タグ:大空眞弓 ( 2 ) タグの人気記事

渡辺祐介「桃色の超特急」大空眞弓(真弓)松原緑郎坂本武花井蘭子鳴門洋二若宮隆二丹波哲郎

よく出来たラヴコメ快作。お気楽楽しい。
 渋谷にて。「玉石混淆!? 秘宝発掘! 新東宝のまだまだディープな世界」特集。61年、新東宝。
 イッコ前の感想駄文「契約結婚」と、同じ年、同じ監督、同じヒロイン女優、快作なんだけど、演技もうまい新人男優たちが、その後伸びなかったのは、うまいしイケメンだけど、整いすぎて、いわゆるスタアオーラが足りなかった、というところか。
 また音大声楽科出身の大空が主題歌を歌う、うまいのだが、これが絵にかいたような学校で習ったすっきり歌唱で、何の味もない。当然ヒット歌手には、なれなかった。ヒットする流行歌の歌手には、声に何らかの引っ掛かり、いわゆる「魅力」「雑味」がなくちゃね。歌詞も曲も関係ない、ただその声自体が人を魅了しなければ、ヒット歌手にはなれない。
 もちろん大空のせりふ回しは、大変甘い声なんだが、歌唱は、そうではなかった。

e0178641_13343049.png『桃色の超特急(デジタル)(87分)』公開:1961年(渋谷シネマヴェーラHPより)
監督:渡辺祐介
出演:大空眞弓、松原緑郎、坂本武、花井蘭子、鳴門洋二、若宮隆二、丹波哲郎、杉山弘太郎、西一樹、小高まさる、国方伝、水原爆、松原由美子
ショーを目前に人気モデルが失踪。替え玉探しを買って出た吾郎だが、瓜二つのストリッパーは鼻を整形してしまい…。やっと見つけたそっくりさんを騙して、ショーが開催される大阪行きの特急列車に乗り込んだ吾郎の運命は!? テンポも良ければ主題歌も楽しいロマンチック・コメディ。モデル、ストリッパー、水商売風の女、吾郎の隣人と、大空眞弓が一人四役を演じる。


 日本型スクリューボールコメディとして、あからさまにロープに毛布を垂らして、男女を分かつという、フランク・キャプラ「或る夜の出来事」をそのまま援用したり、まああからさまなんだけど、かえって狙いがわかって、好ましい(笑)。
 坂本武社長が珍しく関西弁。ネィティヴとは言えないが、それなりに柄にあっている。
 二人を乗せるトラックの運ちゃんに丹波。この時期としては珍しい、こわもてではない三枚目。晩年に山田洋次作品(題名失念)での爆発的三枚目の丹波を見て、丹波もっとイケたんじゃないか三枚目、なんとも惜しいことを。日本映画の損失とさえ思う。
 後出しじゃんけんで言えば、二代目寅さんも、何代目かのおいちゃんも、丹波でよかったんじゃないかと(笑)。
 この映画は、その三枚目丹波の片鱗を見せてくれた。
 ちなみにおいちゃん役は、初代森川信はともかくとして、二代目もその次も面白みに欠け、山田洋次としては、党員とは言わないが、共産党シンパの商店主というイメージで、キャスティングしたのだと思う。「おめえ、さしずめインテリだな」の、つまらないおいちゃんたち。


e0178641_13351952.jpg西郷輝彦@teruhikosaigo
石井ふく子さん92歳のお誕生日会。
71歳の私がガキのように、
あれこれお説教頂いたのでした。
男優陣も当然ながら、女優陣のすごいこと。

 中央石井ふく子の左右が、長山藍子と大空真弓かな。前列香川京子のほかは、よくわからず。このなかでは超若い薬師丸ひろ子の可愛さが目立つのみ。
 このなかでは若手の薬師丸、高島が最後列にいる中、三田佳子が先輩香川を脇に従え?、ちゃっかりメインの位置に。うーん、これでは息子もはみ出すわけだ?
◎追記◎どうやら上記薬師丸ひろ子云々は、ぼくの見誤りで別人のようです。詳しくは下記コメント欄にて。皆さん、ありがとう。
 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2018-09-12 13:35 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(11)

土居通芳「汚れた肉体聖女」高倉みゆき大空眞弓高田稔魚住純子江見俊太郎原知佐子矢代京子

正統で異色なレズビアンメロウ(女郎)メロドラマ。
 渋谷にて「玉石混淆!? 秘宝発掘! 新東宝のもっとディープな世界」特集。58年、新東宝。
e0178641_23513589.jpg まず初めに、本作の5年前に、同じ新東宝で★野村浩将「野戦看護婦」日本メジャー映画初のレズビアン映画!?折原啓子鶴田浩二宮城千賀子★があり、「汚れた肉体聖女」が上映されるのなら、「野戦看護婦」もやってもいいじゃないの、と本特集の企画協力のシモケンさんに問い合わせたら、「野戦看護婦」も候補ではあったが、すでにDVDが出ているので、よりディープなものを、という趣旨から外れた、と。
 うーん。ディープが命なのね(笑)。

e0178641_23525918.jpg『汚れた肉体聖女(デジタル)(78分)』公開:1958年 (渋谷シネマヴェーラHPより)
監督:土居通芳
出演:高倉みゆき、大空眞弓、高田稔、魚住純子、津路清子、江見俊太郎、三村俊夫、大原譲二、大江満彦、藤村昌子、城実穂、原知佐子、瀬戸麗子、水上恵子、朝倉彩子、勝又陽美、沢恵子、矢代京子
兄の友人にレイプされた過去を持つ修道女・高倉みゆきは新入生の世話係りになるが、「お姉さま、一緒に寝かせて」の言葉に抗えず…。魔性の美少女・大空真弓に翻弄され次から次に罪を犯すはめになる高倉。その転落人生の急展開ぶりが凄すぎる禁断のダーク・ロマンス!
上映作品のクレジットデータサイト http://nipponeiga.com/vera/shintoho02/

 学園型修道院に、大空眞弓ら新入生がやってくるが、最初に告げられるのが、華美なアクセサリーや女の子らしいクマのぬいぐるみ禁止。
 なのに彼女らが着ているパジャマはファンシーな模様。ネグリジェ!にいたっては、まるでスケベおやじの妾のものみたい(笑)。昼は淑女、夜は娼婦、という本音そのもののダブスタこそ、新東宝調文芸映画の真骨頂か(笑)。
 そして高倉大空の恋愛だけでなく、三角四角五角のレズ愛欲の関係のぐずぐずメロになる(笑)。清楚禁欲の昼間と、隠微愛欲の夜と。
 まさにメロウ(女郎)たちによるメロドラマだ。
 ただしファムファタルというべき高倉の不穏な顔は、メロドラマヒロインの繊細メロウな顔とは水と油で、全く場違いで、浮いている。

汚れた肉体聖女

 Dailymotionというサイトの「汚れた肉体聖女」大空真弓と高倉みゆきの修道女同士のラブシーンは、貼り付けられず。

 本作の5年前の野村浩将「野戦看護婦」との違いは、キス一つなかった「野戦看護婦」に比べ、本作では女性同士がキスしまくり、ペッティングしまくりというところか。ここに5年の差があるのか。
 ただし「野戦看護婦」は、一方の女からもう一方の女への壮絶な片思い、本作では女同士の両想いということで、一概に比較できないのだが。
 
e0178641_2017628.jpg 鐘塔への四角いらせん?階段にヒッチコックへの誠実なオマージュを、感じる。
 最初チンピラたちにレイプされようとした高倉みゆきが、兄の友人・村上不二夫のヒーロー張りの格闘で救われるが、その直後、村上は泣いて縋り付く高倉に欲情、二段構えでレイプされてしまう。
 自分を救った男にレイプされるというなかなか複雑なグッドな構成だ。
 最後にも、不穏な顔つきがいつもいつも、あるいいはいつも以上に不穏な江見俊太郎の、左右不対称な瞼がグッド。
 ◎追記◎なお大空真弓の、畑における讃美歌歌唱はグッド。聞けば東京音大の声楽科出身とのことだが、女優としてそのキャリアを生かしていないような。庶民的な顔だちのせいか。いずれにせよ、もったいない。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-10-19 00:00 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(2)