人気ブログランキング |

若松節朗「空母いぶき」西島秀俊佐々木蔵之介本田翼小倉久寛高嶋政宏玉木宏市原隼人斉藤由貴藤竜也佐藤浩市

日本の現実を反面教師的にあぶりだす。
 それなりに面白いし、いい意味でも悪い意味でも見るべき映画だ。
 数個前の感想駄文「原作では悪玉の中国が善玉へ「空母いぶき」究極の原作レイプで今年最高のおバカ映画か(笑)佐藤浩市異常映像も有」もあるので、それ以外を書こう。

e0178641_1948522.jpg 若松節朗「空母いぶき」(Movie Walker HPより)
20XX年、クリスマスイブ前日の12月23日未明。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、日本の領土が占領された。海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群を現場に向かわせる。その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》であった。計画段階から「専守防衛」論議の的となり、国論を二分してきた《いぶき》。艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐(西島秀俊)、そしてそれを補佐する副長は、海上自衛隊生え抜きの新波歳也二佐(佐々木蔵之介)。そんな彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。

佐藤浩市総理の安倍揶揄。ほんとにさりげない短い描写で、佐藤の意図をかなえつつ、突出しない演出。むしろあんなインタヴューさえなければ、わかる人にはわかる、さりげないくすぐりで、にゃっとする程度。
 別に誇らしげに語ることでもない。というか、誇らしげに語ったばかりに、炎上。まあ左翼の芸のなさよ。

 この映画、てっきり東宝あたりが噛んでるかと思ったら、意外や、木下グループのKINOという、老舗とはいえ独立プロが、この、それなりの大予算映画を、単独で製作・配給という、たぶん日本映画史で、ほぼ初めてではないかな。

 最近の自衛隊映画には珍しく、実際の自衛隊が全面協力していないのは、なぜ。
東宝みたいな大会社、ではなくどこの馬の骨扱いか。
 他国のナショナルフラッグ(中国まで含め)は堂々と出てくるのに、旭日旗は一切写さないし、制服のワッペンが日の丸に、自衛隊がノレなかった。
 しかし自衛隊が主役の映画で、自衛隊全面協力ができなかった理由を、制作会社は、明らかにすべきである。

 あまり緊迫した場面が続くと、観客は逆に飽きてくる、ということがある。サスペンスの一本調子を避けるために、箸休めというか、いわゆるダレ場を、挿入したいと制作者は考える。
 そこでいぶきに同乗したマスコミや、コンビニシーンが登場するのだが、これがあまりにベタな箸休め。ベタ過ぎて、かえって逆効果。
 ベタといえば、戦闘機パイロットが、コックピットの窓に、赤ん坊を抱えて満面の笑みの妻の写真を、かかげたらだめだろう。案の定死んでしまう、ベタな死亡フラグで。
 ベタな紋切り型といえば、総理をはじめとする政府の会議も、ベタ中のベタ。
 岡本喜八「日本のいちばん長い日」を原点とし、それを発展させた庵野秀明「シン・ゴジラ」で完成した会議シーンの、劣化再生に過ぎず、淡々としたルーティンワークに過ぎない。何の熱もない描写。

 すべてがモンキリ。ただ、モンキリはモンキリで、意味がある(笑)。日本の、今の、現実が、まるっとトレースされている映画だ。
なお関西弁で「いてまえ!」と叫ぶ艦長役の人が、未知の俳優ながら、好印象。

映画『空母いぶき』予告編 - YouTube


↓↓↓高橋センセ、オタクやなあ(笑)。
【怒っていいとも】Part7-③ 軍事オタクの高橋洋一氏に「空母いぶき」を語らせたら凄い事に !!!!


【怒っていいとも】Part7-④ 大人気映画コーナー、軍事オタク&ゴジラ評論家の高橋洋一氏を見てたらニヤニヤが止まらない回!


 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2019-06-13 17:21 | 新・今そこにある映画2 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://mukasieiga.exblog.jp/tb/28393898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード