カテゴリ:業務連絡( 90 )

変な表示マークが当ブログに出ている

ここ最近当ブログ最上部に変なマークが出ていて、保護されたコンテンツのみ表示と、なっている。
 このままだと、古い方式で埋め込んだ、ユーチューブ動画が、空白のまま。

『彼岸花』予告編


 右柱のメニューバーも、一部が表示されない。
 これまで毎週二けただった★にほんブログ村日本映画(邦画)★の、アクセス数もずっとゼロのまま。
 アクセス解析も従来の三分の一くらい。

 ただ最上部の変なマークをクリックして「すべてのコンテンツを表示」もクリックすると、ある程度は解消される。めんどーだが、まあそのうち暇になったら、問い合わせてみよう。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。

★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々



★人気ブログランキング・日本映画★

にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ

★にほんブログ村・名作なつかし映画★



★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2018-04-27 01:10 | 業務連絡 | Trackback | Comments(5)

当ブログが異常状態(笑)しかもアクセス解析まで錯乱(笑)

週刊新潮のトップ記事の映画をたまたまその前に書いていたために当ブログのアクセスがすごいことに(笑)。
 荒木太郎「ハレンチ君主 いんびな休日」の件だ。

エキサイトブログ アクセス解析
2018年2月25日~2018年3月3日のレポート
日付  PC Mobile PV合計 訪問者
2/25 (日)272 247 519 316
2/26 (月)255 368 623 298
2/27 (火)236 216 452 262
2/28 (水)394 289 683 332
3/1 (木)1,882 3,259 5,141 2,858
3/2 (金)1,362 1,580 2,942 1,570
3/3 (土) 817 1,028 1,845 1,012
合計   5,218 6,987 12,205 6,648

 通常3けたの訪問者が4けたに。弱小ブログにとっては初めての事態だ(笑)。
 一方もう一つのアクセス解析を取り入れているのだが、こちらもその数日前から、いきなり異常状態。
 通常3けたの訪問者が2けたに。

i2i.jp アクセス解析
日付    PV UU PV/人 グラフ
2月18日(日)307 256 1.2 83.4%
2月19日(月)256 223 1.1 87.1%
2月20日(火)230 203 1.1 88.3%
2月21日(水)237 202 1.2 85.2%
2月22日(木)292  81 9 6.6%
2月23日(金)21 19 1.1 90.5%
2月24日(土)28 27 1 96.4%
2月25日(日)25 24 1 96%
2月26日(月)27 26 1 96.3%
2月27日(火)30 26 1.2 86.7%
2月28日(水)57 37 1.5 64.9%
3月1日(木)149 130 1.1 87.2%
3月2日(金)103 80  .3 77.7%
3月3日(土)64 55 1.2

 これはやはり2018-02-17に荒木太郎「ハレンチ君主 いんびな休日」紹介を書いたせいなのか???
 そのころからパソコンに当ブログを表示すると、てっぺんに危険なサイトです、というマークが。まあクリックして続行を選べば、消えるマークなんですけどね。
 その辺をi2i.jpアクセス解析は過剰反応?してるのかも。推測ですからほかに理由はあるのかもね。
 ちなみに当ブログはマカフィーでしたっけ。安全サイト判定サイトに常にオーケーされている、きわめて安全な(笑)ブログですからご安心を(笑)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。

★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★

にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★


★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2018-03-05 04:42 | 業務連絡 | Trackback | Comments(0)

一体どういうつもりだ(笑)「お茶の恋」浅丘ルリ子大原麗子高橋恵子高峰三枝子原節子若尾文子

スーパーの新商品コーナーで見つけた(笑)。
 いったいどの客層に売れると思っているんだ(笑)。

e0178641_23291593.jpg 検索してみると、
(以下ネットニュースより)
“昭和の大女優”がラベルにプリントされた「昭和の大女優シリーズ緑茶 お茶の恋」が、11月上旬にドウシシャから発売されます。500mlペットボトル入り、価格は150円(税別)。全国のスーパーや量販店での取り扱い。
これは、写真家である故・早田雄二氏が撮影した6人の女優の写真がパッケージデザインに採用されたお茶。浅丘ルリ子、大原麗子、高橋恵子、高峰三枝子、原節子、若尾文子(五十音順、敬称略)がラインナップされています。
中身の緑茶は、静岡県産緑茶葉を独自の低温保存で熟成させ、しっかりとした味わいに仕上げられているそう。外見だけでなく中身にもこだわったペットボトル緑茶、ぜひお気に入りの女優さんを手に取ってみては?(以上引用終わり)

 日本の飲食メーカーは、毎シーズンごとに定番の他に、新商品を出さねばならない強迫観念にとらわれている。数年前の夏に記憶にあるのは、男が好きな缶飲料は、コーヒーと炭酸飲料だ、じゃ、一緒にしちゃえと、炭酸入り缶コーヒーを出した。飲んでみたが、不味かった。結局ワンシーズンで消えた。
 この「お茶の恋」も、新商品開発のアイディアに詰まった、中年社員が、焼けのヤンパチ日焼けのなすびで出した企画を老社長が「お、それいいな、これからは老人社会だから、まかり間違えば、面白いかもしれん」と乗り、若手社員は眼を白黒という構図だろうか(推定)。
 人選も不可思議。おそらくOLD女優で一番人気の吉永小百合は、ギャラの面から断られたのか。いやいや、早田雄二側に安い写真料(これまで散々使いまわししているので)を払って、各女優側にも安い肖像権料を払えば、成立したのだろうが、小百合のみは現役のキャンペーンガール。高いはずだ。
 
 しかしこの人選はどうなんだ。特に高峰三枝子は、全盛期は戦前だし、年齢層は想定できない(笑)。フルムーンまで延長すれば、ファン層は、広がるのだが。
 見方を変えれば、安い肖像権料で、キャンペーンガールを得られる。コスパ的にはいい仕事なのかも。
 これ、スーパーだけでなく、名画座で売ればいいじゃんと、思うが、考えてみれば、名画座で売ってもせいぜい各数十本だろうし、メーカーも歯牙にもかけまい。

しかし「お茶の恋」はネーミングとしてはいかにもダサい。常日頃「お茶はおっちゃんの飲み物や」と、ペットボトルのお茶を愛飲している身としては、「おっちゃんの恋」というダジャレネーミングなのかなあと。ダサいけど(笑)。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟(以下ネットニュースより)ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-12-17 23:30 | 業務連絡 | Trackback | Comments(8)

ネット検索で見つけた「資料庫」なる地味過ぎるデータベースにOLD映画ファンもヒャッハー!

黒沢明「荒姫様」をネット検索していて見つけたのだが、タイトル地味過ぎ(笑)。
 そもそも何に関する資料庫なのかもわからない(笑)。
 ところが目次を見ると、

映画監督によるテレビ監督作品の記録  映画監督による舞台演出の記録
映画監督による文庫解説        東映歌舞伎時代劇データ集
「金曜スペシャル」           「SHOGUN」
「映画監督競作 われらの主役」     日本テレビ サスペンスシリーズの世界
裏日本映画史              マキノ雅広 戦后文献目録抄
『週刊新潮』連載「読切時代小説」掲載リスト 三上於菟吉「雪之丞後日」

など、OLD映画ファンには、ただただため息の連続(笑)。
 まだ全部は見ていないが、例えば「映画監督競作 われらの主役」なんか、テレビ東京、隠し持っているなら、頼むから蔵出ししてくれっ(涙)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟(以下ネットニュースより)ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-12-03 19:49 | 業務連絡 | Trackback | Comments(0)

映画流れ者に危険な記事を(笑)載せました

 当ブログに乗せると、いろいろな意味で危険な記事を、関連掲示板の映画流れ者に、載せました。
 まあ、開いてもがっくり(笑)なので、開かないように(笑)。
 でも、この現象についても、ご意見聞きたいですね(笑)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-09-01 19:13 | 業務連絡 | Trackback | Comments(2)

池袋新文芸坐必見の司葉子特集!

本日からの司葉子特集! 必見です。

6/11(日)~24(土) 池袋新文芸坐
日本映画のヒロイン 司葉子 美しさと凛々しさと
e0178641_845462.jpg  司葉子さんトークショーも3回ある気の入れよう。
 定番名作の秋日和、小早川家の秋、乱れ雲、ひき逃げ、などもいいのですが、隠れた傑作、その場所に女ありて、丼池〈どぶいけ〉、快作大快作の、獄門島、不滅の熱球、帰って来た若旦那、愛妻記、沈丁花〈じんちょうげ〉、春らんまん、女の座も。
 お気楽プログラムピクチャアから大傑作大快作まで。個人的おススメは文字変色で。
 いや、変色していないのもおススメですからね(笑)。
 要は三度の飯より好き、というのと、ご飯はしっかり食べて、その上で大好きという個人的嗜好だけの違いですかね。なんのこっちゃ。
 これだけ注目している女優さんなのに、世間的代表作といわれる紀ノ川は一度も見たことがない。今度は見れるかしらん。

♪見ないと葉子、葉子ハマる、葉子スキー♪ お粗末。

◎追記◎ここからは完全妄想モード(笑)。
 上記引用画像の司葉子は、ミドリ基調のモード。タイトル等もミドリ主体。もちろん葉子という芸名に由来してはいるのですが。
 新文芸坐といえば池袋にある。池袋といえば小池百合子の地元。都議選もちかい(笑)。
 この時期の司葉子特集とは、サヨク傾向のある新文芸坐のステマなのかしら(笑)。
 かなり昔にすべての広告は全部セックスがらみの隠し味がある、という本を読みましたが(タイトル失念)うーん。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-06-11 08:05 | 業務連絡 | Trackback | Comments(2)

日本メジャー映画初レズビアン映画&初二次創作野村浩将「野戦看護婦」1953がなぜか注目!?

昔の記事が閲読数アップなぜだ、というのはたまにありますが、今回は、これ。
 ちょっと注目されたので画像を張り付け、記事タイトルも魔改造しました。詳しくは、元記事
★野村浩将「野戦看護婦」日本メジャー映画初のレズビアン映画!?折原啓子鶴田浩二宮城千賀子★
で。
e0178641_1915494.jpg 野村浩将のような戦前からの大ヴェテランが、このような革新的な、早すぎる傑作に起用されたのは、おそらく彼自身の代表作、戦前の大ヒット「愛染かつら」上原謙と田中絹代の演じたラヴシーンを、看護婦たちの演芸会で、女性同士で演じさせるという点にあったのだろう。
 日本映画では、実在の映画をなぞるという、今でいえば二次創作に当たる描写は、なかなかない。そういう意味で元ネタの監督に仁義を通したのだろうか。
 えっ、てことは、本作は、日本メジャー映画初のレズビアン映画であるだけではなく、男女間の思慕を、女女間のそれに変えた、日本初の二次創作ってこと?(笑)。
 スゴスギない?(笑)
 シネマヴェーラには、新東宝第2弾特集で強く本作をプッシュしたい(笑)。 

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-05-26 19:17 | 業務連絡 | Trackback | Comments(0)

当ブログ画面崩壊(笑)

先週末から変な操作をやらかしちまったのか、当ブログの画面が崩壊(笑)しております。
 まずいつも画面右端にあるメニューバーが消失。
 当ブログは1ページ5件の投稿記事なのですが、その5件目の下に移動しておりまして。
 レストラン(当ブログは安食堂程度か)でたとえれば、5品めをくいおわったあとに、やっとメニューが出てくるようなものか(笑)。
 また各記事タイトル下に、ユーチューブの時間経過表示バーのようなものが出ている。全く不要。
 ぼくのパソコン技術では、全く解決不可能。なのでエキサイトブログにメールで問合わせ中なのですが土日を挟んでいる関係で、あと数日かかる模様。
 ご迷惑おかけします。
 てか、困ってるのは、ぼくだけか(笑)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-05-14 23:21 | 業務連絡 | Trackback | Comments(1)

「聖女と拳銃」は「セーラー服と機関銃」の原点か(笑)

鰐淵晴子特集モーニングが、2/12~4/15に、ラピュタ阿佐ヶ谷で開催される。
 モーニングショー「昭和の銀幕に輝くヒロイン 第84弾 鰐淵晴子」特集。
 なかでも個人的に注目しているのが、

e0178641_22552381.jpg2.12[日]-18[土]聖女と拳銃 (ラピュタ阿佐ヶ谷HPより)
1959年(S34)/松竹大船/白黒/66分
■監督:野崎正郎/原作:水沼一郎/脚本:光畑碩郎/撮影:鶴見正二/美術:浜田辰雄/音楽:加藤三雄
■出演:大木実、田代百合子、三井弘次、明石潮、諸角啓二郎、永井達郎、磯野秋雄
花売娘の真心が、暗い過去をもったヤクザ者の胸にほのぼのとした愛の灯をともす──。助監督部発行のシナリオ集に掲載された水沼一郎のオリジナル『人殺しのバラッド』をもとにした異色メロドラマ。

 無垢な少女と、男根の直喩というべき銃器を、対比させるというタイトルは、はるか後年の相米慎二「セーラー服と機関銃」を、思わせる。
 つまりこれこそ映画だ。セックスこそエンタティンメントだ。
 寄る年波で(泣)朝が嫌(や)と化している阿佐ヶ谷モーニングだが、ぜひともこれは見てみたい。

 他にも、
2.26[日]-3.4[土]明日はいっぱいの果実 (ラピュタ阿佐ヶ谷HPより)
1960年(S35)/松竹大船/白黒/88分
■監督・脚本:斉藤正夫/脚本:山田太一/撮影:荒野諒一/美術:岡田要/音楽:木下忠司
■出演:三上真一郎、杉浦直樹、姫ゆり子、桂小金治、山下洵一郎、小坂一也、大泉滉、左卜全、伊藤雄之助
田舎で弾丸拾いをしていた少女が兄を頼って上京。大人たちの思惑に巻きこまれ、危険と騒乱に満ちた大都会をめいっぱい体感する──。鰐淵晴子が快活な魅力を発揮!とびきりファンキーでキュートな風俗喜劇。

 なんてもの見てみたい。
 一方既見作の五所平「猟銃」野村芳太郎「春の山脈」酒井欣也「晴子の応援団長」桜井秀雄「この空のある限り」などの、当時の松竹新人監督の作品も、みんなウェルメイドな秀作で。
 川頭義郎「伊豆の踊子」番匠義影「三人娘乾杯」は、見たかどうか、記憶がないなあ。
 というわけで、この特集、要注目!

◎おまけ◎ああ、いいなあ。OLDモノとしては、こういう情報が、ほんとに貴重で(笑)。
よみがえる青春スター 女優編(芸能ニュース)
2015/04/30 に公開
原 節子、山本富士子、鰐淵晴子、司 葉子、佐久間良子、若尾文子

よみがえる青春スター(芸能ニュース)
2014/12/06 に公開
赤木圭一郎、高橋英樹、石原裕次郎、渡 哲也

よみがえる青春スター パート2(芸能ニュース)
2015/04/30 に公開
松方弘樹、千葉真一、高倉 健

よみがえる青春スター コメディアン編(芸能ニュース)
2015/11/06 に公開
藤田まこと、渥美清、伴 淳三郎、フランキー堺、森繁 久彌

昭和38年芸能ニュース


★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-02-07 22:58 | 業務連絡 | Trackback | Comments(2)

「映画流れ者」について

 当ブログの関連掲示板、
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

が、いまいちナンノタメにあるのか、まったく開店休業状態。
 そこで、このたび、当ブログのメモ帳代わりと、してみました。

★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

 (^^♪お暇なら、来てよね、ワタシ、さびしいわー(笑)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-11-15 23:41 | 業務連絡 | Trackback | Comments(2)