人気ブログランキング |

佐分利信「人生劇場 第一部 青春愛欲篇」

 渋谷にて。「日本のオジサマⅡ 佐分利信の世界」特集。52年、東映東京。あと2回の上映。
 掛け値なしの大快作。その理由は、三つ。
 第一に、俳優出身監督らしく、きわめて贅沢なオールスタア・キャスト。しかも、それぞれに見せ場を設定する俳優愛。
 第二に、この監督らしい、叙情描写の見事さ、確かさ。
 第三に、この監督らしい、きわめてかっとんだショットを、さりげなくちりばめる、そのスバラシさ。
 カットつなぎのヘンさ/すばらしさは、相変わらずで、小津・渋谷・吉村・清順の<松竹ヘン監督>の系譜に、サブリンも、また、連なるのだ、ということを、より確信させる。
 内田吐夢版「人生劇場」より、沢島忠版より、加藤泰版より、すばらしいのでは、ないか。
 何より、映画を見ているあいだの、わくわくドキドキ感のつるべ打ちが、ハンパない。
 ああ、素晴らしい(笑)。

『人生劇場 第一部 青春愛欲篇(35mm)』公開:1952年 <渋谷シネマヴェーラHPより>
監督:佐分利信 主演:舟橋元、佐分利信、北林谷栄、高峰三枝子、月形龍之介、片岡千恵蔵、島崎雪子、内田良平
豪家の一人息子・瓢吉は父亡きあと早稲田大学に入学し、総長夫人像の建設反対運動を通じて友人を得たが…。真実を求め愛に悶え青春に苦悩する瓢吉の波乱の人生を、料亭の女・お袖、初恋の女・おりん、飛車角、吉良常等を絡めて描く。佐分利信は瓢吉の父・瓢太郎役で出演もしている。フィルムセンター所蔵作品。

 なお、本作のフィルム上のタイトルは、「人生劇場 第一部 前篇」という、意味不明なもの。決して「青春愛欲篇」というのは、ありませんでした?

 まず第一の、それぞれに見せ場を設定する俳優愛だ。
 自身サブリンはむろんのこと、高峰三枝子、徳大寺伸、笠智衆、高杉早苗、桜むつ子、槙芙佐子など、いくたの松竹作品で共演した松竹同僚俳優組と、月形龍之介、片岡千恵藏、月形哲之介ら東映組との見事なコラボ。
 校長とケンカして失職した元教師のルンペン・笠智衆の「愛らしさ」(何とはなしに、小津の、「転職した教師たち」を思わせる)。
 料亭の浮気女・島崎雪子の、愛らしさ。彼女と、芸者・槙芙佐子が、主人公・舟橋元に、しなだれかかる、たおやかな演技は、マキノ演出バリで。
 和風セクシーガールの、嫋嫋とした嬌態を、サブリン、あの仏頂面で、演出したのか(笑)。このセクシーな嬌態は、当時の女優としては、監督のマキノ的?な演出、要求なしには、出来ない体だが。
 特に、このふたり、島崎雪子、槙芙佐子は、当時のアイドル的女優なのだから、監督の要求が必ずあって、それに従ったはずだが?
 舟橋元と、いちゃいちゃしているところを内田良平に見つかっての、しまった、という思い入れでの島崎雪子の指パッチンは、最高にいい。和服の女の指パッチン、サブリン、わかってらっしゃる(笑)。 
 もっとも天然の嬌態女優の島崎は、はるか後年、クマシロと結婚したくらい?だから、その辺の女の機微には、詳しいか?
 この女性演出、監督補佐とクレジットされる小林恒夫にも、合うと思えない。
 小林恒夫は、監督自身のサブリンの出演シーンの、部分的監督か、多発するモブシーンの第二監督か。いずれにしても、サブリン演出は確かであり、「補佐」の必要は、ないように、思える。

 そして、頑固一徹で、昔気質の侠客「吉良常」を演じるなら、このひと以外はいない、という、絶品の月形龍之介!
 ああ、いいなあ。ああ、いいなあ、という感想以外思い浮かばない(笑)月形龍之介。

 ちなみに主人公・青成瓢吉(なんちゅう、わかりやすい青春小説主人公のネーミング!)が、早稲田大学の学友・新海一八らと意気投合するのだが、これがきわめて月形龍之介と、似た顔。それもそのはず、演じるのは、月形哲之介。ぼく的には、月形哲之介の顔をこんなに長く見たのは、初めてだ。
 サブリン演出的には、自分の人生の叔父貴格の龍之介と、親友・哲之介の、シンクロを狙ったものか。

 そして、瓢吉(ど下手な新人・舟橋元)の学友たち。
 加東大介の学生服姿が珍(笑)。まさか、加東大介の学生服姿を見るとは、思っても見ない椿事で(笑)。しかし、ビミョウに似合っている?のは、なんとも楽しい。もっとも、退学後のスリーピース姿のほうがはるかにサマになっているのには、一安心(笑)。
 ほかに、内田良平、三橋達也などの学生服も、完全にコスプレ状態(笑)。特に三橋など、学生集会のワンシーンのみに登場、せりふも一言だけ。こりゃあ、どう見ても、
三橋「佐分利センパイ、今度、東映で監督なさるそうで。ぼくも、出してくださいよー」
佐分利「うー、もう配役全部決まっちゃったよー」
三橋「そんなこといわないで、出してくださいよー。この間の「慟哭」にも、出た仲じゃないですかー」
佐分利「うー、じゃ、せりふ一言の役でも、いいか」
三橋「せりふ一言、いいじゃないですか。せりふ一言でも、先輩の映画に、出たいっす」
佐分利「うー」

 あるいは(笑)。
助監督「カントク。撮影見学にきてた三橋さん、かつてに衣装の学生服来て、エキストラの中に混じってますよ!」
佐分利「うー」
助監督「どうします?」
佐分利「うー。なんか、せりふ、みつくろっておけ」手を振って「その代わり、ギャラは、やらんといっておけ」
助監督「えー、そんなわけにも」
佐分利「うー、かまわんかまわん」
 てな感じかしら(笑)。なんせ、川島についていって、松竹から、日活、東宝に、流れていった三橋青年の、C調さだからねー(笑)。

 というわけで、長くなったので、★本作の第二第三の魅力について★は、また後日(笑)。←書きました。
◎追記◎
 本作の続編については★佐分利信「人生劇場 第二部 残侠風雲篇」★にて、感想駄文いたしました。

★Movie Walker★および★所蔵映画フィルム検索システム★のタイトル検索で、詳細な作品情報あり。ただし、簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)は、前者のみ。後者はスタッフ・キャストが超詳細。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2014-10-04 23:36 | 佐分利信 サブリン人生劇場 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : https://mukasieiga.exblog.jp/tb/22445170
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by お邪魔ビンラディン at 2014-10-05 18:32 x
昨日は用事があって見に行けませんでしたが、これはぜひ見に行きたい映画です。
そういえば、加東大介の学ラン姿には、次のようなテレビドラマがあるんですね。監督が久松静児で脇役もこの顔ぶれなら、ハズレはない。
 http://www.tvdrama-db.com/drama_info/p/id-11480
45年前のドラマともなると、フィルムでも再見する能わずといった可能性が高いのは、なんとかならんものか!
Commented by サセレシアH at 2014-10-05 22:30 x
船橋元といえば、「新撰組血風録」の近藤勇役でしたが人の良い優しそうな感じで局長という感じはなかったような,....。他の人もまったく「ドス」が効いてなくて変な新撰組でしたが、唯一沖田役の島田順二だけは格好良かったっすね。
「はぐれ刑事」の課長とは最初分かりませんでした。
新撰組の映画は全部観た訳ではありませんが、ピンと来るキャスティングと雰囲気にまだ出会った事がないですね。

私的には
近藤.....三船敏郎
土方......鶴田浩二
沖田......市川雷蔵
斉藤......高倉健

各社共同で。
Commented by mukashinoeiga at 2014-10-07 22:05
佐分利信「人生劇場 第一部 青春愛欲篇」へのコメント、お邪魔ビンラディンさん、ども。オススメです(笑)。
 絶対の傑作ではありませんが、見ているあいだじゅう、にこにこの快作。
 TVドラマ旧作、気軽に見れるようになりませんかね。  昔の映画
Commented by mukashinoeiga at 2014-10-07 22:18
佐分利信「人生劇場 第一部 青春愛欲篇」へのコメント、サセレシアHさん、ども。
舟橋元、ちょいと小太りで、現在の視点から見て、これで二枚目かぁー、と(笑)。

>新撰組の映画は全部観た訳ではありませんが、ピンと来るキャスティングと雰囲気にまだ出会った事がないですね。

新撰組の悲喜劇は、若い者のそれなので、若い者の特権というか、悲劇なので、東映映画なで千恵蔵などが出ると、がっくりしますな(笑)。
新撰組の各社キャスティング、いつか、考えてみたいなあ。  昔の映画
Commented by お邪魔ビンラディン at 2014-10-08 00:57 x
新撰組ものでいうと、三隅研次の「新選組始末記」の配役は、いままでのベストじゃないですか?
 近藤 勇  城健三朗(若山富三郎)
 土方歳三  天知 茂(これが傑作)
 沖田総司  松本錦四郎
 山崎 烝  市川雷蔵(やっぱり主役はこの方デス)
 芹沢 鴨  田崎 潤
 ヒロイン  藤村志保
当初は、小林勝彦主演の白黒B級作品として企画されていたのが、たまたま雷蔵が脚本を読んでこれをやりたいと言い出したのでカラー作品になって他の配役もグレードアップした由。まぁ、結果オーライで大傑作になったから、これでいいのだ、ということになるわけですが。
Commented by mukashinoeiga at 2014-10-08 20:37
三隅研次「新選組始末記」へのコメント、お邪魔ビンラディンさん、ども。
 同作のキャスティングの機微については、まったく記憶になし(泣)。というのも、同作については、なんだか三隅にしては、詰まんないなあ、という印象しかないものですから(泣)。
 そのうち、再見してみます。  昔の映画
名前
URL
削除用パスワード