人気ブログランキング |

鈴木則文「恐怖女子高校・女暴力教室」

 池袋にて。「鈴木則文・映画まつり」特集。72年・東映。
 その名も「聖光女子高」で、女だてらにバンを張るのは、スケバン顔の杉本美樹。
 いきなり登場の授業風景(ま、学園モノなんだから、当たり前なんですが)真面目に授業の先生が、ソクブン組常連の由利徹って(笑)。
 一応真面目に授業は終えて(でも生徒たちはみんな勝手に早弁したりおしゃべりしたり、ローターをあそこに当てて遊んだり、誰も先生の話を聞いていず、まるきり無視の先生も、実に淡々と授業)、夜は晩酌しながら、当時ベストセラーの田中角栄「日本列島改造論」を音読していると(笑)、いきなり教え子「王メイ子」(笑)が闖入。
「センセ、明日のテスト自信がないの。でも、百点にしてぇ~」といきなりセーラー服を脱いで、乳を由利徹先生の顔に押し付ける。お約束どおり最初は「チミ、センセイをなんだと・・・・」と拒否していた由利徹も、「ああ、任しときたまえ」と、「王メイ子」の乳にむしゃぶりつく。
 この「王メイ子」を演じるのは、<70年代東映エロチック映画の伊達三郎>とも言うべき、丘ナオミ。
 あの、谷ナオミじゃありませんよ。でも、<谷>にたいして、<丘>とは、それ自体、立派なギャグで。
 <たこ八郎>に対する<いか八郎>か、<舘ひろし>に対する<猫ひろし>か、というくらいだ。
 丘ナオミの、えー、特徴は、女だてらにアタマ丸剃り。色に狂った尼さん役や、変態女にぴったり。この頃の東映のエロチック映画には、ほぼ、いつも、出てくる。というか、東映エロ路線の映画に出る役者は、たいへん限られておりまして、いつ見ても、同じ面子、というとこもありますが。今回、丘ナオミは、女子高生役ということで、さすがに頭の全裸は控えたらしく、でも超短髪の坊主頭(カツラか地毛かは、よく、ワカラナイ)。その超短髪に、二つ、赤いリボンがあるのからして、すでに、ギャグだよね。よく見ると可愛らしい顔の(笑)、丘ナオミの<精一杯女子高生のオシャレ>な赤いリボン、笑える。
 なお、大泉晃も、教師役。どないな高校だんねん。校長には、今回は脱ぎはなしの、松井康子。いや、可愛いのよ、ふくよかな松井康子は(笑)。
 そして杉本美樹のライヴァル・スケバンに、池玲子。って、ふたりとも、いくつや。
 それなりに、ノリノリなスケバン映画は、鈴木ソクブンにあっている。80年代に、「パンツの穴」「伊賀野カバ丸」などなど、JACのアクション・おバカ・ティーンモノで、本領を発揮する、鈴木ソクブンの、前哨戦的快作かと。

by mukashinoeiga | 2010-05-29 21:34 | 不良スズキ伝ソクブンみみず芸者 | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : https://mukasieiga.exblog.jp/tb/12720274
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from porn online at 2019-04-21 10:16
タイトル : porn online
鈴木則文「恐怖女子高校・女暴力教室」 : 昔の映画を見ています... more
名前
URL
削除用パスワード