タグ:小山明子 ( 2 ) タグの人気記事

田畠恒男「花くれないに」高橋貞二小山明子杉田弘子清川新吾雪代敬子菅佐原英一笠智衆柳永二郎

お気楽三番煎じの良さ。作中でも言及あるが「坊ちゃん」「青い山脈」の堂々たるパクリだが、そのぬるさが、心地いいんだよねー。
 ユーチューブにて。57年、松竹大船。 


 実際のランニングタイムは102分とのことだが、この動画は72分。明らかにTV放送の短縮版録画で、高橋貞二と小山明子が仲良くなるエピソードなどが省かれているが、それなりに楽しめる。
 むしろ映画としては、しまったのではないか。

e0178641_9465413.png花くれないに (1957)(Movie Walker HPより)
阿木翁助・作のNHK連続放送劇の映画化。「怒濤の兄弟」の共同脚本執筆者の一人、猪俣勝人が脚色、「「夢に罪あり」より 処女」のコンビ田畠恒男が監督し、布戸章が撮影した。主演は「逃げだした縁談」の高橋貞二、杉田弘子、小山明子、清川新吾、「お富と切られ与三郎」の雪代敬子、「「夢に罪あり」より 処女」の菅佐原英一。ほかに中川弘子、笠智衆、柳永二郎、新人山田百合子など。色彩はイーストマン松竹カラー。
朝田恵太郎はみちのくの今石東校に赴任し、早速若ムジナという仇名を貰った。この土地では男女共学が行われず、この間題をめぐって有力者や教師が二派に別れていた。共学を主張するのは佐久間教師や老町医者の若杉で、反対派には市の有力者、PTA会長の五本松や押川教頭がいて、男女合同の運動場の予定地を競輪場にしようと計っていた。

 高橋貞二ののほん演技の好ましさ。ああ、いいなあ。これがこの映画のすべて。
 琴の師匠・夏川静江の娘に、夏川かほる。娘か。なかなか好印象だが、そのあと見ないな。後のほうのクレジットで、女生徒町田祥子。由紀さおりの姉? 確認できず。
 改めて言うが、三流映画の心地よさ。

 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2018-05-11 09:32 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)

大島渚「白昼の通り魔」

 京橋にて。「映画監督 大島渚」特集。66年、創造社。
 佐藤慶が連続殺人・強姦魔になって世間を騒がす。その妻に小山明子、刑事に渡辺文雄、友人に戸浦六宏など。つまり、いつもの大島組。
 これがめちゃくちゃつまらない。99分の映画なんだけど、確実に一時間は長すぎる。
 フィルムセンターのチラシにいわく、「戦後の闇の暗喩が・・・・写し出される」。馬鹿言うな。この映画のどこに、<戦後の闇の暗喩>がある。この闇雲な馬鹿映画のどこに<戦後の闇の暗喩>もしくは<直喩>があるか。あるならはっきり例示しろ。
 さらにチラシにいわく、「大島作品のなかでは最も細かいカットの編集で構成された1本」、確かに。もっとも細かいかどうかはしらないが、かなり緻密にショットを積み重ねている。
 でも、それが、ことごとくつまらないのね。たとえば、タイトル「白昼の通り魔」が、間を置いて二度、出る。これがまったく、面白くないのね。もし、大島が真の映画的才能を持った映画作家なら、タイトル二度出すんだぜ、すごい面白いことじゃないか、ということになるのだが・・・・結果は、しょぼん。
 あ、二度、出ましたね、でも、それが何か、という程度。
 あと、同じようなショットの繰り返し。たとえば、シネスコ画面右から、会話する小山明子と川口小枝が、画面を横切って、左に消えていく。これを何回か繰り返す。ああ、確かにこのテクを抜群に面白く援用した映画作家はいましたね。でも、大島は、はっきり言って、そのテクは、仏作って魂入れず。まったく、面白くない。映画的才能を持たない映画作家が、それなりに新規なテクを繰り出しても、まったく面白い映画にはならない。無残なり「白昼の通り魔」。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2010-01-25 22:49 | 大島の渚に寄せる新波かな | Trackback | Comments(0)