人気ブログランキング |

「東京物語」またまた指田文夫さんの珍論

大衆文化評論家指田文夫の「さすらい日乗」というブログをたまたまのぞいたら、「日本映画学会第12回大会」という記事があって、その一部に仰天した(笑)。以下一部を抜粋引用する。

e0178641_982320.jpg新潟大学の羽鳥隆英さんの「淡島千景資料」を使用しての五社協定下の俳優の動きは、非常に興味深い発表で、東宝の池部良、松竹の佐田啓二らが、会社を超えて俳優のつながりを作り出そうとしていたことが淡島千景さんの資料から実証された。
私もまったく同意で、戦後の独立プロ運動が、東宝を出た左翼独立プロから、1960年代の大島渚らの松竹脱退組のみで語られるのは不満で、いろいろな動きがあったことはもっと研究されるべきことだと思う。
昼食後は、小津安二郎についてが2本あり、相変わらずの小津人気の高さを知らされた。
京都大学の伊藤弘了さんは、小津作品の小道具や部屋の絵画等を手配していた北川靖記の役割についてのもので、小津の広い人脈が改めてよくわかった。
一橋大学の政清健介さんのは、『東京物語』における引き戸の音の処理についてで、大坂志郎の場面への入りの扱いが特別だったことが協調されていた。それは私の考えでは、小津は大坂志郎が嫌いで、そうしたのではないかと思った。
もし、小津が大坂が嫌いでなければ、原節子は次男の死の後、三男の大坂と結婚したはずだったからである。
戦後、男が戦争で死んだときは、その兄弟、多くは弟と再婚したものだったからである。それは、農家等では財産を家で保持するという意味も大きかったと思う。(以上引用終わり、文字変色は引用者)


 相変わらず指田さん独特の根拠不明な断定調が、ひどい(笑)。
 戦前から一貫して、家制度の崩壊を描いた小津が、仮に大坂志郎が大好きだったとして、ハラセツと夫の弟の結婚を描くはずもない。
 小津の基本姿勢は、家族が増える結婚は許さない、ということであり、現に笠智衆は、ハラセツにほかの男との再婚を促して、家族を減らそうと努力しているのだ。
 しかも、笠智衆の息子・娘は、より近代的なミニマムな家族構成を志向しつつあるのであり、指田さんいうところの「農家等」の発想とは、まさに真逆な立ち位置だろう。

 妄想も極まれり、というところか。

 なおついでに読んだ同ブログ、『「小川宏ショー」に出た兄』もまた、意味不明の珍文である。短いので全文を引用する。

アナウンサーの小川宏が亡くなったそうだが、その人気コーナーのご対面に私の兄が出たことがある。
相手は女優の高峰秀子で、彼女の小学校時代の「恩師」が私の父・指田貞吉で、1960年に死んでいるので、その代わりで当時20代の兄が出たのである。
私は家で、8ミリカメラで撮影したので、そのフィルムは今でもあるはずだが。
私たちの父が彼女の小学校時代の「恩師」であったことは、彼女の自叙伝『私の渡世日記』に書かれていて、少々褒めすぎのように私たちには思えるが、彼女のような大女優に記憶されているのは、勿論うれしいことである。
高峰秀子は、恐らく日本映画史最高の女優の一人だと思うが、このブログでも彼女のことに触れないのは、その性である。

 たったこれだけの理由で、「恐らく日本映画史最高の女優の一人」に「このブログでも彼女のことに触れない」のは、常人には理解できないクレイジーさだと、私は、思います(笑)。異常なまでの自意識過剰、以外には、わたくしの凡庸な頭では、理解できない(笑)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2016-12-07 09:10 | 小津安二郎映画の正体小津漬の味 | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : https://mukasieiga.exblog.jp/tb/25020475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by さすらい日乗 at 2016-12-09 09:27 x
珍論へのコメントありがとうございます。

しかし、農村のみならず、都会でも戦争で夫を失った女性が、その兄弟と結婚することはよくあったことです。私が最初にいた職場のある課長がそうで、
「俺は兄貴のお古と結婚したんだ!」といつも言っていました。でも特に不幸には見えませんでしたが。
Commented by mukashinoeiga at 2016-12-09 19:59
「東京物語」またまた指田文夫さんの珍論記事へのコメント、さすらい日乗さん、ども。
 たしかに「よくあった」ことなんでしょうが、その「よくあった」ことと、小津の映画、小津の好みとは、何の関係もないことなのではないでしょうか。
 その「よくあった」ことは、「よく出来た嫁」に対する「もったいない」精神なんでしょうかね。昔のひとは「ふるいもの」を簡単には捨てないということなんでしょうかね。
 でもまあ、いずれにしても、近代人、シティーボーイの小津とは遠い発想だと思います。  昔の映画
Commented by mukashinoeiga at 2017-08-27 17:26
「東京物語」またまた指田文夫さんの珍論記事へのセルフコメント。
 なぜかこの記事が記事別アクセスの下位に入ったので、再読しましたが、そこであらためて気づいたこと。
 三島雅夫の再婚(たしか娘の桂木洋子がいての)を、原節子に「不潔よ」といわせた、結婚に潔癖(笑)の小津安が、亡兄のお下がりの、お古の嫁を、次男に継がせることは、絶対にありえない、のでは。
 指田文夫さん、不潔よ(笑)。
 それに現に次男で長男コンプレックスがあり、映画の主役は大体次男の小津が、兄のお下がりもらう二男を描くはず、絶対にないじゃーあーりませんか(笑)。 昔の映画こと原節子
名前
URL
削除用パスワード