人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【左翼リベラルはカマトトかアスペか】飯山陽のいかりちゃんねる【味覚がお子ちゃま】

ぼくもまたカマトト(死語)であり、アスペ気味だと自認している。だから、そういう人たちを、嗅ぎ取ることができると自惚れている(笑)。近親憎悪か。
 ついに大人の味がわからないお子ちゃま味覚。甘い物第一主義。苦いもの、しょっぱいもの、酸っぱいもの、そういう大人の味に拒否反応。リアリズムには拒否反応。
 すべての共産主義国家、社会主義国家がことごとく失敗しているのが、アウトオブ眼中(死語)。いやむしろ逆に失敗し続けているゆえに、お花畑は脳内に維持されているというべきか。


【やっぱり!】加藤登紀子氏「戦わない国としてのポリシーで日本は守られる」論と日本
85,967 回視聴 2022/12/05 にライブ配信
歌手の加藤登紀子さんが「防衛力増強で日本は守れない。戦わない国としてのポリシーを持ち続けることこそが日本の防衛」とツイートした件について話します。


 大高未貴と並ぶ、デレツンか。

# by mukashinoeiga | 2022-12-10 12:01 | 政治社会異論反論'22【ロシア安倍晋三】 | Comments(0)

虎ノ門ニュース終わりて、闇鍋ジャーナル・あさ 8はじまる

あまりにあっけない終わり方だった。虎8
 そしたら、これまたあっけなく、2つの(自称? )後継番組ができた。
 闇鍋は、須田慎一郎・井上和彦・居島一平のスターティングメンバーに、今のところ、竹田恒泰、長谷川幸洋がゲスト。
 今のところ、月曜に一時間程度の生放送。その後、火〜金ぶんの4回を収録して、週5回の放送のようだ。
 スターティングメンバーは三週に一週は休むローテ。出ずっぱりはきついと同時に、フィックスの固定ワンカメに、ゲストを含めて四人並ぶと、 画面が狭苦しく息苦しくなることが大きいと思われる。

虎ノ門ニュース終わりて、闇鍋ジャーナル・あさ 8はじまる_e0178641_21504404.jpg
 

あさ8は、 百田尚樹・有本香が、ナマで、週5回出ずっぱり。
 飯山陽・生田よしかつ他が、こんごゲストにでるようだ。
 で、一日半で立ち上げたので、不手際続出。生放送中にもカリカリの有本さん。スタッフに文句垂れ、百田さんをたしなめる。進行もキリッキリッキーッ、余裕がないのね。 有本さんがまったくユーモアを解さないので、これで2時間はきついわ。

 一方、闇鍋チームは、多少の不手際も、笑って過ごす。朝番組としては、余裕のないキリッキリッ学級委員長な有本さんは、正直きつい(笑)。夜見てもきつい(笑)。これが二時間ずーっと続くんですぜ、旦那(笑)。

 闇鍋の欠点は、朝番組なのに、闇鍋というタイトルが、まるきり似合わない。朝らしい爽やかなタイトルがありますぜ(笑)。
 朝日ジャーナル(笑)。


↓一記事に一動画しか貼り付けられません。他意はありません。
【生配信】闇鍋ジャーナル(仮)第 21 回


 今後山田社長を取り込んで、闇鍋VSあさ8の、虎ノ門抗争は、ますます激化していくのかも(笑)。

# by mukashinoeiga | 2022-11-26 16:32 | 政治社会異論反論'22【ロシア安倍晋三】 | Comments(0)

【これがザお花畑だ!】ちうごくはウ・ロ戦争の継続を望んでいるに決まっている【左翼は頭は良いかもしれないが味覚はお子ちゃま】

ひろゆきに突っ込まれぱなしの、左翼お花畑のお嬢さん芸。
 死語だが、カマトト。カマトトが、大勢の人々の血が流れている国際政治なんぞを「お研究」しちゃいかんよ。

 このカマトトの老嬢が、ウクライナ・ロシアの停戦のための「中立的な仲介役」に指名しているのが、トルコ、インド、ちうごく、日本と来た。また、香ばしい国ばかり持ってきたなあ。あわよくば漁夫の利を狙う国ばっかり。その例外の日本も、安倍さんを特別大使にした停戦協議なら可能性もあるが、安倍さん亡き後の日本には、誰も任せられるひとは、残念ながら、いない。
 要するに、反米国家に仲介してもらいたい、という左翼根性丸出しの国の選択だ。
 しかも「世界の中心」ヨーロッパを納得させるには、あまりにローカルな国ばかりだろう。

 だいたいちうごくは、停戦を仲介するというよりは、この戦争を長引かせることこそ、国益だろう。
 ちうごくの本音は、ロシアが初戦で大勝利、ウクライナ即併合が、最も望ましい結果だったはず。しかし、それがかなわない今、この戦争ができるだけ、長引くことこそが、最適解の国益であるはず。
 そのちうごくに、停戦の仲介役とは、カマトトにもほどがある。たかまつななさんも、その怒りの表情から、このバカオンナがぁ、と内心では思っていたのではないか。

 さらにちうごくには、現状の国益だけではなく、近い将来の国益もある。
 ちうごくが、近い将来、台湾に侵攻する場合、次のどちらがより望ましいか。
  1) ロシアのウクライナ侵攻がある程度解決され、ヨーロッパが安定している場合
  2) ウクライナ侵攻が解決せず、全くの泥沼状態である場合

 自称国際政治学者には、簡単な問題だろが、カマトトにはわからないか。


【激論】ひろゆき「停戦すると犠牲者は増える」交渉どうなる?憂慮する日本の歴史家の会メンバー
847,040 回視聴 2022/05/21





★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。
★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

# by mukashinoeiga | 2022-10-24 14:05 | 政治社会異論反論'22【ロシア安倍晋三】 | Comments(0)

【ひろゆき「王様は裸だぁ」】沖縄座り込み3000日問題【左翼お花畑ホイホイになるか、飽きちゃうか、左翼が一転ガン無視か】

無邪気なテイの子供ひろゆきが、沖縄の左翼の王様が、実はスッポンポンであることを見抜き、囃し立てる。
 一日一時間程度でも、座り込みと称してカウントする。それがつもりつって3000日。大変効率のいい運動と見るべきか、それとも3000日も同じことを繰り返して、もはやマンネリ、もはやお義理感満載。3000日繰り返しても、なんの問題解決にもならない非効率と見るべきか。
 それをひろゆきはバラしてしまった。なんの効果もないことを、それでもマンネリを通り越して、沖縄左翼脳にしか通用しない内向きの論理に、あぐらをかいている。
 そう、座り込みはしていないが、あぐらはかいているよね。
 これじゃあ、政府も国民も説得できない。

【ひろゆき物議】座り込み抗議の実態は?沖縄基地問題を考える
1,316,478 回視聴 2022/10/08



 ところで上の動画の沖縄左翼三人衆が、どうやら三人共、本州出身のようだ。この程度のレヴェルの低い内向きの論理さえ、沖縄出身者では、語れないということか。
 東京のヒマな、中途半端なインテリのボンボンが、流れ流れて辺境の島に都落ち。どうやら田舎の原住民たちは、日米政府にいじめられて、手も足も口も出ないようだ。義を見てせざるは勇なきなり。ここは一つ、インテリの端くれ、原住民たちの代弁者になりましょう。
 というふうにしか見えない出演者構成ではあーりませんか。

 自称芸人ながら、あまりにぼくとつな喋り、三人の中では一番弱いとひろゆきに見抜かれて、責められて、目が泳いでる。芸人と称しているが、アマチュアか。
 どんなに破綻した論理でも、ためらわずまくし立てる新聞記者。ひろゆきのヘラヘラ笑いを批判している割に、自分も薄笑い。ただ笑っている割に、目が暗い。映画ファンとしては、生まれながらの悪役顔だと思う。新聞記者になるより、悪役専門役者になったほうが良かったのではないか。もうひとりのワイルド系も、いかにも悪役が似合いそうだ。そういう目で見てみると、最初の芸人も、いかにも小狡い小悪党役がぴったりか。
 そういえば、望月衣塑子も、いかにも卑劣な悪女顔だ。
 かつての日本映画では、左翼インテリ新劇役者が、悪役を一手に引き受けていた感が強い。
 こんな悪党顔オンリーな左翼が、ぼくたち一般国民の支持を得られるわけもない
 頭の中のお花畑脳の改善より、まずはヴィジュアルを、善人顔に直せ。


★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。
★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

# by mukashinoeiga | 2022-10-14 12:46 | 政治社会異論反論'22【ロシア安倍晋三】 | Comments(0)

小津安二郎「麦秋」 [カラー] 1951原節子、笠智衆、淡島千景

これはこれで楽しい。疑似カラーなので厳密さにかけ、時折白黒まんまのところもあり、もちろん後期小津カラー映画の素晴らしさには遥かに及ばないが、新鮮であり、何よりも見やすい。感謝。
 小津の真髄は後期カラー映画にあり、それほど白黒の画面に凝った監督ではない。カラーなど望むべくもない時代的制約ゆえの白黒だった人ではないかと思う。
 白黒であることの制限内で、鮮烈な構図、メリハリの効いたショットを取り続けた意欲的監督の数々とは、違うところだ。
 小津のような、やむを得ず白黒の映画はどんどんカラー化してほしいところ。趣味でやられているという方なので、焦らず、ゆっくり待ちたいと思う。


麦秋 [カラー] 1951 小津安二郎 Early Summer Eng sub Colorized full movie Yasujiro Ozu
40,263 回視聴 2021/08/26 出演:原節子、笠智衆、淡島千景

カラー化技術がつたないものですから、ご不満もあるかと思います。
広い心で楽しんでいただけるかたに見ていただければ幸いです。
モノクロ、小津カラーにこだわりのあるかたは、ご遠慮くださいね。
収益化する予定もなく、趣味でやっています。
注意書きがあるにもかかわらず、気分を害されているかた、見なければよいだけですよ。
最近、アンチのコメントは、せっかく書かれても自動で消去されてしまうようです。
追記
白黒バージョンアップしました。
オリジナルを観たい方はそちらをどうぞ。




★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。
★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

# by mukashinoeiga | 2022-10-13 14:49 | 小津安二郎映画の正体小津漬の味 | Comments(0)