人気ブログランキング |

2016年 06月 27日 ( 1 )

映画「64」VS「64」TVどっちが面白い?

 瀬々敬久「64-ロクヨン-」前後編を見た。
e0178641_23354485.jpg なかなか面白い。平成のヤマサツ映画か(笑)。
 事件捜査編が6、刑事因縁ドラマが4、それこそロクヨン? いや、実態としては、5/5当たりか。そこらへんは好みがわかれるところで、ただ瀬々敬久ならではの、緊張感あふれる人間ドラマには、毎度脱帽したい。

 映画を見た後、ユーチューブで、2015年のNHKヴァージョンが、5回に分けてアップされていたので、それも見た。
 そのアプローチの違いが、なかなか面白い。
 当ブログに、この種の映像を「引用」すると、即消されてしまう確率も高いので、大急ぎで見ることを、お勧めするが(笑)、その比較だが。
1 映画版は、佐藤浩市はじめ主演級(かつてのを、含め)大量投入。

佐藤浩市綾野剛榮倉奈々夏川結衣緒形直人窪田正孝筒井道隆鶴田真由赤井英和菅田俊烏丸せつこ小澤征悦金井勇太芳根京子菅原大吉柄本佑椎名桔平滝藤賢一奥田瑛二仲村トオル吉岡秀隆瑛太永瀬正敏三浦友和
 そうそうたる主演級。
 いっぽうTV版は、ピエール瀧はじめ有名脇役陣を大量投入。

主な出演ピエール瀧、木村 佳乃、柴田 恭兵、段田 安則、新井 浩文、吉田 栄作、中原 丈雄、永山 絢斗、山本 美月、萩原 聖人、高橋 和也、尾美としのり、村上  淳、入山 杏奈、森岡  龍、中村 優子、二階堂 智、平  岳大、きたろう、でんでん、小野  了、安藤 玉恵、堀部 圭亮、佐藤 直子、永岡 卓也、水澤 紳吾、辰巳 智秋、森岡  豊、海丹 惟永、榊  英雄、阿部 翔平、伊藤 祐輝、吉田ウーロン太、羽宮 千皓、内倉 憲二、吉岡 睦雄、松原 正隆、瀬尾 智美、関  寛之、小島 法子、天野 義久、佐々木春樺、相川 武俊、春木みさよ、栃原 梨乃、熊木 聡一、天野 勝弘、遠藤 悦子、朝霧  涼、おのさなえ、西海健二郎、伊藤 陽平、宮武 真央、中野  剛、山中 隆介、堀内 充治、川守田政人、一和 洋輔、水上 陽介、佐藤  誠、梅田 孝也、蓑輪 裕太(簑輪 裕太)、クラ、切田 亮介、入月 謙一、蔵内 秀樹、劇団ひまわり、クロキプロ、ストームライダー、キャンパスシネマ、テアトルアカデミー、ゴクウ、ZOO動物プロ、オフィスオーパ、グリーンメディア、アスタリスク、オフィスMORIMOTO、舞夢プロ、芸優、(擬闘:高槻 祐士) 以上テレビドラマデータベースより

 ま、なかには、木村佳乃、柴田恭兵など主演クラスもいるのだが、
2 映画版は、俳優たちに、エキセントリックな、オーヴァー気味の演技を要求。
 TV版は、淡々とした演技で通させる。
 これにより、熱度の高い、つまりある意味ゴージャスな演技が展開される映画版と、平熱演技のTV版と、受ける印象は、全く違っている。
 その結果、
3 華のあるスタア俳優続出で、しかも熱演続きの映画版と、脇役俳優メインの平熱演出の、低体温演技のTV版では、真逆のイメージで。
 大人数が出てくる集団ドラマにおいて、熱血がいいか、平熱がいいか、ヤマサツ映画が好きなぼくとしては、まあ、熱血かなあ(笑)。
 特に派手なことはしていない榮倉奈々、夏川結衣ですら、TV版の美人女優・山本美月、木村佳乃とは、比べ物にならない存在感。

4 TV版ではさらっと流されているが、映画版特に前編で強調されるのは、県警詰め記者クラブの面々の、異常なまでの無茶ぶりである。
 まるで半世紀前の全学連か、紅衛兵まがいの無茶ぶりに、平成の御代に、かくも堂々たる左翼心性の新聞記者が、すがすがしいまでに、クレイジー(笑)。
 TV版は、さすがに、やはり記者クラブの一員たるNHK製作ゆえ、記者クラブの暴君描写も、おとなしい(笑)。
 なお幹事社のメイン記者に、TV版では、永山絢斗(よく、知らない)、映画版では瑛太(こちらは、おなじみ)。顔も声も似ていると思ったら、なんと、弟と兄の兄弟俳優だという。
 ここいらへんのキャスティングは、グッド。
 TV版永山絢斗は、まだ、常識式的平熱演技、映画版瑛太は、小皇帝ぶりをいかんなく発揮。
 うーん、さすがNHKは、報道しない自由満喫だなあ。

5 原作に忠実なラストのTV版と、原作と違うラストの映画版。やっぱり映画には、アクションがないとね、というところか。
 あと、これ、言っちゃう?的なタヴーを言うとですね(笑)脇役でこそ光るピエール瀧だが、5時間延々と見ていても、あんまり、楽しくないのよ(笑)。佐藤浩市なら、楽しい。ここら辺が、主演俳優と、脇役俳優の違いか。華のあるなしは、いかんともしがたいと、思う。

 ちなみに、以下一番最後の榮倉奈々フッテージに、唖然。うますぎるぜ。

映画『64-ロクヨン-前編/後編』 徹底ガイド 【驚愕の展開】ストーリー編

映画『64-ロクヨン-前編/後編』 徹底ガイド 【群雄割拠】キャラクター編

映画『64-ロクヨン-前編/後編』 徹底ガイド 【撮影秘話続々】インサイド編


日本ドラマ - 64 ロクヨン 64 Rokuyon 2015 EP01


榮倉奈々 涙そうそう


★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2016-06-27 00:29 | 新・今そこにある映画2 | Trackback(37) | Comments(0)