ついに渋谷上映!日本メジャー映画初のレズビアン映画!?野村浩将「野戦看護婦」折原啓子鶴田浩二

隠れた先駆作が渋谷で!
 渋谷シネマヴェーラにて、2018/06/16 ~07/06にて「戦争と女たち」特集。『従軍慰安婦』の再映も!
 充実した特集だが、ぼくが注目するのは、無名の映画、

e0178641_1195985.jpg野戦看護婦(デジタル)』公開:1953年 (シネマヴェーラ渋谷HPより)
監督:野村浩将
出演:南風洋子、中山昭二、宮城千賀子、折原啓子、鶴田浩二、阿部徹、江川宇礼雄
日本赤十字社から華南の野戦病院に配属された恵子は、先任看護婦・雪子と姉妹のように親しくなっていくが…。敗戦の夜に襲撃される病院、そして囮となった雪子の運命は!? 戦場下の看護婦たちの愛と戦いを描いた異色のメロドラマ。

 詳しくは同作に言及した、当ブログの野村浩将「野戦看護婦」日本メジャー映画初のレズビアン映画!?南風洋子折原啓子鶴田浩二宮城千賀子日本メジャー映画初レズビアン映画&初二次創作野村浩将「野戦看護婦」1953がなぜか注目!?を検索してご覧いただきたいが、要約引用すると、

 日本初のレズビアン映画なのではないか!本作は。
 いずれにせよ、ともに宝塚男役スタアだった、南風洋子と宮城千賀子が、当時のメロドラマ・ヒロイン、折原啓子を、中山昭二をライヴァルに、競り合う。いや、それ、話、盛りすぎ(笑)。
 実際には、折原啓子に恋するのは南風洋子で、宮城千賀子は、それをいさめる役回り。(反戦映画なのに)実は女性の女性への恋愛感情を扱う映画になってしまったとは、いったい。
特に前半は、折原啓子に恋する南風洋子のパッション炸裂(当時のレヴェルで)。
 後半は普通の戦争映画(割と力がこもっている)になるが、それでも、後年華のないオバサン女優となる南風洋子の、さすがは宝塚男役スタアだった華を見せる。特に、死に行くときの美しい顔!
 また、安部徹が南風洋子を、小川に突き落としての過剰な攻撃は、女に恋する女への、男からの執拗な反撃を思わせ、異常である。
 (当時としては)きわめて異常かつ過剰な描写により、あえて傑作とする。
 男と女のメロドラマが、女と女のメロドラマに変容したのは、面白い。
 なお、Movie Walkerによるあらすじ紹介も、驚き。映画を見たあと、お読みいただきたいが、南風洋子は中山昭二を好きで、その恋のライヴァル折原啓子を見殺しにする、と。
 じっさいの映画では、折原啓子と仲のよい中山昭二を、嫉妬のあまり見殺しにしようとする。
 この逆転は、なんなのか。最初はそういう企画だったのを、映画製作の中で逆転してしまったのか。それとも、レズビアン映画であることを隠蔽しようとしたのか。謎だ。(以上抜粋引用終わり)

 ★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2018-04-27 01:21 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://mukasieiga.exblog.jp/tb/27221169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード