人気ブログランキング |

タグ:佐藤浩市 ( 3 ) タグの人気記事

若松節朗「空母いぶき」西島秀俊佐々木蔵之介本田翼小倉久寛高嶋政宏玉木宏市原隼人斉藤由貴藤竜也佐藤浩市

日本の現実を反面教師的にあぶりだす。
 それなりに面白いし、いい意味でも悪い意味でも見るべき映画だ。
 数個前の感想駄文「原作では悪玉の中国が善玉へ「空母いぶき」究極の原作レイプで今年最高のおバカ映画か(笑)佐藤浩市異常映像も有」もあるので、それ以外を書こう。

e0178641_1948522.jpg 若松節朗「空母いぶき」(Movie Walker HPより)
20XX年、クリスマスイブ前日の12月23日未明。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、日本の領土が占領された。海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群を現場に向かわせる。その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》であった。計画段階から「専守防衛」論議の的となり、国論を二分してきた《いぶき》。艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐(西島秀俊)、そしてそれを補佐する副長は、海上自衛隊生え抜きの新波歳也二佐(佐々木蔵之介)。そんな彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。

佐藤浩市総理の安倍揶揄。ほんとにさりげない短い描写で、佐藤の意図をかなえつつ、突出しない演出。むしろあんなインタヴューさえなければ、わかる人にはわかる、さりげないくすぐりで、にゃっとする程度。
 別に誇らしげに語ることでもない。というか、誇らしげに語ったばかりに、炎上。まあ左翼の芸のなさよ。

 この映画、てっきり東宝あたりが噛んでるかと思ったら、意外や、木下グループのKINOという、老舗とはいえ独立プロが、この、それなりの大予算映画を、単独で製作・配給という、たぶん日本映画史で、ほぼ初めてではないかな。

 最近の自衛隊映画には珍しく、実際の自衛隊が全面協力していないのは、なぜ。
東宝みたいな大会社、ではなくどこの馬の骨扱いか。
 他国のナショナルフラッグ(中国まで含め)は堂々と出てくるのに、旭日旗は一切写さないし、制服のワッペンが日の丸に、自衛隊がノレなかった。
 しかし自衛隊が主役の映画で、自衛隊全面協力ができなかった理由を、制作会社は、明らかにすべきである。

 あまり緊迫した場面が続くと、観客は逆に飽きてくる、ということがある。サスペンスの一本調子を避けるために、箸休めというか、いわゆるダレ場を、挿入したいと制作者は考える。
 そこでいぶきに同乗したマスコミや、コンビニシーンが登場するのだが、これがあまりにベタな箸休め。ベタ過ぎて、かえって逆効果。
 ベタといえば、戦闘機パイロットが、コックピットの窓に、赤ん坊を抱えて満面の笑みの妻の写真を、かかげたらだめだろう。案の定死んでしまう、ベタな死亡フラグで。
 ベタな紋切り型といえば、総理をはじめとする政府の会議も、ベタ中のベタ。
 岡本喜八「日本のいちばん長い日」を原点とし、それを発展させた庵野秀明「シン・ゴジラ」で完成した会議シーンの、劣化再生に過ぎず、淡々としたルーティンワークに過ぎない。何の熱もない描写。

 すべてがモンキリ。ただ、モンキリはモンキリで、意味がある(笑)。日本の、今の、現実が、まるっとトレースされている映画だ。
なお関西弁で「いてまえ!」と叫ぶ艦長役の人が、未知の俳優ながら、好印象。

映画『空母いぶき』予告編 - YouTube


↓↓↓高橋センセ、オタクやなあ(笑)。
【怒っていいとも】Part7-③ 軍事オタクの高橋洋一氏に「空母いぶき」を語らせたら凄い事に !!!!


【怒っていいとも】Part7-④ 大人気映画コーナー、軍事オタク&ゴジラ評論家の高橋洋一氏を見てたらニヤニヤが止まらない回!


 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2019-06-13 17:21 | 新・今そこにある映画2 | Trackback | Comments(0)

原作では悪玉の中国が善玉へ「空母いぶき」究極の原作レイプで今年最高のおバカ映画か(笑)佐藤浩市異常映像も有

おバカ映画の金字塔か。絶対見たいぞ(笑)。
 佐藤浩市の難病揶揄で、絶賛炎上中の映画だが、ネット伝聞によれば、かわくちかいじ原作(未読)では、中国軍が尖閣に侵略する話を、謎の武装集団が仮名の島に侵略、国連常任理事国五か国(含む中国、ロシア)が軍艦を一斉に派遣、日本を助ける設定に変更されたという。
 世界最大級の原作レイプというか、究極の産地偽装だろう(笑)。
e0178641_1948522.jpg もっとも原作者のかわぐちかいじがこの映画の監修だから、かいじがかいじをセルフレイプ(?)したというテイか。

 そもそも日本が危機におちいったからって、ロシア、ましてや中国が加勢するなんて、未来永劫ありえない国連至上主義、頭の中は沸点振り切った左翼お花畑脳じゃん(笑)。

 こんなおバカ映画の監督は誰だ(笑)。若松節朗バカ監か。若節(笑)を汚したな。
 脚本は誰だ。伊藤和典、長谷川康夫。伊藤和典晩節(笑)を汚したな

 まあ、まだ未見の映画の内容をうんぬんするのも節操がないので、映画については見てから感想を駄文したい。

 しかし、聞き捨てならないのは、体制側の役をやりたくない、という左党もとい、佐藤発言だ。
 かつての日本映画では、多くの左派インテリ新劇人が、体制側の悪い奴をもっぱら演じていたものだ。愚昧な藩主、悪家老、悪徳役人、悪徳政商、一番笑っちゃうのは、世界中で歌われた左翼定番曲「インターナショナル」の歌詞を翻訳したバリバリの左翼・佐々木孝丸が、その風貌を生かして、右翼の大物専門役者になったところで。
 だいいち佐藤の父親の三国連太郎も、たぶんバリバリ左翼だが、ずいぶん右翼的な暴君の役やってるよね。

 つまりおおむね、左翼の新劇人は、さっぱりさわやかな二枚目には向かない、悪人顔で、だから本人の意には反するかもしれないが、もっぱら「体制側の悪党」を演じてきた。
 もとから悪相が左翼になるのか、それとも左翼思想が悪相を呼ぶのか、山口二郎とか左高信とか、映画に出たら、悪人しかできない顔相で。
 山口二郎なんて国会前デモで、安倍晋三に「てめえなんか人間じゃねえ、たたっ斬ってやる」と、ヨロキン張りに正義の士を気取った、ヘイトスピーチを吐いたが、山口二郎、てめえの悪相は、たたっ斬られる悪役の顔だぞ(笑)。
 佐藤浩市の悲劇?は、左翼脳と相反するさっぱりさわやか顔に生まれ(笑)たことで、性同一性障害ならぬ、顔同一性障害か。
 今からでも遅くない。より悪相を磨いて、立派な左翼役者になりなさい(笑)。

映画『空母いぶき』予告編 - YouTube


【怒れるスリーメン】Part27-① 加藤×西村×髙橋 西村 幸祐氏 参戦!!
 映画「空母いぶき」については、動画の10分ごろから。
 西村さんは試写を二回見て、ひどい映画だが、見るべきところも多いという。いかに憲法九条がダメなのか、よくわかるという。


豪華オールキャスト登壇!「これは戦争映画ではない。平和のための映画だ ...
 大勢のキャストの中で、佐藤浩市があまりに異常(笑)。終始うつむき加減で、とても舞台に登壇している態度ではない。
 しかも自分が発言する段になると、一番最後になる発言ということもあって、二度も「長かったー」というが、それが全然ギャグになっていない。いかにも居づらそうだ。


【ch桜北海道】映画「空母いぶき」の騒動を考えてみる![R1/5/16]
 地方発ネット番組にしては、立て板に水のキャスター。


 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2019-05-22 00:47 | 新・今そこにある映画2 | Trackback | Comments(1)

映画「64」VS「64」TVどっちが面白い?

 瀬々敬久「64-ロクヨン-」前後編を見た。
e0178641_23354485.jpg なかなか面白い。平成のヤマサツ映画か(笑)。
 事件捜査編が6、刑事因縁ドラマが4、それこそロクヨン? いや、実態としては、5/5当たりか。そこらへんは好みがわかれるところで、ただ瀬々敬久ならではの、緊張感あふれる人間ドラマには、毎度脱帽したい。

 映画を見た後、ユーチューブで、2015年のNHKヴァージョンが、5回に分けてアップされていたので、それも見た。
 そのアプローチの違いが、なかなか面白い。
 当ブログに、この種の映像を「引用」すると、即消されてしまう確率も高いので、大急ぎで見ることを、お勧めするが(笑)、その比較だが。
1 映画版は、佐藤浩市はじめ主演級(かつてのを、含め)大量投入。

佐藤浩市綾野剛榮倉奈々夏川結衣緒形直人窪田正孝筒井道隆鶴田真由赤井英和菅田俊烏丸せつこ小澤征悦金井勇太芳根京子菅原大吉柄本佑椎名桔平滝藤賢一奥田瑛二仲村トオル吉岡秀隆瑛太永瀬正敏三浦友和
 そうそうたる主演級。
 いっぽうTV版は、ピエール瀧はじめ有名脇役陣を大量投入。

主な出演ピエール瀧、木村 佳乃、柴田 恭兵、段田 安則、新井 浩文、吉田 栄作、中原 丈雄、永山 絢斗、山本 美月、萩原 聖人、高橋 和也、尾美としのり、村上  淳、入山 杏奈、森岡  龍、中村 優子、二階堂 智、平  岳大、きたろう、でんでん、小野  了、安藤 玉恵、堀部 圭亮、佐藤 直子、永岡 卓也、水澤 紳吾、辰巳 智秋、森岡  豊、海丹 惟永、榊  英雄、阿部 翔平、伊藤 祐輝、吉田ウーロン太、羽宮 千皓、内倉 憲二、吉岡 睦雄、松原 正隆、瀬尾 智美、関  寛之、小島 法子、天野 義久、佐々木春樺、相川 武俊、春木みさよ、栃原 梨乃、熊木 聡一、天野 勝弘、遠藤 悦子、朝霧  涼、おのさなえ、西海健二郎、伊藤 陽平、宮武 真央、中野  剛、山中 隆介、堀内 充治、川守田政人、一和 洋輔、水上 陽介、佐藤  誠、梅田 孝也、蓑輪 裕太(簑輪 裕太)、クラ、切田 亮介、入月 謙一、蔵内 秀樹、劇団ひまわり、クロキプロ、ストームライダー、キャンパスシネマ、テアトルアカデミー、ゴクウ、ZOO動物プロ、オフィスオーパ、グリーンメディア、アスタリスク、オフィスMORIMOTO、舞夢プロ、芸優、(擬闘:高槻 祐士) 以上テレビドラマデータベースより

 ま、なかには、木村佳乃、柴田恭兵など主演クラスもいるのだが、
2 映画版は、俳優たちに、エキセントリックな、オーヴァー気味の演技を要求。
 TV版は、淡々とした演技で通させる。
 これにより、熱度の高い、つまりある意味ゴージャスな演技が展開される映画版と、平熱演技のTV版と、受ける印象は、全く違っている。
 その結果、
3 華のあるスタア俳優続出で、しかも熱演続きの映画版と、脇役俳優メインの平熱演出の、低体温演技のTV版では、真逆のイメージで。
 大人数が出てくる集団ドラマにおいて、熱血がいいか、平熱がいいか、ヤマサツ映画が好きなぼくとしては、まあ、熱血かなあ(笑)。
 特に派手なことはしていない榮倉奈々、夏川結衣ですら、TV版の美人女優・山本美月、木村佳乃とは、比べ物にならない存在感。

4 TV版ではさらっと流されているが、映画版特に前編で強調されるのは、県警詰め記者クラブの面々の、異常なまでの無茶ぶりである。
 まるで半世紀前の全学連か、紅衛兵まがいの無茶ぶりに、平成の御代に、かくも堂々たる左翼心性の新聞記者が、すがすがしいまでに、クレイジー(笑)。
 TV版は、さすがに、やはり記者クラブの一員たるNHK製作ゆえ、記者クラブの暴君描写も、おとなしい(笑)。
 なお幹事社のメイン記者に、TV版では、永山絢斗(よく、知らない)、映画版では瑛太(こちらは、おなじみ)。顔も声も似ていると思ったら、なんと、弟と兄の兄弟俳優だという。
 ここいらへんのキャスティングは、グッド。
 TV版永山絢斗は、まだ、常識式的平熱演技、映画版瑛太は、小皇帝ぶりをいかんなく発揮。
 うーん、さすがNHKは、報道しない自由満喫だなあ。

5 原作に忠実なラストのTV版と、原作と違うラストの映画版。やっぱり映画には、アクションがないとね、というところか。
 あと、これ、言っちゃう?的なタヴーを言うとですね(笑)脇役でこそ光るピエール瀧だが、5時間延々と見ていても、あんまり、楽しくないのよ(笑)。佐藤浩市なら、楽しい。ここら辺が、主演俳優と、脇役俳優の違いか。華のあるなしは、いかんともしがたいと、思う。

 ちなみに、以下一番最後の榮倉奈々フッテージに、唖然。うますぎるぜ。

映画『64-ロクヨン-前編/後編』 徹底ガイド 【驚愕の展開】ストーリー編

映画『64-ロクヨン-前編/後編』 徹底ガイド 【群雄割拠】キャラクター編

映画『64-ロクヨン-前編/後編』 徹底ガイド 【撮影秘話続々】インサイド編


日本ドラマ - 64 ロクヨン 64 Rokuyon 2015 EP01


榮倉奈々 涙そうそう


★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2016-06-27 00:29 | 新・今そこにある映画2 | Trackback(37) | Comments(0)