人気ブログランキング |

ベスト・オブ傑作・快作の森ほんとうの傑作はなんだ(本選)

さらに、減らしていく。

佐伯清「色事は俺にまかせろ」上原謙高峰三枝子風見章子田崎潤
深作欣二「資金源強奪」欣也梅辰室田川谷喜和子明香松方山城名和今井天津敏
江崎実生「七人の野獣 血の宣言」
石田民三「花つみ日記」高峰秀子
鈴木英夫「その場所に女ありて」司葉子
中平康「あした晴れるか」いづみ裕次郎
田坂具隆「陽のあたる坂道」
山内鉄也「忍者狩り」
野村浩将「野戦看護婦」
野村芳太郎「張込み」
曽根中生「㊙極楽紅弁天」
福田純「血とダイヤモンド」宝田明水野久美石立鉄男はデヴュー作
島津保次郎 「隣りの八重ちゃん」
牛原虚彦「進軍」
三池崇史「藁の楯」+「極道戦国史 不動」
古川卓巳「逆光線」
川島雄三「女は二度生まれる」
鷹森立一「君たちがいて僕がいた」
長谷川安人「集団奉行所破り」
川崎徹広「豚と金魚」
島津保次郎「兄とその妹」
村山三男「続・鉄砲犬」
衣笠貞之助「十字路」
島津保次郎「男性対女性」
柳瀬観「北国の街」
山中貞雄《パラパラ漫画アニメ》
石田民三「花ちりぬ」花井蘭子
石田民三「むかしの歌」
山村總「鹿島灘の女」

 これでも28作。
 こうなったら、もはやベストテンは早々にあきらめて、ベスト20と参ろう。
 たった8本抜けば、いいだけだ(笑)。
 抜いたのは、

野村浩将「野戦看護婦」
 おそらく日本メジャー映画初のレズビアン映画。出来で選んだわけではない。
川島雄三「女は二度生まれる」
 川島のベストでは、ない。
三池崇史「藁の楯」+「極道戦国史 不動」
 おまけの「極道戦国史 不動」は傑作だが、メインの「藁の楯」は、三池のベストでは、ない。

 同一監督の複数作は一本にまとめる(泣)。
島津保次郎「兄とその妹」
島津保次郎「男性対女性」
石田民三「花つみ日記」高峰秀子
石田民三「むかしの歌」

 あと1作が抜けぬ(笑)。ええい、こうなったら、ベスト21だっ。21世紀だもの(笑)。
 で、

佐伯清「色事は俺にまかせろ」上原謙高峰三枝子風見章子田崎潤
深作欣二「資金源強奪」欣也梅辰室田川谷喜和子明香松方山城名和今井天津敏
江崎実生「七人の野獣 血の宣言」
鈴木英夫「その場所に女ありて」司葉子
中平康「あした晴れるか」いづみ裕次郎
田坂具隆「陽のあたる坂道」
山内鉄也「忍者狩り」
野村芳太郎「張込み」
曽根中生「㊙極楽紅弁天」
福田純「血とダイヤモンド」宝田明水野久美石立鉄男はデヴュー作
島津保次郎 「隣りの八重ちゃん」
牛原虚彦「進軍」
古川卓巳「逆光線」
鷹森立一「君たちがいて僕がいた」
長谷川安人「集団奉行所破り」
川崎徹広「豚と金魚」
村山三男「続・鉄砲犬」
衣笠貞之助「十字路」
柳瀬観「北国の街」
山中貞雄《パラパラ漫画アニメ》
石田民三「花ちりぬ」花井蘭子
山村總「鹿島灘の女」

e0178641_16243438.jpg これは、わたくしメの、2009年~2017年3月までの、ごくごく個人的な、傑作快作21で、ございます。逆鑑賞順。
 この中で、あえて一本おススメを選べば、数年前にラピュタで見た後、一度も東京でかかっていない、楽しい楽しい川崎徹広「豚と金魚」であろうか。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2017-03-28 16:26 | 傑作・快作の森 | Trackback | Comments(5)

トラックバックURL : https://mukasieiga.exblog.jp/tb/25650734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by なご壱 at 2017-04-02 09:07 x
私も「豚と金魚」は楽しいまさに「快作」だと思います。昔の映画さんのお薦めで、ラピュタで見ておいて良かったです。感謝!!
Commented by mukashinoeiga at 2017-04-02 18:19
ベスト・オブ傑作・快作の森ほんとうの傑作はなんだ(本選)へのコメント、なご壱さん、ども。
 ブタキンいいですよねえ。
 あれだけの快作が、しかもニュープリ焼いたのに、ラピュタ以来、この6年で一度も都内名画座でかかっていないのは、不思議です。名画座タイマンです。 昔の映画
Commented by お邪魔ビンラディン at 2017-04-03 23:27 x
この傑作、20数年前に大井武蔵野館のレイトショーで見て、もう一度見たいと思っていたのですが、前回の上映時は、他に都合があって見ること能わず、たいへん残念な思いをしたことを覚えています。藤木孝の好青年なんて、金子信雄や安倍徹の善玉よりもレアですしね。
しかし、ラピュタ阿佐ヶ谷の次回の特集「芳醇:東宝文芸映画へのいざない」で、5月14日〜20日にかけて上映されます。
次回のラピュタの特集、作品の選定において、いささか玉石混淆の印象が否めなかったり、名画座ファンなら半分以上の作品はすでに見ているのではないか、といった感じもありますが、それでも、名作は何度見てもいいのですからね。
Commented by mukashinoeiga at 2017-04-04 19:37
ベスト・オブ傑作・快作の森ほんとうの傑作はなんだ(本選)へのコメント、お邪魔ビンラディンさん、ども。
 おお、ラピュタで、また、やりますか! 微力な弱小ブログながら、これは名画座ファンに宣伝しなければなりませんな(笑)。
 大井お宝レイトは、ほぼほぼ通っていたので、あるいは見ていたのかもしれませんが、全くの記憶なし。うーむ。見逃していたのか。ということはこの20年程、この快作が2回ほどしかかかっていないのか(泣)。なんという「忘れられていた快作」か。
 藤木孝は「シン・ゴジラ」で、東京都副知事役で出演していたはず。若林映子と、トークショーやってもいいんでないかい、ラピュタ。 昔の映画
Commented by mukashinoeiga at 2017-04-21 19:35
ベスト・オブ傑作・快作の森ほんとうの傑作はなんだ(本選)へのセルフコメント。
 お邪魔ビンラディンさんご教示の川崎徹広「豚と金魚」がラピュタ阿佐ヶ谷の次回の特集で、5月14日〜20日にかけて上映される件。
 別記事で隠れ大快作「豚と金魚」で爆笑せよ!というおススメをかきました。
 ぜひごらんください。もちろん映画ブタキンのほうなんですが(笑)。  昔の映画
名前
URL
削除用パスワード