カテゴリ:旧作日本映画感想文( 535 )

高橋治「ゴメスの名はゴメス 流砂」仲代達矢栗原小巻芥川比呂志岸田今日子平幹二朗中谷一郎永田靖橋本功

栗原小巻映画初主役とのことだが、なに、下の解説にある通り、TVドラマ再編集版なのだから、なにが映画初主演かと。
 渋谷にて。「日本ヌーヴェルヴァーグとは何だったのか」特集。67年、俳優座=松竹。
 で、本作だが、いやー、つまらないつまらない。面っ白い要素が一つもない(笑)
 だらっだらとした凡庸なサスペンス。あまりにつまらないので、思わず寝落ちしてしまいました。
 一時間全五話のTVドラマを、96分にダイジェストして、それでなおかつ、こんなにだらっだらとした凡庸なドラマになるとは。
 で、ふつーなら、超美人の栗原小巻に、おめめぱっちり、のはずなのだが、いやークリコマさん、典型的美人なだけじゃダメなのよ女優だなあ。
 サユリストに対抗して、コマキストと一時期言われたが、果たして何人いたのか(笑)。人気実力ともになかったから、結局しょぼんと大成しなかったのじゃないの。
 この映画(いやTVドラマ)でも、クリコマさん、顔のパーツをゆがませたり、ほほをぴくぴくさせたり、目をぴくぴくしたり、小芝居全開。見ていて、イラつく。あたしは美人が売りじゃなくて、演技が売りなのよ、とばかり。
 でも、その結果が、小芝居なんだからねー。イラつくよー、小芝居。

e0178641_012235.jpg『ゴメスの名はゴメス・流砂(デジタル)(96分)』(渋谷シネマヴェーラHPより)
公開:1967年 監督:高橋治
出演:仲代達矢、栗原小巻、芥川比呂志、岸田今日子、平幹二朗、中谷一郎、永田靖、橋本功
石油会社の技師・坂本は、姿を消した友人の行方を追ううち殺人事件に遭遇。殺された男は「ゴメスの名は…」という言葉を残した。全5話のドラマを再編集した映画版。ドラマは当初、岡本喜八がベトナムで撮影予定だったが国際情勢により中止、舞台を香港に移して高橋治が完成させた。


 ミステリとしても、まったくつまらないが、お話としても、つまらない。友人平幹の失踪を調べるのが、仲代。次々と、興味の持てない人物たちに出会い、時には、襲われたりする、メリハリのない話。しかも、いつも堂々とした仲代は、とても裏社会を探る素人には見えない。
 いつも堂々とした演技の仲代は、常に何かしらのプロを演じる。決して素人を演じる演技力のない仲代を、ある意味で素人役に起用したのは、成瀬くらいかしらん。
 しかも地味な話に輪をかけて、出演者全員が新劇俳優(笑)。地味カケル地味。メリハリのない話に、メリハリのない出演者。流砂というより、砂を噛むような映画と、なった。

 松竹メロ出身の高橋治に、この手のミステリは無理だろう。まだしも岡本喜八のほうが。
 それにそもそも高橋治をヌーヴェルヴァーグ特集で上映することに無理がある。ほかの監督作を見ても、一部現代的な描写はあるものの、基本的には、松竹メロに連なる作品ばかり。
 ほかにもこの特集で上映された篠田正浩「三味線とオートバイ」も、松竹メロという古き皮袋に、現代的味付けの酒を入れるにたけた人。以後コクもキレもないヌーヴェルヴァーグまがいを作り続け、晩年にフツーの作品に戻った時、正統派の作り方を忘れちゃって、凡作を連発。同時代に居合わせたため、ヌーヴェルヴァーグに毒されて、つくづくフウンな人。

 けっきょく特集のタイトルが「日本ヌーヴェルヴァーグとは何だったのか」。「日本ヌーヴェルヴァーグはすごかった」じゃないんですね。単なる「何だったのか」ですからね。一時のはやり、一時の迷走、ということですかね。

 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2019-02-18 00:12 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)

変貌する水谷豊 ちんぴら風「男たちの旅路」から英国紳士風「相棒」へ

水谷豊映画の代表作といえば、長谷川和彦「青春の殺人者」だろうが、ほくはこれを見ていない。
 というか、何度掛かろうが、一向に見る気が起こらない一本。ということで長谷川和彦は比較的コンプリートしやすい監督だと思うが(なんせこれまでに2本しか撮っていない)ぼくには永遠にコンプリート出来ないだろう。
e0178641_8535175.jpg ショーケンのことを、アニキーと呼ぶ人気ドラマも見ていないし、それ以外にも、ほとんど、見ていない。けっきょくぼくは彼の熱心なファンというわけでもなく、「男たちの旅路」と「相棒」だけの付き合いだ。
 その「相棒」シリーズだって、初期中期は全く見ていなくて、見るようになったのはここ四、五年のこと。しかも昨秋期シーズンは、実は一回も見ていない。水曜夜9時に家にいないか、いても忘れてる。
 ようやく最終回に当たる元旦スペシャルは見たが、例によって、飲みながら見ているので、終盤はうつらうつら状態に。
 どうも「相棒」シリーズは、特に終盤は、ぼくには低刺激過ぎるようだ。
 で、水谷豊だが。

 若いころのチンピラ風(でも根は真面目)から、現在の英国紳士風まで、変貌といえば、大変貌だ。
 一人の俳優が、これほどキャラ変するのも珍しいのではないか。
 しかもチンピラ風も英国紳士風も、どちらも、地上から1~2センチは浮いてるだろう、不自然な演技。
 例えば桃井かおりの不思議ちゃんキャラは、いかにもいそうな、自然さだが、水谷豊の、チンピラ風青年も、英国紳士風も、やはりヘンだ。いつも、彼は、浮いている。自然な演技では、ない。
 鶴田浩二は、「俺は若い奴らが、嫌いだ」と、嫌いなものは嫌いだ、頑固おやじだから、若い奴らをしかりつける。いわば情の世界だ。
 いっぽう「相棒」の水谷は、ときおり犯人に、ほほをぶるぶるさせて叱責するのだが、この演技は、いかにも不自然で、唐突だ。彼の怒りに、情が感じられない。
 情がなく、怒ることの、不自然さを、感じてしまう。ツルコウを真似しようとして、失敗する、ということか。
 うーん、よくわからない。
 あるいは水谷豊には、性のにおいを感じられない、ということもあるのかもしれない。
 「男たちの旅路」には、桃井かおりが鶴田に迫って、たじたじになる回があるのだが、鶴田には男の色気を感じても、水谷には、色気は感じられない(あくまで個人の感想です)。


Journey of Men: Pt.2 Ep.2 "Winter Tree"


Journey of Men: Pt.2 ep.3 "Voyage to Kushiro"


Journey of Men: Pt.3 ep.3 "Parting"


 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★


by mukashinoeiga | 2019-01-23 08:47 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(2)

井上梅次「女は夜化粧する」山本富士子川口浩森雅之叶順子上原謙田宮二郎清水将夫

大人大映らしい夜メロ快作。再見。
 神保町にて。「女たちの街「色」と「花」に彩られた文芸映画の世界」特集。61年、大映東京。
e0178641_1327741.png 大人な大映らしく、と言っては変だが、大映は青春映画が苦手で、大映のほぼすべての若手俳優は、青春の気が感じられない。実年齢は若くても、みんな妙に「大人の事情」に精通しているように見える。
 その中にあって、川口浩だけがゆいいつ、やんちゃ坊主のまま、青春を体現している。大映にとっては貴重な存在だ。
 その浩の父、松太郎は大映の重役でもあったから、おそらく大映から、「センセ、今度は山本富士子主演映画になるような原作お願いしまっせ」などと言われていたに違いない。
 脚本のアテ書きはよくあることだが、これは何と原作からすでに、アテ書きだったと思われる。やんちゃな若者には息子を、気障な紳士にはモリマを、妖艶なやり手には山本富士子を、といった具合に、きわめてシステマティックな、企画→原作→脚本化→イメージ通りの配役。安定したシステム。
 小説家川口松太郎は、今でいう、大映のPB(プライヴェートブランド)だったのね(笑)。そりゃあ効率いいわ。
 ところで、この映画を見た女子の疑問は、あれだけエロかっこいいモリマを差し置いて、山本富士子が、なぜ川口浩に、なびくのか、ということのようだ。まあ、原作者の息子だから、息子可愛さの親バカ、という点もあるかもしれないが(笑)それとは別に…。

e0178641_13281321.png16. 女は夜化粧する S36('61)/大映東京/カラー/1時間41分 (神保町シアターHPより)
■監督:井上梅次■原作:川口松太郎■脚本:斎藤良輔■撮影:中川芳久■音楽:鏑木創■美術:下河原友雄■出演:、川口浩、森雅之、叶順子、上原謙、田宮二郎、清水将夫
赤坂の歓楽街でギター芸者として人気の登子(山本)は、その美貌と手腕を買われ、ナイトクラブを任されることになり…。衣装も雰囲気もゴージャスな山本と、彼女を誘惑する色男たちとの恋の駆け引きも楽しい娯楽作。




 山本富士子は、男を手玉に取る女である。それを商売にして、その適応能力は抜群なのだ。
 彼女はあらゆる客たち、そしてパトロンのモリマでさえ、手玉に取る。
 モリマも、ある程度は押すんだけど、きっぱり富士子に拒否されると、あきらめちゃう、本当の紳士。
 普段はオトコ山本富士子というべき押しの強さで鳴らす田宮二郎も、チャンスを人に譲る、おっとり加減。上原謙も清水将夫もやさしいやさしい。
 そうこの映画では、男たちは、みんな優しい。誰も富士子を不幸な目にあわすようなセクハラ男では、ない。

 その例外が、川口の浩。劇団をやめる当夜に、酒を飲んだ、最後の青春の同士でもあった。 
 富士子がゆいいつ手玉にとれない男。もしくは、手玉に取りたくない男。
 ぐいぐい押してくる浩に、富士子は抵抗できない。むしろぐいぐい押してくる浩に、ついに抵抗しきれず、自分から浩の顔を抱き寄せ、キスしてしまう始末。
 オトコを手玉に取る女は、結局手玉にとれない男に弱い。だから、モリマより川口浩。
 最後、歓楽を期待した富士子を、モリマは店に送る。究極のアッシー君か、「お前、日銭を稼げよ」という共同経営者か。まあモリマは紳士だから、どっちもどっちか。

 この映画は、画質が暗い。クレジットで確認できなかったが、アグファか、偽アグファか。いや、アグファじゃないだろう、もっと美麗なのが大映アグファだ(吉村公三郎「夜の河」)。とにかく画面が暗く、荒い。夜のシーンが多く、室内でも室外でも暗い。
 この当時は、町中のネオンサインも少なく、住宅地も街灯が少なかったろう。
 ということで、今ほど明るくもなかった当時の世相を反映しているのが、明るく楽しい東宝映画に対して、暗くて楽しい大映映画の面目躍如。
 なおクレジットで、特殊撮影というのがあったが、まず気になったのが富士子の控室で、富士子が写る三面鏡での的確な配置。これ、たぶん三面鏡と本人、全部にピントを合わせるのは、相当困難だよね?
 あと、クライマックス付近でうつる、富士子の豪華なラメ入り和服。ピカリピカリ光るのだが、これ暗いなかで実際にピンスポ当てたら、その周りも明るくなるよね。このラメの明り自体が、全部均一の光十字で。

シネマ・パラダイス 山本富士子特集


 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2018-11-29 13:06 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)

佐藤武「帰国 ダモイ」堀雄二大日方伝田中春男山口淑子堀越節子池部良藤田進清川虹子花井蘭子

森雅之夫人も出演。
 渋谷にて。「玉石混淆!? 秘宝発掘! 新東宝のまだまだディープな世界」特集。49年、新東宝。
 そもそもどのオムニバス映画でも、各エピソードの食い足りなさが残る仕組みになっており、本作もそう。それぞれ独立した中篇、長篇にすれば感銘を与ええるものになる可能性があるものをも、ぶつ切りにして、すぐに次のエピソードに移っていく。
 オムニバス映画は、常に、観客の感情、余韻を置き去りにして、しまう。本作もまさにそれ。
 つまりオムニバス映画は、常に、安物買いの銭失い、なのだ。

e0178641_149128.png『帰国 ダモイ(デジタル)(90分)』公開:1949年(渋谷シネマヴェーラHPより)
監督:佐藤武
出演:井上正夫、野上千鶴子、和田信賢、堀雄二、大日方伝、荘司肇、山室耕、田中春男、山口淑子、堀越節子、泉麗子、池部良、藤田進、清川虹子、島田友三郎、藤間房子、花井蘭子
舞鶴港で戦死した息子を待つ老人、帰還兵のためタバコを探し回る靴磨きの少年など、シベリア抑留者の帰国をテーマにしたオムニバス映画で、敗戦後日本の貧困と混乱が実写映像で映し出される。第三話では、キャバレーの歌手になった恋人・山口淑子を「堕落した人間」と批難する池部良を通して、洗脳され共産化した抑留者問題に挑んだ。
(注)舞鶴港で戦死した息子を待つ老人は、花井蘭子と井上正夫を混同したケアレスミス。

 舞鶴にソ連からの引揚者が帰って来る。毎日、帰らぬ夫を待ち続ける花井蘭子。
 田舎の駅に堀雄二が帰還して来る。そこに出迎えの老人、井上正夫。彼は、一人息子が戦死して以来、気が狂い毎日息子を求めて駅に来ているのである。そして、堀雄二を息子と思い込む。
 上野駅で、靴磨きをしている少年に靴を磨いてもらった復員兵の大日向伝が、少年にタバコのピースを買ってきてくれと言う。
 漁師まちへ帰った藤田進はたくさんの子供を前にして「ロシアだってちっとも平等ぢゃねえ、でけえ赤旗ふりゃメシがよけいもらえた。向うじゃ船が無えってきかされて帰るのがおそくなったが舞鶴にゃ船が一ぱいだ、うそつきだ、一日でも余計にコキ使おうとしやがったんだ」といいきかせた。
 銀座のキャバレー歌手山口淑子、まだ帰って来ない恋人池部良。彼そっくりの男(池部の二役)が現れる。親しく会話をして踊った池部は、刑事に逮捕される。そのあと本物の池部良が復員兵姿で出てくる。池部は、山口を「堕落した人間だ」と強く批難する。シベリアでの洗脳で、完全に共産化していたのだ。

 この池部の良ちゃんの一人二役をナイスと絶賛しているブログもあるが、ぼくにはまったく意味不明の悪手。そもそもリアリズム基調の映画に、こんなファンタジー?手法を使うなんざ、まったく水と油。
 片方は金持ちそうな青年紳士だが、たぶん詐欺案件で逮捕、まったくの理想の男でもなかろう。片方は、ぼろぼろの復員兵姿の純粋赤化野郎。
 資本主義の毒に染まった男と、共産主義の毒に染まった男の対比ということだろうが、悪手過ぎる。
 この一人二役の意味が全くワカラナイし、映画の調子を崩してもいる。
 多くのシベリア帰還兵が、赤色エナジーを注入されて帰ってきたなか、堀雄二、大日向伝、藤田進は、違うようである。
 驚くべきことには、この映画ではだれもソ連を批判しないことである(唯一の例外が花井蘭子か。しかし抗議の自死というのは、批判の影響力のランクとしては低いだろう)。
 シベリア抑留といい、二個の原爆といい、他国による人災を、われわれ日本人は天災として甘受できる天才なのかもしれない。
 またこの時代、ソ連の悪を徹底して突いたら、コミンテルンの支配下にある悪の手下・日本共産党や、悪の下回り朝日新聞などが、徹底的な上映妨害運動をし、「氷雪の門」のように上映中止に追い込まれただろう。
 新東宝は商売人だから文字通り右顧左眄しながら、本作を曲りなりに作り、興行に乗せた。
 この中途半端な映画は、中途半端な戦略をとることにより、生き延びた。それはある意味是とするが、しかしこんな半端な映画は、やっぱり駄作だよね(笑)。

 なお山口淑子の同僚ダンサー役に堀越節子。聞けばのちの森雅之夫人だという。この彼女が思いッきり地味。華がない。多分二十代だと思うが、若さの輝きのない。
 そういえば、モリマが元宝塚女優の愛人に産ませた娘・中島葵も、華のない、若さが感じられない女優で、その母親の元宝塚女優も無名で、ぼくには名前も画像も見つけられない。
 元宝塚女優といいながら相当地味で無名。
 妻も愛人も娘も地味目。
 これは、この一個前の駄文奇遇なり森雅之の命日の呑み会から帰宅後「俳優 森雅之bot【非公式】」なんてのを見つけてしまうに、いわく、

(美人の女優について)そういう人達たちにちっとも色気を感じなくなっちゃうのね、本当に俳優は裸にされちゃいますからね。いい顔作ってやっても、君はそれウソだ、少しも気持ちが入ってない、いい顔してるだけだと監督に言われたりするでしょう?それがよくわかっちゃうんです。
僕らはね、いわゆる美人という人を見飽きてるんですよ。美人を見てもね、あ、これは美人だぞというふうには思わないですね。


ということなのだろうか。美人不感症。
 これはNoeさんあたりに、堀越節子なり、元宝塚女優さんの写真を、ぜひ見つけてほしいところかな。

 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2018-10-15 01:50 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(1)

渡辺祐介「桃色の超特急」大空眞弓(真弓)松原緑郎坂本武花井蘭子鳴門洋二若宮隆二丹波哲郎

よく出来たラヴコメ快作。お気楽楽しい。
 渋谷にて。「玉石混淆!? 秘宝発掘! 新東宝のまだまだディープな世界」特集。61年、新東宝。
 イッコ前の感想駄文「契約結婚」と、同じ年、同じ監督、同じヒロイン女優、快作なんだけど、演技もうまい新人男優たちが、その後伸びなかったのは、うまいしイケメンだけど、整いすぎて、いわゆるスタアオーラが足りなかった、というところか。
 また音大声楽科出身の大空が主題歌を歌う、うまいのだが、これが絵にかいたような学校で習ったすっきり歌唱で、何の味もない。当然ヒット歌手には、なれなかった。ヒットする流行歌の歌手には、声に何らかの引っ掛かり、いわゆる「魅力」「雑味」がなくちゃね。歌詞も曲も関係ない、ただその声自体が人を魅了しなければ、ヒット歌手にはなれない。
 もちろん大空のせりふ回しは、大変甘い声なんだが、歌唱は、そうではなかった。

e0178641_13343049.png『桃色の超特急(デジタル)(87分)』公開:1961年(渋谷シネマヴェーラHPより)
監督:渡辺祐介
出演:大空眞弓、松原緑郎、坂本武、花井蘭子、鳴門洋二、若宮隆二、丹波哲郎、杉山弘太郎、西一樹、小高まさる、国方伝、水原爆、松原由美子
ショーを目前に人気モデルが失踪。替え玉探しを買って出た吾郎だが、瓜二つのストリッパーは鼻を整形してしまい…。やっと見つけたそっくりさんを騙して、ショーが開催される大阪行きの特急列車に乗り込んだ吾郎の運命は!? テンポも良ければ主題歌も楽しいロマンチック・コメディ。モデル、ストリッパー、水商売風の女、吾郎の隣人と、大空眞弓が一人四役を演じる。


 日本型スクリューボールコメディとして、あからさまにロープに毛布を垂らして、男女を分かつという、フランク・キャプラ「或る夜の出来事」をそのまま援用したり、まああからさまなんだけど、かえって狙いがわかって、好ましい(笑)。
 坂本武社長が珍しく関西弁。ネィティヴとは言えないが、それなりに柄にあっている。
 二人を乗せるトラックの運ちゃんに丹波。この時期としては珍しい、こわもてではない三枚目。晩年に山田洋次作品(題名失念)での爆発的三枚目の丹波を見て、丹波もっとイケたんじゃないか三枚目、なんとも惜しいことを。日本映画の損失とさえ思う。
 後出しじゃんけんで言えば、二代目寅さんも、何代目かのおいちゃんも、丹波でよかったんじゃないかと(笑)。
 この映画は、その三枚目丹波の片鱗を見せてくれた。
 ちなみにおいちゃん役は、初代森川信はともかくとして、二代目もその次も面白みに欠け、山田洋次としては、党員とは言わないが、共産党シンパの商店主というイメージで、キャスティングしたのだと思う。「おめえ、さしずめインテリだな」の、つまらないおいちゃんたち。


e0178641_13351952.jpg西郷輝彦@teruhikosaigo
石井ふく子さん92歳のお誕生日会。
71歳の私がガキのように、
あれこれお説教頂いたのでした。
男優陣も当然ながら、女優陣のすごいこと。

 中央石井ふく子の左右が、長山藍子と大空真弓かな。前列香川京子のほかは、よくわからず。このなかでは超若い薬師丸ひろ子の可愛さが目立つのみ。
 このなかでは若手の薬師丸、高島が最後列にいる中、三田佳子が先輩香川を脇に従え?、ちゃっかりメインの位置に。うーん、これでは息子もはみ出すわけだ?
◎追記◎どうやら上記薬師丸ひろ子云々は、ぼくの見誤りで別人のようです。詳しくは下記コメント欄にて。皆さん、ありがとう。
 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2018-09-12 13:35 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(11)

渡辺祐介「契約結婚」大空眞弓(真弓)沼田曜一小畑絹子寺島達夫松浦浪路星輝美鳴門洋二菅原文太

よく出来たラヴコメ快作。お気楽楽しい。
 渋谷にて。「玉石混淆!? 秘宝発掘! 新東宝のまだまだディープな世界」特集。61年、新東宝。
 冒頭大空ら女子大生が、キャンパスの芝生の上で、ラーメン屋でラーメン食いつつ、銭湯で湯につかりつつ、持論を展開する、次々と場所を変えた、短いショットをつないでいく、快調なスタート。
 かつて、実態はともかく、いくつもの契約結婚モノが作られた。
 それまで、なあなあの状態で結婚していた日本人が、きっちり契約書を交わして結婚する。しかし、肝心の結婚中の収入配分、離婚時の財産分与については、まったく触れていない、きわめて情緒趣味のお遊び。
 当時の日本人に契約書の概念が全くないのが、まるわかり。何しろ双方に弁護士が全く出てこないのだから!
 要するに消極的な日本女性が、浅薄な理論武装をすることによって、先進的な女子が後進的な男子に、積極的なアプローチを仕掛けることが、出来ると。そういう極めて日本的なスクリューボールコメディな(だけの)わけだ。

e0178641_2511741.png『契約結婚(デジタル)(86分)』公開:1961年(渋谷シネマヴェーラHPより)
監督:渡辺祐介
出演:大空眞弓、沼田曜一、小畑絹子、寺島達夫、松浦浪路、星輝美、鳴門洋二、菅原文太、原聖二、国方伝、並木一路、石川冷、山口多賀志、加藤欣子、ピーター・ウィリアムス、堀池浩子、橘恵子、水上恵子、鈴木信二
寮のお風呂で同級生相手に“契約結婚の勧め”を唱える進歩的女子大生・大空眞弓のターゲットは将来有望な野球部員。一方、バーのマダムと契約結婚しているプロ野球選手の沼田曜一は落ちぶれて解雇され…。若い二人と大人の二人の契約結婚の顛末を描いた渡辺祐介の傑作コメディ。結婚って打算、それとも愛!?

 打算であり、愛でもあると思うんだが。あだしごとは、さておき。
 この種の軽いコメディ向きの大空眞弓が、かわいい。一応処女なのに、積極的アプローチは、日本版プロフェッショナルヴァージンといったところ。ただ、奥さんになったとたんイキナリしおらしい和服で、楚々とした風情に急変とは、進歩的女子大生から大和なでしこへ、お里が知れるとはこういうことか。
 相手役寺島達夫は、ぼく的にはなじみがないが、なんでもプロ野球の東映フライヤーズに入団した実際のプロらしく、野球シーンは決まっているし、演技も合格点。けがで退団したが、拾ったのは東映でなく新東宝というのが面白い。
 演技はうまいのだが、スタアオーラに欠けていて、その後は伸び悩んだか。
 一方こちらも契約結婚の先輩、スタアオーラがあるんだかないんだかの沼田曜一は、生き延びた。契約相手の小畑絹子もなかなか。
 ただ契約結婚といいながら、なあなあでほだされ、ずるずると実結婚?に横滑りするのは、ああ日本人てのは、ビジネスライクな契約に、とことんなじまないんだなあ、としか。

土居通芳監督『男の世界だ』(1960)より、ハンサムタワーズ+大空真弓


 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2018-09-09 02:53 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)

工藤栄一「日本暗黒史 情無用」安藤昇桜町弘子山城新伍遠藤辰雄潮健児佐々木孝丸加賀邦男藤岡重慶渡辺文雄

漢安藤昇の妻に桜町最強だわ。
 京橋にて「国立映画アーカイブ開館記念 アンコール特集」。68年、東映京都。
 無表情のこわもて顔の安藤に、ほのかなユーモアが漂う演出がグッド。
 相方に、ヤンキー純情派?の桜町弘子を当てるとは、抜群のセンスや。
 渡辺文雄ら関西大物の外来やくざを夜ごとの性接待をするのに、資金がショートして、「(今までの)五千円の子を、三千円の子に変えるのはダメかしら」、平然と言いきって、なおかつ純情派(笑)。
 それを平然と受け止める安藤昇。本職の俳優にはない、ワン&オンリーの堂々っぷり。
 コメディリリーフ担当の、山城新伍や遠藤辰雄のような役者さんが、今はいないんだよなあ。

e0178641_056574.png日本暗黒史 情無用(90分・35mm・カラー) (国立映画アーカイブHPより)
1968(東映京都)(監)工藤栄一(脚)佐治乾、小野竜之助(撮)古谷伸(美)井川徳道(音)鏑木創(出)安藤昇、桜町弘子、山城新伍、永山一夫、遠藤辰雄、潮健児、佐々木孝丸、加賀邦男、藤岡重慶、渡辺文雄、小池朝雄、安部徹(解)黒沢良
「特集・逝ける映画人を偲んで2015-2016」より
同じ工藤栄一監督による『日本暗黒史 血の抗争』(1967)に続くシリーズ第2作。温泉町を舞台に、新旧やくざ組織の対立をハードボイルドに描く。夫婦役を演じる安藤昇と桜町弘子のコミカルなやりとりも見もの。『博奕打ち 総長賭博』(山下耕作監督)と2本立てで公開され、共に当時の若者たちから熱い支持を受けた。

 ↑そう、70~80年代までは、映画は若者のメディアでもあったんですね。

しがらみのない映画評論#64 日本暗黒史 情無用
梶俊吾映画監督チャンネル

↑検索で見つけたが、全然面白くないな(怒)。

 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2018-08-06 00:57 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)

田畠恒男「花くれないに」高橋貞二小山明子杉田弘子清川新吾雪代敬子菅佐原英一笠智衆柳永二郎

お気楽三番煎じの良さ。作中でも言及あるが「坊ちゃん」「青い山脈」の堂々たるパクリだが、そのぬるさが、心地いいんだよねー。
 ユーチューブにて。57年、松竹大船。 


 実際のランニングタイムは102分とのことだが、この動画は72分。明らかにTV放送の短縮版録画で、高橋貞二と小山明子が仲良くなるエピソードなどが省かれているが、それなりに楽しめる。
 むしろ映画としては、しまったのではないか。

e0178641_9465413.png花くれないに (1957)(Movie Walker HPより)
阿木翁助・作のNHK連続放送劇の映画化。「怒濤の兄弟」の共同脚本執筆者の一人、猪俣勝人が脚色、「「夢に罪あり」より 処女」のコンビ田畠恒男が監督し、布戸章が撮影した。主演は「逃げだした縁談」の高橋貞二、杉田弘子、小山明子、清川新吾、「お富と切られ与三郎」の雪代敬子、「「夢に罪あり」より 処女」の菅佐原英一。ほかに中川弘子、笠智衆、柳永二郎、新人山田百合子など。色彩はイーストマン松竹カラー。
朝田恵太郎はみちのくの今石東校に赴任し、早速若ムジナという仇名を貰った。この土地では男女共学が行われず、この間題をめぐって有力者や教師が二派に別れていた。共学を主張するのは佐久間教師や老町医者の若杉で、反対派には市の有力者、PTA会長の五本松や押川教頭がいて、男女合同の運動場の予定地を競輪場にしようと計っていた。

 高橋貞二ののほん演技の好ましさ。ああ、いいなあ。これがこの映画のすべて。
 琴の師匠・夏川静江の娘に、夏川かほる。娘か。なかなか好印象だが、そのあと見ないな。後のほうのクレジットで、女生徒町田祥子。由紀さおりの姉? 確認できず。
 改めて言うが、三流映画の心地よさ。

 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2018-05-11 09:32 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)

ついに渋谷上映!日本メジャー映画初のレズビアン映画!?野村浩将「野戦看護婦」折原啓子鶴田浩二

隠れた先駆作が渋谷で!
 渋谷シネマヴェーラにて、2018/06/16 ~07/06にて「戦争と女たち」特集。『従軍慰安婦』の再映も!
 充実した特集だが、ぼくが注目するのは、無名の映画、

e0178641_1195985.jpg野戦看護婦(デジタル)』公開:1953年 (シネマヴェーラ渋谷HPより)
監督:野村浩将
出演:南風洋子、中山昭二、宮城千賀子、折原啓子、鶴田浩二、阿部徹、江川宇礼雄
日本赤十字社から華南の野戦病院に配属された恵子は、先任看護婦・雪子と姉妹のように親しくなっていくが…。敗戦の夜に襲撃される病院、そして囮となった雪子の運命は!? 戦場下の看護婦たちの愛と戦いを描いた異色のメロドラマ。

 詳しくは同作に言及した、当ブログの野村浩将「野戦看護婦」日本メジャー映画初のレズビアン映画!?南風洋子折原啓子鶴田浩二宮城千賀子日本メジャー映画初レズビアン映画&初二次創作野村浩将「野戦看護婦」1953がなぜか注目!?を検索してご覧いただきたいが、要約引用すると、

 日本初のレズビアン映画なのではないか!本作は。
 いずれにせよ、ともに宝塚男役スタアだった、南風洋子と宮城千賀子が、当時のメロドラマ・ヒロイン、折原啓子を、中山昭二をライヴァルに、競り合う。いや、それ、話、盛りすぎ(笑)。
 実際には、折原啓子に恋するのは南風洋子で、宮城千賀子は、それをいさめる役回り。(反戦映画なのに)実は女性の女性への恋愛感情を扱う映画になってしまったとは、いったい。
特に前半は、折原啓子に恋する南風洋子のパッション炸裂(当時のレヴェルで)。
 後半は普通の戦争映画(割と力がこもっている)になるが、それでも、後年華のないオバサン女優となる南風洋子の、さすがは宝塚男役スタアだった華を見せる。特に、死に行くときの美しい顔!
 また、安部徹が南風洋子を、小川に突き落としての過剰な攻撃は、女に恋する女への、男からの執拗な反撃を思わせ、異常である。
 (当時としては)きわめて異常かつ過剰な描写により、あえて傑作とする。
 男と女のメロドラマが、女と女のメロドラマに変容したのは、面白い。
 なお、Movie Walkerによるあらすじ紹介も、驚き。映画を見たあと、お読みいただきたいが、南風洋子は中山昭二を好きで、その恋のライヴァル折原啓子を見殺しにする、と。
 じっさいの映画では、折原啓子と仲のよい中山昭二を、嫉妬のあまり見殺しにしようとする。
 この逆転は、なんなのか。最初はそういう企画だったのを、映画製作の中で逆転してしまったのか。それとも、レズビアン映画であることを隠蔽しようとしたのか。謎だ。(以上抜粋引用終わり)

 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2018-04-27 01:21 | 旧作日本映画感想文 | Trackback(4) | Comments(0)

木村恵吾「再会」森雅之久我美子三津田健清川玉枝木村三津子入江たか子柳永二郎三國連太郎伊藤雄之助

モリマ久我コンビのビミョーなメロドラマ。出色の悪役に三国連太郎だが、いささか甘いのは三国のせいでもないが。しかし善玉悪玉両方演じられる三国に比べ、その息子は善玉一方なのは、ちと幅が狭いか。
 渋谷にて「シネマヴェーラ渋谷的大映男優祭 坪内祐三とシネマヴェーラ渋谷によるセレクション」特集。53年、大映東京。

e0178641_17541953.png再会(1953) (Movie Walker HPより)
直木賞作家久生十蘭の原作を「煙突の見える場所」の小国英雄が脚色、「乾杯!東京娘」の木村恵吾が監督にあたった。撮影は「チャタレー夫人は日本にもいた」の高橋通夫、音楽は「雨月物語」の早坂文雄。「妖精は花の匂いがする」の森雅之、久我美子、木村三津子のトリオに、「愛情について」の三國連太郎、「日本の悲劇」の柳永二郎、「プーサン」の伊藤雄之助、文学座の三津田健などが主なキャストである。
戦争のさ中、修は兄夫婦の勧める気の進まない見合いに行く途中、日比谷公園の音楽堂で隣席の秋子と知合って心をひかれ、見合の相手田鶴子との縁談を断った。秋子は田鶴子と親しい友達で、二人は期せずして同じ男性を恋したのだが、秋子だけがこれを知った。田鶴子も修も気がつかなかった。孤児の秋子は叔父高島少将の家に育てられ、その子憲兵少尉忠雄は秋子を手に入れるため、土曜日ごとに音楽堂で会う修との間を、都下浅沼伍長に命じて邪魔させた。が、彼女の心が修を離れないと知るや、手を廻して彼を北海道の部隊に召集する。凡てを知った田鶴子は秋子を助けて、ようやく途中の駅で二人を会わせた。
出演 森雅之 三津田健 清川玉枝 木村三津子 入江たか子 久我美子 柳永二郎 三國連太郎 伊藤雄之助


 借金のかたに菅井一郎に体を汚されたからといって、やっと再会したモリマを目前に、久我美子も死ぬことはなかろう、というのは現代のぼくたちの感想だが、戦後8年、貪欲にがむしゃらに戦後を生きていた人々が、もはや残像に過ぎないあらまほしき戦前日本の、清らかな理念に殉じるものが、一人くらいは、フィクションのなかにいてもよかろう、ということか。
 パンパンたちがたくましく、あさましく米兵に抱き着くなかで、そういう大和なでしこが一人くらいいてもいいだろう、という物語的願望か。
 それが物語の効用か。

 本作の第二ヒロイン木村三津子が、チョーかわいい(笑)。というか普通にかわいい。ヒロイン女優としてオーラがある。
 これは、相当の驚きで(笑)。
 というのもこの当時の大映で、第二ヒロインは、あるいは下手したら第一ヒロインすら、華がないオーラがない地味地味女優ばかり、という印象がある。東宝や松竹日活など他社では到底主演・準主演クラスにいられないような、オーラなしの素人同然が多すぎた。この、普通にかわいい華がある女優さんは、ホントーにめずらしい。
 この木村三津子が、大映女優として「長生き」出来なかったのは、悲しいなあ。

 モリマが、いじめられる初年兵になったり、金持ちのお坊ちゃんになったり、イマイチ、似合わず。

 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2018-03-28 17:55 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)