第二の「カメ止め」こと「カメはめ」=岩崎友彦「クライングフリーセックス」がバカバカしくよいらしい(笑)

製作費20万15分500円切符の映画が、注目の的とか。

e0178641_17162088.jpg 以下ネットニュースより。
エロバカバカしさの頂点!全編結合しっぱなしの映画「クライングフリーセックス」 松田健次
岩崎友彦監督「クライングフリーセックス」を9月12日に鑑賞、エロバカバカしさの向こう側にある爆笑至福のゾーンに連れていかれた。これぞ『映画』だとのけぞった。その断片を知れば胸騒ぎ止まらなくなるか、呆れて溜息吐き出すか、どちらかだろう。
敵地潜入しミッション遂行の朝、諸事情抑えきれずに性交してしまい、ワケあって局部が抜けなくなってしまった男女コブラとナオミ。そんなふたりに秘密組織の銃弾が襲い掛かる。
コブラとナオミは全裸で下半身が立位・櫓立ち(=駅弁ファック)なスタイルでつながったまま、ハードな逃走劇に身を投じる。
果たしてふたりはこのピンチをいかにして切り抜けるのか? 
そしてセックス進行形な下半身の行方はどんな結末を迎えるのか!
ナオミ役にバイリンガル女優の合アレン、コブラ役に格闘家でイタリア系アメリカ人俳優のマイケル・ファンコーニ。ふたりの役柄は潜入ヒットマンで、全身はフィジカルに絞られ、股間結合したままのエロさと彫像的肉体美が拮抗し、いやらしさ、逞しさ、くだらなさ、それらが三位一体となってハードバトルを展開する。
メインディッシュはアクションだ。まず、つながりながら走って逃げる行為がいかにみっともないかを知らされる。そもそもつながりながら走るとこんなことになるなんて知りもしなかった。これまでどんなAVも林修先生もチコちゃんも教えてくれることがなかった未知の扉が開く。
そして、前代未聞な結合アクションの世界が繰り広げられる。
・敵に囲まれ銃口を向けられたらどうするか
・車で逃げる際に運転席がどうなるか
・二人まとめて縛られた状態からどうなるか
・刃が振り下ろされたらどう対処するのか
下半身がつながっているというハンデをいかにしてアドバンテージに反転させるか。そのアクションがことごとく、いい。なるほど、そうなるか、そうするか、そうしたか、唸りながら爆笑する。

【映画 予告編】 クライング フリー セックス


しかし、男女の下半身が結合したまま抜けないという、社会的良識の元に封印されてきた背徳の「つながりもの」に岩崎監督は目覚めてしまい、熊王涼が息吹をふきこんでしまった。覚醒したこの「つながりアクション」は爆発的に新鮮で、何だかホントにもう、身悶えた。これは、初ブルース・リーや初ジャッキー・チェンの衝撃に匹敵していい事件だ。
製作予算は20万円。「カメラを止めるな!」の低予算(300万円)ぶりも耳に新しいが、20万円は低すぎる。主演ふたりがほぼ全裸なので衣装代がかからないとか、そんなコストカットがあったとしても、あまりに低予算過ぎる。
劇中の背景やカーアクションや被弾場面など、ほとんどのシーンを支えるのはチープなCG合成&アニメだ。これはテレ東で放送中の「テレビ野郎 ナナーナ」がハイエンドに見えてしまうぐらいのチープなCGであちこち安っぽいのだが、このユルさも笑いを底上げする要素になっている。
CFSは新宿ケーズシネマで9月8日から一週間上映され、のべ868人の観客動員を記録した。熱心なリピーター(通称「セクサー」)も多数続出したという。今後は横浜ジャック&ベティ(公開日未定)、名古屋シネマスコーレ(10月6日~19日)で観ることができる。
8月末に観客動員100万人を突破した「カメラを止めるな!」に比べれば、868人がどういう数字かリアルだろう。CFSが投じた波紋はまだまだ微小だ。だが、この作品は世界に直結していると思う。クールジャパンの辺境から「ニッポンのエロバカバカしいはここまでの高みに到達した」と世界に向けて誇れる『映画』だ。(以上抜粋引用終わり)

 しかしたった15分の映画でこれほど長文引用してよいものか(笑)。また、ぴくちゃあ師匠に怒られてしまう(笑)。
 うーん、世に珍映画の種は尽きまじ。
 たった20万で、これだけのクオリティの映画ができてしまうのか。勿論関係者ノーギャラ、機材すべて自腹なんだろうけど。
 とはいえ、やはりいかんせんタイトルが悪過ぎ。このタイトルでは日本語の語感が悪過ぎて、日本では絶対にヒットはしないだろう。むろんアメリカナイズされた内容に合わせたタイトルなのだろうが、70年代の東宝東和のタイトルというか、あるいは「悪魔の毒々モンスター」的なタイトルでなきゃあ、スカシ過ぎのタイトルとして失敗する典型。ご愁傷さま。
 「クライングフリーセックス」を原題として、さらに邦題をつければよかったのにね。

 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2018-09-23 17:09 | 新・今そこにある映画2 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://mukasieiga.exblog.jp/tb/27562494
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by サセレシア at 2018-09-27 12:04 x
360度の視界でドーベルマンが交尾状態で追いかけるのはどうですかね(実際そんなシーンはあるのでしょうか)?
Commented by mukashinoeiga at 2018-09-29 05:34
第二の「カメ止め」こと「カメはめ」=岩崎友彦「クライングフリーセックス」へのコメント、サセレシアさん、ども。
 うーん、どうなんでしょうねー。
 想定できるシチュは、人間のオスメスと逆で、メスのバックをオスがとるわけですから、メスは四足歩行が可能、逆にオスは後ろ足二本のみ。
 つまり人間ではオスが主導権を握るわけですが、四足歩行動物ではメスに主導権? これで追いかけられるかというのは動物生理学的に疑問ですが(笑)。
 そもそもメスは挿入されている状態で疾走できるのか(笑)。

>(実際そんなシーンはあるのでしょうか)?

 そもそもこの映画、見ていませんので(笑)なんとも。
しかし私的要塞邸宅に、ドーベルマンは必須ですよね(笑)。目指すハリウッド版ではぜひ欲しいシーンですな。ついでにゲイカップルの警備員が、うしろから刺されつつ、四足歩行で追跡するシーンも見たいもの(笑)。
  昔の映画

Commented by ぴくちゃあ at 2018-09-29 19:29 x
見ていない作品に、これだけの長文をアップするとは、
何をかいわんや、、、。
Commented by mukashinoeiga at 2018-09-30 00:57
第二の「カメ止め」こと「カメはめ」=岩崎友彦「クライングフリーセックス」へのコメント、ぴくちゃあさん、ども。
 すんません。
 まあ、見ていたら、もっと短文で済んでいたかもしれませんね(笑)。見ていないと、かえって妄想は膨らむものなので(笑)。
 しかも右柱のアクセス記事トップテンに、このところ常連トップの二本が、たぶん絶対に見られないだろう「ハレンチ君主」記事ですからねえ。
 まあそういうブログなんだと、あきらめてもらうしか(笑)。  昔の映画
名前
URL
削除用パスワード