井田探「天使が俺を追い駈ける」吉永小百合三木のり平小園蓉子嵯峨善兵金子信雄八波むと志西村晃

 阿佐ヶ谷にて。「昭和の銀幕に輝くヒロイン 第73弾 吉永小百合」モーニング特集。61年、日活。
 なかなかの快作なり。6月14日(土)まで上映中。
 なんと、当時15歳の美少女・吉永小百合が、三木のり平に恋をし、あまつさえ、結婚してしまうコメディ。
 美女と野獣ならぬ美女と珍獣の組み合わせ。

e0178641_10251369.jpg天使が俺を追い駈ける <ラピュタ阿佐ヶ谷HPより>
1961年(S36)/日活/白黒/69分
■監督:井田探/脚本:小野田勇/撮影:中尾利太郎/美術:松井敏行/音楽:山本直純
■出演:三木のり平、小園蓉子、嵯峨善兵、金子信雄、久邇恭子、八波むと志、西村晃、リー・スミス(かわいい)、冬木京三
自殺志願の男が殺人請負会社と契約。残された数日を愉快に過ごすうちに、ラッキーな出来事ばかりが舞い込んで…。撮影当時十五歳。初々しい吉永小百合が三木のり平に一目ぼれするという珍設定がみものの喜劇。

 井田探は、小品のコメディ、サスペンスが、気づいてみれば、いつも何気に素晴らしい。本作もそのひとつ。必ず楽しめる小品専門監督の感あり。69分というタイトなランニングタイムが、シマリを生む。
 主演・三木のり平も、ベストではないが、素晴らしいコメディアン。後年の東宝コメディでの助演は、さえないし出番も少ないが、それはこの珍優を粗末に扱い過ぎ。本作の生き生きぶりが、楽しい。
 しかし、本作でも、彼が拉致される繁華街のシーンで、「何はなくとも江戸むらさき」の宣伝看板が何度も写り、留置場に入れられるシーンでは、千葉信男が巨大おにぎりをほおばる際、懐から江戸むらさきを出して、ススメる。
 まあ、CMタレントとしては優等生だろうが、こんな楽屋落ちともいえない楽屋落ちを毎回演じるから、軽んじられてしまうのだ、という面もあろう。
 意外と渋い声でごまかされるが、由利徹並みの珍優扱いが、かえって彼の評価を低めたのかも。
 その由利徹がらみの、八波むと志が「一見殺し屋だが殺し屋ではない男」を快演。若くして亡くなったが、見るたびにニコニコものの快演なのが、うれしい。エクセレント。
 本作では、のり平むと志(字面も似ている)このふたりを見ているだけで、楽しい。
 吉永小百合は、ただひたすら美しく、可愛らしく、うまい。
 まあ、三木のり平とのラヴシーンで若干、演技はよろめくが、それは当たり前で(笑)。許す。こんなアウェイ演技を、良くぞ耐えた(笑)。

 なお、「自殺志願の男が殺し屋と契約」というメインプロットは山田洋次「九ちゃんのでっかい夢」67年と、同工異曲だが、本作脚本小野田勇と「九ちゃんのでっかい夢」原作・小林信彦は、初期TVヴァラエティ台本を共作していなかったか????
 まあ、さらにさらにその前の洋画(フランス映画あたり?)で、オリジナルがあった可能性も高いが。

 前半は、のり平むと志の掛け合いで笑わせ、後半は小百合の愛らしさと、のり平のドタバタ体技。
 当時としては高層ビルの屋上や、窓前の出っ張りでの追いつ追われつ。悪役・嵯峨善兵(相変わらず愛くるしい)の、アクション?シーンなんてのも、珍だが。
 そして高層ビル周りのドタバタアクションで、来るな来るな、それだけは、ダサい物まねになるから、やめてくれ、という、高層建築の側面にある大時計の、長針にしがみつき、落下の危機に合うのり平という、つまらないドタバタBC級に何回も何回も、パクられた名シーン、そのパクリに、やはり、突入。
 でも、のり平の体技が合格点で、事前に思ったより、グッド。スパシーボ。
 名タイトルも含め、グッド。
なお、本特集、小百合といえばこの定番、というものを外していて、なかなかレアものが多く、さすがラピュタ。
 レイトには、日活ロマンポルノの曲者女優・芹明香の特集、朝は日活明朗青春モノの小百合、と共に日活の「名花」をフィーチャー。うれしい。

★天使が俺を追い駈ける|Movie Walker★
 牧師役は、このおそらくキネ旬由来の予定キャスト孫引きとは違い、橋本功に。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2014-06-12 01:17 | 旧作日本映画感想文 | Trackback(6) | Comments(6)

トラックバックURL : https://mukasieiga.exblog.jp/tb/22103038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from bandar judi .. at 2018-10-23 10:53
タイトル : link alternatif bola bagus
井田探「天使が俺を追い駈ける」吉永小百合三木のり平小園蓉子嵯峨善兵金子信雄八波むと志西村晃 : 昔の映画を見ています... more
Tracked from nonton movie.. at 2018-10-26 05:59
タイトル : nonton movie online
井田探「天使が俺を追い駈ける」吉永小百合三木のり平小園蓉子嵯峨善兵金子信雄八波むと志西村晃 : 昔の映画を見ています... more
Tracked from rumus judi c.. at 2018-10-27 21:40
タイトル : judi monopoly online
井田探「天使が俺を追い駈ける」吉永小百合三木のり平小園蓉子嵯峨善兵金子信雄八波むと志西村晃 : 昔の映画を見ています... more
Tracked from Jadwal Bola .. at 2018-10-29 01:41
タイトル : Livescore Sepakbola Terlengkap
井田探「天使が俺を追い駈ける」吉永小百合三木のり平小園蓉子嵯峨善兵金子信雄八波むと志西村晃 : 昔の映画を見ています... more
Tracked from 918kiss easy.. at 2018-10-29 22:20
タイトル : 918 kiss app
井田探「天使が俺を追い駈ける」吉永小百合三木のり平小園蓉子嵯峨善兵金子信雄八波むと志西村晃 : 昔の映画を見ています... more
Tracked from Mesin Revers.. at 2018-10-30 18:09
タイトル : Mesin Reverse Osmosis
井田探「天使が俺を追い駈ける」吉永小百合三木のり平小園蓉子嵯峨善兵金子信雄八波むと志西村晃 : 昔の映画を見ています... more
Commented by お邪魔ビンラディン at 2014-06-12 21:28 x
いまは、ただただ懐かしき三鷹オスカーで、昭和と平成の変わり目ころに「小百合といえばこの定番」というものを集めて特集を組んだところ、同館空前絶後の不入りとなったという故事があります。(閉館のときのチラシにその旨の報告がありました。
いわゆる定番ものには大きなハズレはないものの、民コロイデオロギー全開のときの山本薩夫作品同様に、新たな発見もないから、かえって、レアものの中に面白い作品があるんじゃないかというのが、映画オタクの共通認識ではないか知らん。
Commented by mukashinoeiga at 2014-06-12 23:58
井田探「天使が俺を追い駈ける」へのコメント、お邪魔ビンラディンさん、ども。
 ま、学級委員長の優等生の定番というのも、集めたら、味気ないものなのかな(笑)。
 定番3本立て(ヴィスコンティやパゾリーニ「三昧」は、朝入って夜出る、文字通りの映画地獄>笑)あの近辺の商店街は、いまも健在なのでしょうか。名画座がなくなって、いく必要がなくなった町多数、というのが名画座狂のあるあるですかね。
 まあ別格の大井武蔵野館はともかく、アムス西武が、ぼくにとっての「理想郷」でしたかも。
 なお、お邪魔さんならわかるかな、今回の小百合モーニングのチラシの、メインヴィジュアル、バットを構える小百合の周りの男女、下の辺りの女優二人がわかりません(顔が微妙に見えず)まあ当該映画の出演者を検索すればわかるのでしょうが。 まるで視力検査で、余りに小さくてわからない感が(笑)。昔の映画
Commented by お邪魔ビンラディン at 2014-06-14 11:20 x
右側は、おそらく安田道代ですね。
左側はよく分かりませんが、田代みどりのようにも見えないから、消去法で言って槇杏子か平山こはるということになるのでしょうが、うーむ、大井武蔵野館のレイトで見て以来ご無沙汰のこの映画、また見に行かなければならないかな?
Commented by mukashinoeiga at 2014-06-14 23:11
井田探「天使が俺を追い駈ける」へのコメント、お邪魔ビンラディンさん、ども。
おお、安田道代ですか、右側。なるほど。
田代みどりは、左側一番下の女優の、ひとつ上ですか。
大井武蔵野館のレイトでごらんになったということは、ぼくも、かなりの確率で「風と樹と空」見ているはずですが、まったく記憶にありません(泣)     昔の映画
Commented by サセレシア at 2014-06-15 14:13 x
いやー「天使〜」よかったっすね〜。
小生こういった類いのノリの「小品」が大好きなんですが、作品の時代が時代なだけになかなか見る機会がなくて.....。一度「日本コメディB級映画」と題して昔の映画さんのBest10を是非伺ってみたいですね。
戦前の作品なども捨てがたい魅力のある映画がイッパイあったんでしょうねー。貴殿の他の記事で知ったんですがACTをはじめいろいろな名画座が姿をけしていたんですね。都落ちしてウン10年...知りませんでした。亀有名画座も好きでしたっけ。
Commented by mukashinoeiga at 2014-06-15 23:54
井田探「天使が俺を追い駈ける」へのコメント、サセレシアさん、ども。面白かったですねー。
 脚本演出のセンスもよく、こういうのり平もっと見たかった。

>一度「日本コメディB級映画」と題して昔の映画さんのBest10を是非伺ってみたいですね。

 いやいや、候補作をリストアップするだけで、死にます(笑)。
 仮にネット上に簡単にコピペできる、そういう映画のリストがあっても、膨大な作品数ですし、大部分の駄作凡作を消去する手間、必ずあるだろう漏れの確認、もう並大抵ではありません。
 比較的暇なときにはじめた、当ブログの特集「ベストテン」も、数年分で挫折いたしましたし(笑)。本職の方のご努力に期待したいものです。
 亀有は、冬の閉館特集に行ったら、暑がりのぼくも超寒くて、底冷えいたしました。あの寒さは異常気象(笑)。
 冬の亀有はカイロと、お酒が必要と、泣きつつ、映画を見ていました(笑)。    昔の映画
名前
URL
削除用パスワード