倉本聰「6羽のかもめ」淡島千景高橋英樹加東大介栗田ひろみ長門裕之夏純子桜むつ子

裏番組は超有名作、低視聴率に泣いた、と言っても主演が当時としても、淡島千景と加東大介じゃあねー。
 そもそもサセレシアさんのコメントのレスに、DVD化もされていない、と書いた後検索したら10年前にされておりましたがな(笑)。いい加減やなあ。

 で、ネット検索したらなぜか1羽(もとい一話)だけ残っておりまして。

6WANOKAMOME #15


 当ブログに載ると、速攻で消される傾向にあるので、素早く見てくださいね(笑)。
 しかし実質加東大介主演とは、映画TV通じてどの年代でもあり得ないこと。それを、あえて、やっちゃったのは、えらい!
 のちにセスナ機特攻自殺の前野霜一郎も、加東大介を揶揄する若手役者として出演。
 若手のころの高橋英樹ものほほんとして、よろし。
 しかしこういう「教養主義」(笑)のドラマが、このころはかろうじて作られてたんだなあ。
 ラスト演劇のドラマとして、出演者のすっぴん姿が披露されるのも珍。栗田、淡島の激変ぶり。加東の哀愁。まだ若手の高橋はともかく、化粧中で逃げた夏純子はづるいぞ(笑)。

e0178641_16271168.png6羽のかもめ(ウィキペディアHPより)
『6羽のかもめ』(ろくわのかもめ)は1974年10月5日から1975年3月29日までフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ。全26回。
団員の大量脱退により崩壊の危機を迎えた劇団かもめ座の残存メンバー6名が、芸能界で生き残ろうと悪戦苦闘するストーリー。本放送時キャッチコピーは「悲しいコメディ」。
原案は倉本聰。NHK大河ドラマ『勝海舟』を巡るトラブルによるテレビメディア不信がもとになっている。札幌市に転居後、偽名で発表した[1]。
低視聴率に終わったが、テレビ業界や芸能界の内幕を描き、同業界内で話題となった。放送終了後の1977年には、本作品のスタッフおよび出演者にエランドール賞特別賞が授与された。
高橋英樹の現代劇での連続テレビドラマ初出演作品。また、加東大介の遺作でもある。加東は本作の撮影中に体調を崩して入院したが、医師から許可を得て病院から番組収録に通った。しかし、それは家族やマネージャーの山崎洋子が加東の余命が短いことを知らされ、最後の仕事をさせたいと医師に頼みこんで実現したものだった。
本作でテレビ局の制作局長を演じる中条静夫は、それまでと異なるコミカルな役柄に挑戦し話題となった。(以上引用終わり)

 加東大介が亡くなっことにより、深夜に追悼番組が放送され、各者の思い出話や、「6羽のかもめ」の一話が再放送された。それはTVドラマとしては、異例のことだったろう。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2018-03-14 16:21 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://mukasieiga.exblog.jp/tb/27137271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード