人気ブログランキング |

タグ:夏木陽介 ( 2 ) タグの人気記事

本多猪四郎「宇宙大怪獣ドゴラ」円谷英二特撮

 三原橋にて。「俳優・夏木陽介 風の中を走る!」特集。64年、東宝。
 怪獣映画ファンではないので、このタイトルは、初めて聞いた。
 それもそのはず、いわゆる正統派東宝怪獣映画から、かなり外れた、異色作なのだ。
 もちろん監督は本多猪四郎だし、特技監督は円谷英二だ。
 映画の半分が、怪獣映画。残り半分が、それと関係してるような、してないような、ふつうのドラマ? つまり、河津清三郎、天本英世、若林映子らの、ダイアモンド強奪犯と、それを阻止せんとする外事警察・夏木陽介の攻防、これにダン・ユマなる、怪しげな外人が絡む、というもの。
 これは面白い試みだ。
 まあ、この映画自体はさして成功作とはいえないので、おそらくマニア以外には、知られていないのだろうが。
 たとえば、ふつうの東宝ドラマ、成瀬あたりに、怪獣が、絡んだり。成瀬映画の常連スタッフたちが「ゴジラ」第一作に起用されていて、けっしてありえない話でもない。
 三益愛子「お母さん、やっぱり養老院に入るよ。だから、お前は、再婚をおし」
 原節子「いいえ、お母さんを、怪獣がうろつきまわっているときに、ひとりには、できませんわ」
 三益愛子「なあに、ゴジラの一匹や、二匹、ちっとも、怖くなんかありませんよ」
 地響き。
 小林桂樹(ラーメン屋の厨房で)「で、出たあ、ゴジラがでたぁ」
 ゴジラが街を、荒らしまわりつつ、一家に迫る。
 高峰秀子「お母さま、お逃げにならないと」
 森雅之「そ、そうとも、母さん」
 高峰秀子「あ、あなたもですよ、あなたもそんなに悠長に、お座りになっていては、ゴジラに、踏み潰されますわよ」
 森雅之「い、いや、ぼくも、そうしたいのは山々なんだがね。あいにく、腰が・・・・」
 団令子「あら、お兄さん、腰が抜けたの。間抜けねえ」
 森雅之「黙りなさい」
 三益愛子「なんです。こんな時に、兄弟げんかなんて。ああ、情けない」

 題して、「娘・妻・母・ゴジラ」
 いや、このあいだも、本屋で、ある本を見て、爆笑したもので。
 「プライドと偏見とゾンビ」。 
 かの有名な、高尚ラブコメ、映画にも何度もなっている名作「プライドと偏見」(旧名「高慢と偏見」高慢というのも、いまからすれば、やや誤訳でしたね)の、原文はそのままに使って、残り半分に、実はこの時代は、ゾンビも跋扈していて、主人公姉妹は、婚活だけでなく、ゾンビ退治にも、力を使っていました、という爆笑編。
 何でも、キーラ・ナイトレイに、いまから数年前の最新版「プライドと偏見」の役を取られた、ナタリー・ポートマンが、映画化権を取ったとか、取らないとか。
 あまりに「出落ち」すぎて、読む気もなかったが、アメリカあたりでは、かなり話題になったものの、翻訳で。
 いやあ、これからのこの手(一発芸という面もあるが)、著作権が切れた過去の名作で、やりたい放題というのは、あるんじゃないか。原文そのまま、原画そのままを使って。
 「七人の侍VS大魔神」とか。

by mukashinoeiga | 2010-10-20 09:21 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)

児玉進「奇妙な仲間 お色気道中」

 阿佐ヶ谷にて。「旅する映画 映画の旅」特集。70年、東宝。
 いまやひとり勝ちの東宝の、長い長い低迷期に、咲いたあだ花、東宝らしからぬ、その1本。
 東宝も、当時のプレスで認めるほどの、東宝らしからぬ、お色気映画。ま、お色気といっても、当時のことだから、エキストラ女優がすっぽんぽんになるくらいなんだけど。メインの女優さんは、ちらりとも脱ぎません。
 メインの女優で、東宝プロパーなのは、団令子のみ。あとは、東映から、大原麗子、桑原幸子を召還する。
 そう、大原麗子。
 あの、大原麗子以外にはありえない絶妙の声質と、エロいエロキューション。
 大原麗子が自然に、ふつうにしゃべるだけで、声はセクシー。そこに、ちょこっと、秘伝のたれ、甘ったれを加味し、オトコ瞬殺の上目遣いを添加すれば、もう、脱ぐ必要さえない、セクシーさ。
 しかも、大原麗子のすごいところは(笑)セクシーでありつつ、同時に、清楚さ、清純さを、キープし続けることができるところなのだ。
 これは、努力してできることではない、たいへん難易度の高い、天然さなのだと思う。おそらく、数年後の綾瀬はるかが、なれるか、なれないか、なれないかなあ、という、くらい、奇跡の、天然女優。

 さて、夏木陽介だ。日本でちまちま働くよりは、海外出稼ぎでがっぽり金をためよう、そういう時代だ。
 グァテマラで二年間、働き、帰ってみれば、相思相愛で、「二年間待ってろよ」と、日本に残してきた、大原麗子が行方不明。探し当てたら、というより、例の豪快な性格が災いして、大怪我、病院で、「大原麗子に連絡して」、探してもらって、やってきた大原麗子、実は夏木が死んだと勘違いして、お堅いサラリーマン・林与一と、結婚しているという。
 グァテマラで大災害、多くの死者、というおそらく事実なんだろうが、そのニュースを見て動揺しての、頓珍漢。こういうドジな言い訳をして、さらりと通用してしまうのも、また、大原麗子のキャラゆえ。
 新婚の新居で、夏木と林の対決。あいだでおろおろする、大原。この映画のコメディ部分は、なかなか良い。出演者のセンスと、演出がマッチして、小笑い続出。
 男ふたりが対決しても、ラチは明かず。結局、大原がどちらかを選べばいいのだ、ということで、詰め寄るオトコふたり。おろおろ大原麗子。
「決められない。二人とも、おんなじくらい、好きなのっ」
 けっきょく、大原麗子、家出。
「ふたりとは、もう、二度と会いません。私を探さないで」
 でたっ。私を探さないでビーム。
 ということで、林与一は、新妻を探す旅に。会社を辞め、退職金で買った車に乗り、いざ出発、というところで、「オレの女だ、オレにも探す権利がある」てなことで夏木も、無理やり同乗する。
 かくて、男二人の珍妙な、<共通の女>探しの旅が、始まる。
 これが、もっと時代が下って後に作られていれば、この男二人の間にも<奇妙なフンイキ>があるのかもしれないが、なんせ健全お色気路線、女好きの夏木、大原一筋の林、いわば硬軟コンビが、途中で出会う、団令子はじめ、セクシーなお姉ちゃんたちのエピソードで、笑わせる、なかなかの快作。
 そのお姉ちゃんたちの、うちのふたり組み(意図的に、仲の良さが強調される、いかにも70年代ライクな、きゃぴきゃぴセクシー娘たち)は、「あんたたち、男のレズなの?」と、疑うが。
 大原麗子は元・看護婦、という唐突なキャラ設定が林から発表され、どこかの病院で働いているに違いない、としらみつぶしの病院探し。結局は灯台下暗し、最初に夏木が怪我した病院で、というのが、落ちだ。
 そこの病院の医師。「いや、大原君がここに看護婦としてきてから、直った患者も、なかなか退院しなくてね。実は、ぼくも、大原君に求婚したんだよ」と、ふたりをにらむ。
 このあと、三人が、どうなるかは、映画を見てのお楽しみ。
 60年代末~70年代初期の映画だから、出てくる女優たちは、微妙に、かの時代の化粧方。しかし、大原麗子ただ一人が、どの時代にも通用する、清楚なメイク。時代や、流行に左右されるようじゃ、本当の美人とは言えないのかも。
 大原麗子が、この時代の東映専属女優であったことの、不幸。もっと、早い時代に生まれていれば、映画黄金期の大女優になれていたのかも。個人的には、成瀬や木下の映画あたりで、高峰秀子との母娘役なんて、見て、いや、聞いて、みたかったなあ、と。
 なお、メインの女優がTV「雑居時代」ヒロインなのに孤独死した大原麗子とか、首釣って自殺した団令子とか、不幸なWれいこなのは、この際、ないことにしよう。楽しい映画は、楽しいままに。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
●にほんブログ村>映画>名作・なつかし映画
 

●人気ブログ・ランキング>映画>日本映画

by mukashinoeiga | 2010-08-19 09:17 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)