人気ブログランキング |

ひょっこりちゃっかり首相に成りおおせた菅義偉は「令和の村山富市」であるか?

選択の余地のない総裁選だった。
 勝負に負けた時、振り返って言う、相手が悪すぎたという言い方がある。
 この場合、相手が良すぎた(笑)なんですね。
 ねちねち石破さん、ぼんやりいいヒト岸田さん、しかもこの二人、お坊ちゃんだ、これにたたき上げスガさん、この三人を比べて、当時誰が一番有能に見えましたか(笑)
 辞めた前総理、安倍さんも典型的なお坊ちゃんだ。お坊ちゃんが辞めて、またお坊ちゃんでは、清新さにかける、ここはたたき上げだ、と空気を換えたい、という気分もあったろう。

 そして、菅さんを総理にまでたたき上げた最大の功労者は、私見では、かの東京新聞・望月イソ子だろう。
 毎度毎度つまらない質問を、ねちねち繰り返して、官房長官時代の菅を困惑させ、軽くあしらうすべを身に着けた。
 毎度毎度のイソ子のせいで、菅さんには同情票。
 ただ官房長官時代には通用した、木で鼻を括る会見は、総理では、それは通用しなかったというところか。
 最初はご祝儀相場と、期待感で高かった内閣支持率がどんどん低下している。
 菅さんが、理念のない政局屋だ、政治家ではない、ということが露呈した。
 一日に何回も、それも毎日毎日、会食を繰り返す、政局屋。

 今年必ずあるだろう、国政選挙。今の菅自民では、パワーに欠けよう。
 だが、何しろバカ野党があまりにグダグダで、全員政局屋で、日本の生き残りには目をやらず、自分たちの議員としての生き残りのみ、眼中にある。
 だから自民党は、ほどほどに勝つことしかできないだろう。
 グダグダの政局が、ますますグダグダになっていく。


◎おまけ◎
【生配信】2020年 日本の大反省会!! 武田邦彦、須田慎一郎&フィフィが明るい話題のなかった1年を振り返る90分!



★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。
★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2021-01-03 10:25 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://mukasieiga.exblog.jp/tb/29357156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード