西河克己「風のある道」芦川いづみ

なかなかの快作。神保町にて。「文豪と映画 川端康成「『恋ごころ』の情景」特集。59年、日活。
e0178641_22212271.jpg お話は、ありがちな展開だが、画面の緊密感が心地よい。ウェルメイドなプログラム・ピクチャアを量産した西河(しばしばヌルい)が、こんなに、シマった映画を作りえるとは。
 初見と思い駆けつけたら、既視感ありあり(泣)。でも、初見以上に楽しめた(笑)。
 長女・北原三枝、次女・芦川いづみ、末っ子・清水まゆみの、日活お得意の美人姉妹モノでもある。この三人のそろい踏みを見ているだけで、モトを取ってしまうし、さらに映画のシマリもいい。ナイス。
 ただし、あまりに日活寄りの話になっているので、川端原作(もちろん未読(笑))、相当脚色しているのでは?

 長女・北原は岡田真澄と新婚なのに、夫に浮気されまくりで、すでにあきらめ状態。
 次女・芦川は生け花家元のボンボンのセレブ・小高雄二と婚約しているにもかかわらず、知的障害者支援施設の貧しい先生・葉山良二に心を移す。
 末っ子・清水は、まだまだ色気より食い気の女子大生だが(しょっちゅう、何かを食べているのが、かわいい)、貧しくも理想に燃える好青年・葉山に恋して、次女・芦川に対抗心。
 夫の浮気で、新婚にしてすでに倦怠期の新妻、という、ある意味「文芸映画」なら、女優としてはおいしい役柄も、北原は、きわめてかわいらしく、かつクールに(つまり、いつもの、北原三枝ですね)演じる。日活、および西河ならではのアイドル演技。といって、それが違和感というわけでもなく、きわめて楽しい見もの。
 ああ、これこそが日活であり、西河であり、北原三枝なんだよなあ。結婚即引退は、あまりに、惜しすぎた。
 芦川も、その点では同様だが、北原よりも演技の幅が狭いので、結婚即引退は、まあ、しょうがない? ただし、やはり、かわいい。
 三姉妹・四姉妹モノの、末っ子は、色気より食い気、ハッチャケお転婆と、相場が決まっているが、本作の清水まゆみも、期待にたがわぬ末っ子ぶりで。ナイス。
 日活お得意のタイプキャスト、金持ちのボンボンで、女の純情を平気で踏みにじる冷血エリート。まずしい朴訥な純情青年。小高雄二と葉山良二の対比的キャスティング。要領のよさが、チョイイラつく絵に描いた二枚目小高、要領の悪さが、善良さをかもし出す葉山、ともにナイス。

 三姉妹の両親に大坂志郎、山根寿子。本映画の〆は、三姉妹の笑顔というありがちなものではなく、大坂志郎が妻に「われわれは、死ぬまで、恥をかいて歩かなきゃならんだろうね」と、名演。 (注)
 かつて小津安二郎「東京物語」53年で、頼りない独身三男を演じた大坂が、6年もたたない本作で、初老の父親を演じる。これまで、大坂の演技力について、特に何も感じなかった不明を恥じる。
 (注) 「東京物語」は53年の、本作は59年の、それぞれ芸術祭参加作品、だという。まあ「東京物語」とは格が違い、比較するわけではないが、本作が、三姉妹みんなで大はしゃぎ、というラストでもないのは、やはり、芸術祭参加として、おゲージュツ方面に、針が振れているせいだろうか。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-06-02 07:39 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://mukasieiga.exblog.jp/tb/20589637
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード