人気ブログランキング |

タグ:二谷英明 ( 3 ) タグの人気記事

鈴木清太郎(清順)「浮草の宿」二谷英明山岡久乃春日八郎木室郁子安部徹小沢昭一高品格深江章喜

らしさとらしくなさの混載。神保町にて「女優は踊る―素敵なダンスのある映画」特集。56年、日活。再見。でも、ほとんど忘れている(笑)。
 清順らしいカッとんだショットが、当時の水準的な描写の中に、時折顔を出す。とはいえ、その水準的な描写もまた、鮮烈だとは、ひいき目か(笑)。
 冒頭山岡久乃が愛人二谷英明を失って、バーカウンターに酔いどれて突っ伏す。
 店の、ではなく、映画の照明が暗転して回想の二谷の顔が漆黒から浮かび上がる。安いデジタルではなく35ミリフィルムのクオリティーで見たかった。

 なお、一番笑ったのは…

e0178641_1613922.jpg3. 浮草の宿 (神保町シアターHPより)
S31('56)/日活/白黒/スタンダード/1時間14分
■監督:鈴木清太郎(清順)■脚本:山崎巌■撮影:中尾利太郎■音楽:江口夜詩■美術:佐谷晃能■出演:二谷英明、山岡久乃、春日八郎、木室郁子、安部徹、小沢昭一、高品格、深江章喜
横浜の港町を舞台にした二谷初主演作で、春日八郎の同名ヒット曲に因んだ歌謡映画。踊子達が酒場で所狭しとカンカンを踊るシーンは、異国情緒を漂わせるモダンな演出が光る。山岡の宝塚仕込みの華麗な身のこなしにもご注目あれ!*デジタル上映

…二谷英明がホテルに帰ってくる。ドアの鍵を回すと開いていて電気が点いている。
 かつての弟分・小沢昭一が訪ねてきたのか、と二谷は小沢に語り続けるが、小沢の気配は、ない。
 従来の映画作法なら、ここで殺し屋が出てくるところだが、その気配は、肩透かし。
 ふと窓を見ると、外に山岡久乃が立っている。招き入れる。
 次のショットでは、殺し屋の宮崎準が二谷の部屋のドア前に佇む、いったん間合いを外し、廊下突き当りの窓でタバコを吸いつつ、窓外を見る。
 見下ろした眼下に、流しの春日八郎がギターつま弾きつつ唄っているさまが俯瞰で捉えられている。
 殺し屋の背後の壁には3階の表示
 3階の部屋で、窓外の歩道に立つ山岡久乃を迎え入れることは不可能だから、鈴木清順「暗黒の旅券」(感想駄文済み)で岡田真澄E・H・エリック兄弟二人一役をやったように、二部屋一役?を、やったのか、と(笑)。さすが一見無駄とも思える工夫の清順だ。

 このほかで、目についたのは二谷が対立する安部徹の子分たちに拉致されて、はしけ船に連れ込まれ、対岸に上陸し、倉庫街を延々連れまわされる一連のシークエンスを通常の映画的時間軸に沿って処理している。これでは当たり前すぎると、のちに歌舞いて行くのか。
 春日八郎がやたら歌いまくるのが、のちの清順流オペレッタの数々に、つながる。
 上映が終わりロビーに出ると、清順組助監督と思しい二人が、
「小道具(のアップ)から(キャメラを)引いたり、(キャメラを小道具に)寄ったりするのを一番嫌ってたのに(本作では、やっている)」
 と、なかなか興奮していました。要するに清順トライアル&エラーの時代。って清順いつでもそうか(笑)。

e0178641_16143119.jpg 本作肝心?の山岡久乃は、恐らくそのキャリア唯一のヒロイン役。神保町ご推奨のダンスシーンはさほど多くなく、いかんせんヒロイン女優としては、顔立ち、演技とも華が全くなく見ていて楽しくない。白木マリや筑波久子当たりの代役かと。
 その代わり妙に顔立ちが清順好みの和泉雅子似の第二ヒロイン木室郁子がかわいい。
 器械体操やっていたの、と橋の欄干で自在に歩き回る。清順組助監督の座談会で、下に何の保護具も置かずびっくりした、というがほんとに器械体操をやっていて、それを活用したのだろう。清順演出も相まってなかなか愛らしいシーンになった。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2017-04-27 16:21 | 清順の光と影すべって狂ってる | Trackback | Comments(2)

鈴木清太郎(清順)「8時間の恐怖」二谷英明香月美奈子柳谷寛利根はる恵金子信雄

 京橋にて。「よみがえる日本映画~映画保存のための特別事業費による」特集。57年、日活。
e0178641_20384297.png 被災地の皆さんも、それには遠く及ばないけれど、ぼくたちも、2週間の恐怖を耐えているときに、たかが8時間の恐怖も、ないだろう、と思いつつ、ぼくにとっては、3.11大地震のときに、まさに居たフィルムセンター、ぼくには、確実にトラウマの場所(笑)で、だから、ビビリつつ、見に行く。
 いやー、「たかが」一本の映画を見に行くのに、行こか行くまいか、こんなに逡巡したのは、ぼくの人生で、初めてのこと。
 根っからのビビリ屋であることをはっきり自覚しつつ、
「破る! この壁を破らなければ、俺に、明日は来ない」
 (鈴木清順「東京流れ者」より、不死鳥の哲こと渡哲也のせりふ)
 ということで、京橋に。いや、大げさだな、オレ(笑)。
 <映画価値紊乱者>その確信犯である鈴木清順が、まだ確信犯になる以前の鈴木清太郎時代の、小品であるから、たぶん、絶対につまらない映画だろう、と思いつつ見たら、やはりそうなので。
 「8時間の恐怖」その冒頭のタイトルロゴが、まったくコミカル系脱力レタリングで、ずっこける。まったくのコメデイ調の、それもおもいっきり、肩の力を抜いた、マンガみたいな、しかも明らかに下書きそのままのような、いい加減なロゴ。ここで、見るもの誰しもが、脱力するだろう。
 日活経営陣は激怒しただろうね。当たり前だよ。ぼくも、こんなに手抜きの映画タイトル・ロゴは、初めて見た。
 サスペンス企画を、ダサいコメディに変えてしまった、しかも清順映画の常として、コメディとしても全然泥臭くて、笑えない。
 <何か、自分らしい映画を作りたい>思いはありつつ、全面突破する覚悟も、突破する実力もないまま、だらだらつまらない映画を、ルーティンとはいえないルーティンで作りつつける。
 確信犯以前の清順の限界。
 B級映画専門の、さしてヒット作という実績もない、社員監督として、自由裁量は制限されている。脚本を自由に改変する裁量権は、ない。そもそも、脚本作成にも、まったく関与させてもらえないわけだ。
 そこで、清順が、とりあえず取った戦術は。
 脚本を一字一句変えずに作った、通常の映画空間の下に、<板子一枚下の地獄>を、垣間見せること。
 脚本に対する、面従腹背。
 いや、ホント、<脚本に対する、面従腹背>なんてこと、考えるのは、清順以外、いないよ。
 ホント、ヘンな人。
 そして、とりあえずの方針は、サスペンスをコメディーに変えること。
 鉄道が、台風災害で止まった。振替えのバスが、老朽バスで、しかも地域に銀行強盗の犯人たちが逃走しているらしい。そこで、山道を走るバスとその乗客に発生するサスペンス、それをコメディに<窯変>させること。
 その試みは明らかに、中途半端で、失敗しているのだが、しかしこの失敗の果てが、60年代のあまたある大快作大傑作、その前哨戦なのであり、80年代の大正ロマン三部作を、はるかに準備している。
 コメディ部分を一身に担うのは、女性下着のセールスマン(これも凡庸な設定か)柳谷寛。後の東宝名物ちょい役の柳谷も、出ずっぱりで、コメディ部分を担わされると、いささか苦しい。同じ狂騒パターンをえんえん繰り返すだけだから。長々出番があっても、ちっとも快ではない。
 乗り合わせた学生コンビに、二谷英明・香月美奈子。香月は可愛らしくていいが、まだ新人の二谷は、硬すぎて、味がない。この二人が、何かあると唄を歌う。もちろん当時の左翼学生だからロシアの唄で。この二人の歌いっぷりが、清順映画ではこれまた何十年、細々と続いて、ついには念願の?「オペレッタ狸御殿」に結実するわけだ。
 この二谷があるとき裸になると、柳谷のセールス見本から盗んだ女性下着を着ている、というギャグにもならないギャグも、全然笑えない、お粗末な演出。川島雄三の、これぞ「川島あり」というべき大快作「貸間あり」で、藤木悠がほいほい服を脱いでいくと、セクシーな女性下着を何のけれんもなく着ている、という馬鹿馬鹿しさにも、及ばない。
 絵に描いたハードボイルドなヒロインに、利根はる恵。いかにも清順好みの、気の強い女。
 いつもビミョーな役を演じることの多い金子信雄が、これまたビミョーに主役。ここら辺も、弱い。
 植村謙二郎とコンビを組む銀行強盗の近藤宏のみが、唯一日活らしいチンピラぶりで、快。

by mukashinoeiga | 2011-03-27 08:58 | 清順の光と影すべって狂ってる | Trackback(5) | Comments(0)

西河克己「追跡」

 阿佐ヶ谷にて。「昭和警察物語・銀幕に吠えろ」特集。61年、日活。
 二谷英明がもと刑事になる捜査モノ。
 って、この特集では書くまでもないか。特に言うことはないが、人殺し・誘拐グループが被害社宅に乗り付ける軽トラには、でかでかと日立のロゴ入り冷蔵庫の荷が。一味の小坂一也が日立グループの販売会社に勤めている。被害社宅下見には、パンフを持って日立の冷蔵庫の売込みを装い、いざ実行の際は、冷蔵庫を納品する手口。今では、こういうことを許可するメーカーはないだろうことが平気で行われている。実在する会社の鉄道で、平気で脱線事故のロケするからなあ。

●追記  映画流れ者にて、heroさんから、ご指摘がありました。上記感想文で、小坂一也は、杉山俊夫の間違いでした。確かにその通り。すみませんでした。杉山俊夫は、今では代表作「けんかえれじい」の、しょぼい若者かなあ。でも、あれでなかなか歌がうまく、歌手としてレコードも出しているはず。ヒットはないですが。この映画でも、歌うお兄さんな好青年のふりをして、でもなんか暗い表情をする、実は悪党の一味、というなかなか味な役。
 私生活では、かの赤木圭一郎のルームメイトだったとか。やはり西川克己映画だったか(題名失念)黒人登場人物に、「いよー、抱っこちゃん!」と陽気に声をかける杉山俊夫に呆然とした記憶があります。
 これに限らず、当ブログ、間違い多々あると思います。上記「映画流れ者」で、指摘していただけるとありがたいです。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2009-08-02 22:39 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)