人気ブログランキング |

千葉泰樹「妻と女記者 ―若い愛の危機―」

 京橋にて。「映画監督 千葉泰樹Yasuki Chiba Retrospective」特集。50年、新東宝=藤本プロ。
 登場人物たちの思惑が、いくつもすれ違う。オフビートともいえるコミカルさも頻出する、ホームドラマ佳作。
 コメディ寄りシリアス・メロドラマは、やはり、千葉ちゃんの真骨頂だ。ここら辺は同僚・成瀬と重なるが、成瀬と比べると、やや深みが欠ける恨みあり。軽量級成瀬。
 しかし楽しい。

妻と女記者 ―若い愛の危機―(91分・35mm・白黒) <フィルムセンターHPより>
復員して以来、妻や両親とそりが合わない男(伊豆)が、亡くなった戦友の妹(角)を自宅の二階に下宿させたことから、家族のすれ違いがますます拡大していく…。『妻と女秘書』(1936、クラレンス・ブラウン監督)を下敷きにした物語で、千葉と名プロデューサー・藤本眞澄が組んだ最初の作品。藤本プロの専属女優第1号・角梨枝子の映画デビュー作でもある。
1950(新東宝=藤本プロ)(監)千葉泰樹(脚)久坂榮二郎(撮)小原讓治(美)松山崇(音)早坂文雄(出)山根壽子、伊豆肇、角梨枝子、池部良、若山セツコ、菅井一郎、滝花久子、よねくらいずみ、田中春男、江川宇礼雄、冬木京三、杉寛、小島洋々

 角梨枝子の映画デビューであるだけに、この「日本人離れした」美貌を最大にフィーチャー。あの角度この角度からのさまざまなアップ。まさに角梨枝子PVの、趣き。
 たいへん、きれいだし、うまい。ただ、彼女のみ、セリフのテンポが、ゆっくり。ほかの俳優たちのテンポと違い、やや違和感。しかし、デヴュー作での、このカンロクは、立派。

 池部良は角に恋するのだが、伊豆に比べて分が悪い。フラレ役な脇役扱い。だが、この生き生きとした「青年役」の、池部、たいへん新鮮。当時のアイドル的役回り。素晴らしい。
 そしてこのふたりの、雑誌社同僚・若山セツコの愛らしさ。ナチュラルボーンのいもうとキャラ。
 そしてなぜか(笑)母親役専門・滝花久子が、本作に限って、本当になぜ(笑)妙に色っぽいのがふしぎ。

 復員後、妙にイラついて、妻子や両親につらく当たる、伊豆肇。妻・山根寿子も、両親(菅井一郎、滝花)も困惑するばかり。ヴェトナムや中東戦争後、復員したアメリカ兵が、その精神的後遺症に悩まされるのと、同じ構図と、今なら理解されよう。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2014-12-17 06:17 | 千葉泰樹 ヤスキ節の愉しさ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://mukasieiga.exblog.jp/tb/22655536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード