人気ブログランキング |

2017年 03月 10日 ( 1 )

大阪モノレール スゴいなあ!超絶美技!

 外国人もびっくりだが、ぼくもびっくり。
 特に通過直前の転換は、もっと早くやれよ、と(笑)。

大阪モノレール 万博記念公園駅 分岐器

(元記事)海外「日本に勝つのは諦めた」 大阪のモノレールの構造が凄すぎると海外で話題に(【海外の反応】パンドラの憂鬱 より)
e0178641_403580.png今回は、海外ネットで大反響を呼んでいる、大阪モノレールの話題から。
大阪モノレールは豊中市の大阪空港駅から門真市の門真市駅を結ぶ路線で、
大阪国際空港(伊丹空港)などへのアクセスに利用されています。
営業距離が日本最長のモノレールで、2011年までは世界最長でした。
映像は、万博記念公園駅にある分岐器の切り替えの様子を映したもので、
複雑な軌道が正確に転轍されて行く様子が紹介されています。
翻訳元では、3日で再生数が2600万回を突破する大反響ぶりで、
コメント欄には外国人から驚きの声が殺到しています。
寄せられた反応の一部をご紹介しますので、ごらんください。

Shonan Monorail Enoshima to Ōfuna 湘南モノレール タイムラプス Time-lapse cab view PART 1

千葉モノレール新型車両"URBAN FLYER 0-type"走行シーン

(元記事)海外「日本とかいう異世界空間…」 日本のモノレールの未来感に外国人が仰天(【海外の反応】パンドラの憂鬱 より)
今回は、湘南モノレールと千葉モノレールを取り上げた投稿から。
1970年開業の湘南モノレールと、1988年開業の千葉都市モノレール。
この二つの路線の共通点は、懸垂式であること。
懸垂式モノレールはコストの高さやメンテナンスの難しさから、
現在では日本とドイツでしか運用されていないようです
(ちなみに千葉モノレールは懸垂式としては世界最長)。
世界的にかなり珍しいタイプのモノレールであるため、
湘南と千葉のモノレールは、海外のサイトで度々取り上げられています。
SF映画に出てきそうな近未来的な光景に驚く方が続出していましたが、
同時にその未来感が日本的だと感じる外国人も多く見られました。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2017-03-10 04:02 | Trackback | Comments(2)