人気ブログランキング |

三隅研次大特集!上映(狂喜)

e0178641_23444789.jpg フィルムセンターで来年2016.1.5-3.13に、大レトロスペクティヴが、開かれる。
 (ほぼ)全作品必見の傑作快作と、言っていいと思う。
 まあ、なかには、凡作駄作の類もあることは、否定しないが(笑)。特に初期作品は、後年の三隅レヴェルとは違う、諸作もあるにはあるが(笑)。
 まあ、その話は、追い追い(笑)。 

★映画監督 三隅研次 | 東京国立近代美術館フィルムセンター★
三隅研次(1921-1975)は、時代劇に大胆な表現を導入し、極限的な状況における愛と死を描き続けることによって戦後の日本映画に新風を送りこんだ監督です。1921年に京都に生まれ、子供の頃から映画が好きだった三隅は、1941年、日活京都撮影所に助監督として入社します。しかし翌年に召集されてそのまま大陸で敗戦を迎え、シベリアで3年間の抑留生活を送ったのち、1948年にようやく帰国、大映京都に復職します。衣笠貞之助、伊藤大輔ら名匠の助監督に就き、1954年に『丹下左膳 こけ猿の壷』で監督デビュー、以後大映が1971年に倒産するまでの17年間で60本の映画を撮りました。その後は翌72年に西岡善信ら旧大映スタッフと共に製作プロダクション・映像京都の設立に加わり、監督としては勝プロダクションや松竹で7本の映画を撮ると同時に、テレビドラマの演出を数多く手がけました。しかし1975年、撮影中に倒れ、54歳の若さで急逝しました。その研ぎ澄まされた画面設計やスピーディーな語り口は、衰退を見せ始めた撮影所体制下において時代劇の新たな可能性を示し、現在もなお新鮮な驚きを我々に与え続けています。
 本企画は、三隅の手がけた劇場公開映画51本と、テレビドラマ「必殺」シリーズ19本を60プログラムに組んで上映する大回顧特集です。珠玉の作品の数々を、ぜひフィルムセンターの大スクリーンでお楽しみください。(引用終わり)

 映画作品は、ほぼ見ているが、落穂ひろい的な未見作が楽しみ。既見作も、なるべく見たい。中には、何度も何度見ているものもあるが(笑)。TVドラマは、ほぼ未見なので、こちらも楽しみ。
 なお、僕が三隅エピソードで一番好きなのは、復員後、大映幹部?社長?に挨拶にいった際、「これからは、役者になりたい」と(笑)。「アホか」と、たちまち、助監督に戻されました、という(笑)。まあ、脇役役者(クレイジータイプか)の、三隅も、見てみたかったが。見果てぬ夢のひとつ。

〈映画〉 座頭市物語 〈予告編〉 Zatoichi

三隅研次監督『婦系図』 お蔦と主税の別れ

市川雷蔵「新撰組始末記」opening

町山智浩の映画塾!「没後40年 三隅研次の剣三部作」<予習編> 【WOWOW】#171

町山智浩の映画塾!「没後40年 三隅研次の剣三部作」<復習編> 【WOWOW】#171

★市川雷蔵と大映スターたち 01★
 以下エンエンとアップされた、貴重なドキュメンタリー。大映ファン必見。
 以前当ブロクにも、全部貼り付けましたが、直接ユーチューブに飛べば、まだ、見ることが出来る模様。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★

by mukashinoeiga | 2015-12-18 23:50 | 三隅剣児女なみだ川と大魔剣 | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : https://mukasieiga.exblog.jp/tb/23974279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by お邪魔ビンラディン at 2015-12-19 09:20 x
今回の特集で文句をいいたいのは、他の監督特集では各作品とも平均3回上映されるのに、2回ずつしか上映されないことです。(いま上映中の韓国映画特集みたいに、平日の昼の回だけしか上映しないプログラムがあるのにくらべると、まだマシですが)
凡作駄作のたぐいも含めて、三隅作品は一見に値する映画ばかりなので、できるだけ通いたい特集ですね。
今回の特集で上映されないものをラピュタやシネマヴェーラあたりで特集してもらえるといいんですがねぇ。
Commented by お邪魔ビンラディン at 2015-12-19 09:20 x
今回の特集で文句をいいたいのは、他の監督特集では各作品とも平均3回上映されるのに、2回ずつしか上映されないことです。(いま上映中の韓国映画特集みたいに、平日の昼の回だけしか上映しないプログラムがあるのにくらべると、まだマシですが)
凡作駄作のたぐいも含めて、三隅作品は一見に値する映画ばかりなので、できるだけ通いたい特集ですね。
今回の特集で上映されないものをラピュタやシネマヴェーラあたりで特集してもらえるといいんですがねぇ。
Commented by mukashinoeiga at 2015-12-19 13:20
三隅研次大特集!上映(狂喜)記事へのコメント、お邪魔ビンラディンさん、ども。
日ごろ冷静なはずのお邪魔さんが、連投とは、よほど文句が言いたかったのでしょう。それとも当ブログのコメント機能の調子が、当時、悪かったのか。
 まあ、三回やるほどの人気はない、と判断か。これが三隅作品に大量に若尾がでていれば、まあ、違った話かもしれません。
 作品チョイスについては、今回TVドラマを大量にニュープリントしたので、映画は少しケチったというところでしょうか。  昔の映画
名前
URL
削除用パスワード