人気ブログランキング |

タグ:「男たちの旅路」シリーズ ( 2 ) タグの人気記事

変貌する水谷豊 ちんぴら風「男たちの旅路」から英国紳士風「相棒」へ

水谷豊映画の代表作といえば、長谷川和彦「青春の殺人者」だろうが、ほくはこれを見ていない。
 というか、何度掛かろうが、一向に見る気が起こらない一本。ということで長谷川和彦は比較的コンプリートしやすい監督だと思うが(なんせこれまでに2本しか撮っていない)ぼくには永遠にコンプリート出来ないだろう。
e0178641_8535175.jpg ショーケンのことを、アニキーと呼ぶ人気ドラマも見ていないし、それ以外にも、ほとんど、見ていない。けっきょくぼくは彼の熱心なファンというわけでもなく、「男たちの旅路」と「相棒」だけの付き合いだ。
 その「相棒」シリーズだって、初期中期は全く見ていなくて、見るようになったのはここ四、五年のこと。しかも昨秋期シーズンは、実は一回も見ていない。水曜夜9時に家にいないか、いても忘れてる。
 ようやく最終回に当たる元旦スペシャルは見たが、例によって、飲みながら見ているので、終盤はうつらうつら状態に。
 どうも「相棒」シリーズは、特に終盤は、ぼくには低刺激過ぎるようだ。
 で、水谷豊だが。

 若いころのチンピラ風(でも根は真面目)から、現在の英国紳士風まで、変貌といえば、大変貌だ。
 一人の俳優が、これほどキャラ変するのも珍しいのではないか。
 しかもチンピラ風も英国紳士風も、どちらも、地上から1~2センチは浮いてるだろう、不自然な演技。
 例えば桃井かおりの不思議ちゃんキャラは、いかにもいそうな、自然さだが、水谷豊の、チンピラ風青年も、英国紳士風も、やはりヘンだ。いつも、彼は、浮いている。自然な演技では、ない。
 鶴田浩二は、「俺は若い奴らが、嫌いだ」と、嫌いなものは嫌いだ、頑固おやじだから、若い奴らをしかりつける。いわば情の世界だ。
 いっぽう「相棒」の水谷は、ときおり犯人に、ほほをぶるぶるさせて叱責するのだが、この演技は、いかにも不自然で、唐突だ。彼の怒りに、情が感じられない。
 情がなく、怒ることの、不自然さを、感じてしまう。ツルコウを真似しようとして、失敗する、ということか。
 うーん、よくわからない。
 あるいは水谷豊には、性のにおいを感じられない、ということもあるのかもしれない。
 「男たちの旅路」には、桃井かおりが鶴田に迫って、たじたじになる回があるのだが、鶴田には男の色気を感じても、水谷には、色気は感じられない(あくまで個人の感想です)。


Journey of Men: Pt.2 Ep.2 "Winter Tree"


Journey of Men: Pt.2 ep.3 "Voyage to Kushiro"


Journey of Men: Pt.3 ep.3 "Parting"


 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★


by mukashinoeiga | 2019-01-23 08:47 | 旧作日本映画感想文 | Trackback(17) | Comments(2)

鶴田浩二「男たちの旅路」水谷豊桃井かおり柴俊夫森田健作志村喬笠智衆加藤嘉殿山泰司藤原釜足佐々木孝丸脚本山田太一

 昔、子供の頃に見ていました。
e0178641_0312738.png ということは、ぼくも老成した子どもだったのかな。
 説教をするツルコウの口跡は、見事。ほれぼれ。
 ツルコウと同じ年になって、自分の未熟さに、がっかり、しかし、ツルコウには、うっとり。
 ツルコウ・水谷豊・桃井かおり・柴俊夫・森田健作はもちろん、志村喬・笠智衆・加藤嘉・殿山泰司・藤原釜足・佐々木孝丸も出る、OLD映画ファンとしては、豪華版で。
◎追記◎TVだと、意外に「フツーの女の子」演技で、賢くふるまう桃井かおり。逆に若いころは、反則気味の演技の水谷豊。うーん、面白い。
老優たちは、もっとブラック気味に(笑)暴発してもよかったのでは。TVドラマの限界か。まあ、ツルコウの端正さに見合った展開ということか。

Journey of Men: Pt.3 ep.1 "Silver Sheet"

鶴田浩二特攻隊を語る 遺書朗読 軍歌 同期の桜 紅の血もゆる 夢飛行


水谷豊・桃井かおりが語る「男たちの旅路」

2014/03/29 に公開
1976年にスタートしたNHKの名作ドラマ「男たちの旅路」。初代レギュラーだった­水谷豊、桃井かおりと、脚本を書いた山田太一が「同窓会」として集い、当時のエピソー­ドや鶴田浩二の思い出を語ります。放映は2003年、テレビ誕生50年に合わせて放映­された特番「今日はテレビの誕生日」より。ゴダイゴの音楽も懐かしいです。

◎下記コメント欄により追記◎【TV】NHKドラマ男たちの旅路「車輪の一歩」(趣旨部分の抜粋) 1979年放送

男たちの旅路 車輪の一歩 ラストシーン 山田太一脚本 1979年



★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2016-05-08 11:45 | 旧作日本映画感想文 | Trackback(280) | Comments(4)