タグ:中韓 ( 8 ) タグの人気記事

東アジア最大のヘイトスピーチ国は韓国だ

★安倍首相の写真に火、ソウルの日本大使館前で抗議運動 (AFPBB News) - Yahoo!ニュース★
【8月16日 AFP】日本による朝鮮半島の植民地支配の終了から70周年となった15日、韓国・ソウル(Seoul)の日本大使館前で、抗議団体が安倍晋三(Shinzo Abe)首相の写真を貼ったプラカードに火を付け、抗議の声を上げた。(c)AFPBB News

 火病のきわみ。サッスーさんなども、大喜びかな(笑)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2015-08-16 12:08 | うわごと | Trackback | Comments(0)

絶賛!安倍晋三戦後70年談話

 一読後、きわめてバランスの取れた、一種の「名文」と、思った。
 まだ、いち文一文を詳しく精査して読んだわけではないが、これはかなりの、「名文」と思う。
 先日のアメリカ両院議会における演説とも、共通する。
  まあ、中韓、朝日、毎日、東京、民主党、社民党、共産党は、どんな談話であろうと必ず反対するので、いや現時点で評価したとて、代が変わると、必ず批判し始めるので、もう、どうでも、よろしい。

安倍総理 戦後70年談話ノーカット


 きわめてクレバーな、真っ当な、テキストと考える。
 バカな向きからは、自分の言葉でお詫びの言葉を語っていない、というが、なんと言うバカなことを(笑)。
 一国の、百年に及ぶ「歴史」を、「一個人の自分らしい言葉」で、語ることは、一国の最高責任者の取るべき言葉では、ない。
 それでは、まるで「独裁者」を、求めているだけではないか(笑)。

 (以下、ネットから引用。一部、誤字がある模様)安倍内閣は14日夕の臨時閣議で戦後70年の談話を閣議決定し、安倍晋三首相は同日午後6時すぎに首相官邸で会見を行い談話を発表しました。会見(戦後70年談話)の全文は以下の通りです。
 8月は私たち日本人にしばし立ち止まることを求めます。今は遠い過去なのだとしても、過ぎ去った歴史に思いをいたすことを求めます。政治は歴史から未来への知恵を学ばなければなりません。
 戦後70年という大きな節目にあたって、先の大戦への道のり、戦後の歩み、20世紀という時代を振り返り、その教訓の中から未来に向けて、世界の中で日本がどういう道を進むべきか、深く思索し構想すべきであると、私はそう考えました。
 同時に、政治は歴史に謙虚でなければなりません。政治的、外交的な意図によって歴史が歪められるようなことが決してあってはならない。このことも私の強い信念であります。
 ですから、談話の作成に当たっては21世紀構想懇談会を開いて、有識者の皆さまに率直、かつ徹底的なご議論をいただきました。それぞれの視座や考え方は当然ながら異なります。しかし、そうした有識者の皆さんが熱のこもった議論を積み重ねた結果、一定の認識を共有できた。私はこの提言を歴史の声として受け止めたいと思います。そしてこの提言の上に立って、歴史から教訓をくみ取り、今後の目指すべき道を展望したいと思います。
 100年以上前の世界には、西洋諸国を中心とした国々の広大な植民地が広がっていました。圧倒的な技術優位を背景に、植民地支配の波は19世紀、アジアにも押し寄せました。その危機感が、日本にとって近代化の原動力となったことは間違いありません。アジアで最初に立憲政治を打ち立て、独立を守り抜きました。日露戦争は植民地支配の下にあった多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。
 世界を巻き込んだ第一次世界大戦を経て民族自決の動きが広がり、それまでの植民地化にブレーキがかかりました。この戦争は、1000万人もの戦死者を出す悲惨な戦争でありました。人々は平和を強く願い、国際連盟を創設し、不戦条約を生み出しました。戦争自体を違法化する新たな国際社会の潮流が生まれました。
 当初は日本も足並みを揃えました。しかし世界恐慌が発生し、欧米諸国が植民地経済を巻き込んだ経済のブロック化を進めると、日本経済は大きな打撃を受けました。その中で日本は孤立感を深め、外交的、経済的な行き詰まりを、力の行使によって解決しようと試みました。国内の政治システムはその歯止めたり得なかった。こうして日本は、世界の大勢を見失っていきました。
 満州事変、そして国際連盟からの脱退、日本は次第に、国際社会が壮絶な犠牲の上に築こうとした新しい国際秩序への挑戦者となっていった。進むべき針路を誤り、戦争への道を進んでいきました。

 そして70年前、日本は敗戦しました。
 戦後70年にあたり、国内外に倒れたすべての人々の命の前に、深く頭を垂れ、痛惜の念を表すとともに、永劫の哀悼の誠を捧げます。
 先の大戦では300余同胞の命が失われました。祖国の行く末を案じ、家族の幸せを願いながら、戦陣に散った方々。終戦後、極寒の、あるいは灼熱の、遠い異境の地にあって、飢えや病に苦しみ亡くなられた方々。広島や長崎への原爆投下、東京をはじめ各都市での爆撃、沖縄における地上戦などによって、たくさんの市井の人々が無残にも犠牲となりました。
 戦火を交えた国々でも、将来ある若者たちの命が数知れず失われました。中国、東南アジア、太平洋の島々など、戦場となった地域では、戦闘のみならず食糧難などにより多くの無辜の民が苦しみ、犠牲となりました。戦場の陰には、深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たちがいたことも忘れてはなりません。
 何の罪もない人々に、計り知れない損害と苦痛をわが国が与えた事実、歴史とは実に取り返しのつかない苛烈なものです。1人ひとりにそれぞれの人生があり、夢があり、愛する家族があった。この当然の事実をかみしめる時、今なお、言葉を失い、ただただ断腸の念を禁じ得ません。
 これほどまでの尊い犠牲の上に現在の平和がある、これが戦後日本の原点であります。二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。

 事変、侵略、戦争、いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。植民地支配から永遠に決別し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない。先の大戦への深い悔悟の念と共に、わが国はそう誓いました。自由で民主的な国をつくり上げ、法の支配を重んじ、ひたすら不戦の誓いを堅持してまいりました。70年間に及ぶ平和国家としての歩みに、私たちは静かな誇り抱きながら、この不動の方針をこれからも貫いてまいります。
 わが国は先の大戦における行いについて、繰り返し痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきました。その思いを実際の行動で示すため、インドネシア、フィリピンをはじめ東南アジアの国々、台湾、韓国、中国など隣人であるアジアの人々が歩んできた苦難の歴史を胸に刻み、戦後一環して、その平和と繁栄のために力を尽くしてきました。こうした歴代内閣の立場は、今後も揺るぎないものであります。
 ただ、私たちがいかなる努力を尽くそうとも、家族失った方々の悲しみ、戦火によって塗炭の苦しみを味わった人々の辛い記憶は、これからも決して癒えることはないでしょう。
 ですから私たちは心に留めなければなりません。戦後、600万人を超える引き揚げ者が、太平洋の各地から無事帰還でき、日本再建の原動力となった事実を。中国に置き去りにされた3000人近い日本人の子どもたちが無事成長し、再び祖国の土を踏むことができた事実を。米国や英国、オランダ、豪州などの元捕虜の皆さんが長年に渡り、日本を訪れ、互いの戦死者のために慰霊を続けてくれている事実を。
 戦争の苦痛をなめ尽くした中国人の皆さんや、日本軍によって耐えがたい苦痛を受けた元捕虜の皆さんが、それほど寛容であるためには、どれほどの心の葛藤があり、いかほどの努力が必要であったか。そのことに私たちは思いをいたさなければなりません。
 寛容の心によって日本は戦後、国際社会に復帰することができました。戦後の70年のこの機にあたり、わが国は和解のために力を尽くしてくださったすべての国々に、すべての方々に、心からの感謝の気持ちを表したいと思います。
 日本では戦後生まれの世代が、今や人口の8割を超えています。あの戦争には何ら関わりのない私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。
 しかしそれでもなお、私たち日本人は、世代を超えて、過去の歴史に真正面から向き合わなければなりません。謙虚な気持ちで過去を受け継ぎ、未来へと引き渡す責任があります。
 私たちの親、そのまた親の世代が戦後の焼け野原、貧しさのどん底の中で命をつなぐことができた。そして現在の私たちの世代、さらに次の世代へと未来をつないでいくことができる、それは先人たちのたゆまぬ努力とともに、敵としてし烈に戦った米国、豪州、欧州諸国をはじめ、本当にたくさんの国々から、恩讐を超えて善意を支援の手が差し伸べられたお陰であります。そのことを私たちは未来へと語り継いでいかなければならない。
 歴史の教訓を深く胸に刻み、よりより未来を切り開いていく、アジアそして世界の平和と繁栄に力を尽くす、その大きな責任があります。
 私たちは、自らの行き詰まりを力によって打開しようとした過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、わが国はいかなる紛争も、法の支配を尊重し、力の行使ではなく、平和的、外交的に解決すべきである。この原則をこれからも堅く守り、世界の国々にも働きかけてまいります。唯一の戦争被爆国として、核兵器の不拡散と究極の廃絶を目指し、国際社会でその責任を果たしてまいります。
 私たちは20世紀において、戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけられた過去をこの胸に刻み続けます。だからこそ、わが国は、そうした女性の心に常に寄り沿う国でありたい。21世紀こそ女性の人権が傷つけられることのない世紀とするために、世界をリードしてまいります。
 私たちは経済のブロック化が紛争の芽を育てた過去をこの胸に刻み続けます。だからこそ、わが国は、いかなる国の恣意にも左右されない、自由で公正で開かれた国際経済システムを発展させ、途上国支援を強化し、世界のさらなる繁栄を牽引してまいります。繁栄こそ平和の礎です。暴力の温床ともなる貧困に立ち向かい、世界のあらゆる人々に医療と教育、自立の機会を提供するため、一層力を尽くしてまいります。
 私たちは国際秩序への挑戦者となってしまった過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、わが国は、自由、民主主義、人権といった基本的価値を揺るぎないものとして堅持し、その価値を共有する国々と手を携えて、積極的平和主義の旗を高く掲げ、これまで以上に貢献してまいります。
 戦後80年、90年、さらには100年に向けて、そのような日本を国民の皆さまとともにつくりあげていく、その決意であります。
 以上が私たちが歴史から学ぶべき、未来への知恵であろうと考えております。
 21世紀構想懇談会の提言を歴史の声として受け止めたいと申し上げました。同時に私たちは歴史に対して謙虚でなければなりません。謙虚な姿勢とは、果たして聞き漏らした声がほかにもあるのではないかと、常に歴史を見つめ続ける態度であると考えます。
 私はこれからも謙虚に歴史の声に耳を傾けながら、未来への知恵を学んでいく、そうした姿勢を持ち続けていきたいと考えています。(引用終わり)

 以下は、必ずも全面的に同意しないが、2ちゃんで見かけた感想。

199 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載は禁止 :2015/08/14(金) 21:52:01.17 ID:pMDbkXPP
涙を流しながら見ていました
総理の心情を思うと ううです
人間の大きさ器の違いがわかりました
だれかって 保身に走る村山
主語がないとかケチをつけていましたが
村山談話は誤るだけで、未来のビジョンがありません。
安部談話は、過去の過ちを反省するとともに、これから過ちを犯しそうな国
今犯している国を牽制しています。
官僚文章の傑作といえます。
左翼は強く批判できない内容ですし、負け惜しみにしか聞けないコメントを
共産、民主、社民がだしています。特に吉田なんとなんか、教養がなくいかにも
労働組合の何でも反対路線です。こんな人間に税金は払いたくないね (引用終わり)

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2015-08-14 23:05 | うわごと | Trackback | Comments(2)

多発する「集団虐殺」「自爆テロ」の正体

◎シーア派服役囚600人をひざまずかせ小銃乱射 イスラム国が虐殺か 生存者から聞き取り「死を覚悟」

 あるネットの意見によれば、

食料と物資が欠乏してきて、とうとう支配地域で口減らしを始めたか・・・
普通、ゲリラにとって刑務所とは、優秀な兵員をゲットできる宝の山だよ
しかし、ロシアからの補給が途絶え、アメリカの空爆で物資を失ったイスラム国にとって、
既に徴兵した兵員が多すぎて、食わせるにも困っているんだ
空爆は効いてない? 逆だよ

 なるほど。こういう行為を「人間」の行為と考えるよりは、「野生動物の集団自殺」と、捉えて考えるべきなのか。
 経済は数百年にわたって、停滞している。
 若年男性に、職を与えられない。
 突出して多い若年男性人口を、減らすことこと「神の摂理」か。
 いわゆる「自爆テロ」での、若年男性人口減滅方法では、もはや、手ぬるい、ということか。
 そもそも「自爆テロ」が狙うのは、駅、市場、役所など「自国民が多く集まるところ」であり、これは「自爆テロ」というより、集団的「無理心中」というべきで。
 そもそもが、この地域以外での「通常戦争」も、「野生動物の集団自殺」と同様に、増えすぎた人口の調節という、側面があるという説は、昔からあるものだし。
 「野生動物の集団自殺」ないし集団的「無理心中」と位置づけると、国連をはじめ、世界の自称「人権団体」が、だまって指を咥えて眺めているのにも、一理は、あるのか。
 こういう「暇な団体」は、70年以上前の「なんちゃって慰安婦事案」には、捏造し放題で、つっこんでくるくせに。

というところで、

◎ボコ・ハラムか 武装集団が少女25人拉致 ナイジェリア北東部
地元住民によると、武装集団は一時、町の女性全員を連れ去ったが、高齢の女性らは解放されたという。拉致された少女の親は「停戦合意がされたというのに、その直後に娘をさらわれて、何が何だか分からない」と語った。(共同)

 なぜ、彼らは少女を誘拐拉致するのか。
 学校に通う女生徒拉致の際は、西洋式教育を受けた少女を、改宗するため、というもっともらしいタテマエはあるが、別の記事で読んだが、拉致した少女たちを、兵士たちに花嫁として一人ずつ「配給」した、という。
 兵士たち=突出して多い若年男性人口には、職がない、女がいない。わかりやすいじゃないか。
 「敵」の男は殺し、女は略奪する。わかりやすいじゃないか。
 たとえ、中世そのまま、と非難されようが、それこそが、歴史の倣いだ。
 欧米日では、現代は21世紀という認識だろうが、桁が、ひとつ二つは平気で違う「部族」が、世界には、存在する。

 日本の女性人権団体に属する諸嬢たち(笑)は、70年以上前の「なんちゃって慰安婦事案」には、嬉々として批判を繰り出してやまないが、「今、そこにある女性の危機」については、何のコメントすら、出さない。「女性の人権」なんて、どうとも思っていないことの証である。
 そもそも、その地域には、「人権」という意識すら、まったく、ない。
 さらに、そもそも、「部族意識」から抜け出した国のほうが、少ないかもしれない、という現実。

 そういう観点からすると、女酋長のたわごとがすべてを支配する国が、現代にあっても、なんら、おかしくないわけで。さらに、その女酋長の後釜を狙う男が、いま現在事務総長である国連が、上記の国々に、なんら手を打てないのも、同族相い親しむ、何の不思議もないというべきで。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2014-11-04 13:00 | うわごと | Trackback | Comments(0)

おい朝日(笑)社長でてこい(笑)

おい 朝日!責任をとれ!

三橋貴明が朝日新聞の従軍慰安婦大誤報にマジ激怒「国会召還せよ!朝日の罪は取り消せない」【韓国】

辛坊治郎 朝日新聞 慰安婦報道撤回 2日目 (14.08.06)

日本が反日韓国に大勝利!朝日新聞が捏造の慰安婦問題をついに謝罪!苦し紛れの最後の言い訳を勝谷誠彦が完全論破

遂に崩壊開始!朝日新聞が慰安婦捏造を認め始めた!?勝谷誠彦が暴露!嘘と捏造にまみれた慰安婦戦略も窮地か!?

最新、朝日新聞と韓国崩壊ニュース!慰安婦問題、吉田清治の強制連行発言を捏造と認める見解で謝罪と訂正!次は福島瑞穂だろ?


イアンフ捏造年表  改訂版3.1(2014/8/10) (2ちゃんより)
 ・1970年8月14日、ソウル新聞が「(女子勤労)挺身隊に動員された韓・日の女性はおよそ20万。そのうち韓国の女性は、5~7万名」と報道
   ↓                              
 ・1973年、大連生まれの元毎日新聞記者 「千田夏光」 が「従軍慰安婦」を出版
  「『挺身隊』として動員された朝鮮人女性20万人のうち、5~7万人が『イアンフ』にさせられた」と捏造
   ↓               
 ・1983年、「吉田清治」 が自著「私の戦争犯罪」にて「済州島でイアンフ狩りをした」と記載
   ↓
 ・1989年、「私の戦争犯罪」ハングル版出版、と同時に 「青柳敦子」 が韓国で訴訟費用は負担しますとビラ配り
  驚いた済州島で地元紙「済州新聞」が綿密な取材を敢行、8月14日に『「私の戦争犯罪」は捏造』と報道
   ↓
 ・梨花女子大学英文科教授 「尹貞玉」 が「挺身隊問題」を日本のサヨクと結託研究、
  1990年、ハンギョレ新聞に女子勤労挺身隊とイアンフを混同させたルポを春から連載
  (このルポにいたく感激した 「岡崎トミ子」 がイアンフ関連で暗躍しはじめる)
  8月、「ウリは『挺身隊』だったニダ」と 「金学順」 登場
  (ここで韓国による女子勤労挺身隊とイアンフの混同が確定、「朝鮮人イアンフ20万人キョ-セーレンコー」の元ネタとなる)
   ↓  
 ・1991年8月11日、突如 「アサヒシンブン」 が、「元イアンフに聞き取り調査開始」と報道(いわゆる「イアンフ捏造キャンペーン」開始)
  記者は「韓国太平洋戦争犠牲者遺族会」理事の娘と結婚していた 「植村隆」
   「NHK」 が終戦記念日企画としてイアンフ捏造番組を放送
   「青柳敦子」 と 「福島瑞穂」 が連れてきた「元イアンフ」は 「金学順」 (東京地裁に提訴、訴状には「親に売られた」と記述)
   ↓                                           
 ・1992年1月11日、 「アサヒシンブン」 が「慰安所 軍関与示す資料」と、 「吉見義明」 の記事を報道。
  (内容はというと、軍と警察が違法業者を取り締まるという内容だった)
  1月16日 「宮沢喜一」 訪韓、何の検証もなしにいきなり謝罪
  1月23日、またしても 「アサヒシンブン」 が、夕刊コラムで 「吉田清治」 の「私の戦争犯罪」を紹介
  6~7月、正論8月号&諸君7,8月号にて、秦郁彦氏が 「吉田清治」 の捏造を看破、騒動が急速に沈静化
  (が、アサヒシンブン「イアンフ捏造キャンペーン」に韓国内で反日爆発、アサヒを『良心勢力』と呼ぶようになる)
   ↓
 ・1993年、「第一次サハリン裁判」で 「吉田清治」 偽証、担当弁護士は翌年インドネシアで「元イアンフ2万人募集」をやる 「高木健一」 。
   「加藤紘一」 が「慰安所には軍が関与」とし、8月4日 「河野洋平」 が談話発表。
  同日、 「NHK」 教育が捏造番組『50年目の"従軍慰安婦"』を放映。「ナヌムの家」を紹介。
   ↓
 ・1996年2月6日、国連「クマラスワミ報告書」提出、評価基準は最下の"take note"(留意)
  中学歴史教科書検定、河野談話をもとに、全ての歴史教科書に「イアンフ」が記述される。
   ↓
 ・1997年1月3日、『朝まで生テレビ!』で 「吉見義明」 が「強制連行&挺身隊が慰安婦にさせられた例は未確認」と自白。
  3月、 「アサヒシンブン」 が「強制連行がなかったとしても、強制性があったのは明らか」と論点ずらし
  12月15日「アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求裁判」口頭弁論で、
   「吉見義明」 が『朝生』での発言を撤回していない状態で「女性に対する性暴力」発言、担当は当時弁護士だった 「福島瑞穂」
   ↓
 ・2000年、バウネット&朝鮮総連による「国際戦犯法廷」
   ↓
 ・2001年、 「金学順」 東京地裁で敗訴(判決前に既に死亡)、控訴&上告、2004年最高裁にて棄却
   ↓
 ・2014年8月5日、「アサヒシンブン」が「吉田清治のイアンフキョーセーレンコー証言報道」を正式に「取り消し」
  「反省はするが謝罪はしない」

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2014-08-11 01:59 | うわごと | Trackback | Comments(2)

付け火してテヘペロの朝日かな

 これを、朝日以外の企業がやったら、社長が記者会見に出席して、謝罪会見するのが、「日本企業」として、フツウのことだろう。

さすがは、朝日新聞 2014.8.7 10:00 [編集日誌]
 さすがは、朝日新聞。と思わずうなりました。
 5、6の両日にわたって掲載された慰安婦報道の検証記事に、です。記者たちは、21年前の小社夕刊(大阪本社版)に載った記事まで引用する取材力を発揮し、一部の記事が誤報だったことを(32年の歳月を経てですが)認め、取り消しました。
 ところが、記事の内容とは裏腹に、「おわび」や「訂正」の見出しがひとつも見当たりません。これは大変な技術(世間ではごまかし、ともいいます)が必要です。
 そればかりではなく、1面では、社の偉いヒトが「慰安婦問題の本質 直視を」と読者に教え諭してくれています。「慰安婦問題」の本質を直視しないといけないのは、とんでもない誤報をした新聞側にあるのに大したものです。朝日の読者は、本当に優しいですね。(編集長 乾正人)

【慰安婦報道】朝日新聞、言い訳と保身のジャーナリズム[桜H26/8/5]


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2014-08-07 23:12 | うわごと | Trackback | Comments(2)

なんと安倍政権の支持率が歴代最高?!

 まずは、次の「社会実情データ図録」なるページに、飛んでいただきたい。

★図録▽歴代内閣の内閣支持率推移★

 なんと現在の第二次安倍政権の支持率こそが、一番の高値安定支持率なのだ!
 いま、現在、滋賀県知事選敗北を受けて、ゲンダイなどは「安部政権崩壊ドミノ」などといっているが、他メディアも支持率低下の大合唱。
 メディアも、(現時点では)第二次安倍政権の高値安定振りを報道しなければ、フェアではないぞえ。
 ただしこのデータは、1957年岸内閣からのもの。
 さらに言えば、ここには載っていない平均支持率を算出すれば、歴代最高長期政権であることも加味して、小泉政権こそ「支持率」ではナンヴァー1かもしれない。にしても、第二次安倍政権が、2位であることは疑いないであろう。
 このグラフを見ていると、民主党三馬鹿政権の、「右肩下がり」は、もはや崖並み。
 一番意外だったのが、田中内閣のほぼ90度の直角下がり。もっと人気は長かったが、ロッキードでけちがついたという印象だったが。ただし、昔ほどグラフの年代刻みのピッチをつめているようで、印象は正確ではないのかも。

 なお、このグラフの下に長文解説あり。
 そのなかで気になったのは、

(引用)小泉政権の比較的安定した高支持率の理由として、図の引用元である林知己夫・櫻庭雅文「数字が明かす日本人の潜在力 」講談社(2002年)は、実施した政策が小粒だったため、大きな失望にも見舞われないで済んだからだとする見解を示している。

↑ 安倍政権は常にチャレンジャーで、実施した政策は、大粒過ぎるものばかりだからなあ(笑)。反発が大きいのも当たり前田のクラッカーだ(死語)。

(引用)政治学者の山口二郎は東京新聞の「本音のコラム」(2013年10月13日)で「だまされたがる人々」という表題で世論調査結果に対してこう不服を述べている。「最近の各紙の世論調査結果を見ると、人々はむしろ積極的に、あるいは諦めからか、為政者にだまされたがっているようである。多数派の人々は、福島第一原発の汚染水が制御不能の状態にあることも、消費増税と経済対策のセットが普通人の雇用や生活の改善につながらないことも、分かっている。つまり、首相が嘘をついていることを知っているのである。しかし、内閣支持率は依然として高止まりしている。民主政治では、為政者が嘘をついたり、国民に害を及ぼす失敗を隠蔽したりすれば、国民の側が為政者をとがめるはずだという前提が存在する。(中略)しかし、肝心の国民が、世の中こんなものだと現状を受け入れていては、(政治や行政の虚偽を批判する)言論は無意味となる。」(カッコ内は引用者の補足)

↑ 根拠不明のプロパガンダ。山口二郎、お前も推奨していた民主党政権があまりにひどすぎたから、という一語に尽きる。たとえ、安倍政権がどんなにひどくても(ぼく自身はそう思わないが)民主党に比べれば、はるかに増し、というのが、現在の国民の「気分」だろう。
 どこぞのマスコミには、現在の安倍政権と、その前の民主党三馬鹿政権の、どちらがいいですか、という世論調査もゼヒしてもらいたいものだが(笑)。

 
(引用)真実を述べても何ら現実を解決する能力がない政権より、嘘を述べても嘘を本当にする見込みのある政権の方がましだという国民の気持ちのあらわれであって、だまされたがっているわけではないし、山口のような言論人が不服を述べるようなことでもない。ましてや、その真実が必ずしも言論人の述べるとおりの真実とは限らないとすればなおさらなのである。言論人が口舌の徒に過ぎない場合も多いのだ。

↑ 民主党政権は真実を隠蔽しつつ何ら現実を解決する能力がない政権であり、この表記が民主党政権を意味しているのだとしたら、まったくおかしい記述。またこの青字は安倍政権を指しているのか?
 この記述者の表現は、あまりに稚拙といわざるを得ない。しょせんグラフバカ、統計バカか(笑)。妄言多謝。

(引用) 2013年12月6日に特定秘密法案が参院で可決され、法律が成立した。与党の数的優勢に頼った国会通過への批判は強く(図録j015)、6日(金)~ 8日(日)に行われた調査結果にもこれが反映された。なお図の値の低下幅からは自民党への批判というより安倍政権に対する失望という側面が強かったことがうかがえる。そして、暮れも迫った12月26日、安倍晋三首相は靖国神社に参拝した。中韓ばかりでなく米国などその他諸外国からも東アジアの関係悪化を憂う声が挙がったが、1月11日(土)~13日(月)の世論調査の内閣支持率はむしろ回復している。

↑ 青字については、以下を参照されたい。
(引用) ★安倍外交、東南アジアで高い評価 日越比に強い対中脅威認識 米調査★
2014.7.15 09:17 [外交] - MSN産経ニュース
 【ワシントン=青木伸行】東南アジア諸国、とりわけ中国と対立するフィリピン、ベトナムが日本と安倍晋三首相の外交政策を高く評価する一方、中国と周辺国との領有権争いは武力衝突に発展すると懸念していることが、14日に発表された米調査機関ピュー・リサーチ・センターの世論調査結果で明らかになった。
 安倍首相に対する評価は(1)ベトナム65%(2)日本58%(3)マレーシア57%(4)バングラデシュ56%(5)フィリピン55%-などで、米国でも49%対照的に中国、韓国は、それぞれ15%、5%と批判的だった。
 一方、中国に対する脅威認識はベトナム(74%)、日本(68%)、フィリピン(58%)などで高い。
 また、中国との領有権争いが武力衝突に発展すると懸念している国は、(1)フィリピン93%(2)日本85%(3)ベトナム84%(4)韓国83%(5)インド72%-の順で、米国は67%、中国でも62%だった。

↑ 日本意外に(笑)高いな。
 韓国(笑)。そんなに対中国の懸念が高くて、よくアレだけの「朝貢」首脳会談が出来るな(笑)。まあ、李朝期には、せいぜい課長クラスしか、朝鮮には来なくて、それでも叩頭外交をしていたのに、イマじゃ、大中国の国家元首様が、わざわざ訪れてくださる、歴史始まって以来の快事だから仕方ないか(笑)。

(引用) 2014年4月からは消費税が値上げされた。また、4月11日には原発ゼロという自民党公約に反する原子力をベース電源とするエネルギー基本計画が閣議決定された。しかし、4月11日(金)~13日(日)を調査期間とする4月の内閣支持率はむしろ3月より上昇した。集団的自衛権を容認する解釈改憲や武器輸出三原則の見直しを含めて、安部内閣の個別政策には批判が強いのに対して内閣支持率が5割以上を維持している理由がなんだろうとする記事を掲載する新聞もあらわれたが、結局、個別には気に入らなくとも他に頼れる政治家がいないという結論以外にはないようだ(東京新聞2014年4月15日)

↑ そんなの、最初からわかりきっているのに、東京新聞は、ほかの「理由」を探したのか(笑)。
◎追記◎よく見たら、例外的に高支持率でやめた、細川バカ殿というのも、あった。熊本県知事も、日本国総理も、任期途中でやめたバカ殿だった。何の意味もない「盲腸」政権で。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★ 
[PR]

by mukashinoeiga | 2014-07-15 13:45 | うわごと | Trackback | Comments(0)

韓国さすがだ嘘捏造でっち上げの国

 いわゆる従軍慰安婦の件を捏造し、強制連行をでっち上げ、染井吉野や剣道、日本刀の韓国起源をでっち上げ、日帝支配ですべてを奪われたと歴史改ざんし(実際は、日本国民の血税での大盤振る舞い)、常に嘘捏造でっち上げの韓国が、またまたやってくれました(笑)。はずさんなあ(笑)。

フィリピンの学校に描かれていた日の丸が韓国により太極旗に書き換えられる
日本政府が学校の環境改善事業の一環として改装して建てたフィリピンの学校。その学校の外壁にはフィリピンの国旗と日の丸が描かれていたが、韓国アラウ部隊により太極旗に書き換えられてしまったのだ。
これらの学校は昨年11月の台風により8棟が崩壊。これを改修したアラウ部隊(아라우 부대)が外壁に描かれていた日本の日の丸を太極旗に書き換えてしまったのだ。
第三者が変えるならともかく、自分たちで自国の国旗に変えるという凄い神経である。
★画像★

今回塗り替えされた学校はフィリピン・レイテ島に建設された小学校で、「日比協力」の印としてフィリピンが書いてくれたもの。
フィリピンと国旗と並んで書かれていた日章旗(通称、日の丸)が韓国の国旗である太極旗に塗り替えられてしまったのである。
塗り替えが行われたのは6月下旬でつい先日のこと。報道通り韓国アラウ部隊が塗り替えた事実を確認し「3市で復旧作業を行い、14の学校の屋根や窓を修理した後、太極旗を描いた」と報告。
今回建設された学校は日本が1997年に寄贈として建てたもの。本来日章旗の看板を取り除く場合はフィリピンから相談や連絡があるはずだが今回はなかったという。それなりの事情があったのだろう。韓国側の強行という線が濃厚である。

 しかし、息を吐くように嘘をつく、この民族、歴史の捏造、書き換え上書きはお家芸とはいえ、「羞恥心」とかは、ないのか・・・・ないんだろうなあ、韓国だし。

◎おまけ◎2ちゃんより
どうやら慰安婦強制連行はなかったらしい、と断定できる根拠は以下の通り。
①強制連行事件があった村や町の名前が特定されていない。「○○村慰安婦強制連行事件」の○○に相当する情報が全く出ていない。
②この件が政治問題化したのが1990年前後。それ以前の韓国の記録で慰安婦強制連行を記載したものが皆無。これに関する小説や映画等も作られていない。
③慰安婦強制連行被害者とされる女性が被害を訴え始めたのが1990年代のこと。それまで多数(20万人?)の人が全員、羞恥心のため沈黙していたというのは不自然。
④慰安婦たち本人もしくは親などの代理人が多額の金銭を得ていた。公娼制度があり、「身売り」が珍しくなかった時代であった。
⑤第三者目撃情報がない。本当に強制連行があったなら「隣の娘がさらわれた。」などの証言記録が残っていてもよさそう。
⑥強制連行実行者の証言がない。吉田証言はウソと判明している。当時の朝鮮の警察官や役人の大半は朝鮮人。
⑦元慰安婦の証言の多くは「親に売られた」「だまされた」ということを述べている。
⑧強制連行に対する抗議活動などの記録がない。多数の女性がさらわれても抗議しなかったというのは不自然。
⑨もし慰安婦強制連行があったなら終戦直後に問題化したはず。現に白馬事件では犯人は裁判にかけられた。
⑩韓国・朝鮮では大戦以前も併合以前も戦後も売買春が盛んであった。第二次大戦中も売買春市場が広く存在していたと考えるのが合理的。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★ 
[PR]

by mukashinoeiga | 2014-07-09 22:43 | うわごと | Trackback | Comments(0)

塩村都議・野々村県議・海江田、政治家は泣くな

野々村竜太郎議員 兵庫県議が政務費不正疑惑でウソ

 号泣しているのに、ロレツはちゃんと回っているという。
 しかし、鳩山、菅、野田とおんなじで、だめな政治家ほど「朝鮮飲み」を必ずするというのは、なぜなんだ(笑)。

◎おまけ◎自民党議員の追及に海江田経産大臣が号泣(11/07/29)


【都市伝説】野々村竜太郎議員 号泣会見を逆再生すると韓国語で謎のメッセージww【放送事故】

 朝鮮呑みにして火病、かつ息をするようにウソをつく。うーん、典型過ぎるが、ほかに(笑)。
 かつて第一次安倍政権のキャッチフレーズ「美しい国」を、なぜか意味不明なことに「逆読み」して、「にくいしくつう」だと、朝日など左翼メディアは大いに喧伝し、当時は日本国民が左翼言語の呪縛にかかっていたので(結果的には、民主党政権が、その虚妄を白日にさらした)、みんな、なぜか、大うけ。
 日本が「美しい国」であっては困るのが、日本人ではなく、中韓朝日東京であることにきづかなかったのは、当時の間抜けな日本人たちであることは、紛れもない事実であった。間抜けな日本人たちは、中韓朝日の、宣伝戦に、マケテしまって、結果、安倍を嘲笑し、追放した。
 この動画、というか声画?は、日本語と韓国語が、まったく正反対であることを示す「画期」的なものか(笑)。

ナイナイ岡村、ラジオで"号泣"県議絶賛「TVを面白くする救世主」野々村竜太郎 兵庫県議


ピエール瀧、野々村竜太郎議員の号泣会見をラジオで盛大にモノマネしヤラかすww


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★ 
[PR]

by mukashinoeiga | 2014-07-06 12:30 | うわごと | Trackback | Comments(0)