人気ブログランキング |

タグ:アイドル ( 13 ) タグの人気記事

数秒ごとの美女図鑑~欽どこ 美女100人

欽どこ 美女100人


 数秒ごとの美女図鑑。
 ぼくみたいな老人には、頭の体操にもなる(笑)。
 夏目雅子には、心配。闘病中か。
 浜木綿子の東大入学のお子さんは香川照之か。 

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2016-08-15 00:09 | うわごと | Trackback | Comments(0)

小百合は女優、淳子はエンターティナー

 眠れないので(笑)。ユーチューブを見ている。
 それで、以前アップした動画が見たくなり、自分のブログをあさっている。
 以下は、いづれも再掲載。

二人の江波恵子・それぞれの文章/吉永小百合・桜田淳子

 こうして、続けて聞いてみると、はっきりわかる。
 吉永小百合は、女優。当時最強の。
 桜田淳子は、エンターティナー。はっきり、女優とは違う資質だが、それが桜田淳子。

花の中三トリオメドレーと桜田淳子のおしゃべりwith森昌子と山口百恵

「草原の輝き」歌唱・山口百恵というのが、信じられない&超貴重!?
 つねに、画像と音声・歌唱をずらしていく編集が、キッチュかつ、中三トリオの愛にあふれている。素晴らしい。一種の傑作だと思う。
 後半の桜田淳子歌唱イン・ザ・ムード替え歌も快調なり。
 コンサートでのファン・サーヴィスだと思うが、即興風?実はまぢめな彼女のことだから、一生懸命練習したんだろう。こういう軽エンタメをやってしまうことこそ、エンターティナーの証。
 ただしラジオDJ風のひとり語りの、わざとらしさ。台本があるだろうひとり語りを、「女優」として、自分自身を、「自然に演技」出来ない。女優として自然に演技出来ないのは、致命的で。

 以下は、初めて載せるが。
スター誕生物語② JS

 ホントウに顔も声もくるくる変わるな。
 秋田オーディションの野太い歌声が、ホントウの地声なのかもしれない。
 特に3曲目の「わたしの青い鳥」なんて、まるで別人で・・・・おおっと(笑)。
 
ビューティフルサンデー    アイドル歌手多数

 こうまで面子をそろえちゃ、AKBもはだしで逃げるでしょ(笑)。
 とはいえ、青?組の豪華さ(カメラへの角度のせいか淳子ほとんど写らず)白組でかろうじて見分けられるのは、りリーズくらいか。
 どうしてこんなのがアイドル?という子もいる(笑)。
 ぴくちゃあさんでも、全員見分けられるのかしら(笑)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2016-04-04 04:29 | 桜田淳子:変貌するアイドル | Trackback(1) | Comments(2)

アイドル論:我々は再び桜田淳子問題に言及せねばなるまい(笑)

 さて。
 田淳子問題である(笑)。
 まず、以下の映像をじっくり見てもらいたい(笑)。
 削除され消えては、またアップされ現わる、いたちごっこの映像の数々を(笑)。

桜田淳子 はじめての出来事 by jama

桜田淳子 はじめての出来事MIX

桜田淳子 ねえ!気がついてよ その2


気まぐれヴィーナス3
 
気まぐれヴィーナス

気まぐれヴィーナス2.


 いかに思春期、成長期とはいえ、田淳子フッテージは、ほとんどすべてで、顔が違う声が違う
 紅白のはじめての出来事の超小顔から、同じ曲の大顔まで。
 声もアルトから、ソプラノに近い声まで。
 これは同じ三人娘でも、百恵とも昌子とも違う。百恵も昌子も、いつも同じ顔、同じ声で、安定しているように、思う。ところが、淳子は。
 顔だけではない。
 同じ曲のなかでさえ、超薄い上唇から、分厚い上唇に変化。しかも、耳の横の上あご辺りがぴくぴく。こんなに本気で歌うアイドルも、めったにいまい。
 時に、自らのアイドル美形顔を「崩壊」させても、歌うのだ田淳子は。
 そして「気まぐれヴィーナス」の、歌いながら、フクザツなパフォーマンスをこなす身体能力。
 フクザツにして、フェミニン。美脚を生かした、セクシーにしてピュアなパフォーマンスに、圧倒される。

 うーん、遅れてきた淳子ファンとしては、見れば見るほど素晴らしい。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2016-04-02 01:24 | 桜田淳子:変貌するアイドル | Trackback | Comments(4)

原節子を偲ぶ 「10分で辿る原節子全フィルモグラフィー」

e0178641_2333448.jpg すでに50年前に引退、隠遁した彼女が、ただ単に死んだからといって、なにを言うべきか。
 何も、いうことなど、ありはしない。 映画というのは、不思議なもので、100年前の映画でも、50年前の映画でも、新作と「等価」に見ることも可能なのだ。
 個体としての原節子は、滅びたかもしれないが、ぼくたちは、いつでも、彼女の「新作」をみることができるのだ。それが、映画俳優の「特権」だろう。

e0178641_234357.jpg 一女優が死んだからといって、号外が出る、というのも、稀有なことだが、これ、ペーパーでホントに出たのか、と疑問も。
 単なるネット上の「なんちゃって号外」かも知れぬ(笑)。
 「右翼」のはずの産経が、戦後民主義映画の輝かしい原点「青い山脈」をタイトルに上げ、「左翼」のはずの朝日が、当時「反動的」と「揶揄」された「晩春」をあげるのが、面白いなあ(笑)。













◎追記◎原節子を偲ぶ 「10分で辿る原節子全フィルモグラフィー」

 shimomov氏の力作。やるなあ!
 号外が出る女優、こうなったら、フィルムセンターは、3期くらいに分けて、ハラセツ特集をすべきではないか(笑)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2015-12-02 02:36 | うわごと | Trackback | Comments(8)

面白過ぎ!松崎しげるの青春映画化希望!

 歌手・松崎しげるの「自伝」が、現在夕刊フジに連載中なのだが、これが超面白い。
 この記事をネット上で探せなかったので、ウィキペディアから引用すると、

江戸川区立松江第三中学校から日本大学第一高等学校を経て日本大学藝術学部文芸学科卒業。(大学の学部は違うが、同級生には、 経済学部にテリー伊藤がいた。)高校時代までは野球に打ち込むも肘と肩を故障して野球を断念、それ以降音楽活動を始める。大学時代にはのちにガロを結成する日高富明(Tommy)、堀内護(Mark)と共にミルクというバンドを結成する。当時、大橋プロダクションのマネージャーをしていた宇崎竜童にスカウトされプロデビュー。
バンド解散後、ビクターのオーディションに合格し、1970年にシングル「8760回のアイ・ラブ・ユー」でソロ歌手としてデビュー。<松崎しげるウィキペディアHPより>

 挫折した高校球児から、バンド活動。しかも、現在黒の帝王?として名をはせる松崎が、のちに超細身のなよなよ男子バンド「ガロ」の二人と組み、「ミルク」なんて、女の子バンドかと見まがうような、ミルキー(笑)なバンド名。
 夕刊フジに載った写真(これもネット上で探せず)が、長髪マッシュルームカットの、GSなよなよ男子風。笑える。
 しかもこのなよなよ男子系バンドをスカウトして、プロデヴューさせたマネージャーが、のちにツッパリ系「ダウンタウンブギウギバンド」の御仁。まさにカオスというべき音楽の異種格闘技?(笑)。

 そして上記ウィキペディアで「バンド解散後、ビクターのオーディションに合格」と、さらりと書かれているオーディションは、実は今回の自伝で、松崎が言うには、
 3000人くらいが応募して、最終選考に残ったのは、女の子と松崎のふたり。で、最終的に松崎が合格するのだが、この残った女の子というのが、実は、松崎のモト奥さん!
 「でも結婚しているなんて絶対秘密でした。あの頃、うるさかったですからね」と、これまたさらりと言うが、これだけで、青春映画として、ちゃんと作ったら、ヒット間違いなしじゃないですか(笑)。
 松崎が「女の子」と言い、実名をあげなかったのは、最終選考に残っても、結局デヴューできなかったということか。ザンコクな話だ。

 さらに「ミルク」については、松崎しげるウィキペディアより、こちらのほうが、詳しい。

日高 富明(ひだか とみあき、1950年2月22日 - 1986年9月20日)は、日本の男性歌手。通称・TOMMY(トミー)。かつては堀内護と高校時代からの友人の松崎しげるともに「ミルク」の一員だった。その後、堀内と大野真澄とガロを結成。
東京都江東区深川門前仲町出身。高校時代から各地の勝ち抜きエレキ合戦で優勝し、コンテスト荒らしの異名をとっていた日高は日大一高・日本大学芸術学部時代の同級生、松崎しげると「アウトバーンズ」というバンドを結成し活動していた。一方、後にガロの中心的メンバーとなる由美かおるのバッキングバンド、「エンジェルズ」のギタリスト、マークこと堀内護とは練習場の新宿御苑スタジオで知り合っていた。当時の堀内はギター専門だったので、ビートルズのジョン・レノンとポール・マッカートニーのように歌って弾ける日高と松崎に対し、松崎のヴォーカルには心惹かれ、日高にはライバル心を抱くようになる
その後、奇しくもエンジェルスとアウトバーンズが同時期に解散。堀内は自身のリードギターと松崎のヴォーカルと中心に据えたバンドの結成を目論む。そのミーティング初日、予想外なことが起こる。松崎は堀内の“ライバル”日高を連れて来て、「親友の日高と一緒でなければ新バンドには入らない」と宣言。松崎とのバンド結成を夢見ていた堀内は、想定外ながらも松崎の要望を受け入れ、ライバルである日高を加えた「ミルク」というバンドを結成。しかし、日高とのポジション被りに耐えられず、堀内はリーダーだったにも拘らずミルクを脱退。結果、松崎と日高が中心となって活動することになったミルクは、その後、なぜか日高が脱退して堀内が復帰したり、また堀内が抜けて日高が復帰したりと、結果、堀内と日高に翻弄されたまま終始バンドは安定することが無かったが、日高在籍時に大橋プロと契約し、カヴァーシングル「ハッシャバイ」でメジャーデビューを果たす。しかしレコード発売時には、またぞろ日高は脱退し、ライバル関係にあったはずの堀内と2人でアコギを使ったフォークデュオを結成。ミルクに残っていた松崎にも、他事務所からソロ活動のオファーがあり、結果ミルクは解散。

そんなミルクの担当マネジャーは、後の宇崎竜童。また「ミルク」という名前の由来は、松崎がオーディション等、勝負の前に、必ず牛乳を飲んでいたというエピソードから付けられた。ちなみに、夏場は「アイスミルク」、冬場は「ホットミルク」と使い分けていた。<日高富明ウィキペディアHPより>

 ホットとアイスの使い分け、いいなあ(笑)。最初の「アウトバーンズ」の男らしさ?から、「ミルク」へ。時代やねー。
 このバンドのドタバタも、また、青春やなー。これを、よき脚本、よき演出で映画化したら、いやー面白くなると、おもうんですけどね。

松崎しげるライブ 愛のメモリー

ガロ - 学生街の喫茶店


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2015-11-11 09:17 | うわごと | Trackback | Comments(2)

淳子ちゃんと百恵ちゃんと昌子ちゃん

花の高三トリオ ファイナルショ- ③ 森昌子・桜田淳子・山口百恵

 桜田淳子の結婚相手は?という、欽ちゃんの質問に、森昌子は「誰でもいい(のでは)」 と答え、将来の集団結婚式を予言?(笑)。

森昌子・桜田淳子・山口百恵『初恋時代』
 同作のスチール集&主題歌。
 ただしアップ主の意向で、貼り付けることが出来ない仕組みになっている。

Momoe Yamaguchi - Classics Medley
 山口百恵に関しては、上記ユーチューブ映像が、なかなかスタイリッシュで、クール
 ただしアップ主の意向で、貼り付けることが出来ない仕組みになっている。
 百恵ヒットメドレー。

ビューティフルサンデー アイドル歌手多数
 70年代AKBと言った趣き。
 ただし青組?は、百恵淳子昌子アグネスチャンキュンディーズと、メジャー級だが、白組は、誰だかわからない。この組み合わせはナニ?
 ただしアップ主の意向で、貼り付けることが出来ない仕組みになっている。

 以上は★淳子ちゃんと百恵ちゃん/ユーチューブ★より。昌子ちゃん表記がないのは、解せない。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2014-12-07 02:01 | 桜田淳子:変貌するアイドル | Trackback | Comments(2)

森永健次郎「花の高2トリオ 初恋時代」

 神保町にて。「昭和歌謡史を映画で辿る 映画は歌うよ どこまでも♪」特集。75年、東宝=ホリプロ=サンミュージック。11/21(金)まで上映中。
 ふわふわした、画面にうすく紗をかけた、典型的な、お菓子みたいなアイドル映画である。
 監督は日活でアイドル映画で鳴らした森永キャラメル、しかし映画は初代東宝三人娘、ひばり・チエミ・いづみ映画を想起させる。しかし。

 奇妙な映画である。アイドル歌謡の人気者三人を出して、冒頭のテーマソング「初恋時代」一曲しか聞かせない。これも歌うシーンなしのレコード音源のみ。
 百恵がヒナギク、昌子がキクキク、淳子がヨクキクと称したアルバイト舞妓になるシーン(客の南利明が「まるで薬みたいだな」の落ち)でも、「この子たちは歌が得意」と、三人並んで歌いだすのが、この三人があこがれる大学ボート部のイケメン君へのフレーフレーの応援歌。
 それは、歌とすら呼べないレヴェル。
 三人がそれぞれ夢を見るシーンは、レヴュー風で、普通ならここでそれぞれが歌う、お約束のシーンでも、歌わない。
 なんだろう、この人気三人娘を出して、執拗に歌を禁じる姿勢は。当時のファンたちを、欲求不満にしてまでも、歌を禁じるその禁欲。
 といって、歌なしの本格的演技を目指す、なんてもんでもない。
 それが、この歌謡映画特集で上映される不思議。なんかのギャグなの神保町。まあ、それは、知らずにブッキングしたのだろうが。
 ドラマとしては、退屈で凡庸な87分だが、あと10分追加して、三人の歌うヴィジュアルも、見たかった。
 それこそが正統派アイドル映画だろう。
 しかし遅れてきた桜田淳子ファンとしては、たいへん面白かった。百恵、昌子もいいのだが、どうしても淳子史観に立って見てしまうので(笑)。

花の高2トリオ 初恋時代 <神保町シアターHPより>
S50('75)/東宝=ホリプロ=サンミュージック/カラー/シネスコ/1時間27分
■監督:森永健次郎■脚本:才賀明■撮影:萩原憲治■音楽:服部克久■美術:坂口武玄■出演:森昌子、山口百恵、桜田淳子、フランキー堺、南田洋子、夏夕介、川口厚、鈴木ヒロミツ
歌謡界のスーパーアイドル、百恵・昌子・淳子の三人が揃った唯一の主演作。女子高生三人組のひと夏の経験を、遊び心たっぷりに描いた青春ドラマ。まだあどけない表情を見せる伝説のスターの姿は貴重!
◎追記◎ユーチューブで、本作のスチール集&主題歌。
森昌子・桜田淳子・山口百恵『初恋時代』
 ただしアップ主の意向で、貼り付けることが出来ない仕組みになっている。

 ほとんどコントレヴェルの、他愛ない話を、映画のクオリティで描く。
 アイドルの初恋の話なので、大学のボート部の、イケメン君(今では微妙なソース顔)に、そろってあこがれる程度。まあ、他愛ない話にならざるを得ない。
 ひとり、美脚を見せまくる淳子のみが、ナンパ野郎・川口厚の、バイクに同乗する。
 昌子、百恵が、アイドル演技の殻を抜け出さない中で、淳子のみが等身大の女の子のナマっぽさを、出す。
 しかし、川口厚、浩にはたっぷりあるオーラ、愛嬌がまったくないな。

 百恵は、この種のヴァラエティ・ドラマから浮いている暗さがやはり垣間見られ、昌子は終始ものを食べている三枚目担当、このふたりが、二三の演技パターンしかないのに、淳子は相変わらず多彩。くちびるの厚い・超薄いの、くるくる変わるところさえ、楽しい。
 この最善の時期に、映画に多く出てほしかった。ふたりと違い、シリアスもコメディもどちらもいける逸材だったのに。ふたりと違い、映画出演の少ない昌子も、もっと映画で見たかった。
また、少ない出演作も、今後上映されることを望みたい。

山口 百恵 & 桜田 淳子「渚のシンドバッド」(リハーサル)

ひとり歩き 桜田淳子 叱られてから

桜田淳子 はじめての出来事 by jama

桜田淳子メドレー スーパーライブ

桜田淳子

Moving / お引越し (1993) Full film


★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。
 
★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2014-11-17 02:02 | 桜田淳子:変貌するアイドル | Trackback(1) | Comments(2)

最近、当ブログ桜田淳子動画が次々消されて・・・・

 最近、当ブログ桜田淳子の動画が次々消されているので・・・・。

ひとり歩き 桜田淳子

◎追記◎詳しくは、元記事を参照していただくとして、初期パソコンが、チャンネル付のTVモニターを援用していたり、側面のカヴァーは、何のためなんだ、という初期パソコン事情が伺えたりする。
 また、そろってうつむいていて歌唱中の歌手を完全無視の観客とか、完全に固まっている少女観客とか、今では放送事故かとも思える「観客演出」のすさまじさ(笑)。が、垣間見える。
 詳しくは、元記事を(笑)。
◎追記◎0.04秒くらいの大口開けた桜田淳子。
 この、ささやきヴォイスとは、いえないが、「小さい声で歌う歌」に、この大口は、明らかにヘン(笑)。
 別の歌で、歌う前に、はう、と口を開けるのが見られたが、それと同じか。可愛らしく、かつ大胆
 いずれにしても、歌手・桜田淳子は、あえて、自分の、アイドルとしてのヴィジュアル?を無視してまでも、誠実に歌うのだ。
◎再追記◎この動画は、70年代最強アイドル桜田淳子を、愛らしく記録しつつ、パソコン黎明期のヴィジュアル、また現在の視点から見ての、無謀とも思えるTVヴァラエティの無遠慮な無演出振り(現在では、逆に演出過剰がモンダイ)が、垣間見れる貴重な映像であると思う。この動画は、類似動画が2回削除されたゆえに、アップしたが、もしも、この動画を三度消すようなバカ者がいれば、お前は文化破壊者だ、と、思いますね(笑)。

天使のくちびる 桜田淳子

 ビミョーに顔立ちが違う(笑)。「日増しに美しくなる淳子ちゃんですかね」南伸介、わかっておるな(笑)。

女優 桜田淳子

桜田淳子と山口百恵が、スタ誕のオーディション曲に選んだのは、同じ歌手の曲だった。
おお牧葉がふたり(桜田淳子&山口百恵 featuring 牧葉ユミ)

s.j & y.m - audition music

牧葉ユミ_見知らぬ世界

桜田淳子 山城新伍・芳村真理談笑 秋田弁


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2014-05-28 01:13 | 桜田淳子:変貌するアイドル | Trackback | Comments(2)

桜田淳子は、常に変貌するのだ

 先日、一夜限りのファンイヴェントでの「変貌」が、やはり話題のようだが、当ブログが何回か書いているように、メタモルフォーゼ淳子としては、ごくごく当たり前のことで。

★桜田淳子が昔の面影を取り戻したと話題に - NAVER まとめ★

復活!桜田淳子さん?

祝40周年 桜田淳子様パートⅢBOX編


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2013-11-28 06:07 | 桜田淳子:変貌するアイドル | Trackback | Comments(0)

私は桜田淳子ジャンキー

 なぜ、わたしが、いま現在桜田淳子に思い入れがあるかは、★桜田淳子の謎(笑)★などの駄文に、詳しい(笑)。
 そこに貼り付けた動画にて、彼女の卓越した表情の多彩さ、素晴らしさ、いかに成長期とはいえ、異常なまでに(笑)次々変貌していく顔相の多彩さ、が楽しめる。そして、たとえ彼女の顔がどんなに変貌しようと、文字どおり、すべて目の快なのです。
 驚嘆すべきメタモルフォーゼの、おそらくぼくが知る限りでは、最強のアイドルなのでありますね。
 
桜田淳子 気まぐれビーナス

♪プピトピプー?というときの、細い上くちびる、一瞬のふくれっつらこそ、桜田淳子の快。

桜田淳子 山口百恵 渚のシンドバッド

 (架空の相手を)指差すときに、一瞬で口をへの字にして、漫画みたいなドヤ顔をするのが、桜田淳子の、表現力のすごさ。
 黒の衣装で歌うときのボーイッシュさと、純白の衣装でキャーキャー笑い転げるときの美少女ぶり。この落差が、桜田淳子。その白い衣装をさりげなく、持って歌うしゃれっ気も。

桜田淳子・森昌子・山口百恵 ものまね

 たぶん美川憲一だと思うが、やりたくなくてやっている物まねというが、山口百恵は、桜田淳子や森昌子のもまねは、楽しくやっていると思う。たぶん。

山口百恵、森昌子、桜田淳子 スター誕生編

 司会者・萩本欽一の回想によれば、スタ誕に出場する子のなかで、オーラのある子は、「歌は、うまくなくていい、歌さえ歌えれば(もう合格)」という思いで、見ていたという。ところが桜田淳子を秋田予選大会で見て、そのあまりのオーラに、「歌えなくてもいい、声さえ出れば」と、思ったという(笑)。ちなみに桜田淳子こそ、百恵、昌子を超えて、スタ誕史上最高得点者。
 最近の報道によれば、来春の終了が決定した「笑っていいとも」第一回のゲスト。
◎追記◎本映像に、桜田淳子のみ地方予選の映像が残っているのは、昌子・百恵は予選でも本選でも、顔が変化していないのに、淳子のみ顔が変貌しているから、スタッフが意図的に入れたのではないか。
 メタモルフォーゼ淳子のみが、顔の印象も、歌の歌い方も、変化しているから、スタッフの目に留まったのだ。実際、百恵も昌子も、そのキャリアにおいて、顔かたち、歌唱が、まったく変わっていない。メタモル淳子のみが、変わっているのだ(まさしく西川「いまの淳子ちゃんからは想像も出来ない」!)。
 また、仮に当時のこの特番が昌子、百恵の地方選映像を流していたとしても、ユーチューブ投稿において、それをカットした意図も、まさしく、淳子のみが常に変わっているということを、意識したためだろう。
 なお、関係ないが、森昌子はオバサンが勝手に応募したといっているが(淳子、百恵は自分で)応募用紙に本名でない森田昌子?と、ちゃっかり芸名を記入しているところを見ると、こりゃあ、オバサンと同意の上だろう(笑)。もちろん、これは愛らしいうその部類。
◎再追記◎桜田淳子の山口百恵物まねは、物まねとしてはまったく似ていないのだが、森昌子「表情が似てるね」と瞬時にナイスフォロー。欽ちゃん新春番組での、反射能力の高い受け答え、かわいい声で、森昌子を見直した(笑)。
 もちろんニコニコ笑っているだけの山口百恵も好印象。三人とも、いいなあ(笑)。
 なお、森昌子の桜田淳子物まね「それとも~」は、絶の品。

ひとり歩き 桜田淳子

 当時のパソコン事情と、今なら放送事故とも言うべき(笑)しらけきった観客たち、うつむいているものもいる、子供たちは緊張しっぱなし、が凄すぎる(笑)。この観客「演出」はナンナンダ(笑)というくらい、スゴい。
 いまや、たいていのアイドルが、ブログやツィッターをやっているようだが、パーソナルコンピューター初期とアイドルという、同時は水と油な珍景だったわけではあるが、それにしても、これはひどい(笑)。
まさに観客と乖離した桜田淳子の「一人歩き」を表現したのか(バカ)。ちなみにこのときの彼女の顔は、桜田淳子史上珍しい「大顔」期。これが、現在の顔に近いという話もある(笑)。
◎追記◎パソコン台の側面を覆っている半透明の防護板??は、ナンナンダ(笑)。
 そっぽを向いている男性観客は、ナマ桜田淳子は後姿しか見れないため、正面が映っているモニターを見ている、と推測するが(笑)。とすれば、モニターの配置場所が間違っているのだ。
 うつむいている女性観客数名、むっつり暗い表情の観客は、おそらく別の男性歌手のゴヒイキで、女性アイドルなんか応援してやるものか、という嫉妬心?か。うーむ、心が狭すぎる(笑)。
 子供たちが緊張しているのは、いまのTVショーでは当たり前のマエセツがなかったのか。
 そしてやはり桜田淳子。ファンの間では伝説化しているらしいセミロング時代の愛らしさ。しかし、その顔は、他のどの年代ともまた違うメタモル淳子だ。なぜ。
◎再追記◎なぜか上記画像が消されてしまったので、前半パソコン部分のない、別ヴァージョンを再度アップ。
 放送事故云々や、「大顔」期という部分が、削除したユーザーさんの気に触ったのだろうか。ぼくが、この時期の桜田淳子もかわいいと思い、この歌も気に入ってはいるのだが。なぜか、当ブログが気に入った画像が、次々消されているという話もある(笑)。デスブログか。
桜田淳子 ひとり歩き その1


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2013-10-27 00:16 | 桜田淳子:変貌するアイドル | Trackback | Comments(2)