タグ:伊藤雄之助 ( 4 ) タグの人気記事

堀内真直「正々堂々」伊藤雄之助鳳八千代渡辺文雄千田是也三井弘次トニー谷大泉滉中村是好

クスリともできない喜劇ほど始末に困るものはない(笑)。
 阿佐ヶ谷にて「豊かに実る 松竹文芸映画の秋」特集。59年、松竹大船。
 笑えないながら、いろいろ工夫しているが、全く面白くない(笑)。
 例えば木下恵介「カルメン純情す」ばりに、画面を傾けて撮るのだが、いきなり初めて、ある時点からいきなりやめる、何の戦略も感じられず。
 字幕でも遊んでいるのも、おもしろ―もない。
 そして、最大の欠陥は、それなりに面白い役者がバンバン出てくるのに、クスリがほんの数回のみ(笑)。
 主演の市長・伊藤雄之助は全編顔芸、変顔の連発で、でも無駄に面白くないのね(笑)。

e0178641_11473041.jpg正々堂々 1959年(S34)/松竹大船/白黒/66分 (ラピュタ阿佐ヶ谷HPより)
■監督・脚本:堀内真直/原作:源氏鶏太/脚本:川辺一外/撮影:小原治夫/美術:森田郷平/音楽:木下忠司
■出演:伊藤雄之助、鳳八千代、渡辺文雄、千田是也、三井弘次、トニー谷、大泉滉、中村是好
億万長者の帰郷で、寄付金目当ての歓迎攻めに奔走するたぬき市長、きつね助役、むじな議員たち!市会は上を下への大騒ぎを繰り広げる──。欲の塊・伊藤雄之助市長ほか名バイプレイヤーたちが絶妙の演技を競う、源氏鶏太原作のコメディ篇。

 ある事情から、三井弘次は「あ、そう」を連発するのだが、もちろん昭和天皇の真似なのだが、この連発する科白の管理が、口調の変化もまったく行き届かず、見ているこっちもイラつくほど。
 ぼんやり思ったのは、渡辺文雄&三井弘次の、都会から来たある意味詐欺師コンビが、田舎の人たちをだますコメディというと、木下恵介「花咲く港」だなあ、と。いかにも松竹のお家芸だが、監督の名前が真直ではコメディは無理か(笑)。
 先輩格の川島が撮ったらとも夢想する。
 戦前松竹の好青年磯野秋雄がおっさんメイクで市議の一人とは、いささか感慨深い(笑)。もっとも若いころから老け顔だったが(上記不鮮明な集合写真の後列右端)。
 感想駄文済みの大庭秀雄「稲妻」の、ついで見の本作だったが、ミッキー成瀬「稲妻」のリメイクを見に行ったら、ついで見もある意味リメイクだった(いささか強引な物言いだが)戦後松竹の企画不足とは、これまた牽強付会か。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-12-17 11:48 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(2)

三隅研次「酔いどれ博士」「とむらい師たち」

 京橋にて。「映画監督 三隅研次」特集。66、68年、大映京都。
 カツシン主演の、コメディ調の2本。
 アクション風味人情劇と、ブラックコメディ調。
 カツシンと三隅の性格を考え合わせると、前者が快調であり、後者が失速気味なのは、まあ、ご承知のとおりか。

e0178641_16462363.jpg29酔いどれ博士(82分・35mm・カラー) <フィルムセンターHPより>
1966(大映京都)(監)三隅研次(脚)新藤兼人(撮)森田富士郎(美)内藤昭(音)小杉太一郎(出)勝新太郎、江波杏子、小林哲子、小林幸子、林千鶴、東野英治郎、殿山泰司、ミヤコ蝶々、平泉征、千波丈太郎、藤岡琢也、浜村純、田武謙三、上田忠好
勝が無頼の無免許医師を生き生きと演じた人情アクション。医療によって貧しい民衆を助けるという『赤ひげ』(1965、黒澤明)的な物語だが、前科持ちで酒と博打が好きな元医師という勝らしい主人公に仕上がっている。本作の好評を受け、同じ年に続けて『続・酔いどれ博士』『酔いどれ波止場』(共に監督は井上昭)が作られた。


 平泉征、千波丈太郎、酒井修ら当時の若手が所属するチンピラグループの名前が、えびかに団。
 まあ、そういうおふざけネーミングに徹するかというと、大人の大映、大人のカツシン、大人の三隅ゆえ、そこまでは、はじけない。
 子役時代の小林幸子が、貧乏と病気と二段構えの不幸、その幸薄い少女を、少しずつ治していく人情話でもある。
 のちの演歌の女王も、子供の頃も、いかにも薄幸そうな表情で。彼女もカツシンや雷蔵のプログラムピクチャア映画の子役に限定されていて、不幸。
 たとえば「警察日記」や「野麦峠」タイプの映画に出ていたら、泣かせる子役として、注目を浴びたかも知れぬ。 
 ミヤコ蝶々やらの関西系とも相性よろしく、豪快カツシンの、人情、アクションモノとして、グッド。

e0178641_16465851.jpg36とむらい師たち(89分・35mm・カラー) <フィルムセンターHPより>
1968(大映京都)(監)三隅研次(原)野坂昭如(脚)藤本義一(撮)宮川一夫(美)内藤昭(音)鏑木創(出)勝新太郎、伊藤雄之助、藤村有弘、藤岡琢也、財津一郎、西岡慶子、多賀勝、酒井修、田武謙三、若宮忠三郎、遠藤辰雄、北村英三、伊達三郎
野坂昭如の同名小説を映画化。既成の葬儀会社に対する義憤から、国際葬儀協会(略して国葬)という組織を始めた男(勝)の破天荒な行動を描いたコメディ。男は大阪万博に対抗して葬儀博覧会の開催までするが、その先には予想外の破局が待っていた。現代風刺劇に取り組んだ、三隅の異色作。


 原作野坂、脚本義一の、二段構えも、そして、おそらく西岡慶子ら多数の関西喜劇陣投入(当時の彼らについて詳しくないが、そういう印象でした)と、三隅、カツシンは、水と油か、1たす1たす1が、3はおろか、2にもならず、というところか。
 まして、三隅、カツシンに加えて、撮影は重厚宮川だ。シュールかつブラックなコメディが成立する、メンツとは、到底思えぬ。清順か石井輝男か中川信夫あたりの得意技か知らん。
 しかし、ある種の映像派である三隅が、同じ映像主体の発想をする、清順、石井、中川との縁辺性を感じさせた、という発想もある。
e0178641_1647368.jpg 終映後、観客二人の会話を漏れ聞くと、「少し間延びしていて、寝てしまいました」と。
 いやぼくも、かなり、うつらうつらした(笑)。
 89分の映画で、あの三隅に、間延びした映画が、あったのだ!
 どんなプログラムピクチャアのジャンル映画でも、緊密な映画を作り続けた三隅にも、シマリのない映画もあったのね、という発見ですな(笑)。
 おそらく職人の三隅、伝統芸能のカツシンという、奇妙なユーモアを扱うには、もっとも不適な面々であったか。
 ただし、伊藤雄之助、藤村有弘らの、とぼけた味わいは、かなりのモノで。すばらしい。
 なお、万博の建設予定地での撮影、万博予告の看板と、万博イメージが強調され、ついには、万博に対抗する葬博と、アンチ万博の色濃い時代性も、珍味

「とむらい師たち」 Tomuraishi Tachi (1968年) 予告篇

 例によって、ホンペンでは、見たこともないフッテージがいくつか。
 特に、ラスト水爆後の廃墟をさまようカツシン、本編では、すすだらけではない、普通の顔。だって、投下後しばらく地中にいたのだから、爆風の煤などつきようがない、という設定だ。ということは、少なくとも2パターンで撮影したようで、そういう工夫が、垣間見える。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-03-06 16:49 | 三隅剣児女なみだ川と大魔剣 | Trackback | Comments(4)

前田満州夫「駆けだし刑事」

 阿佐ヶ谷にて。「世紀の大怪優 FANTASTIC伊藤雄之助」特集。64年、日活。
 ほんとは、これの前の回、野崎正郎「広い天」も見たかったのだが、ぐずぐずして、見逃した。
 巡査勤務をへて、新米刑事になった長門裕之。ある署に配属されて、ヴェテラン刑事・伊藤雄之助のもと、刑事修行。初の大事件は、高利貸し殺人事件。
 この高利貸しが、生前かなりあくどくて、何で、あんなヤツを殺した犯人なんか、捜す必要があるんだ、殺されてせいせいしているくらいだ、とみんなから罵倒されるなか、地道に、捜査。
 ただし、偶然知り合った者たちが、たまたま犯人というのは、ずっこける。地道な捜査から犯人を割り出すのではなく、刑事の私生活つながりというのは、人情ものじゃないか。
 新米の、空回り熱意、ヴェテランの落ち着き、という、ありがちな設定。落ち着いている伊藤雄之助、というのも、まあ、ふつうの中堅脇役の役回りで、まあ、ふつうだし。
 ただし、地道な足で稼ぐ聞き込み捜査が、長門刑事は、伊藤刑事と別れて、本庁の刑事・高品格と組む、というのが、この当時としては、珍しい?か。この種の聞き込みでは、所轄と本庁のふたりが組むという理解が少ない昔は、平気で所轄同士の伊藤と長門を組ませたりするものだから。
 ヒロインに当たる長谷百合が、暗いキャラという役割を引いても、地味で。
ついこの間読んだ奥田英朗「オリンピックの身代金」も、同じ1964年東京オリンピックを題材にした警察小説だが、この秀作群像劇の主人公の一人が、「これからはTVの時代」と、TV局に就職してADになった男だが、そのガールフレンドが<日活新人女優だったが、同期の吉永小百合人気にはじき出されて、日活を辞め、キャバレーづとめをしながら、「シャボン玉ホリデー」のオーデションを狙う、女優としてはイマイチだが、一般人から見れば、超美人>という設定だった。キャバレーといっても、今のとは違い、かの力道山が殺された、ニューラテンクォーター。
 つまり長谷百合、<吉永小百合人気にはじき出されそうな、女優としてはイマイチだが、一般人から見れば、超美人>そのままの感じで。
 そういえば、同じ1964年東京オリンピックの年なのに、オリンピックのオの字もない、地味な映画だ。特に出だしのドキュメンタリー調が好ましい。
 現場から採取した指紋を、過去の犯罪者の莫大な指紋カードと、つき合わせて、同じ指紋がないか調べる、今ならコンピューター・ソフトを使って、自動検索するものを、当時は十人程度の、女性を含む事務職が、すばやい指の動きで、さっさっさっと、指紋カードを、まるで銀行員が紙幣を数えるように、瞬時に見分けていくさまの、職人仕事のリアル感。結局、この映画で一番面白かったショットだ。
 とは言うものの、ラストの決意を秘めた長谷百合、きりりとして、なかなかいいのだが。
e0178641_1594329.jpg◎追記◎今回の「東京映画地図」特集にて。
駈けだし刑事 1964年(S39)/日活/白黒/83分 <ラピュタ阿佐ヶ谷HPより>
■監督:前田満州夫/原作:藤原審爾/脚本:山田信夫/撮影:藤岡粂信/美術:佐谷晃能/音楽:伊部晴美■出演:長門裕之、長谷百合、伊藤雄之助、高品格、陶隆、河上信夫、木浦佑三、深江章喜
新宿署の新米刑事・長門裕之が、いろいろな失敗や体験を積みながら成長していく様を、ある殺人事件を通して描いたもの。原作は藤原審爾の『若い刑事』。伊藤雄之助と高品格が老練刑事を味わい深く演じる。


人気ブログランキング・日本映画
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村・名作なつかし映画

★今、そこにある映画★

★映画流れ者★
当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ
[PR]

by mukashinoeiga | 2011-11-04 18:23 | 傑作・快作の森 | Trackback | Comments(5)

山本薩夫「赤い水」

 三原橋にて。「生誕100年・社会派の巨匠 山本薩夫監督特集」にて。63年・大映東京。
 銀座シネパトスの今回の山本特集、「にっぽん泥棒物語」と本作のみが未見。
 というわけで実に久しぶりの銀パトである。かつて旧作レイトをしていた頃はたびたび行っていたが、それも昔の話、しばらく旧作上映はやめていたようで、昨年、改めて名画座宣言。銀座のど真ん中(からは、少々外れてはいるが)にしては、場末感漂う小屋の造りからして、もはや新作は二番館でも苦しいからだろう。いっそ経営的には映画館などやめて、きれいに再開発して、こぎれいなショップ街を作るべきなのだろうが、あまりに狭いほぼ地下通路同然の区画なので、金をかけるだけ無駄な空間なのだろう。生かさず、殺さず、現状維持(たぶん普通は埋め立てる川を、埋め立てずに再利用している、珍しい例なのかもしれない)それゆえの名画座宣言か。 
 しかし、そのせいかどうか、最近の映画館にしては珍しく、途中から入れるのだ。いまどき文化遺産並みに貴重や。もちろん座席指定なんて野暮はしない。
 二本立てのもう一本「浮草日記」は既見なので、終わり30分ほど見る。東野英治郎座長・娘は津島恵子・若手二枚目は菅原謙二の、どさ周りの三流田舎歌舞伎と、仲代達矢ら炭鉱町の労働組合の、美しき友情物語。純朴。甘い、甘すぎるぞ、薩夫。
 さて「赤い水」。典型的?田舎町のツバメ町。近在には、カラス町やらスズメ町やらあるらしいが、ツバメ町は開発の点で遅れているらしい。で、エロ坊主の伊藤雄之助(珍演!)の寺の敷地から赤い水が出る、これは温泉じゃあるまいかのう、温泉が湧いたら一大観光地になる、そうだそうだ、と思惑が肥大先行して、早速みんな周辺地の土地買占めにまい進する。その有様が、わっせわっせとどたばた調で描かれるのだが。これに絡む町議会の面々が、こゆくて、笑わせられる。
 町長に織田政雄! 老け作りの議長に船越! 町会議員に、若山富三郎、大辻志郎、潮万太郎、などなど。いずれも乗りに乗った快演を見せる。素晴らしい。
 濃厚なドタバタ喜劇。これに、地域の実力者・山茶花究、飲んでクダまくだけの左翼教師・宇野重吉、そして何よりうどん屋「うどんリキ」こと、お調子者にして、土地買占めの走狗となる、八波むと志の素晴らしさ、息のよさ! 若くして事故死した、このコメディアンの代表作じゃあるまいか。
 ヒロイン(なのか?)の滝瑛子、八波の嫁・森光、お色気芸者・中田康子も、さすがに上記コユい面子には負けてるぞ。
 山本薩夫の映画で一番POPでキッチュな映画になるのではないか。町の発展のため、山茶花への人身御供となる滝瑛子、壁に貼った映画グラビアの切り抜き・本郷功次郎・叶順子に妄想して、自分がその場面の叶順子に成り代わり、本郷とメロドラマ、エロ坊主雄之助の妄想では、日活無国籍アクションばりの黒衣の神父!に変身して、妄想のなかでガン・ファイト! 後年の重厚・山薩からは創造もつかない暴走ぶり。まあ、板についてはいませんけどね。
 ラストは、あまりにまじめすぎて紹介できなかった、正義の新聞記者・川崎敬三、恋仲・滝瑛子が同じ列車内にいて、互いに気づかない、というヤマサツ師匠・成瀬の「乱れる」ばりのメロドラマを予感させて、「終」。
 あれよあれよの暴走ぶり、必ずしも大成功というわけではないが、各役者陣の珍演快演は楽しい。なんせ、いつも必ずねちっこい課長・多々良純が、さっぱり味に見えるほどだ。
 「浮草日記」のスタンダード上映はやはり小さく(縦に細長い銀パトの後ろで見たら、かなり小さかろう)、「赤い水」のシネスコは、ピントが、やや甘い。銀座の場末・銀パトらしいといえばらしいか。見終わって出てきたら、正面にあるのが、名のみ聞くフリー・カフェ。某おかき屋のアンテナ・ショップで、ドリンク、おかきともに¥0の。ああ、アレってここだったのね。この次に来たときにいってみよう。
[PR]

by mukashinoeiga | 2010-02-16 00:56 | 山本薩夫傷だらけの左傾山河 | Trackback | Comments(0)