人気ブログランキング |

タグ:左幸子 ( 3 ) タグの人気記事

阿部豊「マダム」月丘夢路左幸子葉山良二金子信雄岡田真澄二谷英明細川ちか子キムタケ木村威夫

水準的なバーのマダムもの。水商売だけに。
 神保町にて。「女たちの街「色」と「花」に彩られた文芸映画の世界」特集。57年、日活。
e0178641_15394737.png 夫オダサクもすなる小説といふものを、妻もしてみむとてするなり、とばかりの織田昭子の原作。
 オダサクも、あの世で苦笑いというところか。このオダサクを演じるのがネコさんこと金子信雄。こういう女たらしの役なら、常にモリマのほうがいいんじゃね、と思ってしまうのが、モリマジャンキーの、サガ(笑)。
 オダサクも太宰も、全部モリマにやってほしかった(笑)。そうすれば、父親トラウマも解消するんじゃねぇの、と(笑)。
 なお斉藤高順音楽は、限りなく小津調に近い。手抜きか、夜のネオン街の絵面がそうさせたのか。

9. マダム S32('57)/日活/白黒/1時間34分(神保町シアターHPより)
■監督:阿部豊■原作:織田昭子■脚本:沢村勉、中村信■撮影:峰重義■音楽:斉藤高順■美術:木村威夫■出演:月丘夢路、左幸子、葉山良二、金子信雄、岡田真澄、二谷英明、細川ちか子
波瀾曲折の後、流行作家の愛人から銀座のバーのマダムに落ち着いた秋子(月丘)。かつて愛した男たちを思い出し、人生を憂いていたが…。作家・織田作之助の未亡人が、自身をモデルに書き下ろした小説の映画化。*デジタル上映

 ちなみに、この日は、神保町で本作、そのあと京橋のキムタケ特集に回ったので、3本ともキムタケ美術。
 あっ、さらにちなみに、木村威夫のことをキムタケと呼び始めたのは、たぶんぼくが初めて(笑)。ごく少数の名画座女子の間で、今も使われているようだ(笑)。映画美術における、ある種のポップアイコンにふさわしい愛称だと思っている。
 そのキムタケ美術だが、肝心のバーのセットなどは、水準的なもので、のちに実店舗の設計をいくつも手掛けたという安定感。
 ただそのバーの楽屋というか、ホステスの控室に通ずるドアが、キムタケが日活映画でさんざん使いまわす、なんていうんだろう、小さな柱が林立する模様の独特なもの。
 そのドアを開けて女給控室に入ると、もうバーとは別世界だ(というのがキムタケの思いだろう)。
e0178641_15403992.jpg 画面奥(ドアを開けた右)が全面金網。その奥には何やら衣装がつるされてはいるが、衣装庫としては、きわめて使いづらそう。
 おそらくキムタケとしては、バー部分の内装は、予算をかけるが、楽屋には予算をかけず、元の建物構造を生かす、という発想かしらん。しかしなぜ金網。
 部屋の奥には、金網で区切られた異世界があるということかしら。この映画以外にも日活のキムタケ美術で、奥の金網というものを見た記憶もあり、何よりも鈴木清順「東京流れ者」でこのショット、この画像では見にくいかもしれないが、渡哲也たちの奥にあるのは、まごうかたなき金網であり、ビルの一室にこのような衝立があるのは、明らかに不自然極まりない。(下の予告動画のラストのほうが、金網であることが鮮明)
 ふすま、戸板に連なる、キムタケ美術と鈴木清順コラボの一つ、薄い堺、衝立を隔てた別世界ということか。

 月丘夢路の友人役左幸子が、いつになくしどころのない役で。いつも、あらゆる方向にはじけまわっているか、意味深な役ばかりの彼女なのに、なにこの低温な役どころは。妄想するに、当初は彼女が本作のヒロインに想定されていた。しかし営業的に華がないと判断されたか、もっと妖艶さが求められてたか、彼女がはじかれて、月丘ヒロイン、左は脇に回された、と。うーん、邪推かしらん。

東京流れ者


 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2018-11-24 15:40 | 清順の光と影すべって狂ってる | Trackback | Comments(0)

今井正「真昼の暗黒」

 三原橋にて。「生誕百年 今井正監督特集・第一部」特集。56年、北星映画(ただし、実際のカンパニー・ロゴは、独立プロダクションなんちゃらというもの)。
 今井正「白い崖」の、同時上映ゆえの再見作・・・・と、思って、見たら、既視感が、ない(笑)。これは、ラストの、死刑囚が叫ぶ「まだ、最高裁がある!」が、あまりに有名なので、見た気になっていたのか。それとも、本当に忘れているのか(笑)。うーん。
 今井正演出も快調な、上等の裁判ミステリー。といっても、警察が、あまりにアホや。
 現実に起きた事件、それも、明らかに冤罪で、本当に、二審判決で死刑になった事案を、最高裁直前に制作され、最高裁の流れを変えてしまったという。原作・正木ひろし(担当弁護士でもある)、脚本・橋本忍、監督はじめスタッフ、キャスト一同、まさにしてやったり、であろう。
 娯楽性と、社会性の一致を見た、幸福な映画だ。

 老夫婦二人暮しの一軒家で、ふたりが惨殺され、金品が奪われる。
 松山照夫の単独犯だが、警察は、とても一人で出来る犯罪じゃない、複数犯だな、と「独断」「断定」する。おそらく、過去の事例で、こういうのは、大体、複数犯の強盗集団、という「相場」があるからで、何の「科学的根拠」もない。
 そう、警察とは、「相場」主義の「根拠」なしなのだ。この一言で、あまりに多い冤罪は、すべて説明がつく。個々の事件を、「いちいち考える」ほどの、ヒマも、脳みそもない、それが警察というものなのだ。
 そして本事案が警察にとって「好都合」なことに、松山といつも連れ合っているダチに、草薙幸二郎ら、数人の前科者が、いる。前科モノといっても、軽犯罪や、草薙みたいな、戦後の食糧難にけちな盗みをした程度で、今はマジメな勤労青年だ。とても人殺しだの、強盗など、できるタマでは、ない。
 しかし、警察にとって、「前科モノ」は「前科モノ」だ。
 かくて、拷問拷問、また拷問。織本順吉ら刑事が、草薙らを眠らせず、立たせっぱなしとか、署の柔道場で、投げまくるとか、ビンタビンタの連続とか、意識モーローの果てに、警察の「相場」主義調書に、拇印を押させる。
 まさに、警察にとって、「事件は相場で起きている」わけだ。

 この、警察、検察、裁判官、三位一体となった「壁」に、敢然と立ち向かうのが、原作者をモデルとした、内藤武敏弁護士ら。
 この時代の、光り輝く左翼ヒーローを、いちばん演じた、内藤武敏の、かっこよさ、頼もしさ。
 かつて、左翼が、光り輝く正義のヒーローで、あった時代が、ありました、という、今では、信じられない、左翼全盛時代。
 連合赤軍の自己批判三昧がありまして、新左翼同志の内ゲバがあり、まあ、左翼同士で殺しあっている分には、何の問題もないが、今では、民主党、社民党が、国民を日々、破滅に追いやっている。
 かつての光り輝く正義漢ヒーローから、今では、泥まみれのドジョウにまで、成り下がった

 左翼にあらずんば、新劇人にあらずの、新劇系を中心とした、脇役俳優オールスタアの、豪華さ。その名も左幸子も、もちろん参戦して、ヤロウばっかりの本作では数少ない、女の色香を、添えている。
 余談だが、警察が、存在もしない、強盗「集団」を「創作」、 その「集団」の集合地点として、「三原橋」という橋が盛んに出てくる。農村の木橋で、実際の事件の土地をモデルにしているのか、とにかく、東銀座の、三原橋の映画館で「三原橋」が連呼され、ちょっと、ニヤニヤ。

 さらに余談だが、本作では、冤罪による死刑という事案を扱う。
 今現在の、左翼諸君も、死刑反対の主たる理由のひとつに、冤罪で、死刑では、取り返しがつかない、と盛んに言うが。しかし、よーく考えてみると、死刑と冤罪は、直接、関係がない。
 冤罪は、当然、なくしてしかるべきで、それは「死刑」モンダイとは、まったく別問題だ。
 死刑反対派は、死刑をなくす前に、まず、冤罪撲滅に、取り組め。そうでなければ、冤罪云々は、まったくのほうべんだろう。
 よく、左翼弁護士が言うのは、ひとりの冤罪者を死刑にするくらいだったら、百人の犯罪者の罪を、見逃したほうがまし、などと、戯言をほざく。あの、まったく、それ、別問題なんですけど。
 警察もアホだが、弁護士も、アホ。あ、あてもアホですけどね。

★新・今、そこにある映画★あらたに開設しました。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

人気ブログランキング・日本映画
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村

by mukashinoeiga | 2012-02-12 11:09 | 今井正 青い左傾山脈 | Trackback | Comments(0)

小田基義「三太と千代の山」

 神保町にて。「夏休み特別企画・昭和の子供たち」特集。52年・新理研映画=大日本相撲協会映画部。配給新東宝。
 本作も、山々を睥睨しながら「おらあ三太だ」と、例のせりふを吐く少年、当時の人気ラジオドラマの映画化3作目、とのこと。
 デジタル素材による上映で、若干のちらつき感、白黒の明暗に、些細なバグ感あり。 
 地方巡業にやってきた、千代の山一行と仲良くなる、子供たちを描くが。当時の人気力士が、大勢出演。
 なお、いっしゅん細身の長身力士が弟子たちの中に写るが、ジャイアント馬場か? ちがうか。
 しかし、少年ドラマなのに、本作の、左幸子は、日本映画史上、最低最悪の悪女だろう(笑)。
 そもそも、初登場シーンからして、とても、子供映画のノリとはいえまい(笑)。
 山村ののどかな小学校の校庭で、子供たちが話し合っていると、その背後に、突然、うすく姿を現し、やがて姿かたちもくっきりして、子供たちと<会話>して、また、するすると消えていく。ユウレイかい、と思わせて、実は、寿退職した元担任の左幸子を、子供たちが回想しているだけなのだが。
 そして、<本体>の、初登場シーンも、子供映画の規範を、超えているように、思う。
 滝つぼがあって、豊かに広がる湖、夏であり、子供たちの格好の遊び場だが、ある日子供たちが通りかかると、なんとすっぽんぽんで泳ぐ女体あり。いや、よく見ると水着着用だが、これが色が白くて、水の中で優雅に泳ぐサマは、ホントに裸同然のように見える。
 水から上がると、子供たちに、「懐かしくて、泳いじゃった。いい気持ちねー」って、あんた。
 子供映画で、水着登場の女教師って。
 後日、校長あてで、三太に手紙が来る。
 どうやら、泳いでいる最中に、結婚指輪を湖中に落としたらしい。そこで、泳ぎの得意な三太に、こっそり、探して欲しいという依頼。三太、大好きな先生の依頼に目を輝かせ、「校長先生、その手紙、見せて」と頼むが、「いや、いや、これは」と、校長なぜかあわてて、手紙を隠す。
 なに、この子供映画で、<大人の事情>的展開は。
 前後の会話から察するに、どうやら新婚ながら、左幸子は、夫と仲が悪いようだ。新婚で、仲がよろしくない上に、結婚指輪をなくしては、夫から、なんと言われることやら。事実、水から上がった左巻子、違った、左幸子は、たまたま通りがかった校長にひそひそ話、つい涙ぐむという、<大人の事情>を、子供たちに、垣間見せたもの。
 三太、毎日張り切って、もぐりにもぐって、指輪探し。しかし、湖底の石ころの中から、小さな指輪を探すなんて、まったくの不可能事では、ないか。
 ある日とうとう、岩の間に足を挟まれ、危うく溺死状態。足に、大怪我。
 ところが、左幸子、ちゃっかり次の手紙で、「湖でなくしたと思っていたら、家の中から、指輪、出てきたわ。ごめんねー」って、あんた。
 大事な指輪のはずなのに、このうっかりさは。
 三太、足の怪我のおかげで、千代の山から、一人だけもらった、両国国技館の招待券が、使えない。楽しみにしていた、国技館の大相撲に、行けない、その子供のつらさ。その原因が、左幸子の、うっかり、とは。
 それでも、なお左幸子を敬愛する三太は、東京に住む左幸子に、「先生、ぼくの代わりに大相撲、見てください」と、手紙、子供にとっては大事なプラチナ・チケットを同封して、送る。
 大相撲千秋楽当日、足の包帯をさすりながら、ラジオで実況中継を聞く三太。今頃は、先生、この大一番を、ナマで見てるんだろうなあ」と、目を輝かせていると・・・・。
 なんと、そのお茶の間に、左幸子が、夫を連れて、登場!
「えー、先生、相撲は・・・・」と、驚く三太少年を尻目に、相撲のすの字も、プラチナ・チケットのチの字も言わずに、夫と仲良さげに、「三太君、先生のために怪我したんだってねー、ごめんねー」と。 
 仲を取り戻し、夫と、いかにもラブラブで、幸福そうな左幸子。
 何も、このプラチナ・チケットの当日に、帰郷しなくても。
 かくて、少年の夢をずたずたにしつつ、幸福そうな左幸子で、映画は、エンド。
 三太に対する、何のフォローもなく、映画は、終わる。
 千代の山は大一番で勝って、優勝だが。
 たぶん、左幸子は、絶対に左巻き日教組教師だろうが(断言)、「三太と千代の山」というタイトルだけに、このセンミツな展開は・・・・。脚本は、山本嘉次郎、木村英一だが。

 なお、この「夏休み特別企画・昭和の子供たち」特集は、いつもの神保町とは違って、比較的若い人を、ほとんど見かけず。元・昭和の子供たちである、ぼくのようなジジババが、ちらりほらり。しかも、熱夏とあって、ジジババも、外出しにくいわけだ。
 子供映画といっても、文部省・日教組ご推薦的な、教育映画臭がする映画が多い印象。
 これでは、若い人は、まして子供は、来ないわな。頼みのジジババも、外に出たがらないだろうし。いつもより、客が少ない印象で、企画としては、失敗か。
 「昭和の子供たち」よりも、「昭和のきれいなおねえさん」やら「昭和のイケメン」やら、もっと、<肉食系>の企画のほうが、よろしかったのでは。

●追記●肝心の千代の山だが、いわゆる<スポーツ選手のシロウト演技>としては、かなり好感度大。いい人なんだろうな、というのが伝わってくる。

by mukashinoeiga | 2010-08-29 08:58 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)