人気ブログランキング |

エルンスト・ルビッチ「淑女超特急」

典型的ルビッチ流艶笑喜劇の一席。
 渋谷にて「ルビッチ・タッチⅡ」特集。41年、Ernst Lubitsch Productions Inc.=Sol Lesser Productions、配給ユナイテッドアーチスト。

e0178641_1839647.jpg『淑女超特急 That Uncertain Feeling(83分)』 (渋谷シネマヴェーラHPより)
公開:1941年 監督:エルンスト・ルビッチ
出演:マール・オベロン、メルヴィン・ダグラス、バージェス・メレディス、オリーヴ・ブレイクニー、ハリー・ダヴェンポート、シグ・ルーマン、イヴ・アーデン、リチャード・カール
原因不明のしゃっくりに悩まされ精神科医を訪ねたジルに、夫婦生活に原因ありとの診断が。夫に不満があるジルは、病院で知り合ったピアニストに惹かれ…。小津の『淑女は何を忘れたか』に影響を与えた『当世女大学』のルビッチ自身によるリメイク作。*デジタル上映

 原題のThat Uncertain Feeling、内容に合わせて超訳すれば「女心は秋の空」かな。現代風に申さば「不定愁訴」というところかしらん。
 いずれも秋の字があることが日本語の妙味?だがさておき、同時に極めて楽天的なアメリカンコメディゆえ秋の字は似合わん。
 かくて苦心の超訳が「淑女超特急」
 暴走爆走する女心コメディ。これを当時の日本の配給は、当時の最新流行語、未来の日本には夢の超特急が実現するんだ、という希望ワードに託したわけだ。のちにその新幹線は「のぞみ」と命名されたわけだが。

 いろいろ紆余曲折があって、だが曲折(その曲折こそがルビッチの真骨頂であるわけで)抜きでいえば、お金持ちの夫を持つ有閑マダムが、夫との退屈な日常を持て余し、若いピアニストと、ズコバコズコバコしつつも、結局元サヤの夫婦に戻るという。
 結局寛容な、おおらかな広い器で、アメリカだったら射殺してもおかしくない淫乱浮気妻を許しちゃう。ここら辺のところがどうも日本人の潔癖さ?に合わないのか、ぼくの見た回はそれなりに席が埋まっているのに、場内クスリともせず。
 金持ち喧嘩せずで、間男にバコバコされた浮気妻を、これまたバコバコし返して、取り戻す。ここら辺が陽気で明るいアメリカンコメディたるゆえんだが、潔癖で陰にこもった(笑)われら日本人感覚では、いささかヘヴィーというところかな。

 しかも間男となる若い男が、現代の日本人感覚でいえば、だれでもドン引きするような超変人、というかはっきり言って、単にアブない変質者。こういう輩に恋したり、さらに自宅に招き入れるなんて、日本人の感性では、問題外だろう。ここら辺が渋谷でさえも観客ドン引きの理由かも。
 こういう変質者が受け入れられるのも、スクリューボールコメディの闊達さだが、現在の日本ではドン引きか。
e0178641_1840769.jpg ちなみに、この間男を演じたのは、若き日のバージェス・メレディス!
 ぼくなんぞはおじいちゃんの彼を見慣れているので、最後のクレジットを見るまで気が付かなかった(笑)。
 結局若さが売りの主演男女優よりも、味のある脇役のほうが俳優として長生きということか。
 最も本作のメレディスは、全く若い男感がないので、そこも今の観客ドン引きの一因かな。
 ちなみにぼくが一番ウケたのは、主人公メルヴィン・ダグラスの取引先が寝具会社のユニバーサルとユナイテッドだという楽屋落ちで。しょうもない。言うまでもないが退屈で熟睡する映画の会社というギャグですな。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2017-04-24 18:42 | ルビルビルビッチ淑女超特急 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://mukasieiga.exblog.jp/tb/25721225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード