。
 まあ、それでは、紅涙を絞る悲恋悲劇には、ならないか。

 さて本作では、原作改変により、水戸光子・片山明彦親子が登場。息子の嫁にと、三條魔子に御執心。この、小ずるい親子が、それなりの罰を受けるのに、弟子カップルを悲劇に叩き込んだ恩師・千田是也が、何のきずひとつ負わないのは、片手落ちであろう。
 そこが、このドラマの、弱いところ。

 なお、未来の嫁候補をあさりに、この親子、良家の子女が通う、女学校に授業参観(笑)、浅ましく娘たちをねめ回して、三條魔子に白羽の矢。
 で、魔子の学友エキストラの中に、ひとり目立つ顔、これがどう見ても藤村志保にしか、見えない。
 藤村志保といえば、
1.1962.04.06 破戒  大映京都  ... お志保
2.1962.07.01 斬る  大映京都  ... 山口藤子
3.1962.07.15 鯨神  大映東京  ... エイ
4.1962.08.12 長脇差忠臣蔵  大映京都
5.1962.09.01 青葉城の鬼  大映京都  ... 三沢はつ
6.1962.12.01 忍びの者  大映京都  ... マキ
7.1963.01.03 新選組始末記  大映京都  ... 志満 (以上、日本映画データベース)

 デヴュー作「破戒」をはじめ、この年には実質7本の映画を撮影している、この年の新人女優だ。いっぽう本作は、1962年2月21日公開とのこと。一種のスクリーンテスト的な、あるいは小手調べ的な、エキストラ起用なのか。
 三隅は気に入ったのかどうか、それとも大映京都イチオシの新人女優として使わされたのか、不明だが、「斬る」 「青葉城の鬼」「新選組始末記」と、最多3本も起用。特に「斬る」の冒頭を独占する藤村志保のすばらしさ。また、同作には、万里昌代も。

 感想駄文済みの三隅「大菩薩峠」でも、卑怯な小ずるい男を好演した片山が、本作でも小狡さ発揮。父・島耕二も、若き日に小ずるい小悪党色魔を好演していたが、さすが、親子、といっていいものか(笑)。
 水戸光子の不吉な娘に、藤原礼子。出てきたとたんに、その無表情が、不吉そのもの。藤原礼子といえば、代表作は、感想駄文済みの増村保造「爛(ただれ)」か。田宮二郎をトコトン追い詰める藤原の怪獣ぶりは、忘れられない。
 こういう不吉顔の女優を、それなりに遇しているのが、大人の大映たるゆえんで。

三隅研次監督『婦系図』 お蔦と主税の別れ


★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2016-01-24 08:41 | 三隅剣児女なみだ川と大魔剣 | Trackback(5) | Comments(3)

三隅研次「大菩薩峠」「大菩薩峠 竜神の巻」

 京橋にて。「映画監督 三隅研次」特集。ともに60年、大映京都。
 雷蔵版「大菩薩峠」の、第一部と第二部の上映。完結篇の第三部は、監督が森一生に替わっているので、今回は上映なし。って、殺生な(笑)。三隅と森の違いを参照すべく、参考作としてなぜ上映しない。
 しかし、この三隅二作、傑作とはいわないが、異様な快作である。
 三隅であり、雷蔵であることから、「眠狂四郎」シリーズとの親近性も感じられるが、時によいこともする狂四郎とちがう、甘さのない眠狂四郎といったような味わいも。

e0178641_0592425.png大菩薩峠(106分・35mm・カラー) <フィルムセンターHPより>
1960(大映京都)(監)三隅研次(原)中里介山(脚)衣笠貞之助(撮)今井ひろし(美)内藤昭(音)鈴木静一(出)市川雷藏、山本富士子、本郷功次郎、中村玉緒、島田正吾、菅原謙二、根上淳、笠智衆、丹羽又三郎、見明凡太朗、阿井美千子、真塩洋一
これまで大河内伝次郎と片岡千恵蔵が演じてきた虚無的な剣士・机龍之助に、雷蔵が挑んだ3部作の第1作。剣の強さを追い求め、女の操を奪いながら人斬りを続け、次第に精神の均衡を崩していく龍之助という人物の具現化は、三隅と雷蔵両者のキャリアにとって重要な転機となった。

 峠で巡礼の老人を辻斬り。中村玉緒を拉致させ、犯す。こういう悪党を主人公にした映画が、なぜ作られ続けたのか。東映などの「明るく清く正しいヒーロー」像だけでは、やはり、飽き足らない、そういうピカレスクロマン志向か。
 一貫して「大人の味」の大映が、 「眠狂四郎」シリーズとともに、このダーティーヒーローに目をつけたのも、むべなるかな。「眠」「机」と、珍しい一字苗字も、共通している。
 クールビューティな雷蔵も、このような酷薄美剣士にマッチ。
 ネコの目美人、その婀娜な流し目は、清純派ビッチというべき中村玉緒の専売特許というもので。かくて、雷蔵がサゲチンなのか、玉緒がサゲマンなのか、このふたりが結びつくと、どんどん負のスパイラルに陥っての、
e0178641_0595668.jpg大菩薩峠 竜神の巻(90分・35mm・カラー) <フィルムセンターHPより>
1960(大映京都)(監)三隅研次(原)中里介山(脚)衣笠貞之助(撮)今井ひろし(美)内藤昭(音)齊藤一郎(出)市川雷藏、山本富士子、本郷功次郎、中村玉緒、片山明彦、小堀阿吉雄、近藤美惠子、藤原礼子、見明凡太朗、石黒達也、嵐三右ヱ門
シリーズ第2作。龍之助は、伊賀上野で天誅組と出会い同行するが、幕府軍に追い詰められる中で爆薬のために失明してしまう。竜神村へと1人逃れ、一層自身の心の闇に囚われていく龍之助の前に、彼を慕うお豊(中村)、そして彼に兄と兄嫁を殺され復讐心に燃える宇津木兵馬(本郷)が現れる…。

 何の毒に迷ったのか、相変わらず狂気の美剣士・雷蔵。主人公なのに、物語を混沌とさせるばかり。
 ここで、物語を転がすのは、雷蔵の妻(死亡)と、瓜二つの娘・中村玉緒に横恋慕の、片山明彦。
 よわっちいくせに、女程度なら簡単に犯せる、という究極のダメ男。こんな片山に簡単に殺される山賊男・須賀不二男の、オマヌケよ。
 また、運命を翻弄されっぱなしの、巡礼娘の成れの果て・山本富士子。

 主人公の机龍之介は、ホントウに何にもしない、ただただ人を斬るばかり。なのに、周囲の男女の運命は、変転していく。究極のサゲチン男。おそるべし机龍之介。
 なお、三隅映画の常にして、映像は、ホントウに流麗。一個の美術品なり。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2016-01-13 01:01 | 三隅剣児女なみだ川と大魔剣 | Trackback | Comments(0)

隠れた傑作「巨人 大隈重信」に、しびれよ!

 ただいま、京橋フィルムセンターでは、三隅研次特集を3月まで、上映中。
 この特集に、傑作、快作は数多いが、14日の三隅研次「巨人 大隈重信」は、絶対に、見逃すな!(笑)

e0178641_2044174.jpg ということで、三隅研次映画のオススメを、簡単に。
 まず、一隅目
 三隅を語るに、欠かせないのは、いわゆる「剣」三部作。「剣」「剣鬼」「斬る」。
 しかし、これは後付で、どこぞの映画評論家が、命名した、というかカテゴライズしたもの。
 監督も、主演者も、三部作なんだ、という意識は、ない。
 しかし、主演は雷蔵以外ありえなく、監督は三隅以外は、ありえない、超絶美の映画だ。この二人のどちらかが、違ってもありえない、奇跡のコラボと言うしか、ない傑作だ。
 特に「剣」など、主演が雷蔵であったればこそ、監督が三隅であったればこその、奇跡。まさしく天の配剤というべきだ。
 同様に雷蔵「眠狂四郎」シリーズ、「大菩薩峠」シリーズ、カツシン「座頭市」シリーズ、ワカトミ「子連れ狼」シリーズも、素晴らしい!

 そして、二隅目。
 三隅といえば、こういったストイックなちゃんばらモノばかりが注目されるが、意外と言っては失礼か、実は女性映画にも、傑作が多い。
 場内大爆笑必須の「女系家族」は言うに及ばず、藤村志保が超絶によい「なみだ川」「古都憂愁 姉いもうと」、「白木屋駒子」「婦系図」の、なみだなみだの傑作たち。
 ヘタな女性映画専門監督たちが、はだしで逃げ出すクオリティ。特に藤村志保主演作は絶の品。

 さらに、三隅目。 
 そして異色の傑作「巨人 大隈重信」。感想駄文済み。 この、きわめて非日本的な、非日本映画的な、ロゴスと政治言語の怒涛は、いったいナンナンダ。
 雷蔵と三隅のベストカップリングも素晴らしいが、ウツケンと三隅の、奇跡のコラボも、また、素晴らしい。
 また、本作は、大隈の多彩な交友関係もあって、特に、男性大映脇役が大量出演。まさに大映脇役辞典というべきで、その意味では大映ファン、もーおなか一杯(笑)。

 結論だ(笑)。
 三隅、隅に置けないねー。

★映画監督 三隅研次 | 東京国立近代美術館フィルムセンター★
 クリックすると、Not Foundと表示されますが、その上の黒いメニューバーをクリックすれば、大丈夫。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2016-01-11 20:45 | 三隅剣児女なみだ川と大魔剣 | Trackback(4) | Comments(4)

三隅研次大特集!上映(狂喜)

e0178641_23444789.jpg フィルムセンターで来年2016.1.5-3.13に、大レトロスペクティヴが、開かれる。
 (ほぼ)全作品必見の傑作快作と、言っていいと思う。
 まあ、なかには、凡作駄作の類もあることは、否定しないが(笑)。特に初期作品は、後年の三隅レヴェルとは違う、諸作もあるにはあるが(笑)。
 まあ、その話は、追い追い(笑)。 

★映画監督 三隅研次 | 東京国立近代美術館フィルムセンター★
三隅研次(1921-1975)は、時代劇に大胆な表現を導入し、極限的な状況における愛と死を描き続けることによって戦後の日本映画に新風を送りこんだ監督です。1921年に京都に生まれ、子供の頃から映画が好きだった三隅は、1941年、日活京都撮影所に助監督として入社します。しかし翌年に召集されてそのまま大陸で敗戦を迎え、シベリアで3年間の抑留生活を送ったのち、1948年にようやく帰国、大映京都に復職します。衣笠貞之助、伊藤大輔ら名匠の助監督に就き、1954年に『丹下左膳 こけ猿の壷』で監督デビュー、以後大映が1971年に倒産するまでの17年間で60本の映画を撮りました。その後は翌72年に西岡善信ら旧大映スタッフと共に製作プロダクション・映像京都の設立に加わり、監督としては勝プロダクションや松竹で7本の映画を撮ると同時に、テレビドラマの演出を数多く手がけました。しかし1975年、撮影中に倒れ、54歳の若さで急逝しました。その研ぎ澄まされた画面設計やスピーディーな語り口は、衰退を見せ始めた撮影所体制下において時代劇の新たな可能性を示し、現在もなお新鮮な驚きを我々に与え続けています。
 本企画は、三隅の手がけた劇場公開映画51本と、テレビドラマ「必殺」シリーズ19本を60プログラムに組んで上映する大回顧特集です。珠玉の作品の数々を、ぜひフィルムセンターの大スクリーンでお楽しみください。(引用終わり)

 映画作品は、ほぼ見ているが、落穂ひろい的な未見作が楽しみ。既見作も、なるべく見たい。中には、何度も何度見ているものもあるが(笑)。TVドラマは、ほぼ未見なので、こちらも楽しみ。
 なお、僕が三隅エピソードで一番好きなのは、復員後、大映幹部?社長?に挨拶にいった際、「これからは、役者になりたい」と(笑)。「アホか」と、たちまち、助監督に戻されました、という(笑)。まあ、脇役役者(クレイジータイプか)の、三隅も、見てみたかったが。見果てぬ夢のひとつ。

〈映画〉 座頭市物語 〈予告編〉 Zatoichi

三隅研次監督『婦系図』 お蔦と主税の別れ

市川雷蔵「新撰組始末記」opening

町山智浩の映画塾!「没後40年 三隅研次の剣三部作」<予習編> 【WOWOW】#171

町山智浩の映画塾!「没後40年 三隅研次の剣三部作」<復習編> 【WOWOW】#171

★市川雷蔵と大映スターたち 01★
 以下エンエンとアップされた、貴重なドキュメンタリー。大映ファン必見。
 以前当ブロクにも、全部貼り付けましたが、直接ユーチューブに飛べば、まだ、見ることが出来る模様。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2015-12-18 23:50 | 三隅剣児女なみだ川と大魔剣 | Trackback | Comments(3)

三隅研次「千羽鶴秘帖」「二匹の用心棒」

三隅研次「千羽鶴秘帖」
 神保町にて。「時代劇の粋と美学 大映京都の二枚看板 田中徳三と三隅研次」特集。59年、大映京都。
 市川雷蔵と、新人・鶴見丈二の、ダブル主演作。
 美剣士を演じる、鶴見、その後の活躍は、今に伝わってきてはいないが、やはり「美男子だけじゃ、ダメなのよ」の結果か。お顔がつるつる美しいが、しかし何の特徴もオーラも引っかかり(魅力的なフック)もない、単なる美貌(水準的平準的な、整った顔だち)では、人の印象には、残らない。
 そういう、星の数ほど、あまたあった、一発屋の美男美女俳優 の一人で。
 一方、雷蔵は、いや、ぼくは昔から、そう思っているのだが(雷蔵ファンの皆様、ご寛恕を)それほど、美貌とも、いい顔だとも、思っていない。しかし、その平凡な顔だちにもかかわらず、なぜか、スタア・オーラが、ある。
 本作でも、市井の義賊(というのも、おかしいのだが。通俗時代ドラマの、お約束のヒーローの一人)として、父の敵を狙う海賊集団の若きリーダー・鶴見(こちらも、通俗時代ドラマの、お約束のヒーローの一人)を、影に日なたにアシストしていく。
 雷蔵と敵対しつつ、時には色仕掛けで雷蔵にハニー・トラップを仕掛ける、まるで「中国化した」「峰フジ子」みたいな、女盗賊を左幸子が、快演。
 スーパーではないが、見ているあいだは、クイクイ楽しめる娯楽映画の一篇。

三隅研次「二匹の用心棒」
 神保町にて。「時代劇の粋と美学 大映京都の二枚看板 田中徳三と三隅研次」特集。68年、大映京都。
 本来は、主演の雷蔵が病気降板、代わりに本郷功次郎で撮影、って、つい最近本郷が亡くなったこととあわせると、二重の意味での、追悼上映か。
 雷蔵から、本郷に主役交代があったせいか、本郷のキャラに合わせて、長谷川伸「関の弥太っぺ」戦後五度目の映画化という本作は、コメディ方向に大幅シフト。
 もっとも、ダブル主演・長門勇(当時TV「三匹の用心棒」で大人気。本作のタイトルも、それに、あやかる)の、明朗さにひきづられていたのか。そういう意味では、TV人気便乗の映画に、雷蔵が出てこれなかったのは、雷蔵の晩節を「汚さなかった」モッケの幸いか。
 コズルイけど、憎めない、メタボ体質のワリにアクション、立ち回りの切れは、バツグン、長門勇ならではの快演が、本来の主役・本郷を食いまくる。
 では、もともとの主役・雷蔵は、当時最人気のTVスタア長門勇に、食われたのか、食われなかったのか。ああ、このコラボ、見てみたかったぞ。
 「関の弥太っぺ」映画で、もっとも名高い63年、山下耕作版で、弥太っぺヨロキン、お小夜十朱幸代が演じた二人を、本郷、高田美和。
 しかし、泣かせの話にも、陽性・長門と、明朗・本郷が絡むと、それほどには、泣かせには、行き着かない。
 高田の祖母・長岡輝子、ヤクザの親分・安倍徹、その情婦・赤座美代子が、いい味。
 スーパーではないが、見ているあいだは、クイクイ楽しめる娯楽映画の一篇。
◎追記◎なお、冒頭、赤座美代子の駆け落ちの相手として、なんと田武謙三が出てくるが、こりゃあ田武謙三史上、一世一代の持て男かと思ったら、案の定、駆け落ちを装った、赤座美代子売り飛ばしの偽装駆け落ち、実は女衒であることが判明。安心した(笑)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2013-03-28 00:48 | 三隅剣児女なみだ川と大魔剣 | Trackback | Comments(0)

三隅研次「編笠権八」

 京橋にて。「よみがえる日本映画vol.4 大映篇-映画保存のための特別事業費による」特集。56年、大映京都。
 市川雷蔵が、岡山某藩の若侍たちの私怨のため、襲撃を受ける。余裕であしらっていた雷蔵も、その藩のいいほうの家老が、止めに入り、若侍に押し出されているときに、思わず斬ってしまう。
 かくて一時、身を隠すため江戸から逐電。東海道を西へ。
 以下、ネタバレあり。


 家老の敵討ちとばかり、江戸から追う若侍たち(なかに伊達三郎がいることからも、こちらが悪いことが、だれにでもわかる)。
 いっぽう、岡山からは、家老の父の仇と、美人姉妹が仇討ちを目指して、江戸へ。
 妹(近藤美恵子)のほうが足を痛めて、旅館にひとり、そこで、互いに、仇とは知らず雷蔵と知り合う。仇討ちの娘に、自分がその対象とは知らず、仇討ちのすべを伝授する雷蔵。
「そんなことでは、仇など、討てませんぞ」。特訓につぐ特訓。 ふたりの間に芽生える、感情。
 やがて、二人は、互いを敵同士と、知る。
「私は、あなたに、討たれる。敵討ちで死ぬのではない、恋のために死ぬのだ」。
 その、雷蔵ならではの、せりふ。

 原作は川口松太郎(http://matsutaro.com/ presented by 川口恒)。
それにしても、この、濃密な、充実した映画が、たったの65分。何たる三隅マジック。2時間かけても、2時間半かけても、うすっぺらい映画しか作れない、凡監に、見せてあげたいくらいだ。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2012-05-12 00:30 | 三隅剣児女なみだ川と大魔剣 | Trackback | Comments(0)