タグ:加藤剛 ( 2 ) タグの人気記事

野村芳太郎「五瓣の椿」岩下志麻加藤剛左幸子西村晃加藤嘉小沢昭一田村高廣岡田英次伊藤雄之助

楽しいのかこの映画。誰得な大作で。
 阿佐ヶ谷にて「『石上三登志スクラップブック 日本映画ミステリ劇場』刊行記念 ミステリ劇場へ、ようこそ。2018 」特集。64年、松竹大船。
◎追記◎と、何の気なしにデータをコピペして松竹大船と書いたけれど、これって松竹京都撮影所じゃないの。それとも京撮を使った大船作品って意味なの?

e0178641_231996.png五瓣の椿 1964年(S39)/松竹大船/カラー/163分(ラピュタ阿佐ヶ谷HPより)
■監督:野村芳太郎/原作:山本周五郎/脚本:井手雅人/撮影:川又昻/美術:松山崇、梅田千代夫/音楽:芥川也寸志
■出演:岩下志麻、加藤剛、左幸子、西村晃、加藤嘉、小沢昭一、田村高廣、岡田英次、伊藤雄之助
最愛の父を失い自らの出生の秘密を知った娘は、淫蕩な母と相手の男たちを次々と殺害していく──。山本周五郎の同名小説を映画化した壮絶な復讐譚。岩下志麻が異常な決意に燃えるヒロインを、妖艶さを漂わせて熱演している。

e0178641_24810.png 超ファザコンの岩下志麻が、自分の父を落としめた、実母やその浮気相手をつぎつぎに殺めるという復讐譚。
 しかし、しかしだよ。
 父親加藤嘉は彼らから肉体的被害を受けたわけではない。財産を盗み取られたわけではない。むしろ養子の分際で多額の隠し財産まで作っているほどだ。持病のせいで肉体的苦痛は甚だしいが、それなりの生活。
 これのどこに、娘が実母左幸子や、その浮気相手を殺す理由が、あるのか。
 病弱な夫に満足できず、というかその以前から淫乱なたちだった実母を、娘が憎むのは、わかる。
 しかしその浮気相手たちを次々殺めるのは、筋違いでは、ないか。単なる火遊びの代償として殺害されるのは、恐ろしく筋違いではないのか。
 繰り返すが父加藤嘉は、肉体的暴力を彼らから受けたわけでは、ない。財産を奪われるなどの生存権を脅かされたわけでもない。単なるコキュ(寝取られ夫)に過ぎない。
 加藤嘉本人が、妻の浮気相手に何らかの復讐するのは、わかる。しかし、その娘が、復讐、しかも究極の殺人とは、理屈が通らない。
 ジェネレーションが違いすぎる。まるで朝鮮人の発想だ。理屈が通らない。
 岩下志麻は、情念の復讐魔として適任の怖さ(笑)。しかし彼女を垣間見て、こんなおとなしそうなお嬢さんが人殺しなどするはずがない、と真顔で語る加藤剛には、爆笑。
 この映画がなければ、美女岩下と絡む機会がなかったはずの、伊藤雄之助、西村晃らが嬉々として濡れ場を演じるが、よくよく考えれば、復讐する相手に、それなりに身を任せて嬌態を振りまく岩下って、そりゃ矛盾していないか(笑)。
 一種のエロ映画として売って、実態は違いますねん、という一種の野合では、ないのか(笑)。
 なおこの時期の松竹の復讐好きに関しては、この一個前の感想駄文市村泰一「この声なき叫び」を参照のこと。



全然別物(笑)。ただし加藤剛にアベちゃんというのは正解(笑)。

 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。
★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

[PR]

by mukashinoeiga | 2018-03-22 02:04 | 旧作外国映画感想文 | Trackback | Comments(2)

白井更生「ヒロシマ1966」

 京橋にて。「発掘された映画たち2014」特集。66年、広島県原爆被爆者映画製作の会。
 昨年秋見たのだが、どうやら書き漏らしたようなので、遠い記憶を頼って感想駄文。

ヒロシマ1966(78分・35mm・白黒) <フィルムセンターHPより>
アラン・レネの『二十四時間の情事』(1959)で助監督を務めた広島出身の白井と、後に個人映画作家として活躍する金井が、共に大映を飛び出して製作した意欲作。リアリズムとアンチロマンの不意の交錯により、暗夜行路の広島は世界のヒロシマへと変貌する。共に個人より受贈した35㎜ポジ(1巻欠落)と16㎜ポジを合わせて復元。
1966(広島県原爆被爆者映画製作の会)(監)(脚)白井更生(撮)金井勝(音)山内正(出)望月優子、加藤剛、松本典子、寺田路惠、鈴木宏子、永井智雄、下村和男、長谷川美代子

 「二十四時間の情事」風の、加藤剛、松本典子アヴァンギャルド風味のすかした恋愛ドラマと、望月優子の高湿度の怨念ドラマが、交互に描かれる。珍味っチャ珍味。
 階層の異なるドラマを同時進行させるのだが、
1 すでに遠い記憶によれば、加藤は学生運動に挫折して、医者に。長崎で医者になり、広島の松本と遠距離恋愛。
 しかし、やっと逢っても、手も握らずキスすらしない禁欲振り。
2 望月は原爆病でからだがだるく、仕事(広島駅前で原爆写真の本などを観光客に売る屋台)も休みがちで、ついにはノイローゼとなる
3 望月が危篤になって救急搬送される先の病院医師が松本。ここで、やっと二つのドラマが重なる。

 とは言いつつ、それは消化不良。階層の異なるドラマを統合する戦略に欠けている。
 あまりに生硬すぎる加藤剛の二枚目演技には、失笑するのみ。
 かっこよすぎる恋愛ドラマと、泥臭い望月優子ドラマの、奇妙な混合。おそらく会社を辞めて、張り切って、ぎゅうづめにした結果だろうか。
 なお、本作の助監督、阿部孝男が翌年監督したのが阿部孝男「記録なき青春」(感想駄文済み)

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2015-03-01 21:29 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(2)