人気ブログランキング | 話題のタグを見る

小学生LGBT映画か是枝裕和「怪物」安藤サクラ、永山瑛太、黒川想矢、柊木陽太、田中裕子 【機を見るに敏】

以下完全ネタバレ。、ま、タイトルからして、すでにそうなのだが(笑)。
 見ていると本作は三部構成のようだ。同じビル火災の描写が繰り返され、そのたびに別の視点に移る。

1  小学生A君が母親に嘘を付き、担任にいじめを受けていたという。母親は担任、学校側に抗議。
2 担任のそれなりに誠実な児童との接し方が明らかにされ、特にいじめてはいないのだが、母親のクレームは程度を増す。 
3 A君とクラスメイトB君の「友情」が明らかにされ、いじめを受けていたこともあり、その「友情」が、二人だけの秘密めいてくる。特にこの二人がじゃがいも系ではなく、どちらかというと可愛い系なので。

映画『怪物』 カンヌ映画祭で坂元裕二が脚本賞、 是枝裕和監督による2人の子供たちが紡ぐ物語 - ファッションプレス
 是枝裕和「怪物」というタイトルで、普通の人々たちの描写。じゃあ「怪物」って誰だとフツーは考えるよね。誰も怪物じゃない、というのがネットの大本の感想というようだ。
 いやいや。嘘をついて罪のない担任をおいつめる、A君の嘘というのはかなり悪質だよ。最後、天使のようにニコニコ笑いながらはしゃぐA・B両君だが、お前らの罪は相当重いんだぞ。
 B君の父・中村獅童の虐待は論外だし。事なかれ主義の校長・田中裕子はダメ教師の典型だし。
 しかしこの役に田中は徹底的にミスキャスト。裏表のないシンプル人間の役には才を発揮する田中だが、これはどう見ても無理筋で。
 おそらくここは、是枝組常連の樹木希林あたりが適役だろう。すっとぼけ続けて、裏をかくしおおせる役には最適だろう。なんらかの出れない事情があったのかもしれないが、その不在がつくづく惜しまれる。
 樹木希林、その夫に内田裕也が、おそらくベストキャスティング。是枝も、勘が鈍ったなあ。
 結局、この映画の結論は、母親、担任、校長などがいくら頑張っても、小学生のLGBT問題は探し当てられない、ということか。当たり前だよ、子供が嘘つきまくっているんだもの。
 だから必要なんですよ、と。LGBT専門の左翼相談員を派遣して、先生や子どもたちに講習して、男の子と男の子の恋情を否定するのは、明らかな間違い、わたしたち左翼相談員が二人のカンケーを解きほぐしてみせますよ、と。それには、公金チューチュー必要ですよね、と。是枝、機を見るに敏だな。さすが映画界の公金チューチュー。

 かくして、小学生男子のほのかな恋情は、りっぱにLGBT問題に昇華し、近い将来、男の子のどちらかは、ちんちん削除手術に行くかもしれない。
 親からの虐待、学校でのいじめに悩む男の子は、唯一の仲良しの男の子への恋情も含め、今この虐待・いじめは、自分が男の子のせいだ、いっそ女の子になったら、この苦痛から開放されるかもと妄想を抱く。
 もうイッポウの男の子もシングルマザーの過干渉にうんざり。いっそ二人でレズビアンにでもなろうかしら。左翼が虎視眈々と舌なめずりするの図。

 ところで、互いに不信感を持つ、担任と母親が共同作業。台風の夜に、二人の子どもたちを探し合うために組む。この共同作業の果て、二人は和解したのかしなかったのか。ここの描写が全くの尻切れトンボ。ここにこの映画の欠点がはしなくも露呈している、というのは穿ち過ぎか。

映画『怪物』予告映像



77,362 回視聴 2023/04/14 #日本FilmIsNow
『万引き家族』などの是枝裕和が監督を務め、脚本を『花束みたいな恋をした』などの坂元裕二、音楽を坂本龍一が担当したサスペンス。けんかをした子供たちの食い違う主張をきっかけに、社会やメディアを巻き込む騒動が起こる。『万引き家族』などの安藤サクラや『友罪』などの永山瑛太、黒川想矢、柊木陽太、田中裕子などが出演する。
息子を愛するシングルマザーや生徒思いの教師、元気な子供たちなどが暮らす、大きな湖のある郊外の町。どこにでもあるような子供同士のけんかが、互いの主張の食い違いから周囲を巻き込み、メディアで取り上げられる。そしてある嵐の朝、子供たちが突然姿を消してしまう。
映画『怪物』は2023年6月2日より全国公開
公式サイト:https://gaga.ne.jp/kaibutsu-movie/
配給・製作:東宝、ギャガ  (C) 2023「怪物」製作委員会

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。
★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

# by mukashinoeiga | 2023-07-01 09:25 | 新・今そこにある映画2 | Comments(0)

舛田利雄「人間革命」丹波哲郎 新珠三千代 渡哲也 芦田伸介 仲代達矢 黒沢年男 佐藤允 雪村いづみ 平田昭彦 佐原健二 名古屋章 森次晃嗣 稲葉義男 長谷川昭男 青木義郎 山本豊三 桑山正一

聞きしに勝る丹波哲郎大独演会映画。
 明らかにアドリブ全開のタンバ節爆裂の快感。ある学会施設にてDVD。
 学会二代目会長・戸田から、初代会長・牧口、開祖・日蓮聖人へと遡る構成は、橋本忍好みか。日蓮聖人役・仲代は、口パクのみ、一言も発せず、丹波が声を当てるアテレコ方式。

 ただし終盤の講習会の連続には、それしかないので、メリハリに乏しく、いささか眠たい。
 丹波のみアクが強すぎ、あまた登場の脇役陣は、普段のアク、臭みを自重して、平板な演技に終止しているのが、いささか物足りない。モブに徹しているというべきか。
 男性脇役は皆そうで、女優では学会員・塩沢とき。これほど臭みの抜けた塩沢ときは、珍でさえある。何かにビビっているのか(笑)。
 ゆいいつ軍隊帰りの戦後焼け跡闇市派のチンピラ・渡哲也のみ、往事の威勢を維持。桝田演出との相性の良さ。

 丹波演じる戸田城聖は、結構お調子者で、かるみのある経済人。戦前でも17社の小企業を起こしたグループ企業を取り仕切る総帥でもある。
 その彼が、同時に寺子屋の先生であり、それはさらに受験用の試験問題添削会社を起こし、つまり教えることが根っから好きなのだ。
 黙ってそのまま経済活動に勤しんでいたら、思想犯として二年も受刑することもなく、メカケの一人や二人持った小金持ちとして、それなりにウハウハの人生を送れたはずなのだ。学会初代会長・牧口常三郎・芦田伸介に出会いさえしなければ。師事さえしなければ。
 清濁併せ呑んだ戸田の元、学会は少しづつ信者を増やしていく。

映画「人間革命」「続・人間革命」4Kデジタルリマスター版 スカパーにて放送!
57,960 回視聴 2023/05/15
池田大作先生原作の映画「人間革命」「続・人間革命」が、このたび、最新のデジタル技術によって補正された
<4Kデジタルリマスター版>になって、BSの日本映画専門チャンネルで放送される。  
劇場公開から50年!映画「人間革命」は、2023年5月21日(土)午後5時から放送。
豪華俳優陣の熱演や特撮シーンに注目  映画「人間革命」は1973年(昭和48年)9月の公開。  
日本が世界に誇る名作「ゴジラ」の生みの親の一人で、東宝の著名なプロデューサーだった田中友幸を中心に、  脚本:橋本忍  監督:舛田利雄  出演:丹波哲郎や芦田伸介、渡哲也など豪華俳優陣 が名を連ねるなど、当時の日本映画界最高の体制によって製作され、観客動員は500万人を数えるなど、日本映画の興行収入の記録を塗り替える大ヒットとなった。  
さらに、続編の映画「続・人間革命」(76年〈同51年〉6月公開)は、前作を超え、同年の日本映画で第1位の興行収入を記録している。




人間革命 製作=シナノ企画=東宝映像 配給=東宝 (ネットより) 
1973.09.08 4,340m 159分 カラー シネマスコープ
製作:田中友幸 監督:舛田利雄 脚本:橋本忍 原作:池田大作 撮影:西垣六郎 音楽:伊福部昭 編集:黒岩義民 特殊技術:中野昭慶
製作:シナノ企画、東宝映像
出演:丹波哲郎 新珠三千代 渡哲也 芦田伸介 黒沢年男 佐藤允 雪村いづみ 平田昭彦 佐原健二 名古屋章 森次晃嗣 稲葉義男 長谷川昭男 青木義郎 山本豊三 桑山正一 加藤和夫 内田稔 浜田寅彦 田島義文 山谷初男 谷村昌彦 高松しげお 鈴木やすし 松下ひろみ 福田公子 瞳麗子 伊藤るり子 塩沢とき 谷口香 堺左千夫 伊豆肇 横森久 江角英明 草川直也 武藤章生 守田比呂也 荒木保夫 滝義郎 北九州男 弘松三郎 久藤利三 苅谷俊介 原田君事 久野征四郎 勝部義夫 由紀卓也 榊田敬二 鳥居功靖 大西康雅 木下圭介 石矢博 細井利雄 天野照子 川口節子 毛利幸子 記平佳枝 谺のぶ子 加賀麟太郎 仲代達矢


戸田先生・質問会でのご指導・平和の世紀へ
https://youtu.be/ujeAsiL_dW0

 当たり前だが丹波に似ても似つかない。より教育者/説教師そのものの声。ただ明るさ、ユーモアがある。


★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。
★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

# by mukashinoeiga | 2023-06-19 14:14 | 旧作日本映画感想文 | Comments(0)

【悪法LGBT法案】逸材発見 ?高鳥 修一【自民党ぐだぐだ政治の象徴】

憑依したのか、もともとの資質なのか。はじめて見たが、高鳥 修一スゴすぎる(笑)。
 下の動画を是非見てほしい。
 師と慕う安倍晋三のモノマネが、絶品。
 そして、眼鏡のせいもあるが、顔は安倍晋太郎にクリソツ。
 さらに地声を聞いていて、あー誰かの声に似てる似てる、でも誰だろう、ともんもんしていたら、突然氷解した。
 これまた親安倍派の政治ジャーナリスト、山口敬之氏そっくりなのだ(笑)。
 憑依したごとき、安倍さん派になるべく生まれてきたような。

R5.06/09 【ゲスト:高鳥 修一】百田尚樹・有本香のニュース生放送 あさ8時! 第135回




 また本日6/9の、闇鍋ジャーナル(録画)は、上念、須田、居島一平。
 ところが同日の帰ってきた虎ノ門ニュース(生放送)は、上念、須田、モリタクのトリオ。ほとんど被ってるじゃねーか。
 独自の戦いのあさ8を除いて、人材不足か。明るくて笑える政治系が少ないということか。エンタメ路線の政治系を目指すと、やはりこうなるのか。なおモリタクは左翼系にしては、笑えるなあ。

 なお、LGBT法案に関しては、ぼくごときが言うのもおこがましいが、有本さん、百田さんと同じ考えだ。

画像

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。
★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

# by mukashinoeiga | 2023-06-09 15:31 | 政治社会異論反論'23【増税・国防】 | Comments(0)

【フェミニストは絶対に女性の味方ではない】フェミニストは男女同権を求めているわけではない【ジェンダーレストイレは、女性敗北の第一歩である】

LGBTQ理解増進法なんちゃらが、奥の手を使ってまで、法案通過しそうだという。自民党から共産党までの左翼議員を使って。
 何度も言っているが、【フェミニストは絶対に女性の味方ではない】。
画像

 つまり、こういうことだ。

【左 翼 系 フ ェ ミ ニ ス ト】
    ↓       ↓ 
【非左翼系一般女性】【左翼系LGBTQ】

左翼フェミは、自分の同志、思想的弟分、妹分の左翼系LGBTQを、より重視する。当たり前だ。
 女性の権利は主張したい。しかしその母体である左翼の伸長がまず優先される。
 フェミニストたちは、男女平等を、必ずしも目指しているわけではない。

 より目指しているのは、左翼思想の蔓延である。そのためには、女性の権利、安全は、どうでも良いとさえ、思っている。

R5.05/16 百田尚樹・有本香のニュース生放送 あさ8時! 第117回



# by mukashinoeiga | 2023-05-16 10:44 | 政治社会異論反論'23【増税・国防】 | Comments(0)

佐藤太「太陽の蓋」鍋島:北村有起哉 菅直人:三田村邦彦 坂下:袴田吉彦 鍋島の妻麻奈美:中村ゆり 修一:郭智博 福山哲郎:神尾佑 寺田学:青山草太 枝野幸男:菅原大吉 菅田俊

佐藤太「太陽の蓋」なぜ話題にならない?という記事を2016年9月に、書いた。この記事については、右の柱の下の方の、過去記事の一覧の2016年9月をクリックしてもらえれば、読めます。
 今回たまたま見つけた、以下のユーチューブは、公式チャンネルのようで、当面は大丈夫かな。 


映画「太陽の蓋」130分日本語字幕版
@user-ge4dl7mt2bチャンネル登録者数 1510人
映画「太陽の蓋」公式チャンネルです。




映画「太陽の蓋」90分日本語字幕版
https://youtu.be/sOxA2jy3P4o

佐藤太「太陽の蓋」 (ネット情報より)
東日本大震災に伴う福島第一原発事故の発生から5日間に渡る首相官邸や市民の姿を、1人の新聞記者の視点で再現したドラマ。2011年3月11日、震災によって福島第一原発は全電源を喪失。打つ手のないまま、事態は刻々と悪化の一途を辿る。当時、事故に対応した内閣閣僚はすべて実名で登場している。出演は「駆込み女と駆出し男」の北村有起哉、「アノソラノアオ」の三田村邦彦。メガホンを取ったのは、「hide 50th anniversary FILM JUNK STORY」の佐藤太。
鍋島:北村有起哉 菅直人:三田村邦彦 坂下:袴田吉彦 鍋島の妻・麻奈美:中村ゆり 修一:郭智博 山中:大西信満 福山哲郎:神尾佑 寺田学:青山草太 枝野幸男:菅原大吉 菅田俊


 とにかく当時の民主党政権への美化が甚だしい。カン首相を始め、カン政権のスタッフは、ほぼほぼイケメン・二枚目揃い。その全員が苦悩に沈鬱し、ある意味かっこいいのだ。
 さすがに枝野は、どう見てもイケメンでは無理があるので、菅原大吉なのが、笑える。まあ枝野は官房長官なので、メディアでは総理よりも露出して、ごまかしようがなかったのかもしれない。
 いくらでもごまかしてイケメンなのは、あまり露出しなかったスタッフの陳哲朗たちなので、思い切りの、わかわかしいイケメン揃い。さらに苦悩の表情で女性の支持を得ようというセコイ映画か。しかもカン政権のミスは極力カット。全力カット。
 しかもこの映画のエクスキユーズとして、東電の隠蔽体質の、被害者(笑)の位置をらくらくキープ。さすがプロ被害者のパヨクならでは。
 そうして、ヤマサツやイマショーの時代ではあり得なかった、プロ被害者の悪臭を振りまく。
 さらにいえば、今では全く地に落ちた新聞記者が、映画の狂言回しというか解説役で、大活躍(笑)。まだまだ苦悩する社会の木鐸として、民主党政権との二人三脚。年代的には、インテリ左巻きの新聞記者の、最後の輝きか(笑)

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。
★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

# by mukashinoeiga | 2023-05-12 13:20 | 旧作日本映画感想文 | Comments(0)