池広一夫「尼くずれ」安田道代三木本賀代中谷一郎小松方正高原駿雄

なぜ尼にこだわる(笑)。尼だけに、映画として不毛ではないか(笑)。
 渋谷にて「シネマヴェーラ的大映女優祭 小西康陽とシネマヴェーラ渋谷によるセレクション」特集。68年、大映。
 感想駄文済みの村山新治「尼寺博徒」野川由美子71年どうよう大映尼さん好きだなあ(笑)。
 お話は定番の極み。禁欲のはずなのに男とパコパコ、尼僧同士でレズり、挙句の果てに、なぜかヤクザに、いちゃもん付けられ、出入りがあり~の。東映が女博徒モノで当て、大映も江波杏子でパクったが、何か独自の企画を、となって、尼があるじゃん尼が、と安易な流れか。
 しかし尼をヒロインにしても、話の膨らみようもなく、それこそ不毛で。中途半端なエロと、御法度のせめぎあいの中で、ご法度がどんどんぐずぐずになっていく。それって面白くないよ、と。あまりに、アマい(笑)。

e0178641_1514081.png『尼くずれ(35mm)』公開:1968年 (渋谷シネマヴェーラHPより)
監督:池広一夫
出演:安田道代、三木本賀代、小林直美、しめぎしがこ、中谷一郎
春光尼(安田道代)と知り合ったトルコ嬢の三木本賀代は、ヤクザに追われる仲間たちを引き連れ尼寺に逃げ込んだ。増大する生活費を稼ぐためヌードモデルを引き受けた安田は…。美人でカッコよくてヤクザ相手に啖呵もきれるヒロインに安田道代がドンピシャ。「姿は尼だが、中身は凄い!!」というばちあたりなキャッチコピーもイカす。【小西康陽セレクション】

 僧侶兼人気作家の今東光の、いわゆる業界裏話的原作なんだろうが、そもそも今もそうだが、僧侶は妻帯も許されるのに、なぜ尼僧だけは禁欲一筋なんだと。ダブスタの極みというか、性差別か、それとも尼僧たちは原理主義者なのか。まさに二層構造だ。
 いまやダブスタ左翼の瀬戸内レモンは、若尼時代は、スタア尼として仏教界の人気者であり、若僧の塩エキスを吸い取って、瀬戸内塩レモンだったりして。←個人の完全なる妄想です。
 エロ写真家に高原駿雄、エロヤクザ親分に小松方正、そして女をレイプしまくりのあげくトルコ嬢に落とすヤクザに意外にも中谷一郎と、新劇系満載。いつもの大映おやじ連は影もなし。こういう重厚な役は大映プロパーには任せられないということか。それとも時期的に専属を抱え込めない末期になって、どうせ使うならフリーの有名脇役ということか。
 なお「尼くずれ」同様、三宅邦子が上品な庵主さま。抜群の安定感で。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-11-20 01:52 | 旧作日本映画感想文 | Trackback(2) | Comments(2)

トラックバックURL : https://mukasieiga.exblog.jp/tb/26195455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from agen judi ma.. at 2018-11-19 21:22
タイトル : prediksi skor judi bola online
池広一夫「尼くずれ」安田道代三木本賀代中谷一郎小松方正高原駿雄 : 昔の映画を見ています... more
Tracked from bandar judi .. at 2018-11-22 02:27
タイトル : Bandar judi Bola
池広一夫「尼くずれ」安田道代三木本賀代中谷一郎小松方正高原駿雄 : 昔の映画を見ています... more
Commented by お邪魔ビンラディン at 2017-11-21 00:59 x
女賭博師シリーズの第一作「女の賭場」は1966年11月公開で、藤純子の「緋牡丹博徒」は、そのほぼ2年後の1968年9月公開です。したがって、女博徒ものをパクったのは東映の方ですが、「緋牡丹博徒」の直接の下敷きは谷ナオミ主演のピンク映画だという説もあって、このあたりの考証をはじめると、やたらと時間がかかるので、詳しい人の御指摘を待つ次第です。
高原駿雄の代わりに伊達三郎、中谷一郎の代わりに成田三樹夫か小林勝彦、小松方正の代わりに安倍徹といった配役の可能性はあったと思いますが、おそらくスケジュールの調整がつかなかったのでしょう。
三宅邦子は、ほぼ同じ時期に「蛇娘と白髪魔」で孤児院の延長を兼ねる修道女の役を演じていますね。看護婦長に岡村文子、運転手に沢村いき雄というのと同様に、聖職者と上流婦人には三宅邦子を起用という不文律でもあったのかな?
Commented by mukashinoeiga at 2017-11-22 01:22
池広一夫「尼くずれ」へのコメント、お邪魔ビンラディンさん、ども。
 おお逆でしたか。毎度ながらの粗忽で。

>「緋牡丹博徒」の直接の下敷きは谷ナオミ主演のピンク映画だという説

いかにもありそうですな。
お上品な婦人といえば三宅邦子(彼女のよろめきメロを見てみたいという気がないでもない。相手役はモリマか裕次郎かミッキー成田か)変質者といえば江見俊太郎、バカ殿といえば菅貫太郎か菅直人か。
 こういうタイプキャスト俳優辞典、面白い人が書けば好読み物ですな。  昔の映画
名前
URL
削除用パスワード