三隅研次「なみだ川」藤村志保若柳菊細川俊之戸浦六宏藤原釜足安部徹玉川良一

やはり快作傑作、何回か見ていて、今回見て。
 京橋にて。「映画監督 三隅研次」特集。67年、大映京都。
 藤村志保、やはり、素晴らしい。代表作というべき。
 藤村志保と三隅のコラボ、絶品はいくつもあり、今回は見れなかったが、 「斬る」「古都憂愁 姉いもうと」なども、絶の品。

e0178641_0465593.png34なみだ川(79分・35mm・カラー) <フィルムセンターHPより>
1967(大映京都)(監)三隅研次(原)山本周五郎(脚)依田義賢(撮)牧浦地志(美)内藤昭(音)小杉太一郎(出)藤村志保、若柳菊、細川俊之、戸浦六宏、藤原釜足、安部徹、玉川良一、塩崎純男、春本泰男、水原浩一、町田博子、本間文子、花布辰男
三隅・依田の演出脚本コンビで、藤村志保と若柳菊(のちの菊ひろ子・奈月ひろ子)が姉妹を演じる文芸物の第2弾。今回も藤村演じる姉は妹の結婚に気をもむが、おっちょこちょいなのでロマンティック・コメディ的な展開も。三隅は悪役を根っからの悪人としては描かず、作品世界に繊細なニュアンスを与えている

e0178641_0512887.png 何度も見ているだけに、今回は細部にも注目した。
 オープンセットの、道向こうの二階家の屋上に着物が干してあり、青空。
 もはや、とてもオープンセットとは思えず、リアル江戸時代
 志保と細川俊之がはじめて結ばれる川沿いの二階家の、絶景。
 その他その他、なんと素晴らしい。絶品の大映美術。
 ただし本作の唯一の欠点は、妹役の新人女優が、あまりの一本調子の、あまりに固すぎる演技。
 全然味わいなし。うーん。

e0178641_0523382.png しかし、全体は、笑わせ、泣かせての、絶品の人情劇!
なお上記解説だが、兄・戸浦六宏は、貧しい庶民のために、時の政府にたてつく、いまで言うシールズみたいな若者。しかし妹たちから大金を奪おうとする。
 左翼的主張のためなら、貧しい妹たちのなけなしの金を奪ってもかまわない、という左翼擁護のフィルムセンターの立場は、あまりにあくどすぎるぞ(笑)。
 しかも姉は小唄の師匠、妹は御大家の娘の嫁入り衣装のお針子、という特権階級の御用を承る庶民というベタな設定に、左翼インテリ(笑)フィルムセンター諸君が、反応したというのも、面白い(笑)。

★映画監督 三隅研次 | 東京国立近代美術館フィルムセンター★
 クリックすると、Not Foundと表示されますが、その上の黒いメニューバーをクリックすれば、大丈夫。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-02-28 23:59 | 三隅剣児女なみだ川と大魔剣 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : https://mukasieiga.exblog.jp/tb/24178270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by お邪魔ビンラディン at 2016-02-29 00:47 x
なにせ、若柳菊さんという方は、フジ産経グループの鹿内さんの御令嬢ですから、当時の大映の経営状態からみて、イヤでも使わざるを得なかったのではないかと邪推しております。

それから、シールズというのは、「スミス都へ行く」の現代日本版に、ややアスペルガー症候群的な味つけが加わった以上でもなければ以下でもない存在だと思います。(たまには、あのような存在が出てくる必要は、ありそうです。)「主義のためにたびたび金をせびりに来る兄」を戸浦六宏がやっているのは、むろん、大島渚の「日本の夜と霧」で演じていた、いかにも不敵な面構えのサヨクを連想させたいからに違いなく、シールズでは戸浦六宏に比して貫禄負けするのではないかと愚考します。また、フィルムセンター解説文がここに言う「悪役」には、安倍徹も含まれているはずですね。
Commented by yazaki at 2016-02-29 18:43 x
28日のフィルムセンターでの上映,音が少し大きいように感じました.出だしのあたり,台詞の語尾が「ぅわーん」とかすかに反響しているようにも聞こえました.
この映画を見るのは初めてですが,よそで上映してもこんな感じでしょうか.
連れは「気づかなかった」と言ってましたが,初めのうちとても気になりました.
Commented by mukashinoeiga at 2016-02-29 23:26
三隅研次「なみだ川」へのコメント、yazakiさん、ども。
 今回の三隅特集、確かに音は、全体に大きいです。
 最近のフィルムセンターの映写は、かなりずさん。これについては、いずれ、書きます。  昔の映画
Commented by mukashinoeiga at 2016-02-29 23:33
三隅研次「なみだ川」へのコメント、お邪魔ビンラディンさん、ども。
 おお、そうでしたか。
 シールズというか、民青というか、左翼の皆さんは、ややアスペルガー症候群というのは、たしかに、言いえて妙ですね(笑)。
 福島みずほなんかも、アスペなのか(笑)。確かに、ありうる(笑)。イヤー、福島みずほ、東大で頭はいいが(笑)かなりの確率で、アスペかも(笑)。 昔の映画
Commented by boo at 2018-04-19 01:13 x
コメ欄含め偏向激しすぎだろ
Commented by mukashinoeiga at 2018-04-19 20:04
三隅研次「なみだ川」へのコメント、booさん、ども。
 相変わらずあなた方の「反論」は具体性に欠けますね。どこがどう偏向しているのか具体性を一切示さず、感情のほとばしるままの幼げなピンポンダッシュ。
 少しはこちらをぎゃふんとさせるような緻密な論理展開を見せてくださいな(笑)。
 だからパヨクといわれるんですよ(笑)。 昔の映画
名前
URL
削除用パスワード