<   2018年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

薔薇の名前森雅之の名前モリマの名前

うーむ。皆な気にしすぎ(笑)だよ。
 昭和の御代から平成へ。そして来春からは何と呼ばれるのかしら。

のえ@noebox 13時間前
2週間くらい前に誰だか知らないけど「モリマって呼ぶのは馬鹿にしてる」ってメールをもらった。ブログのメールフォームから送られてきたのでその人がブログの記事を読んだのかtwitterも見てたのかそれはわからんのですが、怖かったのもありますが馬鹿にしてるって言われたのがとても引っかかって

リー@邦香シネマ倶楽部@officekaories 13時間前
モリマって言いだしたのは俺だ!とか言っている人にもメール送られたりしているのかな?愛称で呼ぶのは好き嫌いはあると思うけど・・・馬鹿にしているとは思わないけど、けど、確かに私も「レオ様」とかいう記事を見ると同じような気持ちになることはあるね。私はレオの事絶対レオ様とは言わない。


e0178641_22414348.png いや、ぼくは、もらってませんがね。まあ、弱小ブログなので、のえさんほど、その人の目に引っかからんだけでしょ。それに、「モリマって言いだしたのは俺だ!」なんて、えらそーなことは言いませんって(笑)。
 ひとは、好きな人のことを、それぞれ好きに呼んでいい。愛称にも相性があるのだ。
 いつも言っていることですが、人にそなわるセンサーは、ほんとに千差万別で。あるひとには不快なことが、別の人はぜんぜん気にならない。ある人には心地よいことが、別の人には不快。
 ただ自分の好みを人に強要してはいけない。センサーがぜんぜん違うんですから。
 モリマと呼ぼうが、森雅之と呼ぼうが、それは人それぞれ。人に強要してはいけません。
 ただし、「モリマって呼ぶのは馬鹿にしてる」というのも、表現の自由。私は断固としてモリマと呼ぶ、というのも表現の自由。


(ウィキペディアからのコピペより)
名前ってなに?薔薇と呼ばれる花を別の名前にしても美しい香りはそのままよ -- シェイクスピア『ロミオとジュリエット』、ジュリエットの台詞。
What's in a name? that which we call a rose.By any other name would smell as sweet.

 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2018-12-31 22:49 | うわごと | Trackback | Comments(2)

黒木和雄「紙屋悦子の青春」原田知世永瀬正敏松岡俊介本上まなみ小林薫キムタケ木村威夫

ぺらっぺらの会話劇。紙屋だけに。
 京橋にて。「生誕100年 映画美術監督 木村威夫」特集。06年、バンダイビジュアル=アドギア=テレビ朝日=ワコー=パル企画。
 冒頭フィックス(ゆるやかな横移動を含む)で、病院の屋上のベンチで話す老夫妻がとらえられるのだが、推定八十台の老人ふたりを演じるのが、原田知世と永瀬正敏。
 これが高校学園祭の高校演劇並みの簡単老けメイク。いや今時の高校演劇ならもっと特殊メイクに凝るだろう、というレヴェル。特に童顔の原田知世なんて、老年どころか中年にも見えない。ぺらっぺら。

e0178641_9355284.png19紙屋悦子の青春(113分・35mm・カラー)(国立映画アーカイブHPより)
2006(バンダイビジュアル=アドギア=テレビ朝日=ワコー=パル企画)(美)木村威夫、安宅紀史(監・脚)黒木和雄(原)松田正隆(脚)山田英樹(撮)川上皓市(音)松村禎三(出)原田知世、永瀬正敏、松岡俊介、本上まなみ、和田周、小林薫
松田正隆の戯曲を映画化した黒木和雄監督の遺作。空襲で両親を亡くし、鹿児島で兄夫婦と暮す悦子(原田)に縁談が持ち上がる。見合い相手の永与(永瀬)を連れてきたのは悦子と想いを寄せ合う明石(松岡)で、彼は特攻隊に志願していた。切迫した時代状況の中、互いに思いやる男女三人の姿が静かな感動を呼ぶ。木村は幾重もの意味を込めるように、主人公の家の前に満開の桜とススキをあえて同居させた。


 おそらくは原作は「静かな」系の演劇と思うが、上記登場人物たちが入れ代わり立ち代わり、組み合わせを変えて、部屋で二人、ないし三人で会話する、まあ会話劇。
 この会話が、そこそこ笑える部分もあるが、まあ見事なまでにぺらっぺら。
 同じ特集で見た木村威夫「夢のまにまに」08年、同様の趣向(老人が青春時代を送った戦時中を回想する)ながら比べても、初長篇監督のキムタケのほうに数日の長あり。これってプロの監督の黒木和雄としては、本当にどうなの(笑)。
 初めて会う永瀬正敏のプロポーズを即答で了解する原田知世の心理が、よくわからない。小津安「麦秋」で、杉村春子がうちの息子と結婚してくれたら、という誘いにハラセツが即座に了承するまでには、丁寧な前振りの数々があった。それが、このハラトモには、ない。
 はじけない会話劇、しみじみしない会話劇。
 意中のハラトモを、永瀬とふたりきりにして帰る松岡俊介の、険しい目線で振り返るのは、明らかに不適切な演技ミスだろう。そう思う。

 上記「木村は幾重もの意味を込めるように、主人公の家の前に満開の桜とススキをあえて同居させた。」も、キムタケ美術は、肝はこれだけ。あとは監修で弟子の安宅紀史に任せたと思しい凡庸な美術。
 だいいち狭い日本家屋で各部屋の位置関係がわからない(それは盆暗なぼくだけかもしれないが)セット造形って何なの。
 トイレと玄関の位置関係も不明だし、家族が食事する居間と、永瀬、松岡を迎える応接間?との位置関係も、わからない。それはぼくが盆暗なのか、あえて位置関係を不分明にしたキムタケ美術を、黒木が理解していなかったのか。うーん。

 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2018-12-23 09:38 | 清順の光と影すべって狂ってる | Trackback | Comments(0)

もしも森雅之が森雅之でなかったなら(笑)あるいは時代劇の定番オビくるくるの謎(笑)

森雅之本名は有島行光(ありしま ゆきみつ)。
 高校生のころから、森雅之は森雅之という芸名を名乗っていたという。いかにも近代的なインテリ二枚目の芸名で、モリマのセルフプロデュース能力の高さを示していると思う。
 リーさんの直近のコメントで、森雅之をモリマと呼ぶのは好きでない、という人と出会った、というのを読んで、モリマの名前について、ぼんやり考えた(笑)。
e0178641_236523.png もしモリマが森雅之という芸名ではなくて、有島行光という、いかにも時代劇めいた本名で役者になっていたとしたら(笑)。
 ひょっとしたら、時代劇専門の役者になっていたかも(笑)。
 「ほれほれ、ハーハッハー」とか哄笑しながら、町娘や腰元の帯をくるくる剥いでいくバカ殿専門役者になっていたかもしれぬ(笑)。ちょうど工藤栄一「十三人の刺客」のバカ殿菅貫太郎のように(笑)。
 あるいは時代劇役者として、弥次喜多の片割れの三枚目とか、水戸黄門のスケベな助さん役とか、そういうモリマも見てみたかったなあ(笑)。
 若いころは助さん役で、年取ってからは水戸黄門役に出世して、旅中の宿で由美かおるの部屋に夜這いしたり、入浴中の由美かおるに、風呂場の戸をガラガラと開け、「おお入っていたのか、これはしたり。しかしわしもこれこの通り、着物を脱いで、寒い寒い。一緒に温まろうか」と、ざぶん、なんてモリマ黄門も見て見たかったぞい(笑)。モリマ黄門なら、由美かおるだけではなく、助さん格さんにも手を付けていたかもしれぬ(笑)。

 という、夢のような妄想(笑)を書いていて、ふと気になったのだが、あの腰元などへの帯くるくる。あれ、か弱い女性がされたら、絶対に途中でバタンキューと倒れている気がする。アレは女性の側も協力して、くるくるしないと、ダメなのではないか。まあ、時代劇の様式美ってやつですかね。

 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2018-12-19 02:38 | 架空映画妄想キャスティング | Trackback | Comments(0)

爆笑!モリマの変顔! モリマはジム・キャリーか(笑)

目の錯覚なのだが。
e0178641_17511061.jpg 瞼を閉じたモリマの目が、びょーん!と、飛び出してるように見えた(笑)。もう片方の瞼も、見開いた目のように見えてしまう(笑)。のえさんのツイッターより。

のえ@noebox
オクに出てる「美女と盗賊」のスチールを見て あぁ、これも結構露出度高いんだなとおもた。見たことないけど…
スチール写真の雰囲気だけ見てると黒澤で撮った方が良かったんじゃない?と思うしでも黒澤で撮ってたらモリマの役は三船がやってそう。(以上引用終わり)

 いやあ笑った笑った。のえさん、すんません。

 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2018-12-07 17:51 | うわごと | Trackback | Comments(8)

昔作った、当ブログの原型が(笑)亡霊のように立ち現れて(笑)

すっかり忘れていた過去の亡霊が、ネットをあさっているうちに、引っかかってきた(笑)。
 いやあ、あったあった(笑)。
 当ブログを作る前、一つホームページを立ち上げてみましょう、と作ったが、いまいちデザイン、コンセプトが満足いかず、ぼくには使い勝手が悪くて、中途半端に放り出したもの。

 ★映画の見すぎ良すぎ★

 それがいまだに亡霊のように、生き延びている。ところが案内によると、

Yahoo!ジオシティーズ サービス終了のお知らせ
Yahoo!ジオシティーズは、2019年3月末をもちましてサービスを終了させていただくこととなりました。
終了までのスケジュールやホームページの移行については以下をご確認ください。

 とのこと。過去の遺物、死んだ子を見れるのは、今のうちだぞ、自分(笑)。
 なお by 四隅の老人というハンドルネームは、それこそ過去の遺物たる、古色蒼然ミステリ「隅の老人」と、大好きな映画監督の三隈研次と、自らの老齢を掛け合わせたもの。

 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2018-12-07 03:09 | 我ら盆暗呆け老人のじじいライフ | Trackback | Comments(0)