人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

原作では悪玉の中国が善玉へ「空母いぶき」究極の原作レイプで今年最高のおバカ映画か(笑)佐藤浩市異常映像も有

おバカ映画の金字塔か。絶対見たいぞ(笑)。
 佐藤浩市の難病揶揄で、絶賛炎上中の映画だが、ネット伝聞によれば、かわくちかいじ原作(未読)では、中国軍が尖閣に侵略する話を、謎の武装集団が仮名の島に侵略、国連常任理事国五か国(含む中国、ロシア)が軍艦を一斉に派遣、日本を助ける設定に変更されたという。
 世界最大級の原作レイプというか、究極の産地偽装だろう(笑)。
e0178641_1948522.jpg もっとも原作者のかわぐちかいじがこの映画の監修だから、かいじがかいじをセルフレイプ(?)したというテイか。

 そもそも日本が危機におちいったからって、ロシア、ましてや中国が加勢するなんて、未来永劫ありえない国連至上主義、頭の中は沸点振り切った左翼お花畑脳じゃん(笑)。

 こんなおバカ映画の監督は誰だ(笑)。若松節朗バカ監か。若節(笑)を汚したな。
 脚本は誰だ。伊藤和典、長谷川康夫。伊藤和典晩節(笑)を汚したな

 まあ、まだ未見の映画の内容をうんぬんするのも節操がないので、映画については見てから感想を駄文したい。

 しかし、聞き捨てならないのは、体制側の役をやりたくない、という左党もとい、佐藤発言だ。
 かつての日本映画では、多くの左派インテリ新劇人が、体制側の悪い奴をもっぱら演じていたものだ。愚昧な藩主、悪家老、悪徳役人、悪徳政商、一番笑っちゃうのは、世界中で歌われた左翼定番曲「インターナショナル」の歌詞を翻訳したバリバリの左翼・佐々木孝丸が、その風貌を生かして、右翼の大物専門役者になったところで。
 だいいち佐藤の父親の三国連太郎も、たぶんバリバリ左翼だが、ずいぶん右翼的な暴君の役やってるよね。

 つまりおおむね、左翼の新劇人は、さっぱりさわやかな二枚目には向かない、悪人顔で、だから本人の意には反するかもしれないが、もっぱら「体制側の悪党」を演じてきた。
 もとから悪相が左翼になるのか、それとも左翼思想が悪相を呼ぶのか、山口二郎とか左高信とか、映画に出たら、悪人しかできない顔相で。
 山口二郎なんて国会前デモで、安倍晋三に「てめえなんか人間じゃねえ、たたっ斬ってやる」と、ヨロキン張りに正義の士を気取った、ヘイトスピーチを吐いたが、山口二郎、てめえの悪相は、たたっ斬られる悪役の顔だぞ(笑)。
 佐藤浩市の悲劇?は、左翼脳と相反するさっぱりさわやか顔に生まれ(笑)たことで、性同一性障害ならぬ、顔同一性障害か。
 今からでも遅くない。より悪相を磨いて、立派な左翼役者になりなさい(笑)。

映画『空母いぶき』予告編 - YouTube


【怒れるスリーメン】Part27-① 加藤×西村×髙橋 西村 幸祐氏 参戦!!
 映画「空母いぶき」については、動画の10分ごろから。
 西村さんは試写を二回見て、ひどい映画だが、見るべきところも多いという。いかに憲法九条がダメなのか、よくわかるという。


豪華オールキャスト登壇!「これは戦争映画ではない。平和のための映画だ ...
 大勢のキャストの中で、佐藤浩市があまりに異常(笑)。終始うつむき加減で、とても舞台に登壇している態度ではない。
 しかも自分が発言する段になると、一番最後になる発言ということもあって、二度も「長かったー」というが、それが全然ギャグになっていない。いかにも居づらそうだ。


【ch桜北海道】映画「空母いぶき」の騒動を考えてみる![R1/5/16]
 地方発ネット番組にしては、立て板に水のキャスター。


 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2019-05-22 00:47 | 新・今そこにある映画2 | Trackback | Comments(1)

久しぶりに映画見た(笑)「翔んで埼玉」「多十郎殉愛記」

映画系ブログのはずなのに(笑)昨年12月から今年3月まで一度も映画館に行かず。
 坐骨神経痛やら足の激痛やら、「出歩く」というか外出する気力が全然なく。
 だから去年のシネ納めが11月で(感想駄文済みの駄作「ゴメスの名はゴメス」)、今年のシネ初め&平成のシネ納めが、4月で、タイトルの2本。
 18歳からの映画館通いで、最低だろう。これでは、映画系ブログとは、とうてう申せまい(笑)。
 シネコン行って、見たのが2本とも東映っつうのも、たぶん初体験かな。2本とも東宝てのは、よくあるけども。
 「翔んで埼玉」は、小ネタの大量投入で、ぼくはこれは笑えないのね。
 かつてのこの小ネタの大量投入コメディーの元祖は「ケンタッキーフライド・ムービー」だと思うんだけど、これも笑えなかったねー。
 情報量の増大は、けっして、コメディーに、ならない。
 小ネタの連続は、笑いを殺す。大ネタをドッカンドッカンやってこそ、コメディーの王道だと思う。情報量の増大は、情動を殺す。
 笑いは情動だろ。

 ただ二階堂ふみの素晴らしさ。
 舞台挨拶の彼女は、何のクセもない清楚なお嬢さん。ところが演技は、クセありまくり。この落差がグッド。

『テルマエ・ロマエ』の監督が贈るディスり合戦開幕! 映画『翔んで埼玉』予告編 /2月22日(金)公開

GACKT「“京本ワールド”がヤバい」驚きのエピソードで会場沸かす 映画「翔んで埼玉」ジャパンプレミア


 中島貞夫は、相変わらず下手だなあ。
 「多十郎殉愛記」。多十郎は殉愛してないじゃん。
 都合のいい女・多部未華子を、弟の逃亡に利用しているだけで、べつに多十郎は多部未華子を「殉愛」しているわけじゃないし。
 むしろ多十郎は弟に「殉愛」しているんじゃないの。あるいは多部未華子のほうが多十郎のほうに「殉愛」しているんじゃないの。
 多十郎と、その弟は、どう見ても主役の華が、ない。特に弟クンは、一般人以下の華のなさ。なにこの謎の抜擢。
 ただ多十郎の刀さばきは素晴らしい。華はないんだけども(笑)。
 多部未華子は、童顔なので、おままごと演技で。いまいち、サマにならない。
 こんな映画で時代劇の復興はとても無理。

4月12日公開 映画『多十郎殉愛記』予告編

高良健吾、日本映画界の“巨匠”から殺陣指導 杖が「ライトセーバーに見えて…」 映画「多⼗郎殉愛記」製作発表会見2


 別会見での多部未華子は、映画と違って、いかにも大人の美人さんでびっくり、浅丘ルリ子ライク。大人メイクがあっているのか。このメイクなら似合うぞ魔性の女。意外だ、多部ちゃんなのに。

 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2019-05-14 20:02 | 新・今そこにある映画2 | Trackback | Comments(0)

平成から令和へ アメリカと韓国の格の違い(笑)

外交まで品性下劣韓国(笑)。
以下ネットニュースより。
改元でトランプ大統領と駐日大使 メッセージ公表(19/04/30)
 天皇陛下が退位するにあたってアメリカのトランプ大統領が声明を出しました。
 トランプ大統領は声明で「アメリカ国民を代表して、私と妻は天皇皇后両陛下に心からの感謝を申し上げる」と述べました。また、「天皇は在位中に5人のアメリカ大統領を日本で歓迎してくれた。

 一方あくまで品性下劣な、南朝鮮は(注・当ブログでは世界標準にのっとって、韓国のことをこう呼んでます)、

以下ネットニュースより。
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日、同日に即位した新天皇へ祝電を送った。外交部によると、文大統領は新天皇の即位を祝い、
上皇と同じように戦争の痛みを記憶しながら平和へとしっかりした歩みをつないでいくことを期待するとした。
 また、韓日関係の友好的な発展に向け大きな関心と愛情を注ぐよう要請したという。
 文大統領は前日、退位する天皇(現上皇)に書簡を送り、韓日関係発展への寄与に謝意を示した。
http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2019050180032
 こんな上から目線の物言いは祝辞でもなんでもなかろう。一言で言って、いつもながらの、南朝鮮人の、下品下劣さ。

以下ネットニュースより。
フジテレビが4月30日に元号またぎで放送した特番「FNN報道スペシャル 平成の“大晦日(みそか)”令和につなぐテレビ」で総合司会を務めたタモリ(73)のコメントが注目を集めている。
6時間半の生放送番組エンディングでコメントを求められたタモリは「西暦というものが、ずっと(続く)本のページ数だとすれば、元号というのは日本だけが持っている『章』。その章があるから(時代の)切り替えができますよね」と自身の考えを述べた。
放送後、令和を迎えた5月1日にネット上ではタモリの発言が注目を浴び、「元号についての捉え方、タモリさんの話がとってもわかりやすい」「タモリさんの話聞いて、しっくりきた」「この考え方いいな」「さすがタモリさん」などの声があった。
ソース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190501-00000198-spnannex-ent

【DHC】2019/5/1(水) 井上和彦×藤井厳喜×居島一平【虎ノ門ニュース】
 君が代斉唱で始まるニュース番組って(笑)。


 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★


by mukashinoeiga | 2019-05-02 19:39 | うわごと | Trackback | Comments(0)